2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.26 (Sat)

障害クリア

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第24回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」


さて、今回持ち込まれた物件には、ふたつ気になる点がありましたが・・・

実は、権利金の方は、必ずしも払えない額ではありませんでした。

ただ、私たちが戸惑ったのは

もしかしたら
また、「カモ」 にされてるのカモ?鴨


う~ん 悩む 考える

ということ。


つまり今回も前回と同様、”お客さんから持ちこまれた話” 。
ですから、前回が前回たっだだけに、うちらは疑心暗鬼になっていたのです。

が、もうひとつ方の問題は、それよりさらに深刻でした。

というか、今回の話にも、いろんなご意見を頂いたのですが・・・

皆さん、物件自体は 「悪くない」 と言います。

ただ、やはり、ほぼ全員の方が

「(ー'`ー;)う~ん・・・・

近過ぎるけど、大丈夫か?」
と・・・・。



モチロンうちらとしても、あちらのお店との仲が険悪にはなりたくはありません。
ですから、「やっぱ、スッパリ諦めた方がいいのかなぁ」 ・・・と。

ですが、ちょうど大将の店に用事があり
久々に、あのお二人にお会いしたところ・・・

奥さんは、
「あずきちゃん、なんか、すごくイイ話が来たんだってね?!」

"ヽ(´▽`)ノ"

ワタシを満面の笑みで迎えて来るのよ。



で、「この際、近くにいらっしゃいよ~」

その物件を、かなり押し勧めてくるのです。



ですが、「近いったって、限度がありますからね~・・・


苦笑 (5)


と、ワタシ。


「おそらく、お断りすることになると思いますよ」

と、そう、お二人にお伝えしたのです。



ですが、それを聞いた大将は

ワタシに 「まあ、座れ」 と言い、こんな話を始めました。


あのな、あずきちゃん・・・・
あんたらが、なんで断ろうとしとるのかは、ワシらにもだいたい察しはつく。

けど、ワシらは、もう60や。
この店だって、あと何年やれるか分からん。

だから、もう今さら、欲なんてのは、別になんもないんや。
今あるお客さんのお世話だけで、ワシらは、もう充分。

それに、ワシの弟子と呼べるのは、結局あんたの旦那さん、ひとりだけなんや。
だから、なんとしてでも、あんたらの店には生き残っていって欲しい。

そやからな
ワシらに遠慮して断るのなら、そんなのは大きな間違い。

それに、○鍋(うちと大将の店共通の、ある名物鍋)目当てに来てくれたお客さんやったら、どっちかが満席の時でも、片方空いてたら紹介出来るやないか。

だから、お客さんらにしても、絶対その方が有難いハズやし
ワシらも、その方が助かる。

そやから、何も心配せんと
今のうちから、近くに来たらいい。

だって、いずれはうちのお客さんを、
あんたらには引き継いで欲しいと思っとるんやから・・・



つまり、本気でお二人は

「近くに来るべきだ」 と、お考えなのです。


大将と奥さん



けど、まさか、ここまで考えてくださっていたなんて・・・・


ワタシは、有難くて有難くて、

胸が熱くなりました。 (¶д¶)。



そして、そのことがあった二日後
うちらは今度、マスターの許を訪れました。
要は、金額的な部分で、「なんとかならないか」 と交渉に行ったのです。

ですが、こういった話は、フツー男性同士がやるものかも知れませんが・・・・
今回の場合、うちは、ワタシが先頭に立って交渉しました。

だって、前のように、後からブチブチ言うくらいなら
ちゃんとその場で言っておくべき。
先方に 「がめついお母ちゃんだな~」 と思われようが、もう、そんなこと、どうだっていいのだ。


マスターと交渉



ですが、ワタシが単刀直入にお願いしたところ
マスターは、その半額を、その場でスパッと引いてくれました。

けど、「もう、これ以上は無理だよ」

そして、こう続けたのです。

「○○君たちが、もし、この額でも無理だというなら
悪いけど、あの店は、よそに譲る。
というか、お前らに話す前から、○○という店からは、引き合いが来ているんだ。

だけど俺は、あそこの店のオーナーより、○○君たちにやって欲しい。

けど、俺がどう思おうが、君たちが見送ると言うなら仕方ない。
残念だけど、あそこには、近々○○が店を出すよ」


ワタシはそれを聞き、もう何の迷いもなくなりました。


青空



そしてマスターに、こうお願いしました。


「お金は、なんとか用意します。 


言う


だから、あの店は、うちらにやらせてください」







バナー自営妻
★人気ブログランキングへ投票★

全国の自営妻の皆さん、これからも応援お願いします。

13:23  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

やっぱりーーーーっ!ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ
大将の人柄の良さは、今までの記事からも
にじみ出ていましたし、
こっち側が遠慮しようとしたところで
そんな感じに言ってくれるんじゃないか・・・と思ってましたよ~♪
キャッヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャッ

