FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.07.01 (Wed)

オカンは鬼コーチ

こんにちは、あずきです。

うちの婆ちゃんは、デイサービスに行く日を除き、基本的には毎日散歩に出るのが日課です。
せっかくリハビリで回復したカラダだけど
動かさなければ、すぐ元通りになってしまう。

けど、今は梅雨ですからねー。
杖歩行の彼女にとって、傘をさして歩くのは大変。
なので、最近は散歩に出られない日も多いのです。

昨日も、降ったりやんだりの不安定な天気でして・・・
ふたりがうちに来なかったので、ワタシがあっちに顔を出してみることにしました。

するとね
エレベーターを降りた途端、いきなり通路で婆ちゃんと遭遇。



「あれ? 婆ちゃん

アンタひとりで、何してんねん?」


s-s-あずきえ?



マンションの通路を歩く




11:05  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.07.09 (Thu)

またもやイメチェン

こんにちは、あずきです。
今週婆ちゃんは、火曜日に髪をカットしてもらいました。

前々から、「髪を切りたい」 とは言っていたんですがね・・・
近所の床屋さんや美容院には、本人が行きたがらないの。
彼女は、知らないお店に入るってこと自体が嫌みたいです。

なので結局は、デイサービスの「出張カット」を利用したのですが
今回は本人の希望により、こんな風になっていました。




あれ? 婆ちゃん・・・・


あずきツンツンこのこのっ


オタクちょっと、お品がよろしくなったんじゃないの?



ショートカットの婆ちゃん (2)




10:02  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2009.07.24 (Fri)

じゅんちゃん

こんにちは、あずきです。

実は うちの婆ちゃんは、来月、はじめてショートステイに行くことになりました。
オカンが田舎の同窓会に出席するためです。

もちろん、うちに泊まるとか誰かに来てもらうという方法も、あるのですがね
今後のことも考え、一度利用してみることにしたの。

利用するのは、いつもデイに行っているとこですが
ショートステイは初めてなので、事前にその打ち合わせをするそう。
そのため、先週そこの職員さん二人が、婆ちゃんのマンションにやって来ました。

介護保険を使っていると、こういった訪問も割とありますよね?
けど婆ちゃんは、ケアマネさんに対しては、テンションが低め。
質問には答えるものの、特に愛想よくしたりはしないのだ。

が、その日の婆ちゃんは、いつもと違ったらしい。

彼女たちの訪問に、よほどビックリしたのか

「あら~~、じゅんちゃん!!


婆ちゃんビックリ ハッ


婆ちゃんは、急にテンションが上がったんだって。



10:31  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.08.12 (Wed)

働くお婆ちゃん

こんにちは、あずきです。

梅雨も明け、また我が家まで散歩に来てくれるようになった婆ちゃん。

最近オカンは「リハビリ」 と称し、彼女にも
自分が使った食器は、流しまで運ばせるそうですしね。
ワタシも 、店のお手伝いをしてもらっているのよ。

ほれ、こんな風に
洗ったおしぼりを持っていくと、彼女が畳んでくれるのです。


おしぼりを畳む婆ちゃん


彼女のいた福井県越前地方は、”カニ” で有名なところ。
昔はシーズンになると、それ目当ての団体客がいっぱい押し寄せて来ました。

なので婆ちゃんも、長いこと、近くの民宿に手伝いに行っていたのです。
だから、おしぼりを畳むのには慣れているの。

そういえば病院でも、当時の話をしていたなぁ。
近所の学生もバイトに来ていたけれど、最近の子は要領ばかりがいいのだと言ってた。
婆ちゃんみたいな年寄りに、キツイ仕事を押し付け
自分たちは時間になるとサッサと帰って行ったらしい。

けど婆ちゃんは、そういう子は大嫌い。
だから、ワタシにも いつも 「働け、働け」 と言うのだ。

でね。
昨日も、うちら梅干しを干してたじゃない?
けど、あれって、梅をカメから取り出すとき、けっこう慎重にやるからさぁ~
20キロ全部並べるのには、かなり時間がかかるのよね。

なのでオカンは、「途中だけど、見てると遅くなるから、もう帰ろう」 って言ったのよ。
だけど婆ちゃんは、「やだ。もっと見ていたい」 って言うの。
婆ちゃんの田舎でも、梅を ”漬ける” 家はあるものの、”干す” 家は1軒だけなんだって。
だから、興味シンシンでね
結局オカンだけが帰り、婆ちゃんは、干してる様子をずっと見ていたのよ。
「なんたぁ~キレイやのぅ」 とニコニコしながら。

で、また今朝も来てくれたんですがね。
今日は、「婆ちゃんにも手伝って欲しいなぁ~」 と
ワタシはベランダに、彼女の靴を置いてみたの。

そしたら、「ほな、やろか」 って言ってくれてね。

彼女もせっせと、ひっくり返してくれたの。


梅をひっくり返す婆ちゃん (5)


けど、この姿勢って、婆ちゃんにはキビシイからさぁ



梅をひっくり返す婆ちゃん (6)


ワタシとしては、さわりだけ”体験してもらう”つもりだったんだけど・・・

彼女は、三つのザルを、「全部をやる」 って言うのよ。
「足腰も丈夫にせにゃならんから」 って言ってね、
結局全部の梅を、ひっくり返してくれたのだ。

ただ、彼女も自分では干したことが無いそうなので、うちの梅の柔らかさにはビックリしていた。
色に関しては、「なんたぁ~”美しい”」 と、絶賛してくれたし。

暑くてちょっと可哀そうだったけど・・・・
ワタシや旦那さんから、「手伝ってくれて、すごく助かったよ。ありがとう」 と言われ
彼女も、まんざらでもない様子だった。



ワタシは割と周囲から、「無理しないで」 と言われるタイプなのですがね。

なぜか婆ちゃんだけは、いつも

「あずきちゃん、頑張りねぇ~の (頑張りなさいね)」 と言う。


「今日は宴会が重なって大変だ」 とか
「いっぱい支払いがあって、今月は大変だ」 とか言っても
彼女はいつだって、「頑張りねぇ~の」。


人から「頑張れ、頑張れ」 って言われると、逆に辛くなるときもありますよね。

だけど、婆ちゃんにそう言われると、ワタシはいつだって素直に

「ほやな。そしたら頑張るわぁ」 と答えられる。


婆ちゃんに、「頑張りねぇの」 って言われるのだけは、なぜか大好きなのだ。



ああ・・・・


たぶんワタシは、10年後も20年後も



この婆ちゃんの言葉に、励まされているんだろうな。




ワタシの青空.






