FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.06.10 (Tue)

プチ家出の思い出

こんにちは、あずきです。
連日、痛ましい事件が後を絶ちませんね。

けれど、この頃の事件は、動機がよく分かりません。
若者の閉塞感とか、ネットやゲームの影響とか、いろいろなことが言われますが、
だからって他人を傷つけていいのか・・・・?

ワタシ、思うんですけどね。
こういう人たちって、一瞬でも考えないんでしょうかねぇ?

自分が事件を起こしたら、
”親や兄弟が、どれほど辛い思いをするのか” って・・・。

あずき顔腕組み

ワタシは盗みも暴力事件も起こしたことはありませんが、一度だけ家出をしたことがあります。
とはいっても、子どもの頃のことです。 小学校低学年だったでしょうかしら?

うちの実家は、祖父母、父母、兄弟三人、それプラス叔母の8人家族でした。
ちょっとややこしくて、祖父と祖母は、うちの両親が結婚する1~2年前に結婚した再婚同士。
父と祖母は血がつながっておらず、母と祖母の年も、親子ほどは離れていません。

ですから、兄が生まれた後、祖父母の間に子どもができ、叔母は兄とワタシの間の年に生まれました。
つまり、妹が6年後に生まれるまでは、傍から見ると、兄・叔母・ワタシは年子三人のような感じだったのです。

けれども、うちは祖父母がすべての権限を握っていましたから、息子一家は居候のような扱い。
裕福な家に嫁いだつもりが、急に経済的に困窮したこともあり、おそらく祖母は不満がたまっていたのでしょうね。
三人子どもがいても、叔母と私たち兄妹では、同じような扱いはしてもらえなかったのです。

ですから、ワタシは幼心に 「自分なんて、要らない子なんだ」
そう思っていました。
でもまあ、割と明るい子どもでしたよ。

けれども、ある日、どうにも我慢できないことがあり、ワタシは家を飛び出しました。

「こんな家、出て行ってやる!」 10歳で、そう思ったのです。

家出

もう、あんな家には帰らない。

本気で、ずっと帰らないつもりだったのだと思います。
だってワタシは、鞄とリュックサックに、こんなに靴を詰め込んでいったんですもの。

靴

長靴・ビーサン・よそいきの靴、学校には行くつもりだったのか、干してあった上履きまで持って出ました。
これだけあれば、オールシーズンいけます。


ワタシは、公園の慰霊塔にずっと隠れていました。
暗くなってきたし、お腹も空いてきたけど、隠れていました。
結構長かったですよ。 
でも、ず~っと、隠れていたのです。

お母さんは、心配すればいい。

だって、ワタシは絶対に悪くないんだもの。

いつだって、我慢して来たんだもの。


泣きそうだったけど、ずっとうずくまっていました。



すると・・・・



オカンが探している声が聞こえてきました。



「あずき~! あずき~!」 そう呼んでいます。



ワタシはうんと小さくなっていたけど、ついに見つかってしまいました。


「もうっ! 心配したんだからねっ

オカンは怒っていました。

ワタシは、「あっ、叩かれる」 と思いました。



でも、オカンは叩かずに



泣いているワタシを抱きしめてくれました。


家出オカン


オカンは、何も言わなくても分かってくれていました。



その時、泣いているオカンを見て、


ワタシは ”悪いことをしたな・・・” と思いました。




どうにも理不尽だという思いは残ったけれど


「もう、こんなことをするのはやめよう」

そう思いました。




ワタシは立派な人間ではありませんが、

「親を泣かせるようなことだけは、しちゃいけないな」 って・・・・

今でも、それだけは思っています。



バナー ←ランキングに参加しています。
 良識ある読者のみなさん、
 応援をお願いします。

12:03  |  過去の思い出日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

i-241同感です。
よく事件があると“動機の解明”って話が出るけど
それもイマイチよく分かりませんね
どこかに位置付けしたいだけのような
社会が不安定だから起こる事件のような気がします
プチトマ |  2008.06.10(火) 13:35 | URL |  【編集】

そうですね、子育てはツライ事もありますが、自分の行きたい道を選んでくれれば、
そして楽しく生きてくれれば、それだけで親は幸せ。その親の思いを分かってくれてれば
、マスコミを騒がすような悲しい事件が少しは減るのでは?とも思います。
バルおばさん |  2008.06.10(火) 18:54 | URL |  【編集】

