2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.20 (Sun)

ワタシの人生

今日の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第20回。 
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

前回Hさんに言われたことは、耳の痛い内容でしたが
正直なところ、ズバリ核心を突かれました。

ですから、それを機に、
ワタシは自分自身と

寝ころぶ 考える

もう一度、向き合ってみたのです。


すると、自分自身が抱える問題点に、いろいろと気付かされました。

まず、以前ワタシは自分自身のことを、”とても責任感の強い性格” だと書きましたが・・・ 
それは裏を返せば、責任を取らなくてはいけないことを、”回避して” いただけ。
いつだって相手に下駄を預け、常に言い訳を用意していたのです。

ですが、そんなことは 「何の意味もないんだ」 ということに
ワタシはこの時ようやく気付きました。


今回の騒動は あくまで ”大家さんに騙された” のであって

「うちらは被害者」

s-あずきは~ (2)



そして、もしHさんのアドバイスに従い、失敗したら

「Hさんを信じたのに、失敗しちゃった」

s-あずきは~ (2)


要するにワタシは、自分の人生が上手くいかない理由を
全部、他人のせいにしようとしていたのです。

そのことに向き合ったワタシは
自分のズルさに、愕然としました・・・。

う~ん 考える





だって、いくら自分に ”言い訳” をしてみても

そして、いくら周りから ”同情をひけた” としても・・・


結局
その人生を引き受けるのは

自分自身なのです。



「もう嫌だから」 と言って、他人は替わってなどくれません。



そして、その ”自分の人生” というのは

誰しも、一回きりしかないんですよね。

s-あずき提言


そんな簡単で解り切ったことに

ワタシはこの時、ようやく気が付いたのです。





さらに言うなら
これは、ぜひ皆さんにも、自分に当てはめ考えていただきたいのですが・・・

人は、なにかに壁にぶち当たったとき
たとえば職場の問題なら、”その職場を辞めて、別の会社に転職する” とか
いっそ ”お見合いをして結婚しちゃう” とか・・・

本来それを望んでいた訳ではないのに
その場から ”逃れる ”という選択をしたりします。

そう、
それはあたかもトラブルに見舞われた船から、
慌ててボートに飛び移るヒトのように・・・。

船



ですが、一瞬は 「助かった」 ような気がし喜んだとしても

じゃあ、その乗り移ったボートは

この先、ずっと安泰なのでしょうか?

質問 提言 2



いいえ、そんなことはありませんよね。



だって、嵐が来ない海など

あずきいいえ分かんない
どこにもないのですから。



というか、そもそもワタシは彼と結婚する時点で
これで 「すっかり、落ち着ける」 ような、そんな錯覚をしていたのですよ。

独身者にとってみれば、結婚は、ある意味 ”安定”。
ですから、彼のように真面目な男性と結婚した自分は
落ち着いた暮らしを、「当然していけるものだ」 と思っていたのです。
少なくとも独身の頃のように、胸が張り裂けそうな出来事には
金輪際、無縁でいられるのだと思っていました。

ですが、そんな考えは

とんでもない間違いでした。


いいえ ダメ

別にワタシの場合が特別なワケではなく

結婚生活って、そんな甘いものではありません。



ですから、今、うちらが自分の店を捨て、就職しようとしているのは
「それと同じかも知れない」 と思ったんですよ。
今、先が見えなくて苦しいから、とりあえず楽な方へ逃げようとしているのだと。

だって、次また嵐が襲って来たら・・・・・

うちらは今度そのボートから、一体どこかに飛び移るつもりなの?

そして、そもそも、このトラブルを抱えた船だって

本当に、どうにもならないもの・・・?


ワタシはこんな風に、もう一人の自分と向き合うことで
だんだんコトの本質が見えてきた気がしました。

そうだ。
この嵐さえ乗り切れば、どこかの港で、また修理出来るかも知れないじゃない。
だのに、彼がせっかく手に入れたこの船を、こんな簡単に手放していいのか・・・?

