2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.17 (Sat)

女将のたしなみ

今日の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第3回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

さて・・・
改装を終えた彼の店には、小さなお座敷がありまして
そこにはなんと、”床の間風” のスペースまで設けてありました。

いえ
これがフツーの住宅ならいいんですよ。
別にどう使おうと、その家の人の勝手。
てか、現に我が家では、そこにすっぽり仏壇が入っていますし・・・。


仏壇にお参り


けど、お店の場合、これが何を意味するかというとですねー

要は、ここに 「お花を立てろ」 っつーことなのですよ。

あずきハ~ は~



けどまあワタシも

最初見た時はピンと来ず

「ふ~ん。で、誰が生けるの?」



s-あずきいかが


という感じ。



だってね
自慢じゃあありませんが、あたしゃ花なんて カルチャーセンターで1クールやったっきり。 
数年前に花嫁修業のつもりで、行ってはみたものの
「うわっ、つまんね…」 と、すぐに辞めてしまったのです。


が・・・・


そんなワタシに、いきなり花を生けろですと・・・?

あずき顔ワタシ



いえ
これがフツーの主婦なら、「毎日生けてある」 というだけで、じゅうぶんご立派。
お店にしたって、これが一杯飲み屋だったら、細かいことまでチェックされないでしょう。

けど、うちのような料理屋の場合、そういうレベルの話ではないんですよね・・・ 




下 コレ 指差し

”季節の花を、いい器に、上品に生ける” 


どうやら、これが女将さんの仕事らしい。





ったく

┐('~`;)┌

ムチャも、休み休み言え、っつーの。




けど、もう作っちゃったもんは、仕方ないわよね。
なので、ワタシは開店と同時に、またお花を習うことになりました。 

ただ今回は 以前やったとことは、別のお流儀。 
場所もカルチャーセンター的なところではなく、先生のご自宅です。

で、そこは、由緒ある旧家の別宅として建てられた、古いお屋敷。
黒壁で囲まれており、中には手入れの行き届いたお庭もありました。 
先生ご本人は、90に手が届こうかというお歳なのですが
とても品のいい矍鑠(かくしゃく)としたお方。

そして、お教室の時には、大変エレガントな先生の娘さんも加わります。

お花の先生

でね・・・
ここは、基本、紹介でしか入れないお教室ですので、来ている方も
お医者さんの奥さんとか社長夫人とか、いわゆる ”いいことの奥さん” ばかり。
どう考えても、ワタシ一人が場違いな感じでした。
けど、先生方が気を使ってくださったので、ワタシは意外と居心地の悪さを感じることもなく
そこへは7年近くの間、ほぼ毎週、お稽古に通ったのですよ。 

お教室のある日には、その日習ったお花を、そっくり店で生け替えます。
ですから先生方も、「みっともないお花を生けられては、うちの恥!」 と
ワタシを仕込むのには必死になってくださいました。 
他の奥さま方と違い、何回も何回も、繰り返し練習させられたものです。

モチロンこちらとしても、周りから 「死ぬ気でやってこい!」 と送り出された身ですから・・・
教室ではワタシひとりが、 「虎の穴 」 みたいな状態。
もー、ホント、切羽詰まっていましたね。

お花のお稽古


けど、その甲斐あって、人よりは短期間で上達できたみたい。
とはいったって、目の肥えたお客さまにとっては
”まだまだゼ~ンゼン” というレベルなのですが・・・。

ただ、移転した今のお店は、幸か不幸か床の間のようなスペースがないので
今は、テーブルの上や壁に、ちょこちょこっと生けるだけ。
以前のように、キチンと”花を立てる”ということはなくなりました。


店のお花


最初の頃はプレッシャーばかりで、楽しむ余裕など一切なかったワタシですが・・・
今は、あのお教室に入れてもらえて、本当に良かったと感謝しています。 

というのも、ああいう由緒あるお宅へ伺い、勉強させていただくことで
お花の生け方以外にも、襖の開け閉めからお辞儀の仕方・・・・
そいうった ”お作法” といったことも、丁寧に教えていただけましたから。
てか、品のいい奥さま方に混ぜていただけでも、ワタシにとっては、ずいぶん勉強になることがありました。

