2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.31 (Sat)

本の世界へ

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第10回。 
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

さて・・・・
一般的に、どのお店でも、お客さんの入りには ”波” があります。
営業している間、切れ間なくいらっしゃる、というワケではありません。
特にうちの場合は、一日当たりの人数も知れているので・・・・
正直 ”ひとりもいない” という時間帯も、けっこうあるのですよ。

けれど最初の店では、どこに居ようと、お客さんから丸見え。
店の人が休めるような場所は、一か所もありません。
ですから、いくら疲れていても、横になることは不可能。
もちろん、家に帰るワケにもいきません。
家に帰れば、片づけたい家事は山ほどあるのに・・・・・
とりあえず営業中は、持ち場を離れることは出来ないのですよ。

ワタシは、前の店にいる間、殆どこういう状況下に置かれていました。
つまり、常にスタンバってはいるものの、お客さんが来なければ出る幕はない、という。

もちろんパートしていた店でも、こういうことはありましたよ。
けど、そういう時は、紙ナフキンを畳んだり、細かなとこを掃除したり・・・・
とりあえず店主に向け、”仕事してます” というアピールをしてた。
時給を貰っている以上は、やっぱ働いていないとマズイでしょうから。

けど、自分の店では、別にアピールする必要もない。
てか、半日も店に居るのですから、そんなこと、いつだって出来るしね・・・。
しかも最初の店では、”雰囲気に合わない” という理由で、テレビも置いていませんでした。


さて、こういう状況のなか

オタクだったら、その時間を どう過ごしますか?


は~ん




あ、いえね



極めてノーマルな答えで、アレなんですけど・・・・




ワタシの場合は、本を読んでいました。


あずき読書


来る日も来る日も、ほぼ毎日のように・・・・。


本なら、場所もとらないし、音もしませんしね。
お客さんが来たら、すぐやめられますから、一番都合がいいのです。

それにワタシは、もともと本を読むのが好きでしたから。 
逆に 「眠くなってしまう」 という、旦那さんのようなタイプではありません。

けれど店をやるまでは、好きとはいえ、通勤電車の中で読むくらい。
だいたい、月に2~3冊のペースでした。
ですが店を始めてからは、悲しいかな、潰す時間は山ほどあります。
けど逆に、今度は、それに見合うだけの 本を買うお金がないのですよ。


ある意味これは、神さまの 「おぼしめし」 だと思ってるんですけどね。

貧しい我が家に対し、神さまはお慈悲を下さったのですよ。


神さま


それは、近所にあった 図書館 の存在。


図書館 小


うちの店は、市立図書館のすぐ近くだったのです。



シーンとした店内で、お客さんを待ってる時って、どうしてもネガティブになんですよね。

不思議と今では、「ああ、今日はアカンな」 くらいの感覚で、開き直れるのですが・・・・
当時は店がヒマだと 「今日も明日も、ずっとヒマ」 なように思いました。

そして何もせずボ~ッとしていると、考えるのは、こんなことばかり。


「ああ、せっかく仕入れた魚が、また無駄になってしまう~!」

あ~ん悔しい

な~んて。


けど、そんなことばかりを考えてると、店の雰囲気まで暗くなってきます。
なのでワタシは、現実を見つめないよう、もっぱら本の世界に逃避していました。

店を始めてからのワタシは、本当に沢山の本を読みました。
当時はパソコンを持ってなかったので、気になることは、すぐに実用書を借りて調べましたし。

けど、やはり一番読んだのは、小説・エッセイの類でしょうか。
とはいえ、思わず手に取る本というのは、やはりその時の自分を反映するみたいでしてね。
当時は割と、重い内容の本を好んで読んでいました。
三浦綾子さんとか山崎豊子さんのような重厚な作品は、この頃、ほぼ全部読破したのです。 

他にも当時読んでいたのは、どちらかというと、時代背景がちょっと昔の作品。 
現代小説でよく描かれる 曖昧な ”空気感” といったようなモノよりも
少々重いテーマでも、”深く掘り下げてくれる” 作品の方が、読んでいて気持ちがよかった。

それに一昔前の小説には、心のキレイな主人公が ”堂々と” 出て来ますからねー。
それに比べると、最近の小説は、もっと登場人物が ”弱っちい”。
なんだか読んでいても、腹が立ってきたのですよ。

ですから、この時の心理状態を考えてみますとね
当時のワタシの心の中には
時代遅れで不器用、ひたすら真面目なだけの自分たちを、せめて本の中だけでも
”肯定したい” という気持ちがあったんじゃないかと思うのですよ。

今読んだら、ちょっと照れくさいような内容でも
当時のワタシは、逆境に耐え必死に頑張る主人公に、やたら自分を重ねていました。


本の世界へ


(「氷点」の陽子に感情移入するワタシ)





けど・・・・

そんなに本を読んでた割には、ブログにこんな文章しか書けないのが残念。
どうやら読むのと書くのとでは

あずき顔う~ん

ずいぶん勝手が違うようです・・・・。




(※なお、この記事は、2007年11月の記事に、加筆・修正したものです)




バナーアルプスの肉体疲労児

ほんじゃ今日のバナーは「アルプスの少女アズキ」で。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆

12:00  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(1)  |  コメント(17)

Comment

私はねぇ・・・クロスワードとか、
ナンクロの、懸賞つきをやって、
応募してました。
でも、当たらないのよね。(--; その次は、読書・・といっても、
 PHP が多かったかな。

家の一部を改造して営業しているんなら、こんなときは、
家の片付けできるのに・・・とか、具合の悪い子供の様子見られるのに・・とか、
思いました。自宅からは、30分くらいのところでやってたから・・。

今度、私たちが出た後に、
串揚げ屋さんが入るんだそうです。
ついこの前まで、自分たちの店だったところなのに、なんか、妙な気分です。
とんぼ |  2007.11.09(金) 12:02 | URL |  【編集】

わかりますぅ~『今日も明日もだめかも~』って気持ち!特に救いの日曜日に売上悪かったら、どよ~~んです。毎日が賭けですよね。
私は、最近は暇な時間は色々ブログ読んでます。もちろん、『あずき日記』は1番に読みますよ♪
夏は、ミシンで子供の甚平とか作ってましたけど。でも、お客さんが来て途中で切り上げなきゃいけないと『チッ!』なんて罰当たりなこと思ったりして・・・(笑)
うちの店にはテレビがないから、あとはやっぱり本ですね。といっても、店にある漫画が主ですが。あとタウン情報誌とか店にあるのばっかりで、もう読みつくしてしまいました。あとは新聞かなぁ。
あずきさんの本の記事も楽しみにしときます!

あっ!早くファッジさんの本買いに行かなきゃ!!明日は絶対本屋にいくぞ~
ゆきこん |  2007.11.09(金) 15:02 | URL |  【編集】

あずきさんってほんっとうにま~じ~め~!私も三浦綾子さん好きだけれどもエッセイと自伝が主です。綾子さんの「道ありき」が好きでしたが思い内容の割にはとっても明るくて読みやすかったです。山崎豊子さん!って、確か白い巨塔書いた方?そ、それはすごいかも。
そんないろいろなことを考えながらもがんばって気をそらして本を読んだあずきさん、偉いです。だって悪いことって考え出したらキリがなくてそれでもなかなか他の事ができないものですから。
今はどのくらいのペースで本を読んでいるの?
uta |  2007.11.09(金) 15:28 | URL |  【編集】

私はお昼休みに本を読んでいます。
毎日ほんとに少しずつ。
なぜなら本を読むと眠くなるんです。
でも今日は夢中で読んだら眠くなる前にお昼休みが終わりました。
読まなきゃいられないって感じです。
おばさん |  2007.11.09(金) 19:55 | URL |  【編集】

読書

始めまして!最近の私も本が手放せない人になりました。同じ自営です。和菓子やですがなるべく売れる分だけ作っています。だから売り切れもよくあります。本は色んなせかいに行けるから最高です。篠田節子、佐藤愛子のファンです。

お菓子や |  2007.11.09(金) 23:34 | URL |  【編集】

 意外~、あずきさんが三浦綾子や山崎豊子の小説を好んで読んでたなんて、「あずきさんの知られざる一面」を垣間見た気がしました。でも、だから毎日これだけの量の文章を書けるのかぁ、と納得。
 私も、図書館で働きたいと思うほど本を読むのが好きだったけど、最近は全然読んでないなぁ。若い頃は海外の名作を好んで読んだけど、最近は時代小説が多いかなぁ。だんだん大作を読む根気が無くなってしまって・・・
butako |  2007.11.10(土) 00:45 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

とんぼさん
そうですよね。
家に帰ればやることが山ほどあるのに、店でボ~っとしている時間って、
ホント勿体ないと思ってました。
とんぼさんちは子どもさんもいるから、尚更ですよね。

自分たちの店に他の看板がかかるのって、複雑でしょうね。
でも、空き店舗のままよりは、いいかなあ?

ゆきこんサン
え~っ! 店の裏でミシンかけてたのっ? 
。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
それって、かな~り大胆やね。

ま、1日1日、気持ちをリセットして頑張りましょ♪

utaさん
ええ、クソ真面目ですけど、なにか?┐(-。ー )┌ 

今はTVもあるし、DSも持ち込んでるから、前より依存度は低いっす。
でも、根本的に活字大好き。
どんだけ分厚い本でも全然平気よ。
山崎豊子さんくらいのボリュームは楽勝♪

おばさんサン
うちの旦那さんは、本読んだ途端に爆睡します。
雑誌は大喜びで見てるのに、小説はダメみたいです。

本を読む楽しみを知らないなんて、全くお気の毒だわ~。

お菓子やさん
はじめまして! わ~い、お菓子やさんだ。

赤福の記事の情報、間違ってましたね。スイマセン。
でも、お互い「生もの系」なので、リスクのある商売ですよね。

どんな業種でも、外から見るのと中とでは違いますよね~。
いろんなこと教えてほしいので、ぜひまた来て下さい!(^ д ^)/

butakoさん
はじめてbutakoさんと会ったときは、ワタシの方が全然読んでなかった
と思いますけど、今はまんざら負けてないんでないかしら?

昼間、本絡みの仕事をしたことも、さらに拍車をかけましたね。
あずき |  2007.11.10(土) 01:28 | URL |  【編集】

三浦綾子さんの本を読むと、自分の心の汚さを再認識するので、ツライです…
「私もこういうふうに強くなろう!」と思いながら、結局実践されてません

私も個人的には一昔前の小説のほうが好きです(゚ー゚)(。_。)ウンウン
76 |  2007.11.10(土) 09:29 | URL |  【編集】

>76さん

あら、76さんたら、若いのに三浦綾子読んでなさるの?
嬉しいやんか~。 さすが!

ワタシは昔のヒトやから、泥臭~いハナシに弱いねん。
やっぱ、新沼謙二に通じるな。
あずき |  2007.11.10(土) 11:55 | URL |  【編集】

昨日の続き

実は赤福騒動の三重県の和菓子屋です。多分三重県の人たちはみなさん寂しいんです。本当に残念です。味にはうるさいのですが赤福のこしあんだけは文句の付け所がなかったです。

うちは身内だけの小さい和菓子屋ですから驚くほど売れない日もあるのですが、人件費は要らないから仕方ありません。100年の味がなくならないようにと続けています。でも体が資本だからお互い気をつけましょう。

主人は普通の会社員です。でないと生活していけないかもしれません
お菓子や |  2007.11.10(土) 19:19 | URL |  【編集】

>お菓子やサン

なるほど、なるほど。
和菓子屋さんもいろいろですからね。
うちも家族経営のちっこい料理屋ですから、似たようなカンジです。
ええ、驚くほど売上がない日もありますよ。(笑)

なんだか、さらに親しみが増しました。
お互い頑張りましょう!
あずき |  2007.11.11(日) 00:37 | URL |  【編集】

私は、吉本ばななが好きなんです。なんとなくあの世界が好きなんですね。
それ以外はポップス・フィロソフィーとかアーサー・C・クラークとか、ダン・ブラウンとかニュー・エイジの本読んでますね。読書、好きな方ですよ♪
mimi |  2007.11.13(火) 01:09 | URL |  【編集】

>mimiさん

さすがmimiさん、洋モノですね。( ^,_ゝ^)ニコッ
ワタシも、時々は読みます。
ワタクシ頭が悪いので、登場人物の名前とキャラが頭に入るまでが
大変なのです。
参考にさせていただくわ!
あずき |  2007.11.13(火) 09:36 | URL |  【編集】

不思議と重い話を好む時期ってありますね。
私は小中学生の頃だったなぁ。
自分の辛さを、お話の中で苦労している主人公が
肩代わりしてくれているような、分かち合ってくれて
いるようなそんな気持ちでした。

今はお気楽なのやハッピーエンドのお話が好きです。
悲しいことを考えて心の準備をするよりも、
希望を持って歩むことができるようになったからかなぁ。

ん~、でもやっぱり重いところを潜り抜けてきた方が書かれた
「お気楽」はどこか深みがあっていいなぁと思います。
あずきさんの文章、読み応えがありますよ~♪(^-^)おもしろいですし!
kaori |  2009.10.31(土) 13:55 | URL |  【編集】

わかるなあ、ヒマだと心がズーンとおもくなっちゃって、悲しいよね。うつーになって、電話の対応もあらっぽくなって、患者さんをとおざける、とかそんな悪循環。

あたしは、仕事先にインターネットあるんで、それであずきさんところが気晴らしよー。うちの仕事場のちかくにも図書館ありまして、良くDVDを借りてるんだけど、傷だらけでとんじゃって映画の内容がわかんなかったりします。

現実逃避の本は、一時私は山田風太郎さんの忍者ものにすんごいはまったことがありました。あれほど非現実なものをくれる本はないんじゃないかな、忍者とかお侍さんがでてきて戦うそんでちょっといやらしいんですけどね。昭和30年代の高度成長期におっさんが夢中になったシリーズものだけあります。
はなこ |  2009.10.31(土) 18:56 | URL |  【編集】

あー、今はね

バス通勤になってから、通勤時にほんよむんだけど、金城武君ファンの私は、レッドクリフを観る前に!!ってはりきって(とはいえ、もう映画みちゃったけどさ)吉川英治さんの三国志をよんでるんだけど、これがむつかしい!まだまだ一巻なんで(すんごいぶあついのが7さつぐらいあるの、たしか)おもしろいんだけど、とにかく長い!そんでもって難しい名前の人が沢山でてくる、みたことないへんてこな漢字の名前、地名が、地理がよくわからん(地図もあるんだけどさ、わがんね)これ、大変。メモしながらよまないと、だれがだれだかさっぱりです。メモなんて当然しませんけど、また前のページにさかのぼってよんだり、もんのすごい効率わるいです。

でもここ最近は血管の本よまされてます。。。血管治療をはじめるんで、学会に医療事務のセミナーに来週いくんで、それに参加するために、血管の専門用語に慣れときなさい、っていわれたからなんだけど、医療専門用語も三国志の登場人物の名前ぐらい???です。
はなこ |  2009.10.31(土) 19:33 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

kaoriさん
ウンウンと、めっさ頷きながら読ませていただきました。
今のワタシの読書感は、kaoriさんに極めて近いですね。
てか、たぶんkaoriさんとは、映画とか本とか、好きな世界観が似ているように思います。

はなこサン
>>あたしは、仕事先にインターネットあるんで、それであずきさんところが気晴らしよー。
ああ、たしかに店でネットが出来たら、本なんて読まなくなるかも知れませんね。
だから、あえて繋がないようにしてますが。

とはいえ、ここが読者の気晴らしの場になってるなら嬉しい限り。
これでちょっとは、図書館へのご恩返しになっているかしら?
あずき |  2009.11.01(日) 13:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/154-3223afcc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

例の友人の家には・・・フォードのEdselワゴン(なんと読むのか今ひとつわかりませんが)という 車が眠っています。 フォードエッツォ(と読むのだと思います) 今でも動かせるよ...
2007/11/10(土) 18:29:18 | スパーキーの森

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。