2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.16 (Mon)

上を向いて歩こう

こんにちは、あずきです。

以前 「女将ヒストリー」に書いたようにね。
店を始めた最初の頃は、私たち夫婦にとって、悲しいこと辛いことが続きました。

けど、それは誰かに話して救われるようなことではなく・・・・
ふたりにしか分からない、重苦しさ。

そんなある日、たまたまかけていたラジオから、この歌が流れてきまして・・・。

もちろん、この曲のことは知っていましたよ。
「スキヤキ」 という名で、全米のヒットチャートを賑わせたことも。

でも、それまでは、”昔流行った歌” という感覚で、自分にとって、ピンと来るものではなかった。

けどね・・・・
その時の私たちには、その歌がとても輝いて聞こえてきたの。
パァ~ッと心を照らしてくれるような。

その夜うちらは、恥ずかしながら、その曲を口に出して歌ってみた。


上を向いて歩こう


そしたらね。 
不思議と、少し元気が出たのだ。

うちらは、お互いの手をギュっと握って帰った。




いえね。
なぜそんな古い話をしたか、っつーと・・・・

昨日は日曜日。 婆ちゃんと病院で 「のど自慢」 を見る日です。
 
この番組は、ここでは人気抜群でしてね。
日曜はリハビリもなく、みんなヒマだし。
多くの人が昼食後も席に留まり、1時までこの番組を楽しむの。

けどね。
普段は、おとなしく見てるだけなのよ。
くっちゃべっているのは、私ら二人だけ。

もちろん、おかしいとこで笑ったりはするけど
正直、「ちゃんと聞こえてんのかな?」 っていうお年寄りも多い。

が・・・・
昨日はちょっと異変があった。

途中までは、いつも通りだったんだけど
後半、若い男性出場者が、年に似合わずこの歌でエントリー。

そしたらね。
それに合わせ、ここの皆さんも、口々にメロディーを口ずさみ始めたのです。

別に、誰かが音頭を取ったワケじゃないのよ。
ごく自然な感じで、ひとりふたりと・・・・。

歌が終わる頃には、あちこちで歌声が聞こえ、ちょっとした合唱になっていました。


歌う皆さん



ワタシはね。
この光景を見ていたら、なんだかジンと胸が熱くなったの。

s-あずき遠い目

さっきまで、「聞こえてんのかな?」 などと、失礼なことを思ってた割にね。

ああ、そうだわ。
この人たちだって、なにも最初からこうだったワケじゃない。
この歌が流行った頃は、バリバリに働いたり、子育てをしていたのだ。

ワタシでさえ、この歌には最初に書いたような思い入れがあるんだもの。
高度成長期を生きたこの人たちにとっては、尚更、思い出があることだろう。

使い古された言葉だけどね。

”歌は永遠に輝き続ける” ←これって、本当のことだと思った。

あの歌を歌っている間、皆さんの表情はイキイキしてたもの。



ワタシはこの歌のおかげで、昨日、久々にあの頃の自分を思い出しました。

そして、あの日の自分の肩を抱き、「大丈夫だよ」 と、言ってあげたくなった。





おかげさまで、昨日のケーキに婆ちゃんは大満足。
「なんたぁ~おいしい」 と、目にもとまらぬ早さで平らげました。(笑)

バナーケーキを食べる婆ちゃん

今週も応援クリックお願いします。

10:54  |  リハビリ病院入院中の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

前を向いて歩こう~

先日、息子の通う小学校で「6年生を送る会」があり息子の学年は、上を向いて歩こうを歌いました。「前を向いて歩こう」と替え歌なども一緒に。「この歌知ってる?」と聞かれ「もちろん!」と一緒に歌ってみたり…平成産まれの息子も気に入って歌ってましたよ。いい歌は世代も超えて感動を与えますね。
山 |  2009.03.16(月) 11:16 | URL |  【編集】

そうだよねー、歌ってその時にタイムボカーンするのよねー。うちらの世代が老人ホームに入る頃は、あれかね、サザンとか、はたまた洋楽だよ、あたしゃとかいって、マドンナとかうたってんのかねえ。きゅうちゃんのあの歌いいですよね。うちの夫もすきですよ。あ、あとすき焼き自体もだいすきですけど。

