2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.25 (Thu)

幸運な介護者

こんにちは、あずきです。

ワタシこの間、幼なじみの子と、ゴハンを食べに行ったんですがね。

あずきゴハン


その際、話題はお互いの介護のことになりました。
彼女も今、ご主人のお婆さんを介護しているのです。

そのお宅は、彼女が嫁ぐ前からお義母さんが元々おらず
食事の世話は、ずっとお婆さんがしていたそうなの。
で、彼女が結婚するに当たっては、そのすぐ横に別棟で家を新築したワケ。

で、最初の十年くらいは、別々に家事をやっていたんですけどね・・・・
3年くらい前でしょうか?
急にお婆さんが足腰の痛みを訴え、それ以来、彼女が向こうの分まで家事をやるようになったらしいの。

ただ、調べても、特に何か悪いとこがあるワケでもないらしいのよ。
だけど本人が痛がって 「動けない」 という以上、家事を無理やりやらす訳にもいかないじゃない?

なのでしばらくお手伝いのつもりで家事をやっていたんだけどね、
そしたら、どんどん依存してくるようになってしまって。
そうこうしているうちに、今ではほぼ寝たきり状態になってしまったんですって。

今でもデイサービスやショートステイに行く以外は、一切動こうとしないので
ゴハンやおやつの食べこぼしで、ベッド回りは常に汚れているそう。
彼女は毎回食事を運ぶたび、それを見て、暗い気持ちになるのだと言った。

なるほど。
そーゆー ”なしくずし的介護” もあるのか・・・。

う~ん 考える


彼女の場合は介護者とはいえ、 やっぱ”お嫁さん” ですからねぇ・・・・。
しかも息子ではなく、孫の嫁だし。

やはり一般的に、子どもが息子さんだけだったりするご家庭は、介護も難しいようだ。
どうしても男性だと、「しゃーないなー」 で済ませてしまう。

もちろんお嫁さんがいれば、あれこれ ”思うことは思う” のだろうけど・・・
結局、それをやるのは息子本人じゃなく、自分。
その後の苦労を思うと、余計なことは言いたくないのが現実だろう。
逆に小さい子供を抱えパート勤めもしているのに、彼女はよくやっている方だと思う。



さて、話は変わりますがね。

昨日、ワタシと婆ちゃんは、今までで最も長い距離の散歩に出掛けました。

街中を抜け、大きめの公園まで行って来たんですがね。
やっぱ婆ちゃんの歩みは遅いので、時間的にはワタシが普段歩くのの
3倍くらいはかかってしまった。

散歩中、休憩する婆ちゃん (3)


もちろん、ちゃんと歩くには歩けるんだけど・・・・
道が少しでも傾いていたりすると、彼女はそれを敏感に感じ取るのよ。
場合によってはふらつくこともあるので、ワタシは婆ちゃんの手をぎゅっと握って歩いた。
やはり彼女にとって、知らない道を歩くというのは、それだけでもかなり緊張を強いる行為なのだ。
この日歩いた距離は優に1キロを超えるので、彼女にとっては、ずいぶん疲れたに違いない。

だけど、ワタシは婆ちゃんと、こんな沢山歩けて幸せだったな。
ゲームにしろ散歩にしろ、婆ちゃんとのリハビリは、いつだって楽しい。

半年前は、命さえ危ないと思ったあのヒトと、今こうして手をつないで歩けたんだもの。
公園でハトやスズメを眺め、道端の花の名前を言い合えるなんて
この現実を、神様に感謝したい気持ちだ。

よくヒトは、「お宅のお祖母さんは、お幸せですね」と言うけれど・・・・

幸せなのは、きっとワタシの方なのだ。


婆ちゃんと散歩

彼女が来てくれたおかげで、ワタシはいろんな ”気付き” をもらった。




バナー最強コンビ

さらなる幸運を求め、ランキングに参加しています。
10:44  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

あずきさん、こんにちは。

私感動してしまいましたよ!

