FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.11.23 (Sun)

婿と姑

こんにちは、あずきです。

うちは、同居とはいえ相手が実母。
正直なとこ、ワタシにとっては気楽です。

けど・・・・・
彼にとっては、姑ですんでね。
最初から、うまくいっていた訳じゃない。
同居当初は、やはりギスギスしていました。

うちの場合、「ふたりの母を呼び寄せる」 という大胆な同居。
もちろん企てたのはワタシですが。

けど、そんなもんね・・・・・
いきなりうまくいくわきゃあない。

基本的に ”4” っつー数は、どーしても分かれてしまうのですよ、2:2に。
なので、うちも何かというと分かれていましたね~。 
旦那側とあずき側とに。

けどね。
結果的には良かったと思っています。
彼女が居たおかげで、店をやりながら義母を看れたのですから。

とても悲しいことだったけど・・・・・
あのことで、うちらはひとつになれた。

彼にとっても、いまやオカンは欠かせない存在。
最近は福井弁も理解できるようになり、けっこう仲良くやっている。

そうそう。
この間、彼女が 「おはぎ」 作ったじゃないですか?

s-おはぎ (2)
               
オカンはね、昔から、何かっていうと、すぐ 「おはぎ」 なんです。

で・・・・
たしか、旦那さんと付き合いだした頃も作りましてね。
「あちらのお宅に持って行け」 って言われたの。

そのときは、たしか8個だったかな。
けど、あちらのお宅は二人だし、お義母さんは超少食。
「どうせ食べ切れないよ・・・」
あたしゃそう思いつつ、持って行ったの。

けどね。
翌日聞いたら、「ペロッと食べた」 って言うじゃない!
「僕が7つ食べた。 美味しかったよ~」 って。

それを聞いたオカンはニンマリ。
以来、作るたびに、「ほ~れ、たんと召し上がれ」
彼には尋常でない量を与え続けている。

で・・・・・
彼はその期待に応え続けてます。

需要と供給のバランスはバッチリなのだ。



今三人で出掛けたりしていると、嬉しい反面
「お義母さん、ごめんね」 って思う。

ワタシと義母は、あの二人みたいになれなかった。



でもお義母さんは優しいから、


ちょっぴりやきもちを焼きながらも、許してくれてると思う。







息子がオカンのことを



「なんか好き」 だとしても。










オカンフォーリンラブ







バナーフォーリンラブ_edited-1 ←正しい姿はこちらです。
 けど、どっちが好きかは怖くて聞けない・・・・。
 今日も応援、お願いしま~す♪
10:31  |  オカン  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

これでもか

というくらい、おはぎの写真出してきますね
私も大好物です


 パソコンで眺めるだけのおはぎかな(酔虎)


ダミだこりゃ、単なるねたみやっかみの句ですな
ブロガーのひどい?仕打ちにも悠然としなくては


今日のスーパーの特売、ほっけ1枚99円
晩飯用に2枚


 身のほどを知りて味わうほっけかな(酔虎)


うん、これのほうが真実味がありますな
そうそう、このほっけ、「煮付け」じゃなく
焼いて食べます 総理大臣じゃないんで

さてと、ポチ忘れずに押して帰ります
古人いわく
「一筆啓上火の用心 ぽちを忘るな馬肥やせ」

昔の人もこう申しておりますから...


(家賃代わりにヨイショしときましたぜ、大家さん)
酔虎 |  2008.11.23(日) 13:06 | URL |  【編集】

10万あずき

カウントダウンが押し迫ってきました。 ただ今FC2:99555
 v-29
通過予定タイムは24日16時頃を予定。v-82
給水センターでスペシャルドリンク用意して見守っております。v-81
ずっとページを開けてにらめっこしていてもカウンターの数字は変わらないので閉めたり閉じたりv-83、いや開けたりv-84閉めたりしないと変化は分からないのですね。
冷蔵庫なら叱られます。 

bagabon |  2008.11.23(日) 15:34 | URL |  【編集】

うっ(T^T) えー話やなぁ・・・(ジーン)
なーんて感動してたところに

『オカン フォーリン ラブ』て・・・

あ、飽きない・・・(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・
あずきさん サイコー(T▽T)b
もじゃ |  2008.11.23(日) 15:59 | URL |  【編集】