大丈夫よ、婆ちゃん
バナー散歩

うちら頑張ってますから、たぶん押してもらえるハズ。(笑)

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆


12:24  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.08.14 (Fri)

配布資料

こんにちは、あずきです。

昨日ご説明したように、婆ちゃん以下うちら一行は、明日から福井へ帰ります。

オカンの兄弟は、全部で5人ですが
そのうちの3人は同じ車で帰るし、もう一人とは、あちらで会える予定。
なのでもう一人は、ちょっと分かんないだけど・・・
確実に、4人は集まれる予定なのよ。

だからね。
ワタシはその時、これをみんなに渡そうと思って
昨日、5組の配布資料を作っておいたの。


あずき下どぞっ

写真集



これは、婆ちゃんがこっちに来てからの写真を、ダイジェスト版で印刷したものです。

転院した頃から、今週梅干しを干してくれてる姿までを、4枚くらいにまとめてみました。


写真集 (2)


もちろん叔父や叔母は、お見舞いに来た際、こういう姿も見てはいるんだけど・・・・。

やっぱ、時間軸に沿って見ると、感慨もひとしおよね。


てかね。
ワタシはそれよりも、これを持って帰って、他の孫にも見せてあげて欲しいな、って思うの。

ワタシ同様他の子たちも、かなり心配してたに違いないけど・・・・
みんな、やっぱ遠いし、忙しいしね。
子世代とは違い、なかなかこちらまでは、足を運べないと思うのです。

だから、何かの機会に、これを見せてあげれば
「おっ、ばあちゃん。
あの叔母さんとこに行って、垢抜けたじゃん!
ふ~ん、あっちでも案外楽しそうにやってるんだぁ♪」って・・・・
すごく安心してもらえると思うの。

それに今の婆ちゃんは、昔の婆ちゃんと、まるで別人だもの。
こんな風に笑うようになった婆ちゃんの顔も、他の孫たちに知ってもらいたい。

ワタシは、彼女がいかに頑張ったか、そして、彼女がいかに痛快な婆さんなのかを

うちの家族みんなに、知ってもらいたいのです。








s-バナー御中元

ほんじゃ、とりあえず受領印をお願します。<<(^_^;)

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
10:00  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2009.08.17 (Mon)

無事帰りました

こんにちは、あずきです。

というワケでね。
うちらは無事帰って来ましたよ、婆ちゃんの田舎から。

まず、日程的に、間違いなく渋滞には引っかかると思っていたのですが・・・・

これが意外なことに、全然無くてね。

ちょっと聞いて プッ


なんと、普段と同じ時間で、行って来れちゃったのよ。

だから婆ちゃんのお手洗いにも好都合。
SAもそう混んでいなかったおかげで、トイレの近くに車を停車出来たの。
なので、車からの移動も楽々でした。


PAのトイレへ



婆ちゃんは、二日間通して、めっさ元気だったわよ。

てか、車に乗っている間も、ずっとうちらは喋り通し。


行きの車内

まるっきり遠足気分でしたね。


帰りなんて、他はみんなウツラウツラしてるのに、婆ちゃんの目だけはギンギンでね
結局彼女が、誰よりも元気でした。

帰ってきてからも、特にグッタリした様子はなく
今日も、デイサービスに元気に出掛けていきましたし
ホント、彼女の体力には恐れ入ったわ。

けど、何はともあれ順調に行き、よかったよかった。


ほんじゃスイマセンが、今日は、「無事帰った」 というご報告まで。

詳しくは、また写真を整理してレポートします。







今日は休み明けなので、あたしゃ店の仕事が忙しいのですよ。 

バナー箸袋 金魚バナー祈りあずき1

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆


12:22  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.08.18 (Tue)

村の人たちとの再会

こんにちは、あずきです。
ワタシね、
今回婆ちゃんの里帰りについて行って、つくづく感じたことがあるのよ。

それは、うちらのような町の者と、あの村の人たちとでは
”ご近所との関わり方が、全然違う” っていうこと。

あそこは山と海に囲まれて、すごく眺めのいい場所だけど・・・・


山 (2)

海 (5)


生活するうえでは、半端じゃなく不便なところ。
村に店が一軒もないうえ、山を下ったバス停にも、1日9本しかバスが通らない。
だから車に乗れない年寄りは、買い物にせよ通院にせよ、誰かに頼らなくちゃ生きていけないのだ。

もちろん、下の部落に行けば、「よろずや」 くらいはあるけどさぁ~
なんたって、村じゅうが、こんな急こう配なんだもの。
年寄りが歩いて上るには、持てる荷物にも限界があるわよね。


北山の道 (2)

実際、婆ちゃんが毎朝食べる、食パンや牛乳、バナナなんかは
いつも近所の人が、ついでに買い足してくれていた。

その代わり、畑で採れたものは、どんどん分けてあげるし
自分が出来ることなら、協力は惜しまない。
都会の人は、なんだってお金とネットで手に入るような気がしているけれど
ここでは、お互い助け合って暮らすことが当たり前なのだ。

てか、そもそも婆ちゃん助かったいきさつからして、この土地ならでは。
独居老人が、家の中で倒れたんだもの。
都会だったら、2~3日気がつかれなくても不思議はない。

だけど、ここの人たちは、翌朝すぐに 「なんかおかしい」 と気づいてくれてね、
家族へ連絡するより先に、裏口をこじ開けて、家の中に入ってくれたの。
そんなこと、プライバシーを重んじる都会じゃ、考えられないことよね。

この村の人たちは、全員子どもの頃からの顔見知りだから
もう、村じゅうが親戚みたいなもの。
考えてみたら、「○○さん」 なんて他人行儀に呼ばれてる人は、一人もいない。
60くらいまでは 「○○の、あんちゃん」 もしくは 「ねえちゃん」で 
70くらいから、「○○の、おんさ(おじさん)」 「おばちゃん」 。
80くらいになってから、ようやく 「○○の、じい」 「ばあ」 と呼ばれるのだ。

だから、うちの婆ちゃんが帰って来たという噂も、またたく間に広がってね・・・
家には彼女の顔をひと目見ようと、続々と人が訪れたのよ。

婆ちゃんは、次々現れる人たちとの再会で、終日大忙しだった。
この二日間で、ワタシはほとんどの村の人に会ったのではないかと思うほどだ。

おばさんと (5)  おじさんと (2)
村人と再会 (5)  村人と再会
みかちゃんと婆ちゃん (2)  同級生のおじさん・はなこサンと (2)


婆ちゃんの顔を見た途端、誰もがその回復ぶりを 「奇跡だ」 と言ってくれてね
再び会えたことに、「夢のようだ」 と涙ぐんだ。

倒れてしばらくは、「死ねばよかった」 が口癖で
自暴自棄になっていた婆ちゃんだけど・・・

この日は、会う人会う人全員に、
「おかげさまで、こんなに良うなったわ。 ありがとのぉ~」 と
心から感謝の気持ちを伝えていた。
電話や手紙でなく、直接会って元気なことを伝えられたから
皆も本当に喜んでくれたわ。

ああ・・・・
本当に良かったよね、婆ちゃん。

あの日倒れてそれっきりだったら、こんなシーンは訪れなかった。

だけどアナタは、その人生を終える前に、世話になった人たちと、こんな時間が持てたんだもの。

それって、なかなかないことだよ。

それだけでも、あなたが生き残った価値は、充分にある。


嬉しい 泣く





バナージェンガ

こうしてアナタのことを、皆さんにも知ってもらえたしね。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
10:01  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.08.19 (Wed)

念願のソフトクリーム

こんにちは、あずきです。

以前「ソフトクリーム的雑談」 という記事を書きましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?

