2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.19 (Fri)

名もなく貧しく美しく

こんにちは、あずきです。

水曜は、幼なじみ二人と喋って

イイ感じに、ガス抜き完了。

てか、あの二人の将来のためにも

内視鏡検査の注意点は、事細かに言ってやったわ。

あずき顔自慢


けど、お互い笑いながら話してきたもののさぁ~

喋ってる内容は、それなりにディープ。

てか、親や夫婦関係、子どものことなど

40代ともなれば、それぞれいろんな問題を抱えているのだ。


けどまあ、うちには子どもがいないなので

アタシなんかは、まだ気楽な方よね。

だって、今の子育てってのは、ホント、難しいと思うの。



あ、てかてか

あたしゃ、この間、小林 桂樹さんの追悼企画か何かで

ずいぶん前の映画、あの 『名もなく貧しく美しく』 を見たんですがね・・・・


指さし ↓

名もなく貧しく美しく

名もなく貧しく美しく [DVD]名もなく貧しく美しく [DVD]
松山善三

東宝 2004-09-25
売り上げランキング : 24670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この映画の中では、ろうあ者同士の夫婦が、必死の思いで産み育てた子どもがですねぇ~

学齢期に差し掛かり、一時、親たちのことを、めっさ恥ずかしく思い始めるワケですよ。

で、母親とは喋ってもくれないし、ゴハンも食べてくんない。


なので、高峰秀子演じるそのお母さんは、辛くて辛くて溜まらないワケ。

だって自分たちは障害に負けず必死に生きているのに・・・

ろうあ者というだけで、我が子からもバカにされるから。


けど、こんな風に子どもと気持ちが通じ合わないというのは

おそらく他人の数十倍、ツライものでしょうね。

てか、ワタシの友人の子どもも

高校生だけど
今まさにそんな時期なの。


溜息 ふ~っ



今の時代って

なんでも与えられてるのがデフォルトだから

いつも友人たちと同じじゃないと

「 (〃*`Д´) フザクンナ!!」

って感じなのかな?

てか、ぶっちゃけ親は、まるで金づるみたい。



だから、映画の母親の悲しみは、その友人にも通じるものかも。

だって、そのワタシの友人も

すごく真っ当なヒトですからねぇ~・・・。

う~ん 考える



けどまあ、映画ではその子どもも

やがては母親を、誰よりも尊敬するのよね。

なので、その部分だけは、本当に救いなのですが・・・。



てか、映画の終盤

小林桂樹演じる夫が、妻の高峰秀子にこう言うんですよ。


「自分は、この家に居るときだけは
まるで耳が聞こえるようだ」



image2011.jpg


つまり、外にはいろんなヒトがいるけど

僕は、君や君のお母さん、そして息子の考えていることなら

耳が聞こえなくても、全部解る。 と。


家族が解り合え、支え合って生きることって

やっぱ、一番の幸せ。


ワタシは、この台詞を聞いたとき、本当に心が洗われちゃったわ。


嬉しい 泣く







だからワタシは、やっぱ、幸せな方ですよね。

バナー青空.
★人気ブログランキングへ投票★

応援お願いします☆
13:22  |  本や映画・TVなどから  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

幸せと聞いてこちらも幸せ♪

時々思うんです。自分一人だったら気楽かな?って。

家族がいればめんどくさいこともお金のかかることも多いけど
なんとかサポートしたいと思う相手がいるから
パワーも湧くんですよね。

ぜったい、一人だったら心折れてるかもしれない状況でも。

あずきさんが家族を思う気持ちと同じ容量の思いが
今、あずきさんに向いていますよ。
きらりん |  2010.11.19(金) 16:03 | URL |  【編集】

母を疎ましく思う・・・
私にもそんな時期があったなぁ
悔やんでも悔やみきれないような言葉を吐いた事もあったし・・・
今思うと母がいないとなーーんも出来なかったくせにって思いますし、うちの母って凄い!って思います

あずきさんのお友達のお子さんもきっとそうなるはず!
だんご |  2010.11.19(金) 21:33 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

そうですよね
思春期の一時期って、家族は疎ましくなるもの。

きらりんサンも、お子さんのことでは苦労なさったでしょうが・・・・

やがては、だんごサンのように、親の有難味が身にを持って解るのでしょう。
ご商売をしながら、家事・子育てをしている方は
本当に、大変だろうなぁと尊敬しています。
あずき |  2010.11.21(日) 08:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1510-0bac8f18

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。