2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.29 (Fri)

癒し癒され

こんにちは、あずきです。

昨日書いたように、お付き合いが復活し、久々にうちにやってきた例の奥さん。
オカンと今別に暮らしていることや、婆ちゃんを呼び寄せたいきさつなど
彼女は、ワタシの話すことのひとつひとつに、驚いている様子でした。

私たちは、そもそも性質的には、全然別のタイプ。
雑草育ちのワタシに対し、彼女は大切に育てられたお嬢さんという感じだ。

けど、だから逆に、バランスがいいのだと思う。
本質的にワタシは世話焼きで、彼女は世話を焼かれることを望んでいるから。

なので、ウチのように、両方のオカンを呼び寄せて暮らすこと自体
彼女的には ”あり得ない” ハナシなのだ。
今までも事あるごとに 「自分なら出来ない」 という反応だった。

彼女はワタシのことを、そーとーおおらかなヒトだと思っているみたい。
実際は、そうでもないんだけどね。

で、その日の彼女はワタシを前にし
コマ切れの睡眠で四六時中イライラしてること、
だのに旦那はちっとも協力的じゃなく、ヤツに腹が立って仕方ないことなどを
ワ~ッと一気に喋った。

マンションの奥さん



かわいそうに・・・・
カワイイはずのこの子が、そう思えない時まであるのだそう。

新米ママ



だけど、あたしゃ子育てのアドバイスなど、何も言えるわきゃない。
「ああ、そうらしいね~」 とか 「友だちもそう言ってたよ~」 とか
フンフンと笑って聞いているだけ。
むしろ、赤ん坊を触りまくっていただけだ。

それでも彼女は
「あぁ、ここって、自分ちより落ち着くな~。 あずきサン、また来ていいですか?」
と、ご機嫌で帰って行った。
「機会があれば、婆ちゃんたちともぜひお会いしたい」 と言い残して・・・。

なのでね
お言葉に甘え、その1週間後・・・
ワタシはあえてダブルブッキングをし、婆ちゃんと赤ちゃんは対面した。

婆ちゃんは、予想通り、一目見ただけで目を輝かせたわ。

彼女は入院中も、小さい子がお見舞いに来てると
そっちの方ばかり気にしていたもの。
「あら、カワイイ声!」と、本能的に反応していた。
ワタシに子どもがいないので、あまり関心のない振りを装っていたけど・・・

けど婆ちゃんには、曾孫も居ることは居るのよ。
ただ、ここまで小さい時には会わせてもらっていないだろうし
今後、ここまで会いに来てくれるかはビミョー。

だから、たとえよその子でも、この感じを味あわせてあげたかったの。
こんな可愛らしいもの、みんなで見なきゃ勿体ないものね。

その日の婆ちゃんは、見てる間中、「うわ~カワイイ」 「なんたぁカワイイ」 と
やや興奮状態。
「最近の子は、顔がしっかりしている」 と、やたら感心していた。


婆ちゃんとオカンと赤ちゃん



さすがに抱くことは遠慮したけど
うちらが代わる代わる抱っこする様子には ご満悦。

赤ちゃんにデレデレの彼を見て

「ありゃあ、そーとー子ども好きやのぉ~」 と笑っていたわ。

指差す 笑う


赤ちゃんを抱く旦那さん


たしかに、もし自分の子がいたら、おぶって仕事をしそうな勢いである。(笑)


さて。
その日赤ちゃんは、4人に触られまくり大変だったけど
ちっとも愚図らずに、大人たちを癒して帰った。

なのでお母さんも、きっとよく分かっただろう。

自分の産んだこの子は、いるだけで 天使のような存在 なのだと。

二人きりで見失いかけてたことを、思い出してくれたなら有難い。



今、ワタシの周りのヒトは全員、”誰かに癒されつつ、別のヒトを癒している”
と感じる。

ワタシは、婆ちゃんや赤ちゃんがいるだけで楽しいし
あつきチャンのお母さんは、うちに来るだけで、心がスッキリするそうだし。


育児にしろ介護にしろ、自分一人で抱えていたら、煮詰まってしまうわよね。


だから、うちでよければ、いつでも来て。


おいでおいで 手招き




みんなして、足りない何かを補え合えばいいのだと思う。




てか、世の中全体がそうあるべきだと、ワタシは思うな。


あずき顔提言







バナー赤ちゃん

さて、どーでちゅかね~?(笑)

11:06  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

ありがとうございます

はじめまして
いつも楽しみに見ています。
初めてコメントさせていただいています。

今日の日記を読んで、なんだかとっても心が温かくなりました。
私も、あずきさんのように、小さな幸せを大切にしないといけないな、と改めて思いました。
そして、私も誰かを癒せる存在になれるよう、前向きに生きていきたいと思います。

忘れかけていた何かを思い出させてくれたような気がします。
ありがとうございました。
ヒロコ |  2009.05.29(金) 17:24 | URL |  【編集】

救われたんでしょうね。

復活した彼女とのお付き合いは
夫婦二人だったら 閉塞感でいっぱいだった生活に息抜きできる
貴重な時間のようですね。

旦那さん以外の人に
話し(愚痴ったり)たりしてストレス解消する事ができなくて
感情を子供に向けてしまうなんて
ことが少なくないようですしね。

彼女は気持ちに余裕が出来たり
他の視点に気が付いたり
ちょっとでも気が休まったり出来るのではないでしょうか。
あずきさん家は さながら子育て応援隊ですね。お母さんおばあさんと
ベテラン女性軍もいるし。

お互いさまの素敵な時間で
どっちも幸せ。 
lei |  2009.05.29(金) 18:04 | URL |  【編集】

癒されました♪

ほんと、人を癒せる人になりたいもんです・・・・
今日はステキな記事をありがとう、あずきさん!