婆ちゃんは福井から救急車で移送されてくる際、
SAでソフトクリームを食べさせてもらえなかったことを、そうとう怒ってたんだけどさぁ~

フツーその状況で、ソフトクリームは買えないわよね。┐(・´д`・;)┌


ソフトクリームの恨み


とはいえ、あれだけブツクサ言われちゃあ・・・・
やっぱうちらも、「いつかは食べさせてあげたい」 って思うじゃない?
だから、今回は絶好のチャンス。

あ、いえね。
もちろん、うちの近所にもソフトクリームくらい売っているわよ。
けど、彼女の糖尿は、退院以来徐々に数値が上がっているから
最近は、お医者さんからも脅されているの。

私だって、散歩のご褒美に食べさせてあげたい気もするけどさぁ~
一度そうすると、そのあと素通りさせるのが可哀そうになっちゃう。
だからアイスを食べるにしても
時々ホームランバーをあげるくらいで我慢してもらっていたの。

けど、入院中はさんざん愚痴っていた婆ちゃんなのに
退院したら、意外とそれには固執しないのよ。
ワタシが 「こっそりソフトクリーム食べに行こうか?」 と誘ったときも
「食べたら (オカンに) 怒られるもん」 と乗ってこなかった。

ワタシは自分が食べたかったこともあり、行きのSAでは
「ひとつ買ってくるから、それを半分こして食べよっか」 と誘ったわ。
だのに、婆ちゃんの答えはNO。
「あずきちゃん一人で食べたらえーよ」 と素っ気ない。
トイレが近くなるからと、お茶さえも買わせてくれなかったの。

でも、やっぱ本心は食べたかったのよね~。

今度はオカンが帰りのSAで、本人の意向など聞かずに、ひとり1本のソフトを買ってきた。
5本も車まで抱えてきたのだし、あの暑さだもの・・・
渡されたときは、すでにドロドロ。


婆ちゃんは、一瞬躊躇したものの・・・・


ソフトクリームを食べる-(2)



こうなりゃもう、ひたすら舐めるしかないものね。


ソフトクリームを食べる (4)


彼女は、恐るべき速さで完食したわ。(笑)



で、満面の笑顔を浮かべ




「おいしかったのぉ~」 と言った。

婆ちゃん笑顔



行きは、おそらく緊張していたのでしょうね。
けど、すべて順調にいき、最後の最後で念願のソフトクリーム。

ワタシも、すんごく美味しかったよ、婆ちゃん。

今まで食べさせてあげられなくて可哀そうだったけどさぁ~・・・・

田舎に住んでいた婆ちゃんにとって

やっぱソフトクリームは、SAで食べる特別なものなのだろう。


普段食べられないからこそ、きっと何倍も美味しいのだ。




バナー青空.

盆明けも、応援お願いします。(*´Д`人)

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
09:59  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.08.25 (Tue)

噂の花子さん

こんにちは、あずきです。

ここのところ、ついつい冷蔵庫ネタを続けちゃったんですけどね・・・
実はまだ、福井の話が残ってたのよ。

以前チラッと書いたんだけど、皆さん、覚えていらっしゃるかしら?
あの村には、腹違いとはいえ、婆ちゃんのお姉さんも住んでいまして。

その人は、名前を花子さんといい、婆ちゃんよりも5つ年上。
けど、オカンたちの話によると、驚異的に元気らしいの。

畑仕事に行くのは、今でも日課でね。
草ぼーぼーの山道だろうと、彼女はガシガシ上って行くんですって。

けど、ワタシ自身は、花子さんの記憶がない。
だから、今回会えないかと期待していてね
姉妹が感涙にむせぶ再会シーンには、ぜひ立ち会いたいと思っていたのです。


がっ・・・!


婆ちゃんは、ワタシがちょっと出掛けてる間に、花子さんちを訪問ちゃって~

ワタシは、その瞬間を見逃しちゃったのよ。

あずきペシッ

けど、二人は案外サッパリしてたみたい。
やっぱ、うちの家系は、揃ってツンデレなんだわ。

てか、むしろ、そこからの帰り道
婆ちゃんは、叔父さんに手を引かれながら、坂を下りてきたから・・・


長男と婆ちゃん (3)
あずきウルッ(2)


なんだか、そのシーンに、うちらがウルッとしちゃった。
彼女は何だかんだ言いながら、息子のことを一番愛しているから。


けど、その晩は盆踊りがあり、ワタシは、そこで花子さんと遭遇出来たの。
たまたま近くの人とジャンケンをするゲームがあり、その相手が彼女だった。

ただし、あたしゃ2回も続けて勝ち抜いてしまったのでねぇ~

商品をこんなにせしめてしまい、花子さんからは、すっかり嫌われてしまったけど。(笑)

もらった景品
※持ってるのは、ワタシじゃないわよ。


とはいえ花子さんは、思った通りチョー元気だったわ。

杖を持っていたから、足が悪いのかと思ったけれど
それは、山を上るときラクだからだそう。

けど、うちの婆ちゃんがオモロイのは、やっぱ血筋ね。

だって、彼女らの会話を聞いてると、あたしゃ可笑しくってしょうがないもの。

例えば、こんなことも言っていたわ。
花子さんも婆ちゃん同様、頻尿には悩まされているみたいだけど・・・・

そういう点でも、山に行ってる方がいいんですって。

だって山なら、行きたい時に、すぐ出来るから。(笑)

ただ先日は、おケツをでっかい虫に刺されてしまい、「往生こいた」と笑っていたけど・・・。

婆ちゃん笑う嬉しいプッ






ちなみに盆踊りも佳境に入って来ると、ヘンな人が二人混じっていてね。
一人は水兵なのか駅員なのか不明だし、もうひとりはナマハゲ風。
どうやら仮装しているみたいなのよ。


仮装するはなこサン (2)





けど、ワタシは嫌な予感がしたので





あずき顔こっそり


「花子さん?」 と呼んでみたの。




そしたらそのナマハゲは、クルッと振り返って



「呼んだけ?」 と、こっちに突進してきた。



仮装するはなこサン




もー



いい加減にしてよね、花子さん!(笑)


抱腹絶倒おかしい爆笑








ワタシも90まで生きたら、こーなるのでしょうか?(ll∀)ァハハ-

バナーお習字

最強の姉妹に、ワンポチプリーズ!

