2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.04.21 (Mon)

木の芽どきに思う

これは何だか分かりますかしら?

木の芽

山椒の木、いわゆる 「木の芽」 と呼ばれるものです。

本来なら、「木の芽どき」などと言われる、この時期特有のもの。
うちも、今の時期は、自宅の山椒を店で使っております。

葉っぱ自体は通年ついていますが、料理に使うとなると、ごく短い期間に限られます。やわらかい新芽の時期だけ。
年間を通して市場に出回っているのは、専門農家が作っている 「ハウスもの」 なのでしょうね。

和食の世界では、”煮魚には木の芽” というのが鉄則なので、店には常備されている材料です。

ただし、こういった食材・・・・、いわゆる最後にちょこっと載せるようなもの。 
木の芽の他に、ユズとか、ミョウガとか、三つ葉とか。

「実は苦手・・・・・」 という方も、案外多いのではないでしょうか?

あずき顔ちょっと

うちの店でも、時々お見掛けします。

そーゆー人の場合、当然 「筍の木の芽和え」 なんてメニューは頼みません。
ただ 「豆腐田楽」 なんて書いてあると、うっかり頼んじゃいますわね。

で・・・・
こんな風に、必死によけてから召し上がっています。


よける人

ワタシ的には
「あら、ごめんなさい。お手数かけちゃったわね。 ┐(´ー`)┌」
・・・みたいな?

こういうものを使うからには、もちろん 「より美味しくなる」 という考えがあり
当然 「良かれ」 と思ってしているのですが・・・・・。
苦手なものは仕方ありません。

前もって分かっていれば載っけませんから、次からは
「木の芽、苦手でしたよね?」 と、声をかけることにしましょう。


ワタシがそんな風に思うのも、実は自分も同じタイプだったからです。
以前は全く受け付けませんでした。

うちの母親は、実は相当偏食な人でしてね・・・・。
食べようとしないものが、すごくたくさんあるのです。

ただ、そういうものでも、家族のために料理はしてくれました。
なので、特に偏ったメニューだったという記憶はありません。
味見もせずに作っていたというのですから、今思えばスゴイ話ですが・・・。

けれど、やはり、使われなかった食材はありました。
思い出してみると、パセリ、セロリ、ミョウガ、菊菜、ユズ・・・・・
このへんのものは、自宅で食べたことがありません。

こんな環境で育ったワタシは、そもそも大人になるまで、
「ポン酢」 を知りませんでした。
当時は気付きませんでしたが、実家で鍋といえば、味のついたもの
ばかりだったのです。

そんなワタシも、働き始めて外食するようになり、やっと色々な食材に出会いました。
ただ、最初はどの食材も、独特の香りが駄目。

昔は ”茶碗蒸し”に、ユズが載っかっているのなんて、大嫌い でした。

茶碗蒸し

「余計なこと、してくれるな と思ったものです。

でも不思議なもので、大人になるに従い、だんだん抵抗なく食べられるようになりました。
うちの店の茶碗蒸しには入っていませんが、あっても全然平気。
逆に、そういったものが一切ない食事は、物足りなく感じるのです。

ですから、必死によけているお客さんに対しても、
「食べ慣れれば 、好きになるかもよ・・・・」
という気持ちもあります。


子どもや若い人には思いませんが

いい年をした紳士が



木の芽苦手なおっさん



と必死に言ってくる場合は




内心






あずきプッ


「お子ちゃまね・・・・」



と、思ってしまいますのよ。




バナー
  ↑
ランキングに参加しています。 大人は好き嫌いせず、押して下さい。
11:49  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

Comment

我が家も旦那と子供が香りの強い薬味や野菜を嫌がります。
三つ葉・春菊・青じそ・木の芽・・・どれもきゅーは全然平気なんですが、きゅー以外食べないとなると当然料理で出す機会がなくなります。
「山菜は平気なのに、変なの」っていつも思いますよ。
香りの強い香草や葉っぱ類は時々ムショーに食べたくなる時があるので、1人の時のお昼ご飯に食べたりしてます。

