2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.22 (Sun)

こちらの事情

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第16回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

はじめに申し上げておきますが
ワタシ、世の中の揉め事というのは、基本 ”お互いさま” だと思っています。 
ですからね、
ワタシは何も、自分たちが全て正しいとは思っていないのですよ。

だって、そもそも契約する段階で、こちらが色々なことを、キチンと確認していなかった。
これが諸悪の根源です。
本来ならば、「あれ? なんかおかしい」
そう思った時点で、しっかり問いただすべきだったのに・・・・。

実は、後から聞き、驚いたのですが
大家さんとの間には、契約当日にも、あるトラブルがありました。
あらかじめ聞いていた家賃と契約書の家賃とが、違っていたらしいのです。

それまでは○万円と言っていたのに、見せられた契約書には、○万五千円

ハッ!


金額的にはわずかですが、フツーそんなの、あり得ないハナシですよね。

s-あずきは~ (2)


そもそも、最初、彼に声をかけて来た時は、本当に破格と言っていい金額でした。
なので大将も含め、その話は”大家さんの好意”と受け取ったのです。

しかし、いざ具体的な話になった途端、大家さんは前言を撤回。

「あれは酔った勢い」 と言い出し

大家さん 拒否 否定 ダメ

その時点で 家賃は倍 になっていたのです。


ですから本来なら、もうこの時点で、やめておくべき。
けれどアノ人は、それを言い出せず、そのまま話を進めてしまった。

で。それが実際ハンコを押す段になってみたら、さらに上乗せじゃない?
てことは、もう完全に、彼がナメられているとしか考えられませんよね。

なので、もしワタシだったら、その時点で、話を白紙に戻します。
だって、そういう相手では、先々信用できませんから。

けど、旦那さんの場合は・・・・・

そういうことを言えない人なのですよ。
同席していた大将は 「話が違う」 と言ってくれたそうなのに・・・。

彼は 「今さら5千円くらいでグダグダ言えない」 と思ったのか
結局 、契約書にハンコを押してしまった。


つまり アノ人って・・・・

信じられないくらいの世間知らず。

くやしい 地団駄

お人好しにも程があります。


ですから、今さら 「こんなハズじゃなかった・・・」 と言っても遅いのです。
私たちのしたことは、ある意味 「自業自得」 ・・・。


ただね・・・
大家さんの方に、もう少し
自分以外の人間を思いやる気持ちがあれば・・・
という気持ちはあります。

だって、そもそも、何故こんな欠陥だらけのビルを、人に貸したんでしょう。
ましてや、自分の知っている人間に・・・・。

いちおう借金は、ようやく返し終えたところでしたが
それだって、決して儲かって返したわけじゃありません。 
ワタシのパート代も足して、やっとの思いで完済したのです。

それに、いくら古いビルとはいえ、全面改装してからは、まだ6年。
ですから、店の中は充分使える状態です。
けれど、新しいところへ移った場合は
この店を、そのまま持っていける訳ではありませんよね。
内装的な部分は、ほとんど全て捨てて行くのですから、また数百万単位のお金が必要。
つまり、また一からやり直しです。

だけど、大家さんは、そのことについて、こう言いました。

「このビルが古いことは、誰が見ても一目瞭然。 
悪いけど、金をかけて改装したといっても、それはおたくらの判断ミスでしょう。 
そんなこと言われたって、こちらの知ったことじゃない」

エラソーな大家さん


たしかにそうなのかも知れません。
けど、この話は、そもそもアナタが、こう言ったからでしょう?
「○○君がやるのなら、別に儲けなしで構わない」って。
ワタシは情けなくて、声も出ませんでした。

もしワタシがアナタの立場だったら、将来ある若者に、そんな話は持って行きません。
でも、もし、”とりあえずの足がかり” として貸してあげるとしたら・・・

少なくとも改装の時点で、なんらかの助言をしてあげるでしょう。
ここでは何年やれるか判らないから、そのつもりで始めた方がいいよ、と・・・。


う~~ん・・・・

う~ん困る考える

ワタシの感覚がおかしいのでしょうかねぇ?