>>幸せなのは、きっとワタシの方なのだ。

こんな風に思えるあずきさん、素敵ですv-354
でも、やはりおばあちゃんも幸せだと思いますよv-10
たか |  2009.06.25(木) 11:24 | URL |  【編集】

じ~ん

年を取ると、
だんだん出不精になると聞きますが、
あずきさんのように、散歩してくれると
本当は喜んで外に出掛けるのかもしれませんね。
天気の良い日に、お婆さんに合わせて
ゆっくりゆっくり歩く、
それは、あずきさんや、お婆さんだけでなく、
周りの人たちも、暖かい気持ちにさせてもらえます。
北灯り |  2009.06.25(木) 12:10 | URL |  【編集】

こんにちは。
今日の記事、とても共感しました。

私も、一時危篤を乗り切った祖母の介護をしていたんですが、
「この時間はばあちゃんがくれた
宝物だなあ」と思ってました(^-^)
今思い返しても、たくさんの気づきと愛をもらったと思います。
(自分から祖母への愛情も、祖母からもらったもののような気がします)

あずきさんとお祖母様の歩く姿、
読んでるこちらも暖かい気持ちになりました♪

まめ7 |  2009.06.25(木) 12:40 | URL |  【編集】

人生には思いもよらない幸せが舞い込むことがあるんですね♪
ワタシもいつか『こんな幸せな時間が過ごせるなんて』と思う日が来るといいなぁ
ゆきこん |  2009.06.25(木) 15:09 | URL |  【編集】

幸せ体質になった?

どんなことにも幸せを見つけられる能力。
それを身につけましたね。
それもおばあちゃんの「ギフト」かな?

散歩はいいですね。ワタシも母と近くの八幡さまに行きますが、
御神木の大ケヤキの木陰で涼むと、気持ちが癒されます。

でもけっこう、1人で歩く高齢者の方、多いです。
なかにはお買い物の袋が重くて、
途中、地面において、ふ~~っと言ってる方も多い。

あずきさんのおばあちゃんは幸せものです。
きらりん |  2009.06.25(木) 15:46 | URL |  【編集】

幸せの感度

あずきさんのように「よかったー。」
「嬉しい。」「しあわせだー。」など
日々の生活の中で感じられることは
あずきさん自身がそういう心持、幸せ感度がたかいのでしょうね。

あずきさんが幸せと思い、周りの人にもその気持ちが伝わるとという
良いスパイラルで皆幸せ。いいですよねー、そういうの。
こちらにも幸せな気持ちが伝わって
優しい気持ちになれます。

lei |  2009.06.25(木) 17:58 | URL |  【編集】

たぶん。。。だけどね、殆どの介護がなしくずしてきだと思うんです。血がつながろうが、そうじゃなかろうが。だから、あずきさんみたいにおもえるのは素晴らしいことじゃないかな。おばあちゃんの人柄もそうでしょうけれど。あずきさんのブログ介護してる沢山の方たちにみてもらいたいですね。
はなこ |  2009.06.25(木) 21:22 | URL |  【編集】

なしくずし的介護

はなこさんが言われるように
私も働いて頃は当てにされてなかった
けど、会社都合でやめて家の居るようになってから頼る様になって来ましたね。
去年までは義父は義母より随分元気な方だったのに血便の検査から癌が胃と大腸に出来ていて一度に手術しましたが高年齢の為か熱が出てから寝たきり、義母は父に頼りぱなしの方だったから
一人で居ることが寂しくうつ状態で、なんでもしてもらっていたから人を

あてにするし。今度は私になにもかも頼ってくるし。。。一時はこちらまでストレスが溜まって来ましたが
最近は出来る事はしてあげますが
出来ないこと、用事の日程をはっきり言うことで理解してくれて(なんども確認してきますが)こちらも気が軽くなりました。
もうすぐ退院して自宅で介護する事になりますがやさしく、厳しく。。。

あずきさんのように出来るかな?!



肉ちゃん |  2009.06.25(木) 22:46 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

皆さんのコメント、其々いろんな想いで拝見しました。

ワタシは婆ちゃんの話をここで書くことに、実は時々迷いがあります。
それはワタシの場合、介護と言っても”オイシイとこどり”だから。
実際ご苦労している人が読んだら、「キレイごと言ってんじゃないわよ!」と
カンに障るかも知れない、と。
実際うちの場合は、好条件が揃っていますのでね・・・。

けれど、ツライ状況の中で頑張っている方たちも
どこかで気持ちをリセットすることにより、少し違う景色が見えて来るかも。

義父母だったりする場合、ついつい過去の恨みつらみが出てしまったりしますが・・・
うちのように、言いたいことが言い合えると、すごくラクです。

昔はともかく、たぶん相手も、カラダが弱ると内面も変わってくるハズ。
時々ツッコミを入れつつ、笑える介護を目指してください。
何のアドバイスも出来ませんが、気の持ちようで少しは変わる気がするのです。
あずき |  2009.06.26(金) 11:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/976-aa167b8c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。