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
10:17  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.09.22 (Tue)

婆ちゃんの近況報告

こんにちは、あずきです。

昨日は 「ワタシの誕生日」 っつーよりも、全国的には 「敬老の日」。
うちの婆ちゃんも、お祝いしてあげるつもりでした。

けど、あのヒトったら、昨日もデイに行っちゃったのでねー・・・

┐(・´д`・;)┌

ワタシは渡そうと思っていたモノも、渡せてないワケ。


なので、 「敬老の日」 の話題は、もう少し待ってね。

あずきどうもスイマセン


ただ ”最近、婆ちゃんの登場が少なく淋しい” というご意見がありましたので・・・
今日は小ネタを繋ぎ合わせ、とりあえず近況報告でもしておきましょう。



え~・・・・

彼女のことは、里帰り以来、書いていないのかな?
ほんじゃ今さらだけど、この写真から。

福井から帰った夜、うちらは一緒に花火を見たのよ。
とはいえ見た場所は、手近にマンションの上の方。

風呂の椅子に座らせてるあたりが、やや貧乏くさいんだけどさ・・・
何万発も上がる花火大会に、婆ちゃんは 「まだ終わらんのか?」 と驚いていた。


花火を見る婆ちゃん


それとね。
福井へ行って以来、婆ちゃんには、ちょっとした変化が生じたのよ。

それはオカンにも、「ありがとう」 と言うようになったこと。

s-あずき提言 (2)


モチロン、うちらや他の子どもたちには、ちゃんと言ってくれてたんだけどさぁ~
なぜかオカンに対してだけは、ヘンな意地を張っていた彼女。
まるで、「言ったら負け」 のように、本人の居るとこでは、絶対お礼を言わなかったの。

けど、福井から帰る途中で、つい本音が出ちゃって。

プッ


うっかり (?!) オカンにも、「帰らせてくれて、ありがとのぉ~」 と言ってしまったみたい。

恥じらう 笑う 言う 赤面


それまで、「少しは感謝せんかい!」 と怒っていたオカンだけどさー


その時は、急なことだったので、しばしボー然。


オカンにらむ

お互いすごく照れていて、なんだか可笑しかったわ。


けど、一度言ったら、ラクになったのかしらね?
今では、時々「ありがとのぉ~」 と言っているみたい。
前の日のショートステイが余程イヤだったのか、田舎で何か思うことがあったのか・・・
理由はよく分かんないんだけどさ。

なんにせよ、素直になれたのはイイこと。
結局婆ちゃんにとってオカンは、かけがえのない存在なのだ。


っつーかね。
ワタシも彼も、そんな二人が大好き。

この夏は大好物の 「ウナギ」 もよく焼いてあげたし、うちで 「すき焼きパーティー」 もしてあげたし・・・入院中に 「してあげたい」 と思ったことは、この半年で、ほぼしてあげられた気がするの。

そういう意味では、うちの場合、「敬老の日」 なんて、あまり関係ないのかもね。

だってワタシは、いつだって思っているもの。





「みんなで過ごせる時間が

出来るだけ長く続けばいいな」
って。



4人仲良く






婆ちゃんファンの皆さん、こんなもんでよろしかったかしら?

バナージェンガ

納得出来たら、押してください。

★人気ブログランキングへ投票★

てか、納得出来なくても、とりあえず。
12:34  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.09.24 (Thu)

「敬老の日」のCD

こんにちは、あずきです。

え~・・・・
今日はようやく、 「敬老の日」 のお話です。

皆さんは、何かプレゼントを贈りましたか?

s-あずきいかが


ワタシの場合、婆ちゃんが福井にいる頃から、毎年ちょっとした洋服や雑貨を送るようにしていました。
けど、今は半分同居してるようなもの。
洋服なんかはオカンがしょっちゅう買っているし、お菓子もこの間 「もみじ饅頭」 をあげたばかり。
てか、以前娘たちに貰った服も、大半は着ていないのでねぇ・・・
おそらく今の婆ちゃんには、特別欲しいモノなんてなさそうです。

けどねー
あたしゃ誰かさんと違い

やっぱ、何かしらはしてあげたいタイプ。


あずきは~っタバコ


正直なとこ、金はほとんどかかっていませんがね・・・


一応こんなモノを作ってみました。




五木ひろしCD




見りゃあ分かるでしょうが、これは、五木ひろしサンのCD。
原盤を買わずコピーしたところが、さすがセコビッチです。


セコビッチ ケチ


彼女はやっぱお年寄りですから、基本的に演歌が好き。
なかでも五木ひろしサンが、お気に入りみたいです。
けど、五木さんを好きになった理由は、彼が福井県出身というだけではないみたいでね・・・
実は昔、五木さんの歌に関して、こんなエピソードがあったそうなの。


あずき下どぞっ


当時は山仕事ばかりで、特別、歌に関心もなかった婆ちゃん。
けど、ある日山に行ったら、近くの畑から歌声が聞こえてきた。

歌声の主は顔見知りのおっさんなんだけど、その歌がすごく良かったそうでね・・・
婆ちゃんは、思わず聞き惚れてしまったらしいの。

で、気になった彼女が曲名を尋ねてみると、
そのおっさんは、五木ひろしの 『ふるさと』 だと教えてくれたんですって。
で、その日、婆ちゃんちに電話をかけて来て、テープの歌を聞かせてくれたらしい。


けどさ、この ”テープの音を、電話越しに聞かせる” って行為に

あたしゃ、新鮮な驚きを覚えたわ。

プッ笑う ちょっと~


婆ちゃんちにはカセットデッキがないから、おそらくそうしたんだろうけど・・。
家にお邪魔するほど、親しくもなかったみたいだしね・・・。

とはいえ、そのおっさんは、婆ちゃんが歌えるようになるまで
何度もテープを止めて、教えてくれたらしいのよ。
以来、五木ひろしサンの他の曲も聞くようになり、婆ちゃんは歌好きに。
あたしゃ聞いたことないけど、カラオケの腕も、なかなかだそう。
なので、『ふるさと』 は、婆ちゃんにとって特別な曲なんだって。


ワタシはそんな話を思い出したので、このCDをプレゼントしたワケ。
オカンはCDデッキを持っているので、パズルしている時とかに、かけてもらえばいいかな、って・・・・。

けどねー
渡したものの、実際、婆ちゃんが聞くかは分からない。
てか、どちらかというと、滅多に聞かないと思う。

けど、とりあえず家に来たとき、このパソコンから 「ふるさと」 を流してあげたら
喜んでいたわよ。

彼女自身もワタシにその話をしたことを、ちゃんと覚えていたんでしょうね。

「あずきちゃんが、作ってくれたんか?!」 とビックリしていた。




そうだよ婆ちゃん


あずき顔自慢



ワタシもこの歌



今は、4番まで歌えるんだから。





パソコンしながら一緒に歌う









昨日の皆さんのクリックのおかげで、だいぶ傷が癒えました。

今日も引き続き、お願いします。

バナー旦那さんお願い

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
12:23  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.10.04 (Sun)

私を祭りに連れてって

こんにちは、あずきです。

実は昨日、ちょっと珍しいことがありましてね。
それは婆ちゃんの方から、ワタシに電話をかけてきたこと。

s-あずき電話でビックリ!

