2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.21 (Sat)

あちらの言い分

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第15回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」


さて、前回、大家さんから、突然 ”立ち退き要求” があったわけですが、
なぜそんなことになったかを、一旦ここで整理してみましょうか。
とはいえ、けっこう入り組んだ事情なので、今日はまず、大家さん側の事情。
あそこに至るまでは案外長くて、時期としては、開業後6~7年目の出来事でした。

そもそもご本人は、もう定年間近のサラリーマン。
たまたま親から古いたビルを相続しただけなので、大家という自覚も、あまりありません。
けれど不動産なんて、持っているだけでは、税金分が自分の持ち出しですよね。
だけど、誰かに貸しておけば、多少の副収入が得られます。

そのビルは4階建てで、上は各階一戸ずつのアパートになっていました。
けれど、うちらがいた当時、入居していたのは、訳あり風の男性が一人だけ。

アパートとはいっても、風呂なしのボロボロです。
ですから、自分たちが借りようとは、とても思えないような部屋でしたね。
要するに大家さんは、”今ある状態で” 人に貸したいだけでした。

それに、どうやら、前の店子さん(寿司屋)は、夜逃げだったそうです。
ということは、おそらく家賃だって踏み倒されたんでしょう。

ですから、今思えば大家さんは、当時こんな感じだったんではないでしょうかね?


s-あずき考える (4)

では、ここから先は、大家さんの心の声です。

そういえば、あそこの店の若い衆に、なかなか独立出来ない奴がいたなぁ。
けど、ここの話を持っていけば、案外 「やる」 と言うかもしれない。
寿司屋の内装も残っていることだし、家賃さえ値打ちにしてやれば、飛びついて来るかも。
あそこの大将だって、いい加減独立させたい頃だろうから。

そうすれば、もうしばらく、このビルも使える。
とりあえず、うちは、貰えるものさえ貰えばいいんだから・・・・。

そんな感じで声を掛けたところ、一発で決めてくれた。
それも、ほぼ自分の思い通りの条件で。
やはり自分は、客であるという立場上、有利なのだ。

けど、うまくいったのは、そこまで。
あいつらに貸した途端、面倒なことが次々起こり始めた。

特に奴ら、最近は、雨漏りがどーのこーの、直せ直せとうるさいのだ。
おとなしいと思っていたアノ夫婦が、最近はワシに刃向って来る。

だから、あんまりクドいので、知り合いの業者に頼み、見積もりを書いてもらった。
それも、目いっぱいの400万で。
で、わざわざそれを見せて、「こんなにかかるから無理だ」 と説明してやったのに・・・

なんと、あの夫婦は、別の業者から50万の見積もりを取り、見せに来た。

「当座の修理だったら、これくらいで出来る筈です」 とか抜かして。

見積もり

ったく・・・

だれかに入れ知恵されたのだろうが、意外と面倒なことになって来たわい。

そりゃあ、それくらいで出来るのかも知れないが・・・
あんな店のためには、50万だって
投資したくない。
だって、今にも潰れそうな店じゃないか。
直したものの、やめて出ていかれては、うちとしちゃあ踏んだり蹴ったりだ。

それに、例の下水のことでも、隣が、かつてないほど騒ぎ始めた。
今までは耳の遠い婆さんだけだったから、煙に巻いてこれたけど・・・・
今回は、別居してる息子まで出て来たのだ。
あの様子だと、このままでは裁判にもなりかねない勢いだ。

けど、そうなったら、条件的には、うちが不利だろう。
結局今のままでは、うちも下水管の取り換えを せざるを得ない。
そうなれば、うちの負担分は100万。 
(-公-;)ウーン・・・・


だが、一生住み続ける隣の婆さんとは違い
うちは、このビルを建て替えるつもりなんてサラサラない。
だから、こんなビルのために、今さら100万払うなんて、とんでもない話だ。


