2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.18 (Wed)

新居の感想

こんにちは、あずきです。
すっかり遅くなってしまいましたが・・・
今日は先週婆ちゃんを連れて、マンションへ行った話をしましょうか。

目的は、手すり等をつける打ち合わせだったんですがね。
運転手のワタシは車を停めるため、コインパーキングに。

そこから戻ってきたところ、すでに打ち合わせは始まっていまして。
ふと見ると、どうやら婆ちゃんもヒマそうな様子。

マンションの下見

うちらはアブレ者同士、一緒に部屋を見て回ることにしました。

(※ちなみに記事中に出てくる間取り図は、実際の部屋とは左右が逆のタイプです。
 画像が暗いのは、雨天&電気がまだ点かないため)

婆ちゃん、まずは、そのまま振り返ってちょーだい。

そこが、お勝手よ。

どう? 

二人なら十分な広さじゃない?



キッチン


ほんじゃね。 今度は、前の方に行ってみましょうか?


ここは洋室なんだけどね、すごく日当たりがいいの。

今日はこんな雨降りだけど、電気を点けなくてもこれくらい明るいでしょ。


洋室

洗濯ものは、そこを出たベランダに干すんだけどね。

ここなら、すぐに乾きそうじゃない?



あ、ここでちょっと、部屋割の話をしときましょうか。

あのね。 うちらは最初、ここを婆ちゃんの部屋にしようと思ってたのよ。

日当たりもいいし、ベッドを置くなら、やっぱ洋室だろうって。


部屋割り1案



けどね、同行してくれたリハビリスタッフやケアマネさんが言うには

ここでは、トイレまでの距離が長い。


夜中ひとりでトイレに行く場合などを考えると

ベッドを置くのは、玄関横の和室がいいだろうということになりました。


トイレへの動線

距離的にはわずかな違いですが

LDKを突っ切って行くよりも、

壁を伝って行ける方が、転倒の心配が少ないんですって。



この部屋はね、当初はお客さん部屋にしようと思っていたの。

窓がなく暗いので、「普段は使わず、予備の部屋でいいや」 と。


和室


けど、婆ちゃん本人も、「ベッドはトイレに近い方が断然いい」 と言いますんでね。

結局、皆と相談した結果、部屋割りはこんな感じになりました。


部屋割り


婆ちゃんに、「じゃあ、ここにベッドを置くよ」 と言ったら

えらくホッとした様子でして。

「安心した、安心した」 と、何度も言っていた。


そっか、今の婆ちゃんにとっては、部屋の広さやキレイさより

夜トイレをどうするか、そこのところが重要だったんだね。


で、そこからは実際のシュミレーションです。

「ドアが手前に開くから気をつけてね」 

「もしどうしても危なかったら、このドアは外そうか?」 などなど。

トイレとお風呂場では、手すりの高さを確認しました。





でね。 ワタシは最後に、恐る恐るこう聞いてみたの。



婆ちゃんに確認









そしたらね









婆ちゃん「気に入った!」



ですって!





きゃ~~っ!!

嬉しい 駆け寄る





病院に着くと、スタッフの皆さんが、それを我がことのように喜び迎えてくれました。


ワタシたちは、そういうことまで含め

全部が全部、とても嬉しかったです。






バナーいえいっ!

アナタから応援クリックをもらえたら、なお嬉しい。

10:25  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

おばあさんが言ってくれた一言が
あずきさんやお母さんなど
協力してくださった方々への
最高のご褒美ですね。

一番の不安が解消されたので
準備がどんどん進みそうですね。
おばあさんの部屋はかなり良い
場所になり部屋数も
案外必要なものだったのですね。
絶妙な距離のご近所さんとなる
これからの生活の様子も
よければUPしてくださいね。
lei |  2009.03.18(水) 12:09 | URL |  【編集】

そう、そう、トイレは大事。

間取りも十分なお部屋が借りられ、おばあちゃんが気に入ってよかったですね。

自立の基本はトイレですもんね。
近くて負担のないのがいいですね。
ワタシも、ドアを外すのがいいかなと思いました。

ウチの母も退院に向けてリハビリ中。
入院時はたくさん管がついていたので、オムツにされて、
しかたないけど、これをしてると以前よりぼんやりしてしまって。。
リハビリの先生へのお願いはトイレに自分で行けるように。
この1点なんです。
きらりん |  2009.03.18(水) 15:07 | URL |  【編集】