でもきゅー、銀杏と食用菊は苦手・・・。
きゅー |  2008.04.21(月) 15:39 | URL |  【編集】

確かに

大人になると、好き嫌いが減りました。
「美味しいものを外で食べる機会が増えたからかな」と言うと、母が「不味いご飯で悪かったね」と怒ってしまいました。
そんなつもりじゃなかったんだよ~!
由良 |  2008.04.21(月) 18:07 | URL |  【編集】

親子して好き嫌いなし、です!

親子で好き嫌いゼロです。
子供は小さい頃からフィリピン人のベビ-シッターさんが作る郷土料理も、
ワタシの大急ぎ手作り和食も、
ハワイのローカルフードも、
帰国したときにおばあちゃんに連れて行ってもらった懐石料理も何でも、
いろんな人の作るご飯を食べてたせいだからなのか。
おなかが本当に空けば何でも食べられるようになると思います。
木の芽が食べられない紳士にプッ!って、同感です!
好きキライせずワンポチ!


akiko |  2008.04.21(月) 18:23 | URL |  【編集】

独特の香り 好きになると ないと物足りない位になりますよね。
私は 好き嫌いがなく 香りものも大好きで苦労した事ありません。
苦手なものは仕方ないけど、あずきさんのお店のようなところでは 遭遇率高そうですから、女将さんの配慮が光りますね!食べれないのって、もったいないなーって気がしますね。イラストのおじさん、必死さがひしひし伝わります。
lei |  2008.04.21(月) 21:29 | URL |  【編集】

私も好き嫌いのない方です。「大人の味」というか珍味とか香り付けのものも小さい頃から好きでした。パセリとかセロリとかも、噛んだ時に口のなかに広がるなんともいえない”えぐみ”が好きで、親の分ももらってました。
 そういえば、いい歳してピーマン嫌いの人がいましたねぇ・・・
butako |  2008.04.21(月) 21:50 | URL |  【編集】

えっ!!木の芽って食べられるんですか?
いつも(数少ないが)残していました、香りを楽しむものだと思っていたもので。穂紫蘇などの刺身のつまは食べたり食べなかったりしていましたが、木の芽は葉っぱという感じがして除けていました。以外に食事の作法って知らないものですね。私だけかもしれないけれども参考になりました。

そういえば、葉ものを山から採ったり、畑で栽培している地区があり、お年寄りがPCで注文状況や市場での価格などを見ながら、生き生き働いているTV番組を見たことを思い出しました。葉っぱで商売なんてと思っていたら、なかなかスゴクて孫に車を買ったとか、家を建てたとか。あのおばあちゃんが採った葉ものが、あずきさんの割烹にいっているのかなぁ。

基本的に好き嫌いはないですが、食べなくてもいいものとして、油揚げの味噌汁の油揚げ、すりゴマ、いずれもパサパサしているから。油揚げの味噌汁は、ウマイと思うのですがパサパサした油揚げがイマイチです。人前では食べますが、家では除けています。

ひろくん |  2008.04.21(月) 22:08 | URL |  【編集】

わたくしも香りのもの好きです♪
でも、どこまで食べるものか微妙に分かってません(´pq`;)
好き嫌い基本的にありませんが、
食べられるかどうかの境界線が分からないという、
致命傷を負っております・・・。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

洋風のですが、アイスやらヨーグルトに付いている
ミントは、食べますか??(ノω`*)
はちみつココア |  2008.04.21(月) 22:22 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きゅーさん
きゅーさんちは、けっこう好き嫌いが多そうなので、お母さん大変ですね。

