2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.05 (Wed)

頑張ってくれる婆ちゃん

こんにちは、あずきです。

元旦の記事では、ご心配をおかけしてスイマセン。



ですが、こんな言い方もアレなんですが

婆ちゃんは まだ生きております。

そして、最初のヤマは
なんとか越えたみたい。


OK.jpg



てか、そもそも最初からお話ししますと・・・・

実はあれから血尿が出たりしたので、婆ちゃんの退院は年明けに延びていたの。
でも 「正月くらいは・・・」 と思い、大晦日からは数日外泊許可を取ってた。

だけど朝の9時頃、病院から電話で
「とにかく、すぐ来てくれ」 って言われたのよ。
なんでも朝食を下げに行ったら、ベッドに寝たまんま
”意識もうろう”としてたらしわ。

だから、うちら3人は、すぐ車でスッ飛んで行ったの。
けど、「果たして、意識があるのかないのか」
着くまでは、超ドキドキよね。

けど、幸い婆ちゃんの意識はあった。

「あずきやで。 わかるか?」 と訊いたら


「わかる」


生きててくれてアリガトウ

という表情をしたから。


なので、その瞬間、ワタシは堰を切ったように号泣。
喋れず左半身が麻痺していても、生きていてくれただけで、じゅうぶん良かった。

だけど翌日訪れたときの彼女は、

瞼 (まぶた) さえ開かなかった。

s-あずきタラ~ (2)


そして実際CTを撮った結果も、一日前より、詰まった部分が3倍・・・。


なので、「このまま広がっていくと、命も危ない」 と言われましてね

元旦のワタシは
怖くて泣き通しだった・・・。


泣く 悲しい



だけど、換えた点滴が効いてきたのか、次の日、彼女は持ち直してくれた。

しかも彼女は嬉しいことに

うちらのハナシが 全部わかるの。

わかった?


だって、「帰る」 と言うと、バイバイヾ(ー・ー) って手を動かすし


「ありがと」 と言いたいときは

ちゃんと手をこうする。

ありがとう



だけど婆ちゃんというのは、「いつ死んでもいい」 が口癖のヒト。
「もう充分生きた」 と言っているのに、「どんなに苦しくても、また頑張れ」 と言っていいのか・・・。


が、オカンは妹弟みんなの前で

あえて訊いたのよ。

「母ちゃん、まだ頑張れるか? それとも今度は、もう嫌か?」


オカンの目にも涙


で、「 まだ ”頑張れる” んやったら右手を上げて」 と指示した。

でも、「もう ”頑張れへん” のやったら、無理せんでええ」 と。


そしたら婆ちゃんは


手を上げる

右手を上げてくれた。



ワタシはその優しさに

また涙が溢れた。


あずき泣き (3)






ありがとう、婆ちゃん。

バナー婆ちゃんの手
★人気ブログランキングへ投票★

アナタはやっぱりスゴイ人だよ・・・。

11:30  |  再度リハビリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

Comment

ありがとう、おばあちゃん。

右手をあげてくれて。。

オカンさんがあえてそう聞いた気持ち。
なんだか、とてもわかる気がします。

介護する者は、自分に出来る限りのことをしているつもりでも、
本人にとっての幸せはなんだろう?これでいいのか?と
常に迷うと思います。

おばあちゃんの右手は答えてくれています。
それでいいんだよ、ありがとう。って。

お母さんとしての子への思い。孫への思いやり。
そして、次のステージを迎えようとする意思表示ですね。

ワタシもパワーをいただく思いです。
このような時に記事をアップしていただき、ありがとうございます。
きらりん |  2011.01.05(水) 12:55 | URL |  【編集】

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
とはいっても、ごく最近こちらのブログを知ってよらせていただくようになりました。

お婆ちゃまの具合、早くよくなりますように!!
あずきさんとお母様の気持ちがこちらに痛いほど伝わってきて、
つい一言書き込ませていただきたくなりました。
お婆ちゃまの具合、心配ですが、
でもでも、やりとりを拝見していると、お婆ちゃまの良くなる様子が瞼にうかびます。
まったくもって勝手な事を言ってすみません。
でも、私はそう信じています。

