2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.11 (Sun)

女将さんデビュー 

この日記は、”割烹屋の女将が書いている” という触れ込みなのですが・・・・
今のところ、全くそれらしい記事がありません。

けど、そろそろ書いていこうかしらね。
題して、「女将ヒストリー」

ほんじゃ第一回の今日は、ワタシが 「女将さんデビュー」 したいきさつについて 。
どーしてこんな事態を招いたのか、ご説明させてください。

あずき全身お辞儀


さて、まずは基本的な事なんですが・・・・
フツー 「女将さん」 というのは、自分の意思っつーより、むしろ ハズミ でなるもの。 
夫婦で店をやる場合は、たいていはご主人が主導です。

でね。
トーゼン、ワタシも、そのクチ。
何や知らんうちに、たまたま板前と結婚してしまいまして・・・
ふと気が付いたら 
「ええっ? (゚Д゚≡゚Д゚) もしかしてワタシ・・・女将さんちゃう?!
みたいな・・・・。




「でも、そんなの覚悟の上で結婚したんでしょ~?」 な~んて

おばさんウリウリ

皆さん的には、そう思うんでしょうがねぇ・・・。


いやいや、マジな話、ゼ~ンゼン。
あたしゃ店を手伝う気などサラサラありませんでした。

と言うかね…・
もちろん付き合い始めた頃は、ワタシだって考えましたよ。 

もし彼が結婚する相手に「女将さんが務まる」ことを求めているなら・・・・

その時は

「無理!」

いいえ ダメ

そう最初から、言っておかなければいけないな、って。
だって、ワタシみたいないなのに、水商売が務まるワケがない。


けど、そのことについては、逆に、彼の方から釘を刺されましてね。


「僕は店を持ったとしても

嫁さんと二人でやるつもりないからね」 な~んて

いいえ 結構

と、当時は、そんな風に言われていたのですよ。



なのでその時は、逆にワタシの方が拍子抜けしたくらい。

「 あっ?! そうなん…?」 

あずき顔苦笑

・・・みたいな。


けど、それさえ聞かせてもらえば、もう安心です。

なので、その後、彼の独立話が決まっても
ワタシは、お気楽にプロポーズを受けてしまったのよ。

が・・・

結婚直前のある日、改装中の店内を初めて見せてもらったところ

ワタシは、超 ぶったまげましたね! 


なんと調理場から見えない位置に


お座敷を作ってるじゃないですか・・・・ 


「ウソ~、カウンターだけだって話だったじゃん」

ショックで倒れる繰り返し


てか、あらかじめ聞いていた話とは、全然違う内装。
どう見ても、一人でやるには無理があるレイアウトなのです。


結局彼の意向は、周囲により、あっさり覆されていました。 
彼が 「ひとりで店をやりたい」 と言っても、周りの人は、全員反対だったのです。

けどまあ、冷静に考えればそうですよね。 
ひとりで店をやったとしても、カウンターだけでは、こなせるお客さんの数も限られている。
かといって、人を雇えば、それだけ経費がかかりますし・・・・。

だから、嫁ハンを貰うんだったら、やっぱ 使わにゃ損。
だってその店は、ぜ~んぶ借金で始めちゃったんですから

結局は、信じたワタシがアホでした

てか、お互いに、あまりお金の話をしなかったのが原因。
モチロンこれが結婚した後だったら・・・・

とことん話し合っていたと思うんですけどね~・・・・。

バカバカバカ 反省 汗



結局、婚約を解消する勇気もないワタシは

どさくさに紛れて 女将さんデビュー 。 

ああ・・・・、つまり・・・

あたしゃ、すっかり

彼に騙されたんですぅ~!


悔しい 地団駄





(※なお、この記事は、2007年9月の記事に、加筆・修正したものです)



ランキングバナー

★人気ブログランキングへ投票★

応援して下さる方は、上のリンクをクリックしてね☆


 
09:00  |  女将ヒストリー  |  コメント(4)

Comment

昨日、あら旦那さんそんなこだわりもあるのねって、見直して。
で、今日の記事。
あげて落としてませんか?
私の知らない世界、女将のその後も期待してます。
えだまめ |  2007.08.29(水) 13:49 | URL |  【編集】

はじめまして!!

私のところは・・・・いきなり『店をやる!』って言い出して、私は出ないはずだった・・。子供も小学生だったし・・・だけど、何もかもがバタバタでオープンだったから、手伝うハメに・・・゚・(つД`)・゚・。
でも、もともとが、そっち方面の仕事だったわけじゃないから・・・
つい最近、閉めたけど・・。
とんぼ |  2007.08.29(水) 14:30 | URL |  【編集】

一般的な女将さんのイメージは、
・中高年で
・いつも着物で
・お客さんには満面の笑みで
・従業員には厳しく
・儲からない客にも厳しい。
ですが、そのどれにも当てはまらないあずきさん!きっと敷居の高くない、居心地の良いお店だと思います。
butako |  2007.08.29(水) 22:44 | URL |  【編集】

コメントあがとうございます

えだまめさん
期待に応えていいのかしら?
「女将さん半生記」みたく延々続いても、ついて来て下さる(笑)?

とんぼさん
とんぼさんも【巻き込まれた】クチですね(笑)。
これからボチボチ「女将ネタ」も書くつもりなんで、
気が向いたら、ぜひ遊びに来て下さい。○┓ペコリン

butakoさん
>・お客さんには満面の笑みで
これ、当てはまらないって、マズいっしょ(笑)。
いい加減「営業スマイル」習得しなきゃね「(´=`)
あずき |  2007.08.30(木) 09:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。