今回はくそさむーいミネソタに仕事の関係で行ってましたよ。うちらがどっかいくのは、ほとんどが仕事がらみなんです。ミネソタはよいとこでした。そんでかえったばっかでお腹すいたんで、そばゆでよーってお湯わかしてる間にあずきさんとこあそびにきたの。
はなこ |  2009.03.16(月) 11:30 | URL |  【編集】

歌を思い出すとき、そのとき気持ち、おかれた状況がありありと思い出されますよね。

広く歌われた「上を向いて歩こう」なら皆さんがそれぞれの思いを投影した歌になっても不思議じゃないですものね。合唱になっちゃうなんて
じんとしちゃいますね。
lei |  2009.03.16(月) 11:43 | URL |  【編集】

わかる・・・

思いっきりツボに入った…
その歌も大好きだけど「見上げてごらん夜空の星を」私はこれなの。
いつも最後まで歌えないのね、涙で言葉が詰まって…こういう前向きな歌を歌う事で自分を励ましてた気がする。
二人にしかわからないことがある、二人だからできたことも・・・たぶんず~っとこうやって年月を重ねて行くんだね。
ちなみにキャンディキャンディ(古っ!)の主題歌もダメなの。最後まで歌えない…
プチキレれすとらん |  2009.03.16(月) 13:05 | URL |  【編集】

そうだっ!
確か、あずきさんケーキ作りがお得意でしたよね?
カロリー・糖分オフのケーキ
バター不使用、砂糖不使用みたいなの
作れそうですよっ
さちよ |  2009.03.16(月) 13:07 | URL |  【編集】

どツボ。。

琴線にひっかる歌、№1です。

♪泣きながらぁ 歩くぅ、独りぼっちの夜♪
ここんとこでジワ~っとなります。

若気の至りの独身、一人暮らしの頃、
夜道を歩きながら、自分を励まそうと口ずさんだのに、
歌につられて涙があふれてしまう。。

それもひとつのストレス解消だったのかな?

施設の皆さんの心も、ひとしきり潤んだのですね。。

ちなみに№2は、(訊かれてないけど)
♪涙の数だけ強くなれるよ♪ です。
こちらは息子を励ます歌。。
きらりん |  2009.03.16(月) 15:04 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

山さん
へ~、今でも子どもたちが歌ってるんですか?
意味合い的には、”前向きに行こう”なんでしょうけど・・・
「前を向いて歩こう」って言われると、まるで注意力散漫防止ソングみたい。(笑)

はなこサン
あ、ミネソタですか? 聞いたことありますよ、その地名。
で、蕎麦はリアルタイムの話だったのね!(;Д)゚゚

毎度はなこサンのスピード感には、恐れ入ります。
あたしゃついて行くのに必死ですよ。

leiさん
>>合唱になっちゃうなんて じんとしちゃいますね。
ええ、予想外でした。
けど、終わった途端、すっか元通りになってましたけど。

今流行ってる歌で、こんな風に皆の心に残る歌って・・・・
あるでしょうかねぇ?

プチキレれすとらんサン
なるほど~。
「見上げてごらん夜空の星を」も、たしかにウルウルきますね。

もう子どものようにワンワン泣いたりは出来ないけど・・・
大人になっても泣きたいことだらけ。
二人で乗り越えていくしかないのです。

さちよサン
そうですね~。
「糖尿病患者のためのお菓子」ってのも、きっとありそうです。
最近ちっとも作ってないけど・・・・
いっちょ調べて、やってみましょうか?

きらりんサン
>>♪泣きながらぁ 歩くぅ、独りぼっちの夜♪
ここんとこでジワ~っとなります。

そうそう! ワタシも同じとこでウルッとなります。

で、ワタシのナンバー2はね・・・
う~ん、いきなりだと思いつかないなぁ。
あ、訊かれてないから、答えなくてもいいのか。(∀`*ゞ)テヘッ
あずき |  2009.03.17(火) 00:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/835-feb1e0dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。