2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.04 (Wed)

節分のランチ

こんにちは、あずきです。

今日はね。
婆ちゃんの 「食事風景」 をご覧いただこうかと思います。

ワタシは入院したことがないので分かりませんが
皆さんから見て、この病院の食事はどうでしょうか?

元看護師の叔母に言わせると、ここの食事は ”かなり良い方” だそうです。
彼女のいた病院では、盛り付けや器など、見た目はあまり重視していなかったらしいけど・・・・
ここは、いろんな面で配慮がなされていると感じるのだそう。

とはいえね、当の婆ちゃんは、そんな風に思っていません。
最初こそ感激しましたが、すっかりここの食事に飽きてきた様子。

栄養面、予算面、それに婆ちゃんは ”箸が使えない” という状態のため
それも、いた仕方のないことだろう。
かといって、糖尿や血圧のことを考えると、むやみに差し入れも出来ず・・・・
ワタシとしてもツライところ。


けどね。

普段は、薄味のヘルシーメニューばかりだけど・・・・


この病院では、時々 「特別食」 が出るの。

昨日は、まさにその日。 節分を意識した、特別メニューだったのだ。 

なんと、巻き寿司 を食べさせてもらえました。


巻き寿司


(手で見えないけど) 「豆の甘煮」 もついてきたし、デザートもいつもより多め。
通常は ”おかゆ” が主食なので、かなり豪華です。


s-節分の日のゴハン


おそらく昨日は、いつもに比べ、カロリー・塩分・糖分すべてオーバーでしょうが

たまに、こういうメリハリをつけてもらえるのは、家族としても有難い。
ワタシまで嬉しくなってしまった。


とはいえね・・・・

彼女にとっては、「巻き寿司」は、かなり食べにくいアイテムです。
スプーンですくえないし、入れ歯ナシでは海苔が噛み切れない。

けど彼女には、事前に訊かれた時、「食べられます」 と答えた意地がある。

「手で持って食べてもいいよ。 左でもいいよ」 と言ったのだけれど
彼女は、あえて不自由な右手で食べた。 それもフォークで。

「食い意地が張ってる」 せいもあるけど、彼女は常に 「リハビリ」 を意識している。

入院した頃に比べたら、こんな食べ方は格段の進歩です。


頑張って食べる婆ちゃん-(2)



結局、巻き寿司はかなりスゴイことになり(笑)


食べ終わったのはビリッケツだったけど・・・・・




ワタシは彼女の頑張りに



花マル をあげたい。



あずき顔○









昨日ついてきた 「たまごボーロ」 までは、さすがに食べ切れなかったので
「あとで食べようね」 と病室に持って帰ったのですが・・・・・

なんと夜中帰宅すると、ワタシの机に。

婆ちゃんが、後から来たオカンに持たせたらしい。
「あずきちゃんにあげて」 って。
う~ん、誤解を与えたのかも知れない・・・・。

今日再び持って行き、「婆ちゃん、これ嫌いなの?」 と聞いたら
「大好き」 と言った。

「そっか・・・・」
うちらは仲良く、二人で分け合って食べた。

バナー節分

そんな婆ちゃんに、ワンポチお願い。

14:32  |  リハビリ病院入院中の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

Comment

素晴らしく美味しそうなお食事ですね。病院によって食事への取り組みは格差がありますから こちらは配慮されてるほうですよ。
各自にあった食事を提供する事は病院にとってはコスト高になり儲けは無い、調理の手間隙 栄養士さんの手間隙は莫大になります。普通は避けることですからね。
以前の勤務先はそこに力を入れてやっていて食事は表彰受けたくらいですから、大変さと患者さんの喜びようは良く知っています。