だったら、そうか!この手がある。

大家さん なるほど

あの夫婦も上のおっさんも、この機会に出て行ってもらえばいいのだ。


そうすれば誰も使わないんだから、うちに下水は必要ない。
つまり下水管の100万も雨漏りの50万も、払う必要はなくなるのだ。

よっしゃ
この際、みんな出て行ってもらって、この建物自体を壊してしまえばいいのだ。
今さら余計な金を払うくらいなら、今が最高のタイミングだ。
遅かれ早かれ、いつかは壊すつもりだったんだから。
更地にして駐車場にでもした方が、この先、ずっと楽じゃないか。

とまあね・・・
彼的には、こんな思考回路だったのだと思います。

つまり大家さんは、いちばん金のかからない方法を考えたのですよ。
むしろ自分こそ、ヘンなことに巻き込まれた被害者だと思っていたのでしょう。


ほんじゃ、次回は、こちら側の事情です。

さ~て、思いの丈を吐き出しても、よろしいでしょうか・・・・・? 


(※なお、この記事は、2008年2月の記事に、加筆・修正したものです)



バナー鬼
★人気ブログランキングへ投票★

土曜日はマジでヤバいんですってば!
冗談抜きに、どうかクリックお願いします。
11:36  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

大家さんもピンキリなんですねぇ~(´△`)=3
きゅーが新婚から6年間入っていたアパートの大家さんは大当たりv-63だったって事かしら。
結露はもの凄かったし、原因不明の雨漏りで一部屋水没した事もあったけど、その都度大家さんはあっちこっち原因を探して手を打ってくれていたから。

色々と理不尽な目に遭って来たのねっ!?あずきさん。
いいわっ!
ここでどどーん!!と思いの丈をはき出して頂戴っe-420
きゅー |  2008.02.26(火) 12:37 | URL |  【編集】

500万の見積もりって!なんと腹黒い大家さん!
早いトコ裁判になっちゃえば良かったのに。なんて。そしたらあずきサンとこも巻き込まれちゃうのかな。

でも6年間も我慢してたんですか?気疲れしちゃいますよねぇ(>_<、)
これまでの思いの丈を、ドーンと吐き出しちゃってください(≧∇≦)b OK!
どんなに時間かかっても、ちゃんと読みますから☆なんてったって数少ない『女将ヒストリー』ファンですからっv-343
ゆきこん |  2008.02.26(火) 13:19 | URL |  【編集】

うちの場合は・・・外付けの給湯器で、
少々意見が合わなかったけど、
結局、うちらが店を閉める時・・・
1週間前に申し出て、何事もなく
受け入れてくれた。
おまけに、仲間内を呼び集めて、
飲み収めもしてくれた・・
とっても、良い 大家さんでした。
とんぼ |  2008.02.26(火) 14:29 | URL |  【編集】

続きが気になってましたσ(^◇^;)

で、一気に拝見しました~。

う~~~む(-""-;)
世の中そーゆーモンですか…。

次回『こちらの事情』。
待ってます♪(^^)
kuririn |  2008.02.26(火) 14:35 | URL |  【編集】

おお~ぅ。大家さんの腹黒い声が聞こえるわ~~。σ(‐ゞ)
↑のきゅーサンのような大家さんなら良かったんでしょうけど。
て言うか、きゅーサンとこみたいな大家さんなら、
最初からその物件を貸す前に下水問題改善されてたでしょうし。
そもそも大家さんがイイとこの物件って、キレイな状態でキープされてるとこが多くて、
空きも少ないんでしょうね。(‐ゞ)「
空いても、すぐうまったり。

この物件って、上の階はアパートか何かだったんですか??
他に入ってた人がいて、一緒に被害にあった人いたのかな~?
はちみつココア |  2008.02.26(火) 15:43 | URL |  【編集】

あちらの言い訳・・・って言ったて、貸りる事を勧めて来たのは大家よねv-236
店子と言えば子もどーぜん、大家と言えば親もどーぜん、・・・最後まで面倒みてよねえv-237
人間、お金がからむとそうなる、ってことかしら・・・・
この先気になるー
yapopon |  2008.02.26(火) 16:29 | URL |  【編集】