食用菊がお嫌いとのことですが、ワタシもアレは絶対食べられないと
思っていました。
でもね、料理次第ではすんごく美味しいんですよ~。

由良さん
大人になると、「苦い」だけじゃない「ほろ苦さ」がおいしくなったりして
嫌いなものが減っていくんでしょうか。

母の味も最高ですが、外で食べると新しい味に出会えますしね。

akikoさん
さすがakikoさんち!
全員好き嫌いがないなんて、素晴らしいです。

ひとりでも偏食さんが混じっていると、外で食べる時
けっこう気を使うんですよ。

leiさん
このおじさんは、本当に嫌いらしく「匂いが移るから、絶対載せるな!」
と言うのです。
気持ちは分かりますが、そこまで必死にならなくてもねぇ・・・。(笑)

butakoさん
いましたね、ピーマン嫌い。
大人だって好き嫌いがあって当たり前ですが、ピーマンなんかは
「いかにも子どもの頃から直ってない」っつー感じ。

「いい歳して・・・」と言われても、仕方ないでしょう。

ひろくん
木の芽は、もちろん食べられます。
「木の芽焼き」「木の芽和え」といった料理法もありますから。

ただ、上に載せてあるだけの場合は、食べなくても構いません。
彩りとか、香りづけの意味もありますから、
目と鼻で楽しんでもらえればいいのです。

はっちー
基本的にお料理屋さんの皿の上のものは、ほとんど食べられるハズです。
ただ、ひろくんが言っていたように、最近は「飾り用の花」というか
「花つきの小枝」も使うので、それは食べちゃダメよ。

で・・・・アタシャ、ミントは食べませんよ。
ハッキリ言わせてもらうと、載せてもらわなくて結構です。



あずき |  2008.04.22(火) 00:56 | URL |  【編集】

乗り遅れました。

桜餅の葉にはじまり、パクチー、しょうが、みょうが、うど、しそ、刺身のつまのたでも実だけを枝からこそいで醤油に入れるし、ゆずなど香りが強いもの、アクセントになる香りもの、トッピング平気です。
パセリ、バジル、ケーキの上のミント、ニラや、灰汁が残った筍もへっちゃらで、母からは食い意地の張った子と言われました。父からは将来のんべになると言われて育ちましたが、ビンゴでした。

苦手な方がいると食事のときに気を使いますね。


みちい |  2008.04.22(火) 01:57 | URL |  【編集】

私の実家はあずきさんちと逆に
香りのものや山菜が大好きな家でした。

ミョウガを生のまま二つに割って
辛子酢みそが添えられて出てきたりして
食べられなかった私は好き嫌いが多い!といわれてましたが
世間のひとはそんなもの食べないのに、大人になってから気づきました。
思えば怖い食卓だった...
山椒は、山椒味噌というものを作って一年中食べてたなぁ。
くうれい |  2008.04.22(火) 08:11 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

>みちいサン
ほ~~、すごいですね・・・・。
ワタクシなど、みちいサンの足元にも及びません。

あたしゃ繊細なので、アクの強いものを食べると顔にブツブツが出来たりしますよ。

くうれいサン
ミョウガや山椒は、子どもで「大好き!」という方が稀だと思いますよね。
くうれいさんち、ちょっと厳し過ぎます。(笑)

ミョウガは「食べ過ぎるとアホになる」と言われましたし・・・。
あずき |  2008.04.22(火) 11:11 | URL |  【編集】

ご無沙汰です・・・

我が家にも、山椒・柚子あります。
店をやっていた時は、使ってました・・・・が、
どちらも、アゲハチョウの産卵木なんですよね!
気をつけて!!
小さい黄色い卵です。d( ̄  ̄)
とんぼ |  2008.04.22(火) 14:55 | URL |  【編集】

>とんぼサン

久々のコメントありがとうございます。
とんぼサンは、いろいろ育ててますから、お詳しいですね。

山椒の木は、何度もそいつにやられましたよ。
が、なぜかマンションに引っ越してからは、大丈夫なのです。
薬も使ってないのに・・・・。

風が強すぎて、産卵に適さないんでしょうかね?
あずき |  2008.04.23(水) 00:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/350-22103a15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。