私は縁あって、あずきさんがお好み焼きを食べた土地から、
お婆ちゃまのお家のある県に結婚で引っ越してきました。
まだ4ヶ月程の生活ですが、冬になり、雪も降るようになると、
お婆様のかつての暮らしについ思いを馳せてしまいます。

いつか、お婆ちゃまとたらの芽を取りに来てくださいね!
記事を読んで、あずきさんがお婆ちゃまと近くに来たんだーって
密かに喜びますから!(笑)
りむ |  2011.01.05(水) 13:29 | URL |  【編集】

よかったね あずきさん

幸せだねおばあちゃん・・・
プチトマ |  2011.01.05(水) 13:59 | URL |  【編集】

よかったー。

昨日からどんな記事がUPされるのか緊張しました。

おばあさんの生命力を信じましょう。

家族がそばにいてくれることで おばあさんの生命力もパワーアップしてるのかも。
まだまだ心配な状況でしょうけど
回復に向かうよう祈っています。

lei |  2011.01.05(水) 18:12 | URL |  【編集】

おひさしぶりです

あずきさん、お久しぶりです
新年のごあいさつに伺おうとおもったら

おばあさま、大変なことになっていたのですね

どうぞどうぞ
回復なされますよう
祈っています
あずきさん一家・ご親族皆様の祈り
ここのコメンテーターの皆様の祈りが
届きますように・・・
さえこ |  2011.01.05(水) 19:09 | URL |  【編集】

あずきさん、はじめまして。
以前から、拝見させていただいていました。
今回、おばあちゃまの記事を読んで思わず、コメントしています。
きっと、おばあちゃまご自身が「がんばれる」と意思表示をしてくださる限りは大丈夫だと思います!
おばあちゃまの復活をお祈りしています。
あずきさんもくれぐれもご自愛くださいね。
kuma19 |  2011.01.05(水) 21:25 | URL |  【編集】

お婆ちゃん 頑張っていますね
自分から頑張るって言えるなら
きっと大丈夫でしょう
お婆ちゃんの回復を祈っています
ひろくん |  2011.01.05(水) 22:43 | URL |  【編集】

手も口ほどにものを言い

正月カウントダウンどころではない年末をかつて過ごしたことがありますので自分の家族での体験に重ね合わせて読んでいます。
先ほどは「トイレの神様」のドラマを見ていました。
気持ちのつながりほど心強いものはない。
みんな感謝、感謝です。
久しぶりのコメントですがずっと見続けています。
bagabon |  2011.01.06(木) 00:03 | URL |  【編集】

ああ、泣かせる話です。
おばあちゃん、がんばれ~。
はなこ |  2011.01.06(木) 00:56 | URL |  【編集】

初めてカキコします

あずきさん、いつも楽しく読ませていただいております。
またいつも読み逃げしていてごめんなさい。

でも今回ばかりは読み逃げできませんでした。
お母様とおばあさまのやりとり、
一瞬でこみ上げるものがあり、
不覚にも男30にして泣いてしまいました。
自分もおばあちゃん子でしたので、
あずきさんのお気持ちいたいほど伝わってまいりますし、お母様とおばあさまのやりとりも本当に愛にあふれていて、もう言葉になりません。
これからもあずきさんの読者として皆様の応援をさせてください。
北国の読者 |  2011.01.06(木) 10:34 | URL |  【編集】

おばあちゃん 頑張れ~。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。

きっと大丈夫!!
mimi-pom |  2011.01.06(木) 11:12 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.01.06(木) 22:04 |  |  【編集】

コメントありがとうございます

皆さん、本当に本当にありがとうございます。
なかなか状況報告も出来ず、ほんとゴメンナサイ。

けど、ワタシも皆さんのコメで泣いちゃいましたよ。(´^`゚)
皆さんから貰ったパワーで
明日もまた会いに行きます。
あずき |  2011.01.10(月) 17:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1534-e9f96f88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。