旦那さまが17年かけて作った関係と、
その旦那さんの嫁になったあずきはんを
大事に思ってくれてるんですね~。
人とのつながりで苦しむ事もあれば、(最初のお店の件)
人とのつながりで喜びがうまれる事もありますね。
後者が多い人生になるように、
わたくしも人を大事にしていきたいと思いました。


さあこい、人柄の良さがにじみ出たコメ返し!ヽ(*`∀´*)カモ~~ン!!
はちみつココア |  2008.04.07(月) 13:17 | URL |  【編集】

あずきさん、お久しぶりです。
・・・いろいろあってねーー(義父つまり前店主が認知症みたいで・・・)
 
今日のおはなし、目頭があつくなりました。。。
お客様は財産ですものね。。。
わたしも店を引き継いでつくづく思います。
大将の大きなこころに感謝ですね。

いつも、ちゃんと拝読させていただいてましたよ。
yapopon |  2008.04.07(月) 13:29 | URL |  【編集】

やったー!!!もう泣けてしまいましたよ。
ホント良かったですね。
あずきさんご夫婦の誠実さや人柄、今までの頑張りが報われたんですね。
ちゃんと見守りって下さる大将さんご夫婦も素敵です。
将来への期待をこめた愛情ですね。

そこで終わらず、笑えるイラストつきの 落ち??も良かったです。

lei |  2008.04.07(月) 13:30 | URL |  【編集】

本当に、大将は心からご主人とあずきさんが可愛いんですね。
そして大将の人柄が大きくて温かくて、読んでいてきゅーも嬉しくなりました。
この人脈こそが宝物ですねe-420

イラストも素敵っ!
特に陰から覗いているご主人、爆笑ですっe-461
きゅー |  2008.04.07(月) 15:00 | URL |  【編集】

ひとまず安心

大将と奥さんは旦那さんの人柄を良く知っていて、言ってくれたのでしょうね(旦那さん良い人だから)

カカア天下・・待ってました!e-319v-391
言うべき事は、キッチリと言って交渉する(うんうん・・)
だんだんと女将さん&経営者らしくなってきて、読んでる私も安心してきましたv-424v-410
栗ぜんざい |  2008.04.07(月) 17:25 | URL |  【編集】

すばらしい人たち!

あずきさーん、良かったね!
すっばらしい大将、そしてその大将に気に入られていたご主人!
お二人の人格が廻りの方を味方にするんです。
泣けます、このドラマ。
最近のイラスト、めっちゃええです。
四角いオクチのあずきさん、がんばりましたね~!
akiko |  2008.04.07(月) 20:50 | URL |  【編集】

物陰から心配そうに見てるご主人が
とてもよいです。
イラスト、二重丸◎
(からみづらくしてみました
まゆ |  2008.04.07(月) 22:06 | URL |  【編集】

滅多なことでは泣かない私でしたが、今日はホロホロしました。

続けることが評価されたんだと思います。
私もガンバロー!
そう思えました。
みちい |  2008.04.07(月) 22:21 | URL |  【編集】

コメントが減ったのはあずきサンのせいじゃないですよぅブンブン (>_< )Ξ( >_<) ブンブン
きっと、春は皆さん何かと忙しいんですよ♪

それにしても、あぁ、よかった~e-420と今日もジーンとしました。
師匠を気遣うあずきサン夫婦の気持ちと、師匠とその奥さんのあずきサン達を思う気持ち、素敵ですe-265

人と人との繋がりや絆ってお金じゃ買えないですもんね。17年も同じところで修行した旦那さんも凄いと思います☆

ゆきこん |  2008.04.07(月) 22:34 | URL |  【編集】

あは♪ 今日は間に合った~σ(^◇^;)
この頃、出遅れ気味だったもんで…。

大将と女将さん…素晴らしいですね!!!
そして、そうしたご夫妻にそう言わせるだけのモノを
ご主人とあずきサンがそなえておられた…と、言う事ですものね。

なんちゅ~エエ話でしょうか(T^T)
つくづく、目に見えないものほど大切だなぁ~って思いました。

私は女将ではありませんが、
私は私なりにまた明日から頑張ろうと思いました。
あずきさん、素敵な女将ヒストリーを有難うございます♪
続きも楽しみにしています(^^)

バンザイ&おやすみの“ポチッ”
kuririn |  2008.04.08(火) 01:19 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はちみつココアさん
あら、はちみつサン、早々のコメントありがとうございます。

