2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.03.03 (Mon)

社長との思い出

昨日、読者の方に教えてもらったお菓子を紹介したら、その方から逆にお礼を言われてしまいました。
いえいえ、こちらこそ有難うございます。

で、そのやり取りから、あることを思い出しました。
とてもお世話になった社長さんとのエピソードです。

今、「女将ヒストリー」 が差し掛かっているあたり、開店6年後くらいですが、
当時うちの店はえらいことになっていました。
まあハッキリ言って、精神的にも経営的にもスレスレの状態だったんですが、
捨てる神あれば拾う神あり。

当時の私たちを、救ってくださったお客さんがいます。
70代のご夫婦で、不動産関係のお仕事を営んでおられる方でした。

ある方の紹介でいらしたのですが、初回から いたく気に入ったご様子。
事務所が近くにあったこともあり、その日以来、足しげく通っていただきました。

社長は芸術全般に造詣が深く、食べ物に関してもとてもお詳しい。
いつも、いろんなお話をして下さり、いろんなことを教えていただきました。

まだ、知りあって間もない頃、社長が
「わしら、あんまり毎日のように来るから、正直ビックリしてるやろ?」
と言われました。

ええ、たしかに・・・。
当時彼らは、週に4日くらいのペースでいらっしゃってましたので、嬉しい反面、
「どーいうこと ?! 」と思っていました。

このご夫婦は、割と好みがハッキリしていまして、ダメとなると、とことんダメなのだそうです。 が、逆にいったん気に入るとトコトンというタイプ。

他にも超気に入っている店があり、1時間弱電車を乗り継いででも、しょっちゅう食べに行くのだと言います。
それも毎回同じコースを食べるらしく、奥さんの方は少々あきれているのですが、社長は全く平気なのだとか。
そのお店のことを、詳しく教えていただきました。

2~3日後、たまたま店が定休日だったので、
「このあいだ教えてもらった店に行ってみよう」 ということになりました。

私たちにとっては、駅までバス、そこから電車+地下鉄なので、そこそこ遠出です。
でも、単純に、「社長が、そんなに気に入ってるお料理なら、一度食べてみたい」
と思い、どちらからともなく誘いました。

店は混んでおり、予約もなく行ったので、しばらく待つことに。
しばらくボ~っと待っていたのですが、奥の方から聞きなれた声がします。

「あ、社長だ! L(・o・)」 」

偶然というのは恐ろしいもの。 
なんと、社長夫妻が食事を終え、お帰りになるところでした。

「(・ 0 ・) おや、まあまあ・・・」

あちらはあちらで大層ビックリした様子。
なんだかすごく感激しておられ、私たちが帰るときには、お土産まで手配してくれていました。

お互いが、「うわっ、本当に来てる! (〃∇〃)σ」 と思い、
その後も 「すごい偶然だったね」 と、時おり話題になりました。


そのご夫婦には本当に良くしていただきました。
映画館の優待券も毎回届けてくださいますし、立ち退き問題に関しても、随分ご尽力いただきました。



今、すべて過去形なのは、昨年末、社長がお亡くなりになったからです。

その後ガンが再発し、無認可の薬を含め、あらゆる治療をなさってきましたが、長年の闘病の末、ついに息をひきとられました。

病気と闘う姿を含め、私たちは本当に多くのものを、この人から学びました。


年が明けて、ご自宅に改めてお参りに伺ったのですが、その時奥さんが
教えてくれました。
生前、ご主人はこう言ってくれていたそうです。

「あの子たちには、本当に成功して欲しいんや・・・」




亡くなるわずか半月前、病院の個室から
「おたくのシメサバが食べたい」 と、電話をいただき
奥さんが、わざわざタクシーで取りにいらっしゃいました。



それが、最後の思い出です。









社長は、私たちにとって、忘れられない人です。 



バナー
  ↑
ランキングに参加しています。 最近話が長いので、ここまで辿りつけるでしょうか?
12:07  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

うるる~。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

なんちゅ~ええ話でしょうか。

やっぱりね。
見てる方はちゃんとご覧になっているってコトですね。

そして『お客様に選ばれる』と言うのは、最高の醍醐味ですよね。
店の味も人の味があってこその「味わい」。
素晴らしいと思います。
kuririn |  2008.03.03(月) 12:55 | URL |  【編集】

・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・
記事読みながら思わず泣けちゃいましたー。
社長さんみたいな人にこそ、うーんと長生きして欲しかったですね。

そして、ご主人とあずきさんが誠実な商売をしているからこその出会いですよね。
kuririnさんの言う通り、見てる方はちゃーんと見ていて下さるのよ。
そして、きっと神様も見ていてくれるから、因業大家には天罰が下るのよぉーーーっ\(≧0≦)/