つまり、私らの ”将来” とか”夢”とか。
そんなものは、大家さんにとって、何の意味もないことだったんですよ。
全くの他人でない分、余計心が傷つきました。


てか、そもそも下水のことなんて、うちらと関係ない話じゃないですか?
”それはそれ、これはこれ” という問題なのに・・・・

あちらは何もかも一緒くたにして、全部私たちにぶつけようとしてくる。
だいたい、そこからしておかしいのです。
下水の費用を負担したくないばっかりに、うちらを出ていかせようとするなんて・・・・
考えてみたら、とんでもない話ですよね?

それに、急に出て行けと言われても、丁度良い物件が見つかるという保証はありません。
適当な場所で適当な広さで適当な家賃の物件なんて・・・・
おいそれとは、見つかる筈がないのです。

それに、ここでは、ある程度常連さんもついたけれど
場所を移ったら、この先はどうなることか。

つまり移転したものの、それが引き金となり、店を閉めるケースだってあるのです。
もし、そうなったら、うちらに残るのは借金だけ。

ねぇ大家さん

オタクそうなったら

うちらに責任取れるんですか?












てか


一体コレってなんやねんな。




私たちは何のために、あんな思いをしてきたのか・・・。



あずきウルッ(2)

















ああ


いっそ、すべてを投げ出してしまいたい。



s-あずき投げつける



ワタシはあの時


そんな気持ちになっていました。




(※なお、この記事は、2008年2月の記事に、加筆・修正したものです)




バナー祈り

★人気ブログランキングへ投票★

励まして下さる方は、ぜひクリック(;人;) オ・ネ・ガ・イ☆
13:34  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

う~~~ん・・・。
確かに、契約書を交わす段階で色んな事をシッカリ確認しておけば・・・って事なんでしょうが、ナカナカそうはいかない事もありますよね。
特に顔見知りだったりしたら、余計に言いたい事も言えないって場合もあるし。
でも、ホント、そんな顔見知りに、しかーも前途ある若いモンに親切面して欠陥ビル押しつけるなんてっe-282e-282
そんな大家、地獄に堕ちてしまえばイイのよっ(`・・´)=3
絶対ろくな死に方しないわよっe-462

何事も経験とは言いますが、随分と痛い辛すぎる経験値になっちゃいましたね。
これからのあずきさんとご主人にステキな出会いが沢山あります様に・・・e-420
きゅー |  2008.02.27(水) 16:23 | URL |  【編集】

なんか…言葉が出ない…。
世の中って、たくさん騙す人がいると思うのよね。でも、ずるい事してる人には、必ず天罰が下るように感じています。苦労した人には、必ず恩恵があると感じます。
だから、悔しがらずに、教訓として、これからに活かせばいいと思う。
よく我慢したよね。偉いよ。
mimi |  2008.02.27(水) 17:28 | URL |  【編集】

ええっーv-12契約の段階で、手引いて下さい。・・・お願いですダンナサンv-237色々しがらみがあったのでしょうが。大家は・・店子は・・なんて関係望んでませんね あちらは。。。。 
そんなこんなの間、あずきさんとダンナサンとの関係は、どんなだったのでしょう・・・ダンナさんに対する想いは・・・すべてを投げ出さなかったあずきさん・・・あずきさんの勝ち。
yapopon |  2008.02.27(水) 18:03 | URL |  【編集】

・・・・絶句です。
ナンちゅー大家!!

当初の契約時に、あずきさんがノータッチだったことが、つくづく悔やまれます。

あずきさんの悔しさを思うだけで、
わたしの長いハラワタが煮えくり返りますヾ(*`д´*)ノ

普段、大概のことにはガタガタ言わない派の私です。
しかし、こーゆー理不尽なコトだけは、絶対に許せないし、許さない!!

そうした事を乗り越え、今日までお2人で本当によく頑張って来られました。
本当に立派です。

>>ワタシの感覚がおかしいでしょうか?