はちみつサンのアドバイスのおかげで、本日は沢山の方から
心温まるコメントが頂けました。
アレもコレもソレも、全てはちみつサンのおかげです。

今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくいお願いいたします。"○j乙 

yapoponさん
お久しぶりです。 
どうしてらっしゃるかと思っておりましたら・・・そうでしたかぁ。
お店の方もやりながらですから、大変でしょうね。

同じ仕事をしていても、店主になって初めて分かることってあるんですよね。
うちの旦那さんも、改めて大将の偉大さに気付いたそうです。

leiさん
皆さんが私たちに感情移入して下さり、こんなに喜んでもらえるなんて、
ワタシこそ感激です。

>>もう泣けてしまいましたよ。
ワタシも記事を書きながら、思い出して泣いてしまいました。
(意外と、すぐ泣く)

きゅーさん
「女将ヒストリー」は、けっこう説教臭い記事なので、イラストを入れた方が
とっつきやすいかも知れませんね。
笑っていただけて、本望です。
イラスト通りの力関係ですから。(笑)

栗ぜんざいサン
ワタシたちのスタートは、本当にヒドイ状態だったので、
あらゆる人に心配をかけました。
いまだにここの読者の方に、ご心配をおかけして・・・・v-356

カカア天下 ←お宅もですか?(笑)

akikoさん
本当に大将と奥さんは素晴らしい方です。
人間が大きいのです。

旦那さんと結婚しなければ、出会えなかった人です。
こんな人間関係があることにも気付かずにいたでしょう。

まゆさん
うちの旦那さんって、本当にこんな感じの人だよね~。
実物知ってても違和感ナイでしょう?(笑)

みちいサン
みちいサンの涙腺を刺激するなんて、大将もやるわね。

人を信用できること・信用されることって、スゴイことだ思います。
みちいサンのお仕事でも、そんな人間関係を築いて下さいね!

ゆきこんサン
うう・・・(ノ_・、)  ゆきこんサンは、孤独な管理人の味方ね。

グダグダ期はストレスの溜まる連載だったけど、
ようやくスッキリ出来るところまで辿りつきました。

何でも続けることが大事。
皆さんも、読み続けてきた甲斐があったでしょうか?

kuririnさん
田舎のちっさい店の、ちっさいエピソードなんですが、
皆さんの胸にも、何か響くモノがあったでしょうか?

ワタシはkuririnさんのブログで、いろんなことを教えてもらっていますよ。
人生波があるので、kuririnさんは、きっと今が頑張りどき。
応援してますから頑張ってください!
あずき |  2008.04.08(火) 01:36 | URL |  【編集】

コワい~~っ!!
丁寧すぎて、コワい~~~っっ!!!

しかも、わたくしの名前が「覚えにくい」とか言って、
今まで短縮してたくせに、
丁寧にフルネームになってるのが、
余計、コワい~~~~っっ!!
ε=ε=ε=ε=ε=ヾ(;゚ロ゚)ノ ニゲロォー!!
「はっちー」でいいの。 |  2008.04.08(火) 02:17 | URL |  【編集】

あずきさん(*^_^*)おはようございます。
人との関係や信用って最終的にとっても
力になってくれる大きな財産ですよね
大変でしょうが、これからも頑張ってください。
イラスト・・・すご~くいいですね!
プチトマ |  2008.04.08(火) 09:26 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

「はっちー」でいいの。サン
まあ、何をそんなに怖がってるんでしょう?
でもそんなにおっしゃるなら、次回からは「はっちー」と呼び捨てで
まいりますわ。

プチトマさん
はい! 女将業は今後も続くので、引き続き頑張ります。

イラスト褒めていただいて、ありがとうございます。
なんでも、やっぱ「慣れ」みたいですね。
あずき |  2008.04.08(火) 10:46 | URL |  【編集】

おお!あらためてあらたまったこれ読むと、また良いもんです。

あずきさんが交渉したんだ、すごい!しっかりもんですね、さすがおねえちゃん!(って妹でもないのにー、でもあたしもきょにゅーでかわいいわよー、ウソ)

こういうのの交渉ってなかなかやりにくいけど、そんなこといってられなかったんでしょ?

うちがここに移る時、家賃は下がってオッケーだったんだけど、こまごまとした条件ってのがめんどくさかったので、夫の昔からの空手仲間の弁護士さんに交渉してもらいました(タダ、ラッキーです)まー弁護士なんて石なげればあたるようなとこですから、でもそれでもなんでもとってもありがたかったです。

あずきさんの移転まるくおさまってよかったです。
はなもじゃもじゃの夫をもつはなこ |  2010.06.27(日) 00:59 | URL |  【編集】

>はなもじゃもじゃの夫をもつはなこサン

>>あずきさんが交渉したんだ、すごい!しっかりもんですね

しゃーないじゃん。
だって、うちの旦那さん、イイ人過ぎる。っつーか、ええ格好しいだもん。

そんなことより、オタクのハンドルネーム
「なげ~よっ!!」 …Σヘ(´A`ヘ)≡☆┗┐(・ω・ノ)ノ
あずき |  2010.06.27(日) 12:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/337-68303e8b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。