今までは店のことを、常に他人事のように捉えていたワタシですが

この時ようやく、自分の人生 という目線で、店や彼とのことを考え始めました。

そして、ここで逃げたら私たちは、きっと夫婦としてもダメになる。
一緒にいる意味さえ、もう解らなくなると思ったのです。

だって、もともとが干渉し合わない性格の、うちら二人。
だから、この期に及んでも向き合えなければ
きっとうちらは、単なる 「同居人」 になってしまう。

そしてお互い心のどこかで、ずっと相手を責め続けて生きるのですよ。
自分は、これを望んだワケではないけど
相手のためを思い、こんな生活をしているのだと。

なのでワタシは、とりあえず
「店さえやめたら、ラクになれる」 とか 「店さえやめたら、幸せになれる」とか
そんな幻想は捨てることにしました。
だって、続けようがやめようが、結局人生は厳しいのですから。

けど、どっちみち苦労するんだったら、妥協じゃなく夢を選ぼう。

一度納得出来るまでやってみて
それでダメなら、その時改めて手を取り合い、一緒にボートに乗ればいいのだ。


こうして、自分の心をようやく整理出来たワタシは、彼に、こう言いに行きました。



頑張って新しい店を探しましょう。

OK.jpg



けど、その代り今度は

ワタシの納得する形でやらせてください、と・・・。



(※なお、この記事は、2008年3月の記事に、加筆修正したものです)





バナー青空.
★人気ブログランキングへ投票★

「ワタシの人生」 を、これからも応援ヨロシク☆
11:30  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

Comment

ええと、私、○経とかテレビ○京の経済ニュースしか見ません。殺傷事件とか人の噂話が嫌いだから。

今日の記事は、私とはまるで違う人生なんだなって映画を観ているようでした。
こうやって自分の人生を振り返って、語れるのは羨ましい事です。

あずきさんの女将ヒストリーは素敵なのでこれからも続けて下さい。

絵日記のカテゴリーに登録すると良いと思いますよ。勇気を出して。充分に良い絵が描けていると思いますよ。
mimi |  2008.03.22(土) 15:34 | URL |  【編集】

ということは、

見方を変えればお店のことは

あずきさんを目覚めさせ、今後の人生を主体的に生きるために

用意されていた出来事なんですね。 なんて深読みしすぎかな。

逃げ考えで次に進むのは同じことの繰り返し。

きちんと向き合って解決や折り合いをつけてそれでも気持ちが変わらなければ次に進みなさい。

かつて、私が若いころ、言ってもらった言葉です。

苦しいときいつも思い出しては、考えてました。

次回の展開がたのしみですねー。

開眼したあずきさんの行動や旦那さんの反応。 





lei |  2008.03.22(土) 18:52 | URL |  【編集】

v-278どうやって今の店を探したのか早く知りたいなあv-410ワクワクv-278楽しみです!
お菓子や |  2008.03.22(土) 21:52 | URL |  【編集】

今日の日記を拝読するにあたり、やはり、神様は(私は信じる宗教はありません)課題を与えているんだと思うほかありません。
与えられた課題を解決せずに目の前にあることから逃げようとしても、同じ課題が降りかかる。

あずきさんは、課題を解決したんですね。

で、新しい課題は何でしょうか?

これまた続きが気になります。
みちい |  2008.03.22(土) 22:08 | URL |  【編集】

1年後、私のあの友達も こういう風に思えるんでしょうか。
まだ友達は「開眼」する前で もがきながら生きていますから。

旦那さんの夢と、自分の人生の方向性がもしもズレたら、
私はあずきはんのように言ってあげられるのか自信がないです。
人と共に歩いていく事って、本当に難しい事だと、思います。
ささいな事でさえ、歩み寄る事や許しあう事って大変なんですもん。
まだまだ甘っちょろい、はちみつですから~。

はちみつココア |  2008.03.23(日) 02:37 | URL |  【編集】

神様に愛されてる、あずきさん

まぁ、なんてワタシの人生とそっくりなんでしょ、ってびっくりv-363mimiさんと正反対ですな・・・v-414

ワタシの場合は夫の判断(ハッチーさんの言う「自分の方向性とはまったく違う」にもかかわらず)について来たというだけですが、自分でもよく振りおとされずにつかまってんな、と思います。