ちょっと素敵で いい話だなーって思ったら このイラストの布石だったのですかー。すっかりやられてしまいました。
インパクト的には 旦那さん&お母さんに一票かな・・・。

旦那さんとお母さんとしっかり家族になったんですね。
義母さんもきっと喜んでくれてますよ。

lei |  2008.11.23(日) 16:22 | URL |  【編集】

むむむっ、こうきたか!(爆)
しかし、おかあさんは「ラブ」の時
「うげっ。」って言ってるように見えます。(● ̄艸 ̄)

ワタクシも連日のおはぎ攻撃にヤラレてます。
うちはオットは全く興味ないので作る労力も無駄だし
(てか、作り方が分かりません!)
買うしかないです。

今日はひとまず冷凍庫の中の「アイスまんじゅう」のストックで
我慢するしかないです。┐(´д)┌

はちみつココア |  2008.11.23(日) 22:38 | URL |  【編集】

家も円満です

私の実家の隣に住んでるので、マスオさんに近い状態の主人ですが、母とはお互い気を使ってくれてるので、とっても良好な関係です。
母は主人の好きな物をせっせと作っては差し入れしてくれ、主人が美味しそうに食べるのが何よりうれしそうです。
主人も母の好きなものは自分は食べなくても真っ先に母に食べさせるように言ってくれます。
私も見倣ってお婿さんを大事にして、これからも仲良くやって行けるようにしたいですね。
moko |  2008.11.23(日) 23:21 | URL |  【編集】

お母さんのぬるくてべちょべちょの冷やし中華もだまって食べた、旦那さん。
母と息子の愛は深い。。
その中に入ってきたあずきさんのオカンさんもタイヘンだったでしょうね。
2人の母との同居は小さなイザコザないほうがおかしいくらい。

でもお義母さんの介護を協力し合えて、
最愛の母を亡くした旦那さんの寂しさも癒せて、
オカンさんのこの先の老後も看られて、
結果はよかったですね。
丸くて、素朴で、やさしい甘さのオカンのおはぎのおかげかな?
きらりん |  2008.11.24(月) 00:22 | URL |  【編集】

なんとなくわかります。。。

私も姑が亡くなってから、ありがとねっごめんねっておもうことが多いです。私もあんましうまくいってなかったですねえ。

食べ物って人間関係すくいますよね。とくにおいしい手作りのものって。あたしにもおはぎちょーだい!おはぎ特急便とかないかねえ。
はなこ |  2008.11.24(月) 03:38 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

酔虎さん
ほう、ほっけ99円って、かなり安くないですか?!
ただ、うちは魚が売るほどあるので、スーパーでも魚の値段はよく分からない。
カップ麺の値段は、しっかり把握していますがね。

bagabonさん
思ったりよりスローペースなので、通過予定タイムは、かなりずれ込みそう。
24日深夜、もしかしたら25日早朝かも知れません。
ナイロンタオルの粗品さえ貰えないので
おそらく連休中は閑古鳥でしょう。

もじゃサン
ええ。
「イエス フォーリンラブ」のとき、すでにこの画像はありました。
っつーか、最近は、「画像先行」の記事も多いんですよ。
シンガーソングライターで言うところの、「曲先」ってやつですかね?

leiさん
(ヾノ">∀<) いやいや。布石だなんて、滅相もない。
leiさんったら、嫌だなぁ・・・・
たまたま適当な画像があったからですよ。(^▽^;)アセアセ....

はっちー
へ~、はっちーの旦那さんは”おはぎ”ダメなんだ。
なんか食生活に関しては、オタクとはかなり違うみたいね。
っつーか、うちが渋過ぎ?
やっぱ、年寄り世帯だからかなぁ・・・・。

mokoさん
mokoさんちも、お母さんがお隣りなら安心ですね。
理想的な関係です。

ワタシは旦那さんをちゃんと立ててあげられませんが・・・
母はそのへんが上手い。
やはり年の功かな、と思います。

きらりんサン
オカンとお義母さんは、真逆のタイプ。
お互い自分の思う「母親像」とあまりも違うので、
同居当時はストレスの塊でした。

けど、自分の親を否定されるのってツライですよね。
それが分かるだけに、過去の自分を後悔するのです。

はなこサン
「おはぎ特急便」ですか?
あるかも知れませんが、NYが配達区域に入ってるかは不明です・・・・。
あずき |  2008.11.24(月) 10:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/659-101ce2a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop