2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.27 (Sun)

待ち人来らず

昨日、うちの店内は重苦しいムードに包まれました。

2組のコース料理の予約がありましてね、それが同じ時間のスタートだと思ってたんです。
あ、「思ってた」 というのはですね、実は1組については時間を聞いてなかったんですよ。 けど、まあ多分そうやろ、と。

「ハニャ(・´△`・)ξ?? あずきさんとこ、時間も聞かずに予約とるの?」

はい、オタクの疑問はもっともです。
が、聞いてないもんは仕方ない。 たまにはそんなことも有るのだ。

もちろん電話で予約のときは、きちんと確認します。 顔と名前が一致しないお客さんの場合は、ケータイの番号まで控えちゃう。
ただ、常連さんの場合、そういうマニュアル的な対応がしにくい場合もありますの。

例えば、宴会の帰り際に 「おい、○日の土曜日、座敷空いてるか?」 などと聞かれ、その場で押さえていかれる場合。
その場で、人数や料理の内容など、大雑把にはお尋ねしますが、なにぶん酔っ払ってますし、タクシーを待たせていたりするので、どうしてもアバウトになりがち。 
先方が 「とりあえず予約」 というスタンスなので、問い詰めるのは野暮なのだ。
数週間先の予約だったりすると、「また今度 聞けばいっか」 とか 「きっと近くなったら電話もらえるやろ」 という甘えがあり、とりあえず受けてしまう。

で、今回のお客さんは、常連中の常連。 それもかなり堅い人。
人数や料理の内容など、時間以外のことはすっかり聞いていたので、全然心配してなかった。
(逆に、ものすっごい心配な人の場合は、前日確認のTELをする)

で、その人の土曜の予約は、いつもゴルフ帰りの早い時間なので、
「今回も、たぶんそーよね」 と、勝手に時間を想定してたのだ。



が、結果的に、そのお客さんは来なかった。 jumee☆Feel Depressed3


今回運が悪かったのは、もう1組の予約と合わせると十何人分のコース料理なので、段取り良く進めようとするあまり、仕上げの一歩手前まで仕込んでしまっていたこと。
生のままならまだしも、料理してしまったので、それが無駄になってしまった。

席を押さえていたため、当日お客さんを断ったことまで含めると、ダメージはおっきい。


「申し訳ありません、こちらのお席はご予約なんです」
6時の時点では、女将さんには自信があった。 
あれ? 今日は、ゴルフ違ったんやな・・・くらい。

が、7時を過ぎたあたりで、
「げ・・・  ( ‐д‐ ) もしや・・・・」 という気がしてきた。 

ちら、と横を見ると、旦那さんの表情からも、かなりの不安が読み取れる。 
下焼きしてしまった料理を、ジ~~~ッと見てるもの。

けど、お互い口に出せない。
なんとなく、不吉なことは口に出せんもんなのだ。



7時半頃、お互いに悟った。


ああ、来ない・・・。

今日の予約は、なかったのだ・・・・。 il|li(;-_-;)il|liドヨ~ン



後付けで分析すると、そのお客さんは、昨日の予約をしたものの、何かの事情で日にちや内容が変更になったんですな。 きっと。
気付けば、先週似たような (でも異なる) 宴会をしてました。
「A」 の予約を取り消して 「B」 の予約をすべきところ、「A」 のことをすっかり忘れて 「B」 の新規予約をしてしまったんですわ。

そのお客さんがあまりに常連であったため、起こった悲劇だす。
週に2回使ってもらうことも珍しくないので、特に違和感を感じなかった。


まあ、先週の時点で 「来週のお席ですけど、いつも通りのお時間でよろしかったですか?」 と、さりげな~く聞くべきでした。
そういう意味で、昨日の事故は女将さんに過失がありんす。

ただ、「下焼き」 はちょっと余計やったかな・・・? という負い目があるため、旦那さんの怒りの矛先が、こっちに向かわなかったことはラッキー。
お互いに、多くを口にせず、「次からは気をつけましょう・・・・」 と言い合っただけ。


正直言って似たようなことは、過去に何度か経験済みです。
そのたび現場は重苦しいムードに包まれ、深く反省。 llllllρ(   )lllll
が、忘れた頃に事故は起こる。
きっと悠久の昔から、どこの店でも、多かれ少なかれあることでしょう。

逆に、うちがWブッキングしてしまったことを思えば、ずっとマシだ。
そっち方向の失敗は、ずっと負い目を感じることだろう。

あずきサンは、そういう考え方。


さて本日は定休日ですんで、中途半端に料理された料理は、自宅のキッチンでフィニッシュを迎える。
嫁の手で仕上げがなされるので、何の商品価値もありませんわ。

嬉しいような悲しいような・・・・


とりあえず原価的には豪勢な夕げである。


バナーランキングに参加してます。(((( ´,,_ゝ`)))) σホラ、今日はコッチやで


15:15  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

そ、そりは…お客様の定期預金をマル優扱いにしないとイケナイのに分離課税で書換えして気付かずに帰しちゃったのと同じ位のダメージ??
(分かりづらいっすか?きゅーが信金に勤めていた時にやらかした失敗なんだけど…)
いやっ、お詫びの菓子折りと再度の書換えの手間で済んだ分あずきさんのダメージの方が大かな?
でも、宴会二つ分の食材って事は量・質共に勿体ない位贅沢ね~きっと ヾ(^-^;)
うーん、分けて欲しいわあ(; ̄_ ̄)=3
きゅー |  2008.01.27(日) 15:52 | URL |  【編集】

おぉ~・・・、あずきはん、ブル~なお気持ちだったでしょうねぇ、お察しします(‐ ‐)
お料理を出すお店はやはり、お料理は使いまわし出来ないものも多いってとこが、難点なんでしょうか。

わたくしも、完全予約制のドレスショップでしたので、お客さんが予約してても時間を守らないとか、ドタキャンするとかで、何度泣きを見たか、分かりませぬ。1組に、最低でも2時間はつきっきりですので、時間を守ってもらえないと、次のお客様に待っていただくことになったり、シーズン中はご飯抜きもざらでした。
お客様側は、何とも思ってないで遅刻やらドタキャンやら多い業界でしたので、(その証拠に、1~2時間遅れても謝る人はごく少数でした。)余計にストレスのモトでした。
「確認する」って、野暮な時もあるし、面倒な作業だけど、サービスを提供する側としては、やっぱりちゃんと把握したいものなんですよね^^;

今夜のディナー、楽しんでくださ~い^^

あ、「カテゴリー」、わたくしも、もっと記事が増えていくし、分かりやすく考えなくっちゃっ~~^^
はちみつココア |  2008.01.27(日) 15:58 | URL |  【編集】

そ、それは…なんだか哀しい…。

お仕事では、昼食、夕食と、上司の為に予約を取る側だったので、こちらから確認の電話をいれていましたね。いや、予約入ってないと困るから。個室なんて取らなければならない時もあるから。私はラッキーだったのかあまり急に変更なさる上司はいなかったので助かりましたが、急に気が変わる方が上司の方は大変そうでした。

お断りってしにくいですよね。旅行なんかは、キャンセル料取りますものね。キャンセル出したら、やっぱり気を使ってなるべく早めに次の席を用意してもらうようにしてましたね。でも、一度キャンセル出すと信用がなくなっちゃって…。

女将、確認電話は忘れずに!って私になんか云われたくないよね…。
美味しいもの食べて元気出してくださいね?
mimi |  2008.01.27(日) 17:43 | URL |  【編集】

そ、そりは痛いっすね…( iдi ) ハウー
材料もですが、入ってくるべきモンが入って来ないとなると…あぁ、あずきサンの心中、お察しします(>_<)

でも、ホントWブッキングよりはイイですよ☆
うちも出来上がった料理が一皿余ったりした時は『足りんよりもマシ』と思います(^.^)

複雑な気持ちでの夕食だったでしょうが、気を取り直してまた明日からお互い頑張りましょうp(#^∇°)q ファイトッ
ゆきこん |  2008.01.27(日) 20:05 | URL |  【編集】

ああ、そゆことありますね。
わかります。常連さんにありがちな、ね。
食べ物屋って、やっぱり食べ物が好きな人がやってるじゃないですか。だから、ナニが悲しいって、料理が食べてもらえないってのがねえ~…。

ウチはカフェの方は予約は一切とらないので、まあまあそこまで凹むようなことはないんですけど、
物販の方でね、常連さんから電話かかってきて
「こないだ見てたあのバッグ、取っといて下さい!」
って言われて取り置きしておいたら、3週間以上たっても取りにこなくて、
電話したら。
「あ、友達にプレゼントしようと思ったんだけど、聞いたら、いらないっていわれたんで~」
って軽く言われたことがありましたねえ~。
季節ものだとね~、キッツイ!。
お客サーン!キャンセルするなとは言わないから、早め早めに連絡プリーズ!
ワタナベリリコ |  2008.01.27(日) 22:12 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きゅーさん
すいません、比べづらいです・・・。(^-^;)
が、おそらくきゅーさんが思うほどのダメージではないです。
腐る食材抱えてる以上、いちいち凹んでられませんもの。
毎日がヤケッパチっす。

ちなみに予約は、ふたつともスッポかされた訳じゃないの。 
ひとつだけ、それもちっさい方。

はっちーさん
おお、はっちーも客商売のツラさ、分かってくれるのね?

実はロスったのは、珍しく肉です。
焼かなきゃ余裕で使いまわせただけに、ぐやじい気持ちです。
気持ち悪くなるほど、食い散らかしてやりましたわっ。(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・

mimiさん
ご心配おかけしました。 でも、全然平気よ。

たぶん皆さんには、理解しづらいと思います。 この業界・・・。
なかなかビジネスライクにいかないので、難しい面もあるんですよ。

基本、お客さんを信用するしかありません。
が、これからは出来るだけ、予防線を張るよう努力いたします。(p*`・ω・)q

ゆきこんサン
うう、励ましてくれてアリガトウ。
実はたいして落ち込んでませんから、大丈夫よ。
ワタシが知る限り、この業界、こんなことはよくありますんで。

お客さんからすっぽかされたことは、金の問題で済むからいいの。

こっち側の信用を失った場合は、いくら払っても取り返せませんもの。
お互い気を付けませう。

ワタナベリリコさん
この業界は、「女将、いつもの・・・」とか「女将、適当に見繕って・・・」
の世界なので、常連さんになればなるほど、ニュアンスだけで会話を進めます。

正直、意味がわからないっす。(笑)

まあ、そんな曖昧なことしてるので、こんなことも、ずっとついて回るんでしょうな。
な~んて、開き直ってるから、うちの店はヤバいんでしょうか?



あずき |  2008.01.27(日) 23:23 | URL |  【編集】

そ、その豪華な夕飯を食べたい。電話してくれたら主人と行くのに~。
uta |  2008.01.28(月) 00:26 | URL |  【編集】

>utaさん

(ブログには書くクセに)こういうことは恥なので、誰にも言いません。
当然、身内で揉み消します。

あずき |  2008.01.28(月) 08:20 | URL |  【編集】

うちもあったなぁ・・・
『○時頃に、○人で来ます』って、
店に来て言ってったくせに、来ない。
うちそんなに大人数の席が用意できるつくりじゃなかったんで、
テーブル確保したら、後入れる人数ってささやかなもの・・・・
何組、お断りしたか・・・
初めは凹んでたけど、後から聞いた話で、
結構そうやってあちこち荒らしてるグループだってことが判明。
腹立って仕方なかった。
( ̄ヘ ̄)
とんぼ |  2008.01.28(月) 16:30 | URL |  【編集】

>とんぼサン

あら、そんな方いらっさるの? Σr(‘Д‘n)
ご立腹も、もっともだす。

幸いうちの場合は、悪意のある「すっぽかし」は1度もないです。
空白の1日を除けば、どなたも長いお付き合いの、上客さんですから。
ただ、酔ってる時にした予約だけは、マークが必要・・・。
あずき |  2008.01.29(火) 00:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/250-5ec32386

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。