2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.06 (Fri)

谷内六郎の世界

こんにちは、あずきです。

実は、昨夜から今朝にかけて、ワタシはこう。

あずき顔怒る

ある人に、怒っています。

旦那さん顔モザイク

けれど、どっちみち夕方からは、(表面上)仲良くしなければなりませんので・・・

今から 強制的に、心を穏やかな方向に持っていきます。



さて、ワタシのストレス解消法は、主に食べることです。
昨夜などは、ワタシにとっては高級なおやつ 「丹波黒しぼり豆」 を
バカ食いしてやりました。

黒豆

でも、もうないので(軽く後悔・・・)、今日はコレを見ることにしましょう。

大好きな、谷内六郎さん の画集です。

谷内六郎

ワタシは絵のことなんて、まるで分かりません。
たまには美術館にも行きますが、ただボ~ッと眺めて来るだけ。
特別、美術に興味がある方ではないのです。

が、今から5~6年前に見た 「谷内六郎の世界展」 は、もう開催が
楽しみで楽しみで・・・・
食い入るように見て来ました。

生の作品を見たのは、あの一回きりですが、今でも強く印象に残っています。

生まれて初めて ”画集” まで買っちゃったもんね。

この人の絵は、長年 「週刊新潮」 の表紙を飾っていたので、見たことあるという人は多いでしょう。
哀愁があるというか、郷愁を誘うというか・・・・
まあ、そんな感じの、懐かしい絵です。

ただ、作者・谷内六郎は1921年・大正10年の生まれですからねぇ・・・

ここに描かれているのは、当然、ワタシにとっては見たこともない風景のはず。
”懐かしい”というのは、おかしいかも知れません。

けれど、やはり懐かしく感じるし、なぜか見るたびに、胸がキュンとなるのです。

他にも、素晴らしい画家の方はいっぱいいるし、好きだなぁと思うイラストレーターの方もいるけれど・・・・

ワタシは、この人の描く世界が、いちばん好き。

ワタシが大切に思っていることが、ここにはあるように思うのです。
それは、作者の生き方も含めて。


それでは、あなたも一緒に、チラッと見てみますか?

谷内六郎

右上の絵のタイトルは 「あられ」

谷内六郎

タイトルは 「宿題」



ワタシが今描いてるイラストとは、比べること自体おかしいけれど、

本当に描いてみたい絵は、こういう絵です。







ふう・・・・・


おかげさまで、ページをめくっているうち

穏やかな気持ちになれました。



よっしゃ、リセット完了!

あずき顔よっしゃ



この画集は、いつのまにか

ワタシの ”癒しグッズ” になっています。





バナー ←ランキングに参加しています。
  応援お願いします。てか・・・
 ムカつくので、デコピンしてやってください。



※ 興味が湧いた方は、こんなサイトもありましたので、よろしかったらどうぞ。
    ↓
谷内六郎オフィシャルサイト
12:02  |  本や映画・TVなどから  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

癒しグッズ

はじめまして、谷内六郎さん・・・
今朝から嫌なことがあってイライラしてましたがお陰様で癒されました~ほんわか、ゆるゆるした素敵な画集ですねぇ~
junma |  2008.06.06(金) 13:08 | URL |  【編集】

うんうん、うちもどんなに夫にムカついても一緒に仕事してる以上、顔には出せません。
思いっきりケンカしたら気が楽なのに…、でも頑バル?しかないですね(笑)。
谷内六郎さんは母と年代が近いので私もあの情景は懐かしいです。
恐る恐るご主人様、デコピンさせてもらいました。
バルおばさん |  2008.06.06(金) 13:15 | URL |  【編集】

あずきさん
鼻の穴からぽポチ!っと押してやりましたよ!
あぁ でもちょっといい人そうなイラストなので
次回はそれようでお願いします。
谷内さんの絵はあの抑え気味な色もいいですね
プチトマ |  2008.06.06(金) 13:41 | URL |  【編集】

あぁ、わかるわかる

あずきさんらしい癒され方ですね。

谷内六郎さんってなつかすぃです~!
ご子息のこうたさんの絵本も好きです!

ワタシの癒し系グッズは高橋真琴さんの少女画です。
しもじもの娘があこがれていた外国のお嬢様お姫様のイラスト、今でも毎晩眺めて寝ます。

だけどご主人ナニをやらかしたのか気になる~~~!!!!
ワタシもでこピンさせていただきましたけど・・・・?
akiko |  2008.06.06(金) 15:45 | URL |  【編集】

旦那さんの善人全開のスマイルは
デコピンしずらいです。
で、ポチしました。

谷内六郎さんの絵はなごみますね。
あずきさんが言うように、郷愁を誘う
感じわかりますよ。
機会があったら見てみたいです。

私は両親が好きだった 星野富弘さんの絵と文章が癒されます。
力んで頑張ろうとしていたり、
悲観してたり、そんなときに見ると
ほっとしたり、励まされたり
そんな気になります。


lei |  2008.06.06(金) 19:58 | URL |  【編集】

なっ、何があったのですかっ?

