2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.16 (Fri)

悔いは残るけど・・・

こんにちは、あずきです。
この間、彼がお見舞いに行った話をしましたが
あの日はたまたま妹も来ており、うちで一緒に晩ごはん。
4人で鍋を囲みました。

その間は、婆ちゃんの話でもちきりでしてね。
「こんなことを言った(*ノ∀`*)アヒャヒャ」 「あんなことを言った(*ノ∀`*)アヒャヒャ」
彼女を肴に大笑い。

すごく楽しい宴でした。

だけどね。

あんなに楽しそうだった旦那さんだけど・・・・

そのあと二人きりになったら、なんだか淋しそうなの。



テレビを見てても上の空。

どこか違うところを見ている。




s-あずき?

あれ? どうしたんだろう・・・・?




しばらくし、彼は 「もう寝る」 と部屋を出て行こうとしました。



けどね、


ドアに手を掛けながら、こう言ったのです。




「俺も、もっと優しくしてやればよかった


s-旦那さんうるっ


おふくろには、俺しかいなかったのに・・・・・」

(注: 彼は母子家庭の一人っ子でした)





そうか。


彼にとって、今の私たちの姿は、かえってツライのかも知れない。



ゴメンね。


お義母さんの時は、こんな風じゃなかった。




どこか預かりものをしているようで・・・・


私たちも怖かったの。



本心から優しく出来たのは、亡くなる少し前。



ワタシにとっても、この悔いはおそらく一生残る。





でもね。


どんなに悔やんだとしても



もうあの人には、してあげられない。






けど、婆ちゃんには出来るから・・・・





あずき胸痛い2



ゴメンね。



後悔しないように、やらせてください。







婆ちゃんには糖尿なので・・・・・
これはお義母さんにだけ、あげられます。
バナープッチンプリン

皆さん、今日は押すべきよ。
今どれくらい落ちてるか、要チェックです。
10:26  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

そう思ってる人多いとおもうの

あずきさんのおっしゃるとおり、どんなに悔やんでももう一回やり直しできないから、これからを悔いないようにするしかないもんね。お姑さんの介護で経験をつんだから、おばあちゃんにも優しくできるんですから、お姑さんありがとねって気持ちでいればいいんじゃないでしょうか。

プッチンプリン欲しいなあ。99セントの夕張メロン(ってかカリフォルニア産ね)ととっかえっこしない?プッチンプリンってね、こっちで売ってないの。へんな偽物はみるんだけどね。
はなこ |  2009.01.16(金) 12:44 | URL |  【編集】

悔いの無いようにと誰しもが思う事ですよね。。その渦中にいるときは
相当頑張っていても、時間がたち折に触れて「もっとああすれば~」という
感情が生まれてきます。
悔いというのとはちょっと違うのかもしれませんけど。
経験する事で気がつくというか、学ぶのでしょうね。
おばあさんの事に関してはお二人とも お義母さんの経験があったからこその心境だし行動だと思います。
お義母さんの置き土産ですかね。


lei |  2009.01.16(金) 13:33 | URL |  【編集】

素直な気持ち

だんな様の正直な素直な気持ち、大切にしたいですね
そのためにも悔いのないようにしてあげましょう
環境や年齢や経験や・・・
その時その時できることって違うからそんなに悔やまないで
あぁ 今夜オカンに電話しよう♪
プチトマ |  2009.01.16(金) 14:01 | URL |  【編集】

生まれたことが親孝行。

親孝行は、皆、赤ちゃんのときに、かわいい姿や成長ぶりを
見せることで済んでいると聞きました。
その後のことはおまけのようなもの。

お義母さんも、旦那さんを産んで、たくさんの喜びをもらったはずです。
プッチンプリンはおまけとして楽しんでおられることでしょう。
きらりん |  2009.01.16(金) 16:24 | URL |  【編集】

きっと、自分に出来ることをしても、
「もっとこうしてやれた」とか思うんですよね。
ツライけど、そういう気持ちをもって
そこから先の人生に活かそうとすることが
人を温かくしていくのかな、とか思います。

そういう気持ちを感じた旦那さんだから
きっとおばあちゃんの事、優しく見守れるんでしょうね。
カンチョーして、申し訳なかったなーとか
思っています。(笑)
はちみつココア |  2009.01.16(金) 23:46 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はなこサン
へぇ~、NYじゃプッチンプリン売ってないんですか?
こっちじゃ3個198円ってとこですから、メロン2個と交換しましょう。

けど逆に、日本のお菓子で、手に入るものってあるのかしら?
「あずきバー」なんて、やっぱ絶対無理?

leiさん
>>経験する事で気がつくというか、学ぶのでしょうね。
ええ。
義母を看取って、ようやく何が大事か気が付いたのです。
「もっと早くに気付いていれば」と残念でなりませんが・・・・
義母が”気付かせてくれた”んですよね。

プチトマさん
>>環境や年齢や経験や・・・その時その時できることって違うから

オカンもそう言っていました。
「ワタシだって若い時だったら、時間的にも経済的にも余裕がなかったから、とてもこんな風に出来なかった。だから仕方ない」って。
・・・・・。
そういうものかも知れませんねぇ。

きらりんサン
たしかにアノ人が、人生で最も愛したのは息子でした。
けどそれだけに、うざったい態度をとったことも・・・。

義母は、そんな息子も許していたのでしょうがね。

はっちー
別に、カンチョーくらいしたっていいのよ。
アレはアレ、コレはコレだからさぁ。

けど、こんな風にずっと悔やんでいく旦那さんで、良かったと思います。
それだけ”自分の心に正直”なのだと思いますから。
あずき |  2009.01.17(土) 01:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/738-ab722c6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。