「親を泣かせるようなことだけは、しちゃいけないな」って、本当ですね。 この一言が心にしみじみきました。

ちなみに、深層心理で靴は「自立心」をあらわします。 オールシーズンいけるだけの靴をもって家出されたあずきさんは、小さい頃から自立心旺盛だったのかなあ???と想像を膨らませております・・・。
Kaz |  2008.06.10(火) 20:41 | URL |  【編集】

靴、持って行き過ぎ。(爆)

ワタクシは小学校時代の家出で、
自分家の敷地から1歩も出られないという
へタレぶりを発揮しましたが、
今思えばカワイイ時代でした。(笑)
「私がいなくなったらお母さん泣く」
とか思った覚えが。(〃 ̄ω ̄〃ゞ

そう言えば、人権まもる君でしたっけ。
うちの近所のバスの全体にペイントしてありました。(゚ロ゚ノ)ノ
いつか証拠写真撮りたいです。(笑)
はちみつココア |  2008.06.11(水) 00:17 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

プチトマさん
もう本当に、やりきれない思いです。
つい”似たような事件”と言ってしまう自分も怖いわ。
亡くなった人の命は、それぞれ唯一無二のものなのにね・・・。

バルおばさん
そうですよねぇ。
みんなが最低限この気持ちを持っていれば、
もっとマシな世の中になるのに・・・と思います。

Kazさん
(´・∀・`)ヘー
靴って、”自立心”の象徴なんですか?!
たしかにそう言われると、ワタシは子どもの頃から自立心旺盛ですよ。
誰かに寄りかかって生きていこうという気はありませんでした。

面白いわねぇ。
また何か気が付いたら、心理分析して下さい!

はっちー
>>自分家の敷地から1歩も出られないという・・・
Σ(- -ノ)ノ エェ!? どんだけ広い敷地やねん!

マモルバス、見てみたいわ。
乗るのは酔うから、ノーサンキューだけどね・・・。v-12
あずき |  2008.06.11(水) 00:53 | URL |  【編集】

しっかりものの片鱗すでに・・・

あずきさんたら・・・!(爆)
もう、不謹慎にも靴のイラストでふきだしてしまいましてよ。

そんな幼い頃から、今の女将の片鱗を見せるようなしっかりぶり!

でもあずきさんの生い立ちを考えると今、お母様は一番お幸せなんじゃないでしょうか・・・e-266
akiko |  2008.06.11(水) 08:02 | URL |  【編集】

>akikoさん

この靴の件はオカンもよく覚えていて
「あんんたは、シッカリしてるんだか抜けてるんだか
昔からよく分からない・・・」 と言われます。

ちなみにお金は50円しか持って出ませんでした。(^◇^ ;)ハハ...
あずき |  2008.06.11(水) 11:27 | URL |  【編集】

私も高校時代にプチ家出の経験あります!はっちーサンと同じく敷地内のプレハブ車庫の2階に(笑)
親との喧嘩が原因なんで、あずきサンの感動エピソードには程遠いですが…
あずきサンのエピソードにはホロリとしました(:_;)
親を悲しませたり、心配かけたくないって気持ちは常にありますね。ただワタシは余りにも言わなさ過ぎて、逆に心配かけてるみたいすぐ『大丈夫×2』って言っちゃう。親は見抜いてるみたいですけどね
ゆきこん |  2008.06.11(水) 11:35 | URL |  【編集】

 私も、何をするにも頭の隅に「親の顔」があります。そして今は「旦那」と「娘」の顔も。誰かと、あるいは社会と繋がっているという意識があるから犯罪を犯さないんじゃない?だから、ひょっとして私が今回の犯人と同じ境遇になったら、同じようなことをしてしまうのでは・・・「犯罪を犯す人」と「踏みとどまる人」の境界は、意外と紙一重なのではないかと、近頃思います。
butako |  2008.06.11(水) 22:44 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ゆきこんサン
そうですよね。
たぶん親は、少しくらい甘えて欲しいのかも。
でも、一度弱音を吐いてしまうと、歯止めが効かなくなりそうで・・・
ワタシにも、そんな時がありました。

butakoさん
ものすごい凶悪な事件が、一見フツーの人間によって
引き起こされていますもんね。
本当に不安な世の中です。

今、子どもを育てていくのって、本当に難しいと思うなぁ。
あずき |  2008.06.11(水) 23:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/419-fc35e896

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop