2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.23 (Wed)

店探し

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第22回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

お隣のおばあさんの温かい言葉に励まされ、私たちは本格的に店探しを始めました。
時期的には、8月の終わり頃です。

お隣からは 「慌てなくていい」 とは言ってもらえたものの
うちらの商売は、やっぱ年末が勝負。
ですから出来ることなら、なるべく早期に移転しちゃいたい。

でね
結果的には、3つくらい候補に挙がったのですが・・・
まず最初に店を見に行ったのは、ワタシの友人のお母さんのお店。
もともと友人から、「そこも移転を考えている」と、あらかじめ聞いていたからです

そこのお店は、たしかに割と良い場所にあり
なにより 「ビル自体が新しい」 のが、うちらには魅力でした。
ただ、問題は家賃でした。
というのも、この建物は、いわゆる 「リース店舗」 だったからです。

え~~
ご存知ない方のために申し上げると
この 「リース店舗」 というのは、内装部分も全て大家さんが
負担してくれる物件のことです。
つまり冷蔵庫や焼き台も最初から揃っているので、入居時の費用負担は非常に軽い。
ですが、その分の費用は、結局月々の家賃に上乗せしてあるので
長期に借りた場合は、年々割高感が募るのですよ。
うちとしては、出来るだけ長く続けたいと思っていたので
そこは縁がなかったと、諦めることにしました。

そして、その次に候補にあがったのは、地元の不動産屋さんからの紹介物件。
ただ、前の店と比較的近かった先程の店と違い、そこはちょっと離れ
駅の近くの店でした。

けれど飲酒運転の取り締まりが厳しくなって以来、
駅前の方が客足を伸ばしているのも確かなのです。
なので、それはそれで魅力的でしてね
家賃は許容範囲ギリギリでしたが、かなり食指が動いたのは確か。

ですがここは、うちらの前にも紹介したお客さんがあったそうで
一足違いで、その方が決めてしまった。
つまり、この物件も、残念ながら縁がなかった。

ですが、その話がポシャった後は、なかなか 「ここ」 という物件が出て来ません。

不動産屋が紹介してくるのは、ず~っと決まらない空き物件ばかりでした。


不動産屋で相談


けれど、ちょうどその頃、業界の中では、ちょっとしたニュースが流れました。
それは、ある老舗の料理屋さんが、「突然、夜逃げした」 という事件です。

なので、「じゃあ、あそこの後をやればいいじゃないか」 と
周りからは、そういう声も、多くいただきましてね~

もちろん、私たちにとって、その物件は、予算オーバーかつ広さもオーバー。
けれど、「あそこほど良い場所なら、もう一人雇い入れてもやるべきだ」 と
そういうアドバイスも、非常に多く頂いたのです。

なので、とりあえず、そのお店の中を見せてもらうことになりました。

が、店内に一歩入った途端・・・・・




店探し


ワタシは直観的に、「嫌」 なものを感じました。


てか、たしかに広くて立派なお店でしたが
おそらく売れそうなものは、片っ端から売り払われた後だったからでしょう。
電気も止められガランと薄汚れた店内は、なんだか恐ろしく感じたのです。

それは彼も同じだったようで、結局その物件は、即その場でお断りすることに。
ちなみにこの物件は、5年以上たった今でも、いまだに借り手が付いていません。

けど・・・・
思い返してみると、うちらが最初に借りたあのお店も、
はじめて見た時の印象は、全く良くはありませんでした。

ですが、「安いから仕方ないか・・・・」 と、要は、妥協に次ぐ妥協。
てか、ずるずる周りのムードに流されてしまい、結局は、あんな事態を招いてしまった。

なので今回ワタシは、

とにかく自分の感覚を研ぎ澄まして・・・


あずき集中


少しでも 「違う」 と思ったら、絶対やめようと思っていました。


もちろん、ここまで周囲を巻き込んだんだのですから、
移転しないと、”今さら格好がつかない”
・・・・・たしかにそういう雰囲気では、ありました。

ですが、最悪、条件に合う物件が見つからなければ
もうしばらくあの店に、居座ったっていいのです。


だって、最終的に大事なのは

面子ではなく

自分が引き受ける、これから先の人生 なのですから。



ですがまあ、とにかく、この3つには、縁がなかったということ。

ワタシたちは引き続き、自分たちの店を探し続けることにしました。


(※なおこの記事は、2008年4月の記事に、加筆修正したものです)





ここのところ、「女将ヒストリー」ばかり続き、申し訳ありません。
ですが、どうせなら一気にアップしていきたいので、もうしばらくお付き合いください。

バナー耳パタパタ
★人気ブログランキングへ投票★

そしてこっちも、お願いします。

 
11:32  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

住む為の物件だってそうですが、
生きていく為にお金を稼ぐお店をする場合の物件ならなおさら、
そういう、「直感」的な自分との相性は
とっっても大事だと思います。
場所や家賃が合わないとか色々な理由があって見送った物件だって、
自分とは相性が合わなかったんですよね~、きっと。

わたくしも物件を相変わらず探してますが、
「寒気がする」とこって、あります。
気に入っても、「自分とあの部屋は波長が合わない」って理由で、
見送った事あります。
引越しや移転で運気が変わる事ってあると思うので、
自分の人生の為に「直感」研ぎ澄ませていきたいです。