いえ、一応彼女にも、ケータイを買い与えてはいたのですがね・・・・
こんなことは、初めてのこと。
彼女は普段ケータイなんて、触ろうともしないんですから。

で・・・・、結局、何の用事だったかっつーとね

実は、昨日と今日は、うちの方では、秋のお祭り。
なのでワタシは、昨日うちに来た彼女に、「行列があんねん」と、教えてあげたの。
まあ要するに、大名行列みたいなのがあるのだ。

でね。
そのときは、「ふ~ん」 なんて、ツンデレだった婆ちゃん。
なのでワタシは軽く誘っただけで、そのまま買い物に行ってしまった。

けど、内心、興味津々だったんでしょうね。
それが今日なのか明日なのかが、気になったみたい。

だから、
「あの・・・・、さっき言うてた行列って、今日やるんか?」

婆ちゃんイジイジ 反省

な~んて、聞いて来たんだけどさ。


彼女にしたら、この行動は一大決心。
だって、彼女は基本的に、「連れてって」 なんてそぶりは見せない。
こちらが強引に誘うまでは、遠慮しているのだ。

だから今回だって、そーとー躊躇したんでしょうね。
けど、あんまりグチグチ言っているから、オカンが 「直接聞け!」 と、かけさせたみたい。(笑)

ワタシが 「行列は今日じゃなくて、明日の昼ごろだよ」 と教えてあげたら
彼女は、ホッとした様子だった。

なのでワタシは

「明日、みんなで一緒に見に行こう」 と約束をした。


あずき顔電話


婆ちゃんは、最初 「仕事は忙しないのか?ええのか?」 って言っていたけど・・・

最終的には 「ほしたら、よろしくお願いします」


恥じらう 笑う 言う



ワタシは婆ちゃんのおねだりを聞いてあげられたようで


あずき婆ちゃん

なんだか、めっさ嬉しかったわ。


てか、さっそく彼女用に、キャンプの椅子を洗っちゃった。




ほんじゃ悪いんだけどさ


今日は今から


そっちを楽しんでくるわね~♪



バイバイミート240




ただ、郷土色バリバリの祭りなので、写真でのレポートは、おそらく無理そう。

この間の花火みたく、喜んでもらえたらいいんですけど・・・・。







行ってきま~す。てか、あとは、ヨロシクね!

バナーバイバイ バナー仲良しだもんね


★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆

11:50  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.10.05 (Mon)

自分さえよければいいのですか?

こんにちは、あずきです。
昨日は記事に書いた通り、うちらは婆ちゃんを、お祭りに連れて行きました。

とはいえ彼女のお目当ては、大名行列だけ。
そのためうちらは、人の多い歩行者天国へは行かず、交差点でソレをジッと待つことにしたの。

彼は少しでも婆ちゃんが見やすいようにと、一足先に場所取りに行ってくれまして。
そのおかげで、うちらが到着したときには、日蔭の最前列に、彼女用の椅子が置かれていた。

なので彼女は、最高の場所をゲット出来ましてね。
まわりの人たちからも、「いいお孫さんで、お幸せですね」 な~んて言われて上機嫌。
長い待ち時間も、皆でお喋りしながら、快適に過ごせていたのよ。


並んで座る婆ちゃんとワタシ





が・・・・




いよいよ開始直前になり、警察が通行車両を止めた途端

あろうことか後方にいた人たちが、交差点内に、なだれ込んで来てしまった。


この行列には有名人も参加するので、彼らは、その人の写真を撮ろうと必死なのだ。


前に人垣



それまでジッと待っていたうちらは、唖然としちゃったわ。
てか、ワタシは婆ちゃんが倒されないよう、彼女を守るのに必死。


モチロン現場は明らかに、「え~っ、そんなのアリ?!」 って感じだったわよ。
だって、うちら以外にも、小一時間ここで場所を取っていた人はいたんだから。

それなのに、後から来た人のせいで、前が全然見えない。
こんなの絶対おかしいじゃないのよっ

けどねー
警察や警備の人は、ほとんど何もしてくれないのよ。
だから前に出た人たちは、後ろのことなんかお構いナシ。 
前へ前へ行こうとするばかりで、誰も座ろうとなんてしてくれない。


そしたらね・・・・

驚いたことに、あのおとなしい旦那さんが、怒鳴ったのよね。

前で立ってる人たちに向かい

「自分ら、何考えてんねんっ!」 って・・・。

旦那さん怒る「座れ!」

彼が 「座れ!」 と言ったので、そのときは一瞬、座ってくれた人もいたわ。
だけど、結局は、もうグダグダな感じ。

大きな馬に乗っていたから、お殿様やお姫様の顔はチラッと見えたけどさ。
「時代絵巻を楽しむ」 なんて雰囲気とは、程遠かった。

結局そんな状態で終わってしまったので、うちらは婆ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱい。
だから

「あんなことになってしもうて、ほんまにゴメンな」

う~ん ポリポリ

うちらは、何度も何度も彼女に謝った。



けど、婆ちゃんは笑顔で 「ええよ」

婆ちゃん 笑う


てかむしろ、 「連れて行ってくれて、ありがとのぉ~」 と、すごく感謝してくれた。

ただ、もちろん今回のことには、ビックリしていたわよ。
「今の人らは、あんな風なんやね」 とさみしそうだった。

そーだよねぇ、婆ちゃん・・・
今は、「自分さえよければいい」 というヒトばかりで、本当に情けない。


けどさ・・・
あんなおとなしい彼だって、言うべきことは言ってくれたもの。


ワタシはなんだか昨日のことで、改めて 「うちの家族ってイイ人たちだよな」 と思った。

うちらはやっぱ、ズルいことって嫌いだ。







バナーコソコソ

今週も、応援お願いします。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆

13:38  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2009.10.22 (Thu)

失いたくない

こんにちは、あずきです。

最近、あまり登場していませんが、おかげさまで、婆ちゃんもオカンも、とても元気。
午前中はうちのマンションで、夕方からは神社や公園・・・
デイサービスに行く日以外は、一日二度の散歩が日課なのです。

オカンと婆ちゃん

でね
あの二人は、いつもは30分から1時間位うちで過ごし、帰って行くんですが・・・・
この間は水撒きを終えたオカンが 「帰る」 と言っても、婆ちゃんの方は、もう少し、ここに居たそうだったの。
ワタシが、「もう少し、おりたいんか?」 と聞いたら

「うん。 おりたい・・・」 と言うので

婆ちゃんイジイジ 反省

オカンには先に帰ってもらい、彼女は、あとからワタシが送っていくことにしたのです。
その日の婆ちゃんは、なんだか喋り足りない感じでした。

けどまあ、内容的には、デイで一緒の人のこととかの、他愛もない話。
それでもワタシは、「うんうん、それで?」 と
いつものようにパソコンしながらではなく、キチンと向かい合って聞いてあげました。

考えてみれば、二人きりで話すのは、久し振りのことです。
いつもは大抵オカンがいるので、面白いといえば面白いけど・・・・
何か言うたび、「母ちゃん、なに言うてんねん。ちゃうやんか!」 とツッコミを入れるのでねぇ
ある意味うちらの会話に、水を差しまくり。
せっかく婆ちゃんが話し始めても、結局は笑い話で終わってしまいがちだったのですよ。

けど、オカンからは 「半分ボケてる」 とか 「ワケわからん」 と言われている婆ちゃんだけど
じっくり話してみると、案外筋の通った話をする。
ワタシ自身 「ちょっとヤバいかなぁ」 と思い始めていたので、なんだか安心してしまった。