現実にあったこと??って思いたいくらいひど過ぎる!
あずきさんご苦労されたんですね。

愛読書と化している感じの
あずき日記。ですが
女将ヒストリーは長めでも苦になりませんから。というより長編でお願いしたいくらいです。
lei |  2008.02.26(火) 16:53 | URL |  【編集】

次回は山場?
楽しみにしています。
長いなんてことはないですよ。
これぞ「女将ヒストリー」です。

元サラリーマンなのに安易に飲食店だそうという人に読んでほしい。


みちい |  2008.02.26(火) 19:03 | URL |  【編集】

勉強になりますです

やったぁ、再開してる、女将ヒストリー!
キョーレツな大家さんですね・・・
よくぞ乗り越えられて・・・ウル・・v-395

同じビジネスオーナーの妻としては大変参考になります。
次回が楽しみ!v-354
天国の海 |  2008.02.26(火) 21:42 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きゅーさん
そりゃあ、いい大家さんでしたね。
てか、この大家さんが、かなりレアなケースなんだと思います。

きゅーさんの許可が出たので、心おきなく吐き出させていただきます。
覚悟しといて。

ゆきこんサン
実は、調べてみたら500万じゃなくて、修理費300万+塗装のやり直100万の
計400万でした。
あ、そんな細かいこと、どっちでもいいっすか?(笑)

まあ、こういう問題抱えながら商売続けてくのは、けっこうツライわね。
今思うと、よく頑張ったわ。 
えらいぞ、あずき。 ヽ(~-~(・_・ )ゝ

とんぼさん
>1週間前に申し出て、何事もなく受け入れてくれた。
  ↑
うちの大家さんなら、極悪人扱いされて、シバキあげられてます。
(ll∀)ァハハ-

いい大家さんで、うらやましいッス。

kuririnさん
世の中そーゆーモン ← この言い方が適当かどうかは分かりませんが、
利害関係が絡む双方の場合、同じことを書いても随分違う書き方になるでしょうね。

・・・・・そーゆーモンだと、思います。

はっちーさん
えーとですね、階上は一応貸部屋になってましたが、ボロボロでした。
日雇いのオジサンが一人だけ住んでいました。

その人も、まとまったお金がないらしく、引っ越せないので
ズルズル住んでた感じです。

うちらも含め、そんな賃借人はゴミみたいなものだったんでしょうな。

yapoponさん
私たちの感覚では、yapoponさんのおっしゃることが正論だと思います。
だから、納得できませんでした。

でも、悲しいかな、お金が絡むとこーなるのです。
ここに書いていることは、全部ホントのことですから・・・。

leiさん
書き方に多少ワタシの主観が入ってますが、内容的には本当のことです。

まあ、あちらとしては「悪意はない」と言うでしょうがね。

皆さんの反応が思いの外いいので、ビックリっす。

みちいサン
う~ん、山場でしょうか?
てか、山場って特にないかも。(笑)

あんま期待しないでください。(ヾノ・∀・`)

安易に飲食店出そうとしてる人 ← 具体的に居るんでしょうか?(笑)

akikoさん
ええ、昨日の中華の記事で、皆さんのガッカリ感が伝わって来たので
あっさり再開してしまいました。

彼のキャラは強烈です。
顔も、ものすごいド迫力でしたよ。 Σ(´Θ`ノlll)ノコワヒ・・
あずき |  2008.02.27(水) 00:56 | URL |  【編集】

大家さん、腹黒すぎ…。
なんか、あずき夫婦騙されて、可哀想…。
次の展開に期待!
mimi |  2008.02.27(水) 01:28 | URL |  【編集】

本当に大変だったね。今だから私達読者も「続きが気になる~」なんて楽しんで(?!)というか興味心身で読めるけれども本人達(あずきさんとご主人)はその頃は店を出して出費と借金と息もつけない状況だったんだろうね。ご苦労様!よかったね、今はいいところが見つかってさ。
あと、あずきさんの「住むところと仕事は別の場所」みたいな考え、わかりますよ。いい考えだと思います。一緒だったら落ち着かないよね。
uta |  2008.02.27(水) 08:32 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

mimiさん
ええ、腹黒感いっぱいの描写ですもんね。(笑)

基本的に性善説を信じてるんですが、やっぱうちらって「騙された」んでしょうかね?