私は支持します。“ポチ!”
kuririn |  2008.02.27(水) 18:10 | URL |  【編集】

返済おめでとう!!!

あずきサン、エライ!!e-267
返済大変でしたね、アナタはホントに良くやった!!!e-420
お二人の年月はぜんぜん無駄になってませんわよ。
それが蓄積になってすっばらしいオーナーになってゆくんですもの。
きっと今はそれも乗り越え成長されてらっしゃるんでしょうね。
だからこそのあの中華レストランネタの愛あるブログが出来るんですよね。e-266
天国の海 |  2008.02.27(水) 19:08 | URL |  【編集】

痛い! このダメージから抜け出されたのでしょうか?
でなければ、今がないですよね?

やっぱり酒の席の話は信用できないものなんですね。

この大家さんはイイカモにされたんですよね。

多分条件の良い物件でも、いろんなことを言って売上の恩恵を自身が受けようとしたと思いますよ。寄生しようとしたんでしょう。

他人の努力を恩着せがましくオンに着せたがる人も、世の中少なくないです。
例え上手く行っていても本当のことは自身の胸の内に留めておかないと、世の中、見た目で良い人でも腹黒い人多いもんです。


みちい |  2008.02.27(水) 22:31 | URL |  【編集】

なんだか。
悔しーーーッ!!・・・とか、
ムカつくーーーーーッ!!!・・・・とか、
そういう事を通り越して、
わたくし、悲しくなってしまいました・・・・。(; ;)

大家のヤロ~にムカつくぜ、こいつ(`ロ´#)凸って読んでたのに、
途中から、悲しくて悲しくて・・・。(; ;)

あずきはんが身内のような気持ちになって、
とってもとっても耐えれましぇんッ!
°。ヽ(`へ´)/°。

親が自営で苦労して育ててくれたので、
自営の人にそういう仕打ちをする、
そんな心無い人、許せないッ!
あずきはん・・・・。
それでも旦那サンについていったあずきはん・・・。
ステキっす!! o(`_´)
はちみつココア |  2008.02.27(水) 22:49 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きゅーさん
う~~ん、ホントに甘かったですねe-263
タイムマシンがあったら、ワタシがバ~~ッと契約書奪って、
ビリビリにしてやりたいです。

きゅーさん、かな~り大家に怒ってますね。 
(´∀`)ゞぁざーすっ♪

mimiさん
私ら夫婦って、多分ものすっごい我慢強いです。(笑)

自分でも、「いまどき、こんな人おらんよな」と思うことがありますもん。

yapoponさん
おっ、なかなか鋭いご指摘。 m9( ´,_ゝ`)

これから、あずきサン夫婦はどーなっちゃうんでしょうかね~?
今のとこ、旦那さんは投げ出されてませんが・・・。

kuririnさん
たしかにkuririnさんは、ガタガタ言わなさそうだわ。

なのに・・・・
>わたしの長いハラワタが煮えくり返りますヾ(*`д´*)ノ

ゲラ ヾ●/|_ ゲラ  

ハラワタ長いんだぁ~~! めっさ、ウケました。 

akikoさん
ステキなハワイアンライフを送ってらっさる方に、こんな生臭~い
ハナシをお聞かせしてしまい、恐縮しております。

あ~あ・・・
akikoさんみたいに華のあるブログを書いてみたいっす(ノ_・、)

みちいサン
痛っ!
ホントにね・・・。
私らも痛かったですけど、読んでる皆さんも、痛々しくてたまらんでしょう。

それにしても、みちいサンって、めっさクールですね。
絶対「~だじょ」とか言いませんよね?(笑)

はっちーさん
おお、はっちー、相当あずきサンに感情移入してくださったわね。
なかなか泣かせる、いい感想文よ。

もしかしたら、いい人柄かも?
これからもこの路線で頼むわ。(‐∀‐)