そういえば、最近彼女は、コーヒーにもこだわりをみせるのだ。
彼女は最近デイに行くと、顔なじみの人たちに誘われ、自販機でカップに入ったコーヒーを買うらしく・・・
そのコーヒーを飲みつけるようになると、今までのインスタントではイマイチ。
このごろはオカンが出すコーヒーに、不満を言うのだと聞いていた。
なのでオカン的には、「自分ちでは、ずっとインスタントだったくせにっ」 らしいのだが・・・
ワタシからしてみれば、それだけ生活の質が上がったのだから、それは喜ばしいこと。
その日もレギュラーコーヒーを淹れてあげたら、彼女は 「やっぱ、違うのぉ~」 と、喜んで飲んでくれた。

そんな彼女の様子に、ワタシは至極満足。
「婆ちゃんが元気になって、こんな風に過ごせるようになって、ワタシは本当に嬉しいよ。
なあ、これからも毎日遊びに来てな」
と、思っているままのことを口にした。

だのに婆ちゃんは
「いやあ、もう、そう生きられんて。 もう、こんなおバァは、早う死んだ方がええねん」
などと言う。

もちろんこれは、彼女の一貫した意見で、これまで何度も聞いてきたのだけれど・・・
その日は結構筋道の通った話をしてきただけに
そんな風に言われ、ワタシは悲しくて仕方ない。

「お願いやから、そんなこと言わんといて。
もう、婆ちゃんのおらん生活なんか、ワタシさみして考えられんねん。
だって、ワタシらには、子どももおらんしなぁ・・・・
婆ちゃんやオカンがおらんようになったら、と思うと
ホンマ今から、どないしよぉって思ってんねんで」

イジイジ ちょっと悲しい

なんかもう、ワタシはマジで泣きそうになってしまった。


そんなワタシに、彼女はちょっとビックリした様子。

たしかに1年前まで、うちらは滅多に会わなかったのだから
ワタシが婆ちゃんのことをここまで思うというのは、ちょっとオーバーなのかも知れない。

だけど、実家では複雑な家族関係の中にいたワタシにとって
今、こんな風に暮らせるなんて、まさに夢のようなこと。

そこまで思いが通じたかどうかは解らないけど・・・・・
それを聞いた婆ちゃんは

「そんな風に言うてくれて、ありがとのぉ~」

泣きそうな婆ちゃん


と、ちょっと泣きそうに言った。




だけど、こうも言った。

「ほやけど、大丈夫や。


よしよし 婆ちゃん2

あずきちゃんは、婆ちゃんらがおらんようになっても、大丈夫や」








もうっ、婆ちゃん・・・・

そんな風に言わないでよ。


あずき泣く(2)

ワタシは一生懸命そう励ましてくれる婆ちゃんが

嬉しかったけど、やっぱ悲しかった。










人間って、つくづく欲張りだなぁと思います。
2年前の今頃、「あずき日記。」は主婦ランキングで40位だったそうなのにね・・・・。

バナー鬼

昨日サボった人も、今日は忘れずに。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆

11:31  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2009.10.28 (Wed)

おめでたい話

こんにちは、あずきです。

うちの婆ちゃんには、子どもが5人いて、孫は、え~と・・・・

s-あずき数える (2)

たぶん、8人。


でね。 ちょっと意地悪な質問なんだけど・・・・

アタシ、「その中で、誰が一番可愛い?」 って聞いたことがあるのよね~。

そしたらさ
婆ちゃんの場合は、「みんな同じように可愛い」 なんて言わないワケ。

ハッキリと、「一番可愛いのは、長男 」 だと即答し
「孫の中だったら、やっぱ その息子」 だと答えた。

要するにワタシやオカンは、二の次。
てか、彼女の中で ”跡取り” ってのは、やっぱ別格なんですよ。

けど、たしかに長男である叔父は、ワタシから見ても、いい息子だ。
福井の家へも、法事や祭りのたび、ちゃんと家長として帰っているし
こちらへも、月2~3回は必ず顔を見せてくれる。
そこのお嫁さんには持病があるので、会社と家のことだけでも大変なのに・・・・。

でね。
そこの一人息子も、いまどき珍しいタイプでして。
だって、子どもの頃ならともかく、フツー若い男の子が田舎の婆ちゃんのとこへなんて
用もなきゃ行かないわよねぇ・・・
それも電車とバスを、3時間も乗り継いで。

けど、その子は、大人になってからも、ちょくちょく遊びに来てくれたらしいの。
何でもない時にやって来ては、婆ちゃんと喋って帰って行ったらしい。
やはり、子どもの頃から叔父を見て育ったからかな?
まあ単純に、田舎の空気を吸いたかっただけかも知れないけど・・・・


あ、それで、結局、何が言いたかったかというとね

実は、その跡取り孫が、来年2月に結婚することになりまして。

婆ちゃんは、この間来た叔父から、式へ出席してもらえるよう頼まれたのですよ。


そりゃあ他でもない、大好きな孫のことですもの。


婆ちゃんの答えは、もちろん 「行くよ!」

婆ちゃん笑顔

ウンもスンもなく、そう答えたの。



けど、私たちも、すごく嬉しいな。

だって彼女には、これで ”当面の目標” が出来たんですもの。



婆ちゃん、わかってるな?

アンタ、2月の式にバリッと出席できるよう、今の体調をキープしんといかんよ。

あずき婆ちゃん



思えば6年前、妹の式に出席した婆ちゃんは

ものすごくキレイで、みんなビックリしたのでした。


結婚式の時の婆ちゃん


ホント、どこの奥さまかと思ったくらい。






でも

今の婆ちゃんだって、別の意味で素敵だよ。



よ~し、婆ちゃん・・・・・



今回も、いっちょみんなを、ビックリさせてやろーじゃないのさっ。




結婚式の時の婆ちゃん?


ね?







バナー結納

おめでたいハナシですから、ぜひアナタも1クリック。 (´λ`)

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
11:30  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.11.12 (Thu)

やれば出来る子

こんにちは、あずきです。

うちの婆ちゃんは、病気で倒れて以来、ずっと椅子生活。
床に座る姿は一度も見たことがありません。

なので、もう座るのは無理なのかと思っていたのですが・・・
どうやら、座って座れないことはないみたいですね。
この間、叔母夫婦がやらせてみたら、「出来た」 と言っていましたから。

けど・・・・
やっぱ当人としては、椅子の方がラクですから
それ以降は、オカンが 「畳に座ってみな」 と言っても、嫌がってやらなかった。


「ほんなもん、痛くて出来へん」

婆ちゃん婆ちゃんいいえ

と言い張るらしいのだ。






けどね

彼女はいつも、この体勢で、テレビを見ているのですが・・・・




ソファーに座る婆ちゃん





足元が冷えるんじゃないかと、オカンが一畳のホットカーペットを敷いてあげたのよ。




そしたら・・・・





下が温かいのに気付く





「あれ? あったかい」 と気付いたんでしょうね。





そして、長年のコタツ生活を思い出した。







でね




どうやらオカンが買い物に行っている間に





彼女はズリズリっと椅子から下りてみたみたい。






オカンが帰って来たときには・・・・・






ソファーの間に座る婆ちゃん


ちゃっかり座っていたらしい。






なんやねん




やれば出来るやないかっ!