まあ済んだことだから、いっか・・・。ε-( ̄。 ̄;)フゥ

utaさん
ァハハ・・(^д^;)
結末が分かっているから安心ですよね。

リアルタイムで書いていたら、ちょっと読むに堪えないでしょう。
シズル感 ドロドロ感あり過です。



あずき |  2008.02.27(水) 09:36 | URL |  【編集】

大家ってさ、自分がすんでないとこだったりすると、なーんもしないよね。ってか大家がすんでりゃすんでるで、またうるさいことこのうえなかったりもするんだけどさ。

うちんとこのほんとの大家さん、つまりうちんとこの建物もってる持ち主さんはだれか知らないんですよ。こっちでは、けっこうあることなんだけど、ネットリースで建物のすべてをかしてるんですよ、何十年ってかんじのスパンで。ほら、建物の持ち主は、店子の管理なんかしたくないわけですよ、めんどいから。そんで、建物全体を貸す、そんで借りた人ってのが、大家。その大家さんからウチはかりてるんです。すんげーややこしいでしょ。だからね、うちらが引っ越ししてきて、きれいにして、建物の価値あげても、なんともおもわないし、なんもなおしてくれなかったりして、ムキーってかんじあるの。それでも、ま、あずきさんの経験なさったかんじよか、ずいぶんとましだけどさ。

でも7年ぐらいよくがまんしたね。今のとこに移ってよかったですね。
はなこ |  2009.11.21(土) 11:56 | URL |  【編集】

貸してやってる、という意識が間違い。

農地もそうですけど、不動産も、
俺の物だからどうしようと、あるいは、何もしなくても勝手だ。
そのように思う人たちは、きっといつかしっぺ返しが来るのではないでしょうか。

労せずして受け継いだ不動産も、なにもしなければ、
相続税や、固定資産税を払うためにだんだん目減りしていく。。

それよりは、いただいたことに感謝し、
それを還元する形で人様の役に立たせていただこう。
そういう思いのある人の物件はきっと入居者も多く、
トラブルもないのではないでしょうか。

いつかTVで観ましたけど、普通の主婦(おばちゃん)だった人が購入した物件を、
自分できれいにして、貸して、また一つと増やしていって、
今ではものすごい数の部屋のオーナーになって、
それでも毎日、物件を回っては掃除したり、修理したりしているって。。
それが生きがいになっていて、とてもお元気で明るい人生を送っているのです。

あずきさんとこの大家さん、損得勘定しているつもりでも、
きっと、何か大きな損失をしているはずです。

「クリスマス・キャロル」のスクルージ。
いつもこのキャラクターが思い浮かぶんです、こういう人の話では。
きらりん |  2009.11.21(土) 14:37 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はなこサン
例えば、うちが不動産屋さんから借りてたら、こんなことにはならなかったのです。
つまり、もっとビジネスライクに話が進んだと思います。
ただ、個人的な繋がりがあったから、ややこしかった。
人間関係って、壊れると、いろんな人を巻き込む場合もありますからね・・・。

きらりんサン
ああ、そのオバちゃんは、ワタシもテレビで見ました。
他の大家さんも、あれくらい働きゃあいいのにね。
おそらく、どーせヒマなんだから・・・。
楽して儲けようとするから、いけないんですよ。
やっぱ、神さまって、見ていると思うもの。
あずき |  2009.11.22(日) 13:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/286-cc5ef36d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。