あずき |  2008.02.28(木) 00:56 | URL |  【編集】

世の中には心の底から悪い人って、本当にいるんですねi-241人間じゃない、そんな人v-359
旦那さんとしては、顔見知りだし今更断れないという思い、人の良さが裏目にでてしまったんですね。私も似たトコあるから解ります。(今は随分強くなりましたけど)
開業したての頃、上手くいかず、慣れずに部屋に閉じこもって(当時はバイトサンが多かったから)訳も無く涙流してた時期がありましたが、あずきサンの話聞くと私のネガティブさってたいした事じゃないかも、とさえ思います。
でも、すべてを投げ出したい気持ちは、痛いほどわかりますぅ(TT0TT) ダーーッ
それでも旦那さんに付いて行ったあずきサン、尊敬しますv-353
ゆきこん |  2008.02.28(木) 11:23 | URL |  【編集】

>ゆきこんサン

いやいや・・・。
当時のワタシの心は、ドロドロのネチネチでしたから。(^_^; アハハ…
尊敬はしない方がいいよ。

でも、この時のワタシも本当のワタシだし、今みんなと面白がって
ブログやってるワタシも本当のワタシ。

先には何が待ってるか分からないから、お互い頑張りましょう。
あずき |  2008.02.28(木) 12:17 | URL |  【編集】

投げ出さなかったのは

何故だろう? と考えてみました。

それまでの2人(あるいは自分)の努力が無駄になるから?
そんなお人よしの旦那さんを放っておけないから?
とにかく、負けたくないから?

ワタシも時にはなにもかも投げ出したくなるときがあります。

でも、何かが自分を引きとめる。

夫婦、家族となった者には、遠い昔からの縁があるといいます。

旦那さん1人ではとうてい乗り越えられない難題を、
あずきさんがパートナーになって乗り越えることができて
今があるのですね。

とってもイタイ経験ですが、その後のことは
まだ続編があるのでしょうから、それを楽しみに読ませていただきます。
きらりん |  2009.11.22(日) 14:43 | URL |  【編集】

辛抱の一念でしたね。そして今 経験値もレベルも上がったあずきさんがいる。 つらいことを共に乗り越えるから 絆が強まるし 互いにやさしくなれますね。あずきさんの家族が みんな 暖かいわけがわかったわ。応援します。
やすこ |  2009.11.22(日) 15:22 | URL |  【編集】

そうねえ、いろんな人がいて、みんながみんないい人、良識持った人ってわけじゃないもんね。
でもそういう人の被害者になってみて、ほんっと、しんじらんない!あたしならそんなことぜったいしないのに!!っておもうよね。

確かにだんなさんがサインしたのはいけないけどさ、たぬきおやじ、かなり悪質だよね。立場上を利用して。これは相当な苦労ですよ。

あたしも投げ出したくなるっていうの、わかりますよ。もう、いっか、って。でもさ、あずきさんおっしゃってたとおり、この人のながーい修業の期間を0からやりなおしにさせるか、って、できないよね。なんとかふんばってかないと。でも、ほんっと、いまのとこに移ってよかったね。
はなこ |  2009.11.23(月) 04:45 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きらりんサン
う~ん、投げ出さなかったのは何故でしょうねぇ?
自分でも、よく分かりません。
でも、人は誰しも、そういう時があると思うのです。
そこで踏ん張れるかどうかが、その人の強さなんでしょうねぇ。
きらりんサンは、ワタシなんかより、ずっと強い人間だと思いますよ。

やすこさん
ええ。今うちの家族が、こうして仲良く暮らせているのは、いろんなことを一緒に乗り越えて来たからなのかな、と思います。
いろんなことがあった分、平凡な暮らしを大切に思えるんでしょうね。

はなこサン
この時は、たしかにツラかったけど、今になって思えば、いい勉強になりました。
本当に世の中には、いろんな考えの人がいますからね。
でも、そういうのを分かったうえで、やっぱ自分たちは納得出来るように生きたい。
この経験も自分たちにとって、意味があったのだと思いたいです。
あずき |  2009.11.24(火) 11:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/287-ff579f41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。