谷内六郎さん、いいですね~。
息子さんの谷内こうたさんも、とってもいいですよね!ワタシは昔、こうたさんの絵本で癒されました。
プチキレれすとらん |  2008.06.06(金) 20:06 | URL |  【編集】

こんにちは。

あずきさんの様に、怒りたいときには怒って、やけ食いして、素敵なアートにふれて気持ちをリセットするってとても大切なことだと思います。

ある研究者が
「人間の肺は怒っている時や落ち込んでいるときは灰色の空気でいっぱい。 灰色の空気は体を悪くする。 うれしいときにはピンク色の空気でいっぱい。 そんなピンクの空気は体を癒す」
と書いてありました。 

なので、谷内六郎さんの画集を見た後の心穏やかなあずきさんの肺はピンクの空気でいっぱいでしたよー。
Kaz |  2008.06.06(金) 21:09 | URL |  【編集】

週刊新潮、父が読んでたので絵は見たことあります。谷内六郎サンという方の絵なんですね。印象に残る絵ですね☆好きな画集があるって素敵です
あずきサンは何がきっかけでこの方を知ったのですか?ワタシも今度本屋に行ったら、画集コーナーを覗いてみよう
皆さん、色々詳しくて知的な感じ私は無知で知性に欠けるなぁ…

旦那さんと何があったのか知りませんが(ホントは知りたい)、気持ちがリセットできて良かったですね♪
引きずると表面上は仲良くしてても、端々に出ちゃいそうですもんね(^_-)-☆
と言いつつ、引きずってしまう未熟なワタクシ表には出してナイつもりだけど…バレてるかも
ゆきこん |  2008.06.06(金) 22:44 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

junmaさん
ええ。この人の絵は、見てるだけで気持ちがあったかくなるんですよ。
超おすすめです。

初コメ、ありがとうございま~す。

バルおばさん
>>でも頑バル?しかないですね(笑)。
あ、やっぱ正解は①なんですか?
本当っすか?(笑)

プチトマさん
そうですね。
次回は”いたぶりやすい”バナーを用意してみましょう。

この人の絵は色もそうだし、どこか淋しくて暗いのよね。
でも、そこがワタシは大好き。

akikoさん
やっぱakikoさんは、子どもの頃から何かと「外国」に憧れていたんですね!
憧れの暮らしをなさってる今も、毎晩眺めているなんて・・・
なんだか素敵なお話です。

leiさん
>>星野富弘さんの絵と文章が癒されます
なるほど。あの人のファンも多いですよね~。

見るだけで元気になれたり癒されたり・・・
絵の持つ力って、スゴイなぁと思います。

プチキレれすとらんサン
谷内こうたサンの絵本は、まだ読んだことがないです。
(・`д・` )ホゥ そんなにいいんですか・・・。
今度、ぜひ手に取ってみますね。

Kazさん
マジっすか?! L(・o・)」
ほんじゃ、六郎タイムの肺はピンク色です。

でも、たぶん胃腸は真っ黒よね。
シボ黒豆は、ちょっと食べ過ぎました。(笑)

ゆきこんサン
そうだわ。 昨日の今頃は、旦那さんにめっさ怒ってたのよぉ。
原因は、あまりにも”しょーもないこと”なので、書くのも恥ずかしいわ。

あーゆーお子ちゃまと付き合ってくのって・・・
大変なのよね~。┐(´ε`)┌
あずき |  2008.06.07(土) 01:18 | URL |  【編集】

やべ。出遅れた。油断してた。
でも、「ダン・ナー」は耳ほじくっときましたから。(‐∀‐)σゞ

あたしゃ絵よりもカワエェ女の子の
おさしん見る方が癒されます。
グラビアとかじゃなくて。
おされなおさしん集とか、たまらんのです。(‐щ‐)
はちみつココア |  2008.06.07(土) 01:44 | URL |  【編集】

読者新入りでデコピンはさすがに…

あずきさんは怒っていてもかわいい感じ。
女将さんなのに更新できるってすごい!

あずき日記のタイトルがかわいくて訪れました。
絵も上手で淡々とした語り口、
思わず私の初コメントしてました。

仲直りできましたか~?

いずねずみ |  2008.06.07(土) 11:02 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はっちー
そうよ、いつもオタクを待ってるとは限らないの。
油断大敵。 
注意一秒怪我一生ですからね! m9( ̄д ̄)

いずねずみサン
更新は、必死でしています。
ええ、意地っ張りなんで。(笑)

>>仲直りできましたか~?
おかげさまで。
仲直りというか、忘れたフリには成功しましたよ。

あずき |  2008.06.07(土) 14:38 | URL |  【編集】

こんにちは、はじめまして。
私も谷内六郎さんの絵が大好きです。
見ると気持ちが癒されます。
私もこの画集を買いたいんですが、出版社はどこですか?教えて頂けますか?
ゆっさん |  2010.10.13(水) 18:04 | URL |  【編集】

>ゆっさん

出版元は「朝日新聞社」です。
表紙には、「生誕80年記念 絵の詩人 谷内六郎の世界~忘れ得ぬこころの風景」と書いてあります。
なんとか手に入るといいですね☆
あずき |  2010.10.13(水) 23:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/416-13ac9742

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。