あずきサン、お疲れ様です。
お祖母様に新居を気に入って頂けてよかったですね。
また、それを病院のスタッフさんが一緒に喜んで下さったと言うのも、嬉しいお話ですね。
こうした反応に出会えると、色々と心を砕いて頑張って来られた甲斐もありますし、あずきサンとお母様のお疲れも癒されますね(^^)
応援ポチ♪
kuririn |  2009.03.18(水) 20:01 | URL |  【編集】

よかったですねー

おばあちゃんに気に入ってもらった新居でよかったです。いままでがんばってきた甲斐がありましたね。
はなこ |  2009.03.18(水) 22:44 | URL |  【編集】

ほんと、ほんと、トイレは大事です。
トイレが自分で何とかなるのとならないのでは
本人の気持ちに大きな違いが出来ますもんね。
壁を伝って行けるなら、それが良いですよね。

おばあちゃんが「気に入った」って言ってくれて、
ワタクシまで嬉しい~~♪

(今日は感じが良い方のはちみつデスよ。
 重箱の隅ほじくる方じゃなく。)( ̄ー ̄)
はちみつココア |  2009.03.19(木) 00:02 | URL |  【編集】

あずきさん、はじめまして。
kuririnさんの所から参りまして、日々お邪魔させていただいております。お婆様、お部屋気に入ってくださって良かったですね~(〃艸〃)
ひとつ、お聞きしたいのですが・・・
トイレのドアをはずされるのですか?それとも、その手前のドアをはずされるのですか?私も父の介護をさせてもらっていて、家のトイレのドアを内開きから外開きにしたのですが、壁に手をついて開けられる様にしたのです。
今現在のお部屋のトイレのドアの開きを左右逆にされたらお婆様のトイレへの行き来が少しでも楽になるかな?と思いまして・・・って、もうされてますよねσ(^◇^;) ケアマネさんもいらっしゃるし、すみません。余計なお世話を言ってしまいました。ごめんなさい(*・ω・)*_ _))ペコリン
これからも ポチッ!としにお邪魔させていただきますので、宜しくお願いします。
たか |  2009.03.19(木) 09:48 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

leiさん
>>おばあさんが言ってくれた一言が・・・最高のご褒美ですね。
ええ。
まさかこう言ってもらえるとは思いませんでした。
普段は文句ばっか言うタイプなので。

退院後の生活も、もちろん書くつもりです。
さて、どうなることやら。┐(´д`)┌

きらりんサン
ドアの件は、まだ検討中。
本人が、「今の状態なら問題ない」 と言うので。
うちの婆ちゃんは、意外と実用性よりも見てくれを気にするのです。
しばらく様子を見てみますね。

kuririnさん
>>それを病院のスタッフさんが一緒に喜んで下さったと言うのも・・・
そうなんですよね。
婆ちゃんの性格も分かってきただけに
「気に入った」という返事は、誰しも予想外。
皆さんも、ホッとしてくれたみたいです。

はなこサン
「どこが気に入ったの?」と言ったら
「広いし、キレイだし、新しい畳」と言いました。
椅子とベッドの生活になっても、やはり畳が落ち着くようですよ。

はっちー
うちらにとって、さほど気にならないことが、お年寄りには重要な問題なんですよね。
トイレのことが、そこまで不安だったとは。

>>今日は感じが良い方のはちみつデスよ。
そうね。やりゃあ出来るんじゃない。
いつもこーゆー感じでお願いします。

たかさん
え~と、「外そうか」と言っていたのは、LDKへ入るドアです。
トイレのドアは、今のところ、このままのつもり。

で、なるほど~。左右逆にするといいんですか?
そういった話は、ケアマネさんからなかったので気づきませんでした。

賃貸だから出来ないかな?とは思いますが、一度聞いておきます。
ご親切に教えていただき、ありがとうございました。(*^ - ^*)ゞ
あずき |  2009.03.19(木) 14:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/839-d6f0f8dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。