リハビリに力を入れてる病院だからこそ長期間意欲を持ってもらいながら
食事の楽しみを感じられる配慮がされていて 安心ですね。
意地をみせて頑張るおばあさん、美味しく食べられて良かったですね。
嚥下障害も色々ですから 無理なものは嚥下障害の程度で食事の形態を変えざるを得ませんけど 海苔巻きがOKなら 時間かけても美味しく食べたいですもの ビリでもいいんですよ。

1食カロリーオーバーでも1日とか
1週間単位で極少量ずつ塩分や糖分などを均一にするようにメニュー組みするらしいですよ。
lei |  2009.02.04(水) 15:02 | URL |  【編集】

美味しそう~

健康面への配慮はもちろんですが、食事は目でも楽しみたいし、季節感も大切ですよね!節分の海苔巻きいいじゃないですか!お婆ちゃんうれしかったはず。あずきさんいつも優しいですね。
山 |  2009.02.04(水) 15:17 | URL |  【編集】

恵方向いて食べたかな?

ワタシも昨日巻き寿司食べました。

病院食もこれなら楽しいですね。
つぎはひな祭りかな?

おばあちゃん、食べにくい巻き寿司を完食するとは、意欲的ですね。

福井県は、子どもの身体能力、学力はトップクラス。
共働き家庭もトップ。起業率もトップ。
つまり、自主独立の精神と、一人一人の意欲が高い県なのですね。

それの源になるのが、各家庭の食育ではないかと言われています。
食べることと自立して生きることは、深い関係があるようです。
きらりん |  2009.02.04(水) 15:27 | URL |  【編集】

おばあちゃん・・・たまごボーロ好きなのに、
普段なかなか好きなようにお菓子食べられない入院生活なのに、
あずきはんにくれようとしたなんて~・・・ッ!+ 。・゚・(ノД`)

おばあちゃ~~んッ!

・・・って、心で叫んでしまいそうです。


特別メニューの配慮もしてくれる病院で
本当に良かったですよね!
おばあちゃんも巻き寿司でリハビリなら
いつもに増して頑張れちゃいますね♪
はちみつココア |  2009.02.04(水) 20:12 | URL |  【編集】

いいですねえ、節分

じつは、大変親不孝なんですけど、(日本に帰らないで、でも心配だけはいっちょまえ)わたしのご隠居(父)が人口膝の手術で入院してまして(土曜日退院です)、節分は、ご隠居のお誕生日ってことで、献立好きな物選んでいいよっていわれて、喜んでいたそうです。

おばあちゃん、ほんとにやさしいねえ。あるものぜんぶ、子供や孫にあげたくってしょうがないんですね。もっともっと大切にしたくなっちゃいますね。

節分とは関係ないですが、昨日夫は殻のついたピーナッツたべてました(おなかがすいたそうです)。ほんでもって、あたしは今日巻き寿司をお昼にもってこうかとおもってます。
はなこ |  2009.02.04(水) 21:36 | URL |  【編集】

>彼女は常に 「リハビリ」 を意識している
頑張っているんですね
リハビリの意欲があれば回復も早いでしょう

たまごボーロをお土産に持たすなんて
いい話ですなぁ
ちょっとホロリとさせられました 
ひろくん |  2009.02.04(水) 22:58 | URL |  【編集】

おばあちゃんと一緒に食べたたまごボーロ美味しかったでしょうね。
病院にいると毎日来てくれるあずきさんに何かしてあげたくても何にもして上げられないおばあちゃんの愛情が一杯入っているんですものね。
それがわかってて、又病院に持って行って分け合って食べてるあずきさんたちの姿が目に浮かぶようで目頭が熱くなりました。