ってか、天罰下してやってっe-262
きゅー |  2008.03.03(月) 15:21 | URL |  【編集】

・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・
↑お約束?(笑)
あずきさんと旦那様のお店は、そんな良い方がご贔屓さんでいらっしゃるなんて、素敵なお店なんですね♪
これからも、きっと大丈夫★

「ツンデレ」ようやく意味がわかりました。utaさん、ありがとうございます。
あのね、前にも書いた通り、ちょっと家庭の事情で、最近、コメントするブログの数が2、3個ぐらいに減ってます。自分のブログの更新も息子の勉強見る間に書いてます。あずき日記は、毎日1番に覗くブログで、今コメしてる数少ないブログです。「つれモナ」でもファッジさんところでも見かけないでしょ?
短くてごめんね。全然、「ツンデレ」ではないから。大阪行ったとき、必死に携帯からコメしてたんだから(苦笑)
でもね、たくさん読者が増えてきたので、私が頑張って書かなくてもいいかな?と、ちょっと脱力気味では、あったかも?ちょっと今、心に余裕がありません。ごめんなさいね。
mimi |  2008.03.03(月) 16:23 | URL |  【編集】

いいお話ですね。

やはり、みてる人はみてるんですよ。
それも、人と人が出会うにはタイミングがあるんでしょうね。
その社長さんの死は残念ですが、きっとどなたかにバトンを渡されていると思いますよ。
みちい |  2008.03.03(月) 19:49 | URL |  【編集】

・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・
↑真似。

あたしゃ最近、涙もろいんですよ。
あずきはんの記事で、何回かウルルンですよ。
ヽ(´一`)/ あずきはんの思うツボ。

 
その社長さま、とっても暖かい人だったんですね。
そうやって、若い頑張ってる人をそっと支えてくれて、
心遣いをくれる人。
そういう、暖かい人になりたいと、心から思います。

イイ出会いは、宝物ですね。
はちみつココア |  2008.03.03(月) 22:50 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

kuririnさん
はい。 商売をやっていると、ツライこともある反面、
素晴らしい出会いもあります。

>>『お客様に選ばれる』と言うのは、最高の醍醐味ですよね
まさに、その通りです。
それがあるから、この仕事をやり続けていけるんだと思います。

きゅーさん
このご夫妻は、いろんな意味で稀有な人でした。
自分の物差しというのがキッチリあって、他人に左右されない強さが
ありましたね。
すごくすごく勉強になりました。
出会えたことに、感謝しています。

mimiさん
なるほど、なるほど。
もはや「あずき日記。と愉快な仲間たち」みたくなっているので、
ちょっと様子が変だと、気になっちゃいましてね。

mimiさんが来てくれた方が嬉しいけど、あまりプレッシャーに
感じないで下さい。
たとえコメント0でも、あずき負けませんから!(笑)

みちいサン
ホントにそうなんですよ。
あの時期は社長がいたお陰で持ち堪えましたが、今は社長に代わる
お客さんに可愛がっていただいてます。

綱渡りのような人生ですが、いつも誰かに助けてもらえるのです。

はっちーサン
ええ、そーしてちょうだい。
はっちーが暖かい人になってくれることを、あたしゃ心から望みますよ。
(-_-)シミジミ

ちなみに「あずき日記。」は、笑いあり涙あり、スリルとサスペンスのブログです。
今後とも乞うご期待。


あずき |  2008.03.04(火) 01:04 | URL |  【編集】

・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・
↑出遅れマネ

贔屓にしてくれるお客さんがいるから辞められないというのは、たしかにありますよね。そのおかげで、頑張れる!みたいな。うちは、あずきサンとこみたいにお客さんとの会話はほとんどナイけど、でも常連さんが長いこと来店されないと、気になります。
その社長さん、本当にあったかい人ですね。そして、その社長さんに可愛がって貰えるあずきサンご夫婦もやっぱり誠実であったかいv-278
きっと、空の上から今でも見守ってくれてるんでしょうねv-353
ゆきこん |  2008.03.04(火) 11:24 | URL |  【編集】

ほ~んと、月並みですが良いお話ですね。なじみのお客さんが亡くなってしまうって本当に寂しいですね。
uta |  2008.03.04(火) 12:09 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ゆきこんサン
            ・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・
(´屮`)σプッ  >>出遅れマネ
ったく、ここの常連コメンテーターは、みんな、おっかしーね。

ゆきこんサンとこも、これからいろんなドラマがあるよ。
いい話があったら、お聞かせください。

utaさん
月並みな話でスイマセン。

ヾノ;・`д・´)チャウチャウ! 
「月並みなコメントで・・」ってことですよね?

・・・・・そーだといいなぁe-263
あずき |  2008.03.04(火) 12:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/293-d759acd4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。