そういう経験を7年間した、ということだけでも
店で接客する際
自分の自信になっている気がするのです。







(※なお、この記事は、2007年9月の記事に、加筆・修正したものです)



ランキングバナー

★人気ブログランキングへ投票★

応援して下さる方は、上のリンクをクリックしてね☆



09:00  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

47位だよ~ん♪
あずきさん上手に活けてる!女将って大変なんだねぇ~…。
うち、母がお茶とお花の先生だったんだけれど、少しは教えて貰ったけれど私は免許を持ってないから、全然駄目駄目よ。
本当、旦那さん、あずきさん孝行してもらいたいわ。
mimi |  2007.09.14(金) 11:24 | URL |  【編集】

すごいすごい!かっこよすぎます。お花もできて着付けもできるんですよね。何気にすごいあずきさん、そしてすごいと思っていないところがまたかっこいいです。
uta |  2007.09.14(金) 14:42 | URL |  【編集】

素敵なお花ですねぇ、あずきさんのセンスが光ってるv-76
さりげなく活けてあるお花とか、襖の開け閉めとか、便所の下駄が揃えてあるとか…直接お店の味とは関係なくても、大事な要素ですよねぇ。
butako |  2007.09.14(金) 21:56 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

mimiさん
ワタクシも、無免許。
うちのオカンは園芸好きやけど、活けるセンスは全然ですわ。
昨日、店の花見て、「ええなあ。やっぱ、アタシの育てた
花がええわ。」言うて、帰りよった。(・д・)チッ

utaさん
誤解、誤解! ヾ( ̄o ̄;)
着物なんて着てないですよ~。
うちとこは「料亭」とかと違うし・・
吹けば飛ぶよな店ですの。 

butakoさん
便所下駄は、もうエエねんっ!

何回も何回も
_φ(`・(oo)´・+d)ウルセーナ ったく!


あずき |  2007.09.15(土) 10:07 | URL |  【編集】

わたしはbutakoさんのファンです。
↑大爆笑。
uta |  2007.09.15(土) 16:13 | URL |  【編集】

7年も毎週かよってたんですか?
すごい!医者のおくさんとかもそゆことすんだ。あたしとおおちがいだね、あはは~。
お花かっこいいです。今のオフィスに移ってから、お花まったく飾らなくなっちゃいました。昔のオフィスはすごい無機質だったので、どうしてもお花が必要だったんで毎週なんかかんかかざってましたけど。最近は患者さんからいただいた蘭を受付においといたんですが、3ヶ月ももったんですけど、ついに、お花が全部おっこちました。最近不況だけどやっぱ、お花を受付におこっかなーって思い始めました。ようこそ、っていうかんじしますものね。

で、便所下駄はどなたかがはいてかえっちゃったんでしたっけ?あれで水虫がうつるとかそういうのないんでしょかねえ。
はなこ |  2009.10.18(日) 05:13 | URL |  【編集】

ワタシもがんばるぞ。と。

店をやりながらお教室に通うのは時間的にも経済的にも
けっこうたいへんだと思うのですが、よく続けてきましたね。

店のためにもなるし、集中する、自分だけの時間をもつ。
これは大切ですよね。

PCに向かうデジタルな時間とお花に向かうアナログな時間。
両方持てるっていいですよね。

ワタシも今さらですが茶道やっておけばよかったなあと。
これからは生花を生けるくらいはちゃんと欠かさずやります!
きらりん |  2009.10.18(日) 11:14 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はなこサン
お医者さんの場合、必須ではないですけど、待合室にあったら、気持ちが和みますよね。
てか、自分自身が和みます。
ちっさい鉢植えでもいいので、丈夫で長持ちしそうなのを買ってみてはいかがでしょうか?

きらりんサン
>>店をやりながらお教室に通うのは時間的にも経済的にも
>>けっこうたいへんだと思うのですが、よく続けてきましたね。

そうですね、どっちも、けっこう大変でした。
けど、逆に、まるっきり自信がなかったから、素直に続けられたのかも。
何事も、続けたということだけで、自信につながりますし・・・。
あずき |  2009.10.19(月) 12:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/82-37141f18

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。