お礼にワンポチちちゃいまちゅ♪
akiko |  2009.05.29(金) 18:37 | URL |  【編集】

ちょー久しぶり!

あ゛~やっと来られた~学校の役員を引き受けてしまい、役員会やら娘の運動会(31日ですが)、長男の4歳の誕生日などで、頭ん中が超多忙で携帯さわる気力も失われてましたぁ
今、まとめ読みしましたヅラ太郎が再登場してたワタシはどちらかというとあつきチャンのお母さんと同じ立場ですが、きっとあずきサン一家に救われてると思います旦那が協力的でない上に、四六時中赤ん坊といると、正直たまにイラッとすることもあるんですが、皆に可愛がられる我が子をみるとそれに癒されるんですよね我が子をみて皆が喜んでくれると、ホントにうれしい(#^.^#)
ワタシもそこのマンションに住みたいくらい(笑)
『あつきチャン』と見てドキッとしました♪
うちの娘の名前から濁点を取っただけ。発音はあずきサンと同じ♪
勝手ながら、ワタシも密かに縁を感じています
ゆきこん |  2009.05.29(金) 21:26 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ヒロコさん
はじめまして♪
>>私も、あずきさんのように、小さな幸せを大切にしないといけないな、
ええ。ワタクシ、もう大きな幸せは諦めましたので
ちっこい幸せをかき集める作戦にしました。
上を見たらキリがありませんからね~。

leiさん
>>お互いさまの素敵な時間で どっちも幸せ。
そうですね。
赤ちゃんって、そこに居るだけで幸せな気持ちになります。
うちら全員、自然と顔がほころんじゃいました。
婆ちゃんも、「ありがとのぉ~」と大喜びでしたよ。

akikoさん
「天国の海」には、世界中から”癒し”を求めてお客さんがいらっしゃるんですものね~。
で、そういう方たちで連日大忙しなんですもの。

ってこたぁ~、お客さんはakikoさんたちスタッフに、しっかり癒されてる証拠。
さすがですね。 ( *´ノ3`) いよっ、癒しのエキスパート!

ゆきこんサン
そうそう。オタクの娘さんは「あづきチャン」でしたよね。
そんなにない名前だから、以前聞いたとき、「わ~、奇遇!」と思いました。

ゆきこんサンとこの子どもたちにも、会ってみたいです。
ホント、同じマンションだったら、一緒に遊べるのに。

あずき |  2009.05.30(土) 00:54 | URL |  【編集】

ほんとに旦那さんってば赤ちゃん大好きなのね。おむつもとりかえちゃうような勢いですよ。うちの夫とおおちがいだわー。うちの人の場合ちょこっとおっきくなってお話ができるようになると、かわいがるんだけどねー、なんだかあかちゃんってどうあつかっていいかわかんないそうです。わたしも、よそさまの赤ちゃんはいって渡されてすごい緊張しますもの。子供って13歳ぐらいになったら、ぷいって離れちゃうもんね。でも、うざいなんていわれたらあたしも悲しいなあ。おばちゃんのわたしも、寂しく思うんだろうなあ。

なんだかいいですねー、お互いに癒すことができるなんて。うちのオフィスも家もそういうかんじでありたいなー、とおもいつつ、いつ改装おわるの!ってペンキぬっております。
はなこ |  2009.05.30(土) 02:23 | URL |  【編集】

>はなこサン

>>ほんとに旦那さんってば赤ちゃん大好きなのね。
そーそー。
てか、なんだろーね、あのヒト。
動物とか、子どもとか、おまけで付いてくるストラップとか・・・
とにかく、癒し系のかわいいモノは、なんでも好きみたいよ。

あ、それと、オタクまだ改装やってんたんだ? 
いやぁ~、長いこと頑張ってるね~。(笑)
あずき |  2009.05.31(日) 00:15 | URL |  【編集】

そうなのよー。うちの人、川端康成みたいなこというの。「(やんなきゃいけないことは)はてしないけど、トンネルの向こうにひかりがみえてきたねえ」なーんて。

最初の2ヶ月で1/3おわって、それで開業しちゃって、のこりをちょこちょこ改装してるんで、いっきにどばーって改装っていうお店とか美容院とかと違うんで利点もあるけど、悪い点もあるよね。改装終わってない部屋はドアしめちゃって、なんちゃってってかんじで、「改装中なの、えへへ」で心の広い昔からの患者さんならとくに、ものわかり良いかな。患者さんでとっても細かい仕事をするひとがいまして(壁の石膏とか床のタイルとかすごいきれいにしてくれるんですけどね、本業は大家さんです、でも映画を作成中というとっても変わってておもしろいおっさんです)、たしかにとてもきれいにしあがってるんだけど、時間がかかりすぎ。本人いわく、細やかですごいきれいな仕事だけど、時間が他の職人さんの10倍ぐらいかかるんで、ぜったい他から雇われてたら(そんな必要ないお金持ちさんですけど)一日でクビになるだろうなあって。あと、州の規定がかわってきて、それにそって改装しなきゃいけないのがあるんで、メンドクサイです。
はなこ |  2009.05.31(日) 02:00 | URL |  【編集】

>はなこサン

ふ~ん、はなこサンとこは、使わなくても済む部屋があるからいいんだ。
うちみたいに、店だとそうはいかないからね。
移転の時、短期間で準備したので泣きそうだったよ~e-263
あずき |  2009.05.31(日) 22:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/945-42298344

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。