ツッコミ









ちなみに、ちゃんとした正座は無理なので、足は投げ出し気味ですが
この状態で毛布をのっけてるので、 ”ほぼコタツ” 状態です 。

数ヶ月前のこの姿からは、考えられないっ! ヽ(´∀`)9

バナー婆ちゃん車椅子アニメ

★人気ブログランキングへ投票★

応援してくださる方は、クリックお願いします☆
12:38  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.11.13 (Fri)

今年は4人で神頼み

こんにちは、あずきです。

こちらに来てしばらくは、どこにも行きたがらなかった婆ちゃん。
けど、最近は、出掛けることにも積極的なの。

ただ、彼女は、どんなに「行ってみたいな~」と思っていても
自分から 「連れてけ」 とは言わないのよね。


うちらが、「行こうよ、行こうよ」 と誘っても

おいでおいで 手招き


「ええのか? 迷惑にならんのか?」

は?


と、必ずいったんは遠慮する。



けど、もう一回、「行こうよ、行こうよ」 と誘えば


おいでおいで 手招き


嬉しそうに

「お願いします」


婆ちゃん笑顔で頷く


ワタシは、そういうとこが、可愛いらしくてたまらないのだ。




でね
この間は 「天気もいいことだし、みんなでどこかドライブしよか?」 ということになり
うちらは4人で、お参りに行くことになったの。
行き先は、去年オカンと3人で行った、例の商売繁盛の神さま。

婆ちゃんは車に乗る時、必ずワタシの横に座る。
つまり、ワタシが運転している時は助手席に乗り、そうじゃなかったら、並んで後部座席。
で、婆ちゃんは、外の景色を眺めながら、「ねえねえ」と、いろんなことを聞いて来る。
だから、うちら二人は喋り通し。
彼女は、すごく好奇心が旺盛なのだ。

それは車を下りてからも一緒。

お参りに行った婆ちゃん (13)

プッ

”連れて行ってもらった”ハズの婆ちゃんが

なぜか、先頭を切って歩いて行く。




で、参道の賑わいにも、彼女は興味シンシンだったわ。


出店を見る婆ちゃん


特に、「草餅」 の張り紙の前では固まってしまっていた。



なので、そちらはお土産用に買い求め


ワタシは、うちらがいつも食べる串カツを勧めてみた。



揚げたてだから、大丈夫かなぁ~と思ったけど


彼女は、あっという間に2本食べた。


串カツを食べる婆ちゃん


本当に、なんでも食べる婆さんなのだ。





もちろん、肝心のお祈りもバッチリ。


お参りに行った婆ちゃん (7)




婆ちゃん、一生懸命お祈りしてくれて、ありがとう。



今年は4人でお祈りしたから



お参りに行った婆ちゃんとワ



きっと、ご利益も4倍だよね~。







バナー3人お祈り バナー婆ちゃん会釈
★人気ブログランキングへ投票★

アナタが応援してくれると、さらに倍増!
お賽銭は要りませんから、じゃんじゃんクリックしてください。
11:30  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.11.23 (Mon)

コタツはいいよね

こんにちは、あずきです。

今日は更新する気満々だったのですが
都合により、その記事はアップ出来そうにありません。

けど、せっかく来て下さった方のために、とりあえず昨日の婆ちゃんでもお見せしようかしら。

彼女はもう、こんな風に、コタツに入ってくつろぐことも出来ますのよ。

あずき下どぞっ

コタツと婆ちゃん




座る時は、ちょっぴりサポートが必要だけど

立ち上がる時は、自分で工夫してやっている。



やっぱコタツに入っているときの彼女は、すごく落ち着くみたい。



うちらも、婆ちゃんと同じコタツに入れて、なんだか嬉しいな。



婆ちゃん・・・・


あんたホンマに、頑張り屋さんやねぇ。



あずき婆ちゃん





ちなみに、この間はじめて座った時は、「出してくれやぁ~!」 と叫んでいましたが。(笑)

バナー助けて~
★人気ブログランキングへ投票★

応援してくださる方は、上のリンクをクリックしてね☆
14:19  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.12.02 (Wed)

あずきちゃん、しね!

こんにちは、あずきです。

今日のタイトルは、「あずきちゃん、しね!」

「しね!」なんて、大人になってからは、余程のことがない限り言われないでしょうが・・・・
実はワタシは、よく言われている。

この人から


婆ちゃん 言う

「あずきちゃん、しね!」 って。




さて、話は変わりますがね・・・・
あずき顔置いといて


うちの婆ちゃんは、基本、真面目。
なんだかんだ言いながら、オカンの言いつけは守っているのだ。

例えば、彼女は糖尿だから、お菓子は、たまにしか食べさせてもらえないでしょ?
だから可哀そうだと思い、うちらがコッソリあげようとしても・・・

彼女は、いくら 「内緒だ」 と言っても、手をつけようとしないの。
オカンからOKが出た時だけ、速攻で食べる。
「バレないから食べちゃお~っとv(`∀´v)♪!」
彼女は、そうは思わないみたいなのだ。

他にも、”散歩は一日二回行く” とか
そーゆーのも、ノルマだと思っているみたいで・・・
フツーは午前中と夕方の二回だけど、雨が降りそうだと、午後イチに済ませようとするの。
おそらく彼女の中では、おしぼりを畳むこと同様、”自分の仕事”という意識なのでしょう。

あ、それでね
今年は、新型インフルエンザが流行してるじゃない?

だから彼女たちの家には、ずいぶん前から、こういうのを設置してるワケ。


あずき下どぞっ

アルコール消毒

あそこでは、家に帰ったら、まずコレをやるのがルール。

そう教え込まれた婆ちゃんは、これについても絶対に欠かすことがないの。



だけどワタシは時々しか行かないから、ついつい忘れちゃうのよね~。

だから、そういう時に

「あずきちゃん、しね!」


婆ちゃん 言う


つまり福井弁では、”~しなさい”を、”しね”と言うのだ。




なのでワタシは


「あ、ほやほや(そーだ、そーだ)!」


手洗い 消毒

と、早速これをつけ、手をこするワケ。


で、一緒に帰って来た場合は、隣で婆ちゃんもやる。




でね


ワタシは、この時の婆ちゃんの動きが、実はすごく好きなの。





まるで アライグマのようで


婆ちゃん 手洗い 消毒



めっさ、カワユす


あずきウフフうふふ嬉しい







いや、マジで、インフルエンザ流行ってますよね
うちらの商売は、これからが掻き入れ時。マジで、しね~といけません

「ね~っ!」
バナー仲良しだもんね
★人気ブログランキングへ投票★

宴会シーズンも、女将さんはアナタのクリックが励みです☆
11:30  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2009.12.07 (Mon)

トシ君とその婚約者

こんにちは、あずきです。
実は昨日、婆ちゃんとこに、あるお客さんがありましてねぇ。

それは一番可愛がっている孫の、トシ君。
その子が、その婚約者を連れ、やって来てくれたのです。
その二人の結婚が決まったことは、以前記事にも書きましよね? → 「おめでたい話」

ちなみにその子は、孫の中で最年少。
なので、同じ孫とはいえ、ワタシよりも15歳も若いの。

だから、彼が子どもの頃、ワタシはもう既に大人でしょ。
おそらく爺ちゃんの葬式の時に会ったのが最後だから・・・・
それだって、もう23年も前の話。
つまりうちらは、ほぼ面識がないと言っていいのだ。

なのでワタシは、来ていることを察知した途端
呼ばれてもいないのに、その現場に駆け付けたわ。

あずき走る


だって、コレを逃したら、いつトシ君と対面できるか分からないもの。

けど、トシ君って、会ってみたら、やっぱ叔父に面影が似ていたのよねー。
だから、一瞬で身内だと感じられた。
短い時間だったけど、彼女もすぐ打ち解けてくれたし。

けどさ~あ

それより何より、笑っちゃったのは、オカンたちの接待っぷり。

オタクら、急なこととはいえ、あまりにも気取りが無さ過ぎるんじゃないの?