その点、自分の判断で道を切り開いたアズキさんはエライ!ツオイ!v-91

それにアズキさんは神様に愛されてます!v-282
Hさんを、アズキさんを開眼させるためにおくってっくれてるんですからv-360

『嵐が来ない海などない』のことばにウルッときました・・・v-395
ホントにその通り。
嵐が大きいほどそれが去ったあとの喜びと感謝は大きいですよね。

一つの長くて大きな嵐が去ったあとの今は毎日感謝の気持ちでいっぱいで夫婦がともにいられることがとても嬉しい毎日です。e-420

そこまで成長されたあずきさん、そしてそのあずきさんに支えられてる旦那さまが成功しないわけありませんわねv-218

いつかお店に伺いた~~いe-266

あきこ |  2008.03.23(日) 08:14 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

mimiさん
>>充分に良い絵が描けていると思いますよ。

あ、ありがとうございますe-330
今日みたいな絵でも大丈夫なんですか?!
絶対、誰かからツッコミが入ると思ったんですが・・・。(笑)
皆さん、ホントに慣れてきたみたいですね~。

leiさん
leiさんにとっての、その言葉のように、Hさんに言われたことは
一生ワタシの中で生きると思います。
今までいろんなトラブルに見舞われても、同情してもらえることが多くて
自分の中にある弱さに気付かずにいました。
昨日もHさんにビールご馳走になっちゃった。
Hさん、大好きだわっe-266

お菓子やサン
店探しの話ですか? 
経験ない人にとっては興味深いかも知れませんね。

じき出てきますので、また感想を聞かせてください。

みちいサン
ワタシも無宗教ですが、しょっちゅう「神様ありがとう」とか「神様の思し召し」
って使ってますよね。

本当に、よくそう思うんです。
昔はそう思わなかったシュチュエーションでも、今はそう思うようになりました。

はっちーさん
はっちーの友だちにも、いつか転機が訪れます。
どんな判断をするのか分かりませんが、自分の人生には責任を持ってほしいな。
「誰かのために、こうなった」と恨み事を言うのは、つまらないと思う。
たとえ失敗することがあっても、「自分はこの道を選んだのだ」と言って欲しいです。

あきこサン
ワタシとあきこサンでは、スケールが違い過ぎるので恐縮です。
でも、あきこサンのコメントを読むと、いつも元気をもらえます。
分かってもらえてるのかな?って。

一緒に飲んだら、話は尽きないでしょうね~。(笑)
あずき |  2008.03.23(日) 12:31 | URL |  【編集】

そのとおり。

ワタシの人生ってとても大きなタイトルのようですが、
まさに、その通りなんですね。
ワタシもそのとおり。としかタイトルつけられませんでした。
というか、「アナタの人生」もその通り。と語りかけてくるようです。

逃げて、その時は一時楽になっても
やがて次にもっと大きな波がやってきました。
相手のあることは、相手を振り切ったとしても、
逃げた「自分」からは逃げられない。

人生は苦しいことの連続のようですが、
どうしてどうして。。
逃げをやめて、心をニュートラルにして、
目の前のことをただ受け入れる。と、あら不思議。。
訳もなく涙が流れるような感動と感謝の気持ちが満ちてきます。
でも、そんなことはまだときたま。
ワタシもまだまだ修行が足りませ~ん。

Hさんの厳しいコトバも否定せず受け入れるあずきさんだから、
次の一段高いステージに立てたのですね。

※やっぱり、女将ヒストリー、いいですね!
新しい読者の方も引き込まれていると思います。
きらりん |  2010.06.20(日) 13:52 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.06.21(月) 00:49 |  |  【編集】

素晴らしいです

はじめまして

以前から読ませていただいてました。
女将さんヒストリーを改めて初めから読ませて
もらって、感動しました。
自営業の奥さんは、旦那さま次第のところがあって
どこまで口を出していいのか、悩みますね。

大変な修業をされていると思います。
大いに励まされました!
これからも応援してます。
ワタル |  2010.06.22(火) 10:41 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きらりんサン
毎回コメントいただき、ありがとうございます。
ワタシのような若輩者が書くには、生意気な内容なのですが・・・
>>逃げた「自分」からは逃げられない。
ええ。そうですよね~・・・・
本当に本当に、そうだと思うのですよ。

鍵コメさん
メールで返信したいと思っているので、
もしよければ、今、連絡の取れるアドレスを教えてください。

ワタルさん
改めて最初から読んでいただけたそうで
どうも、ありがとうございます。
ワタシの経験など、ちっぽけな話ですが
ワタルさんが、ここから何かを感じていただけたのなら、
この先も、頑張って書き続けたいと思っています。

あずき |  2010.06.22(火) 23:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/313-182df650

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

« ひとり休み | HOME | 開眼 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。