ところで、きらりんさんと同じ番組私も見ましたよ。
そして真っ先にあずきさんたちを思い浮かべました。
やっぱり頑張り屋さんの土地柄だったのですね。
そういえば、北陸に旅行に行ったときバスガイドさんに、福井の人は粘り強くて商売や蓄財が上手なので、社長さんになる人が日本一多いと聞きました。
なるほど、福井の家はどこも大きくて立派でした。
あずきさんのおばあちゃんの家もきっと大きくて立派なのでしょうね。
あずきさんも、福井県人の代表みたいな人だから、そのうち女社長さんにでもなってたりして・・・
moko |  2009.02.04(水) 23:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

leiさん
>>普通は避けることですからね。
そうでしょうね。どんな食事を出しても、患者さんからもらえる代金は、たしか決められてますから。

でも入院中の患者さんにとって、食事は唯一の楽しみです。
”配慮されてる方”だということなので、安心しました。

山さん
ええ。こんなメニューならワタシも食べたいです。
単調な入院生活にメリハリをつける意味でも、季節感は大事ですよね。

きらりんサン
しまった! 恵方は向きませんでした。

けどそうそう、あの身体能力ナンバーワンのニュース。
福井が全国的に注目されることって、滅多にないですからね~。
「意外とスゴイ」ってことが、お分かり頂けたかしら?

はっちー
今、あんなに食べ物のことばかり考えてる婆ちゃんなので・・・
なにか勘違いして持たせたのだと思いました。もしくは、”嫌い”か。

けど、「大好き」だ聞いて
またもや胸キュン。

はなこサン
へ~、お父さんの病院は、誕生日は特別メニューなんだ!
そういうのもいいですね~。

巻き寿司は、はなこサンの手作りですか?
やっぱNY風なのかしら?

ひろくん
ええ。ワタシは”食事の時くらい”と、ついつい手助けしたくなるのですが、彼女は自分でやり遂げます。
やっぱ、負けず嫌いなんでしょうね~。

mokoさん
婆ちゃんは何も言わないので、どういうつもりだったのかは分かりません。
けど、”食べたかったのにくれた”のは確かです。

福井県人は、地味ですが頑張り屋さん。
ちなみにワタシは、福井県人の血を引く○○県人ですが・・・。
あずき |  2009.02.05(木) 00:28 | URL |  【編集】

あずきサンが真面目で頑張りやさんなのは、お婆さんの血筋なのですね!

お互いが思いやる姿に心があったかくなります。
卵ボーロもおいしさUPですね♪

病院のお食事もホントに美味しそう(o^~^o)色んな種類があって楽しそう☆
入院中の楽しみって食事くらいなので、こういうのは良いですね!次は雛祭りの時かな((o(^-^)o))
ゆきこん |  2009.02.05(木) 01:15 | URL |  【編集】

れんしゅうしたんだよー

あたくし、学生のとき、巻き寿司つくって(キュウリ巻きと、なぜかお醤油とおさととみりんで煮た椎茸まき)売ってこがねをかせいだこともあったの。でもね、10何年もたった今、ためしにアボガドキュウリ巻きつくったら、ぜんぜんだめ。そんでね、『先生』をみてたのと、練習をかさねたの。『先生』とは、行ったドミニカ共和国のすしバーで働いてた現地の職人さん。ドミニカ人から寿司ならうな~ってかんじですけどね、こうやってすし飯(といってもすし酢がはいっていなかったぞ)をひろげんのね、とか、具はあんましいっぱいのっけちゃだめね、とか、じーっとみてて一応研究したのです。そんで今朝つくったら、具が漏れずにできましたよー。スモークサーモンを格安で手に入れたので、スモークサーモン巻きでございます。
巻き寿司偽職人のはなこ |  2009.02.05(木) 02:00 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ゆきこんサン
今日、節分の日の献立表を見たら、「行事食」となっていました。
内容は当日まで秘密。
次はおそらく、てか絶対(笑)雛祭りでしょうね。
雛あられ、またくれるでしょうか?

はなこサン
実はワタシも、最近作ってません。
なので、たぶん上手く巻けませんよ。
シロートは、ゴハンや具を入れ過ぎるから駄目なのよね~。
あずき |  2009.02.05(木) 14:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/777-2bff59e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。