あずき顔苦笑


だって、テーブルに出していたのは、お菓子とかじゃなく


また

干し柿と、干し芋だったじゃん・・・。



s-あずき苦笑 (3)




いえね
もちろん糖尿だから、甘いものを常備してないのは、しょうがない。
けど、ワタシが 「うちからクッキーでも持って行こうか?」 と言うのを、オカンは断ったのよ・・・。
ってことは、あのヒト的には、けっこう自信を持って出してんのよ。

しかも干し芋などは、干している途中なのか、ザルごとテーブルに並べるという大胆さだった。
けどまあ、トシ君たちがケーキを持って来てくれたので、それで格好はついたみたいなんだけどね。


まあ、そんなことはさておき、昨日の婆ちゃんは、いつもにも増して可愛らしかったの。

暖房で部屋があったっかかったせいか、彼女のほっぺたはピンク色。



見てちょーだいな。

彼女との写真でも、すごく嬉しそうにしているでしょ?

下 ウフフ

T君の彼女と

T君の彼女と (3)






そして、とっておきの2ショットがこれ。



大好きなトシ君に肩を抱かれたときは・・・・



まるで 乙女のように


恥じらっていたのですよ。



あずき顔プッ


T君と







ちなみに結婚式は、3月の6日。
「いつ死んでもいい」が口グセの彼女でしたが、とりあえずその日までは
生きていたくなったそうです。

バナー熨斗2 バナー婆ちゃん会釈
★人気ブログランキングへ投票★

今週も応援お願いしま~す☆

11:40  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2010.01.17 (Sun)

お茶ゼリー

こんにちは、あずきです。

さて、ワタクシ、今回で婆ちゃんの入院に付き合うのは、二度目です。
ただ、この病院の場合、かなり建物自体が古いのよね。
なので、正直、印象はイマイチ。
前が良過ぎただけに、ついつい比べてしまうのだ。

けど

ここではここなりに

「ほ~っ、こりゃあいいや!」

分かった わかった あ!

そう思ったこともあるのよ。





それは



ほれほれ



この お茶ゼリー



下 ウフフ

お茶ぜリー



これは、見ての通り、お茶をゼラチンで固めたもの。
この病院では、婆ちゃんの食事の際、フツーのお茶でなく、これが出るのだ。

というのも、婆ちゃんは、今、上半身を起こすことさえ出来ないじゃない?
なので、牛乳にしろジョアにしろ、飲み物は、全部ストロー付きで来るのよ。

けどさ~あ
彼女は、毎食後に、薬も飲まなくちゃいけないから・・・・

その場合は、ストローだと困るわよね。
なので、スプーンでこれをすくい、その上に、薬をのせて飲ませるの。
たしかにコレと一緒なら、婆ちゃんも、飲み込みやすそうな感じ。

それに、彼女はもともと、お茶や味噌汁など、汁気のモノを飲むと、しょっちゅう ”むせて” いたのよね
けど、これだとそういうことは、まずない。
特に、今は咳きこむだけで激痛が走るので、このアイデアは、非常に有難いわ。


ちなみに、今婆ちゃんが摂っている食事も、同じような感じです。

あずき下どぞっ


全部濃度があるゴハン

要するに、全部、”どろりん” とした状態なんですよね。


今回のメニューを説明すると、一番上の茶色いのが、たぶん、ピーマンの味噌炒め。
で、そこから時計回りに、お粥さん・ミカンのゼリー・キュウリ入りのサラダ
で、最後の白いのは、ジャガイモをつぶした何か、だと思う。
多少は、刻んだ状態で残してくれているので、食材が何かは、辛うじて判る感じ。
流動食というか・・・、まあ、それに近い感じですね。


でも、たしかにコレだと、水平に寝てる状態でも食べさせやすい。

ベッドでゴハン


むせたり詰まったりすることがないので、
とりあえず、食べさせる側としては、安心なのですよ。

けど、これを 「リハビリのため、自分で食べなさい」 と言われると、婆ちゃんもツライみたい。
まあ、無理すりゃ口に運べるらしいけど・・・・
お腹の上あたりにトレイを乗せられるので、彼女の位置からだと、何が何やら分からない。
中身が何か分からないまま食べるのって・・・・
やっぱ、気持ち悪いものだと思うものね。

もちろん職員の方が食べさせてくれる時もあるけど、
事前に皿の中身を見せたり、説明まではしてくれないんですって。
けど、ワタシだと、「これ、何かなぁ?」 な~んて、見せながら食べさせるので
婆ちゃんも、”食べた気がする”んだと言っていたわ。

では最後に、「お茶ぜリー」の説明を載せておきますね。
もし皆さんの周りに、”むせやすい” とか ”飲み込みにくい” という方がいらっしゃったら
ぜひ一度参考になさってください。


緑茶には抗菌作用,腸内細菌叢の改善,排泄の改善,ガン,老化の抑制などの有効性があります.
また,食物を嚥下した後にお茶ゼリーを嚥下(交互嚥下)することで,咽頭部の残留物を除去する働きもあります.

・材 料
お茶抽出液 310cc  ゼラチン(パウダークイックタイプ) 5g (1.6%濃度)


・作り方
濃い目のお茶抽出液(60℃以上)300ccに粉ゼラチン5gをダマにならないよう溶かし,型に流しいれ固める.

注)1 この濃度で作ると,やや固めで溶けにくいゼリーができます.口腔期の障害が重度で,咽頭への送り込みが困難な場合には,お茶の分量を増やして,やわらかめのゼリーにしたほうがよいでしょう.ただしその場合,口腔内での溶解のスピードが早くなるので,咽頭期の障害が重度で,なかなか飲み込みが出来ない方の場合,ムセや誤嚥の原因になることがあります.そのような時には,ゼラチンではなく,増粘剤で水分にとろみを付ける方法もあります.
注)2 お茶抽出液は,お茶を抽出する前のお湯の量で計量するのではなく,お茶を抽出した後の分量で計量してください.
ゼリーは固まるのに時間がかかるので,前もって作っておくほうが良いでしょう

※以上、「嚥下障害支援サイト Swallow」 より引用させていただきました。







そう考えると、こういうことが出来るのは、健康な証なんですね。

バナービール
★人気ブログランキングへ投票★

今日も応援お願いします☆
11:30  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
« Prev | HOME |