今のお店に出会った瞬間の気持ち、楽しみ~~です。ヾ= ̄∇ ̄)ノ
はちみつココア |  2008.04.05(土) 15:27 | URL |  【編集】

予感て当たるよね・・・・

そうそう、やな予感て当たるんです,ワタシも。v-40
特に従業員の面接で変な予感がする方にはどんなに履歴が良くてのどから手が出るほど欲しいタイプでもヤメておきます。
ところが夫はその気配が読めず、昔はかなり苦い経験が・・・
今では人事に関してはワタシの読みがかなり当たるのでワタシの意見を信じてくれるようにe-69
3件目のお店に入ったときのあずきさんの絵、ゾ~ってカンジが良く出ててこちら迄背筋が寒くなる~~~!!!v-39
akiko |  2008.04.05(土) 18:49 | URL |  【編集】

連載読みましたよ

私は連載を知らなかったので、急いで「女将ヒストリー」1回から読み始めました・・とても面白く、そして興味深く今全部読み終わった所ですe-337

突然女将さんになってしまったあずきさんの戸惑いと心配が良く伝わってきて、
ちょっとハラハラしながら読みました
あずきさんがいろんな事を経験して、自分の人生についてしっかりと考えるようになった所・・心がジーンとしましたv-402
少しずつ気持がしっかり強くなってきましたね・・続きが楽しみ!v-354
栗ぜんざい |  2008.04.05(土) 21:50 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はっちーさん
ワタシには、霊感的なものは全くナイけど、やっぱ「夜逃げ」した店の
後っていうのは、あまりいい気分じゃないよね。
「身ぐるみ剥がされると、料理屋もあんな風になっちゃうんだ・・・」って思った。

はっちーんとこも、早くイイとこが見つかるといいいわね♪

akikoさん
最近のイラストは即興で描いているので、けっこう雑です。
akikoさんのいうイラストなんかは、テキトーの極み。(笑)
あ、でも、スプレーでブワ~ッと色を垂らしたのは、新たなチャレンジですね。
女将さんは、日々進化するのだ。

栗ぜんざいサン
まあ! 一気読みして下さいましたの?
実はワタシ自身は、通しで読んだことはありません。
その時々で口調が変わってるから、さぞ読みにくかったことでしょう。
いつか直しを入れねば・・・・。

読んで頂けたこと、とても嬉しく思います。(´∀`)ゞぁざーすっ♪
あずき |  2008.04.06(日) 00:34 | URL |  【編集】

わかるわかる!
あたしもいろんな物件いっぱいみたんで、いやーなかんじするとこ、あー高いなー、むりすればいいけど、でもなーってとこもあるし。いやーなバイブがするとこはやめといて正解です!

うちは、真剣にさがしはじめて2ヶ月で今の物件みつかっちゃったんで、実質物件さがしは2ねんぐらいしてたんだけどねちょこちょこと、こういうのも、人との出会いもおんなじかんじですよね。

あずきさん、読みにくくないよ、直す前も充分くらいわかりやすいけどな。でも詳しくつけくわえていただいて、余計によくなってますよー。
はなもじゃはなこ |  2010.06.23(水) 11:44 | URL |  【編集】

女将ヒストリー、やっぱり好きです(^^)♪

私のところ(工房)はあまり選択肢が無い中で
けっこう勢いで決めちゃったところがありまして(汗)
「次はこんなところがいい!」
とあれこれ希望を持ちつつも、
これはこれでいっかと落ち着いてしまっております。
運が良かったのかもしれないですね( ̄∀ ̄;)

前々回?のあずきさんが女将さんとして開眼した記事、
最初に読んだのは一年ほど前でしたが目の覚めるような思いでした。

女将ヒストリー改訂版、楽しみにしておりますよ~☆
kaori_tochiu |  2010.06.23(水) 14:34 | URL |  【編集】

期待と不安と。

2回目の店舗探しだから、
1回めのときよりは先の予想ができますね。

でも移転はエネルギーと費用の要ること。

そして、今までついていてくれた顧客が離れるのでは?という不安と
新しい顧客がついてくれる期待。

1回めはあまり考えなかったことを考えてしまいますね。

あずきさん夫婦は若くエネルギーもある、
いい時期にきっかけが訪れたと思います。

ワタシは今の店舗に不満の箇所はいくらもあるけど
この業態のまま、移転というのは考えられません。
きらりん |  2010.06.23(水) 15:14 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はなこサン
そうですね。
ワタシは全然霊感とかありませんけど
やっぱ 、嫌な”気”を感じたとこは、やめておいて正解だと思います。
それに二軒続けて”夜逃げ後の後をやる”っていうのも
なんか負のオーラを引きずりそうだし・・・。(^д^;)

kaoriさん
いやぁ~
物件を決めるのって、ある程度は勢いも大事ですよ。
あまり選択肢が多過ぎても、迷うばっかりのような気もしますし。

それと、kaoriさんも「開眼」の記事で、”目が覚める思いだった”、とのこと。
そうですよね、あれだけド直球で怒ってくれる他人って
大人になると、なかなかいない気がしますもん。

きらりんサン
そうですか~、じゃあ、きらりんサンとこは、おそらくずっと移転はしないんですね。
けど、うちは、もう一回くらいあるかも~~
今の店は気に入っているのですが、うちらが店を畳むまで、建物が果たしてもつかどうか・・・・。
あずき |  2010.06.24(木) 13:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/331-d8a25d19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。