2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.30 (Fri)

やり過ごし期間

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」の第9回。 
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

さて、二足のワラジ生活により、多少の安定収入を得ることになった我が家ですが
店の経営は、相変わらずギリギリ。
先のことなど全く見えない暮らしぶりでした。

もちろん、「儲かる」 と思って、この商売を始めたワケではありません。
けれど、休みはたったの月2日で、あとは毎日、朝から晩まで仕事。 
生活を楽しむ余裕なんて、まるでないのです。

ですからワタシは、結婚以来、ずっとこう思ってました。


あずきガッカリ落ち込み

「ああ、一体何のために、こんなことをしているんだろう・・・」


こんなことなら、二人で勤めに出た方が、どれほど楽だろう。
自分の店になんかこだわらず、もう雇われ板サンで、ええやん・・・、と。

けれど、それを口に出すことはありませんでした。
もちろん態度には出していましたがね。

が・・・

ある日、ふとしたことで旦那さんと激しく言い合いになり

ワタシはついにその思いを、口に出して言ってしまったのです。


「もう、いっそ店はやめませんか・・・」 と。
 
ガマン わなわな 悔しい



けれどそれに対し、彼は何も答えてくれません。

なので、ワタシはもう一度聞きました。


「それとも勤めに行くことは、アンタのプライドが許さへんの?」



それを聞いた旦那さんは少し考えていましたが、しばらくして、こう答えました。


旦那さんつぶやく

「僕のプライドなんて、別にどうだっていい。 


 けど・・・・

 もし僕が他所の店に勤めにいったら


 あっちの店に迷惑がかかるからなぁ・・・・」





いえ、皆さんには、何のことか、サッパリ分からないと思いますがね。
彼の言う ”あっちの店” とは、以前勤めていたお店のことです。

あちらはうちと違って、彼が辞めた後も、相変わらず大忙し。
けれど、彼の後釜を入れても、すぐ辞めていく子ばかりなのです。 
なので、結局大将は、新しく若い子を入れるのは諦め
奥さんと二人だけで、やって行くことにしたのですが・・・
冬の宴会シーズンだけは、ひとりでは、仕込みがどうにも間に合いません。 

というのも、実はそのお店には、非常に手間のかかる鍋料理がありましてね。
それの仕込みが出来るのは、大将以外では、うちの人だけなのです。
ですから彼は、冬場はあちらのお店の分まで、仕込みを手伝いに行っていたのですよ。

けれど、もし自分が別の店に勤めてしまったら、もう、そんなことは出来ません。
彼が言わんとしているのは、要はそういうことらしいのです。


それを聞いたワタシは、意外な答えにビックリしました。

「えっ?」

ビックリ え?


まさか彼がこんなことを考えてるとは、思いもよらなかった。



けど・・・

ええ~っ! 

サーッ 引く

いくら、お世話になったとはいえ、よそのお店のことでしょう? 
自分や自分の嫁のことより、そのことの方が大事なの~~?



ワタシは正直、引きましたけどね・・・・

それと同時に

この日ワタシは、旦那さんの生きて来た世界を見せつけられた気がしました。

そして

「ああ、やっぱ、今はやめられない」

う~ん ポリポリ

と思ったのです。


ワタシひとりだったら、もう、いつ辞めてもいい。
けれど、あの人の場合はワタシと違い、中学を出たばかりの遊びたい盛りから
ずっとこの仕事一筋なのです。

そして、18年間も修行してきた末、ようやく自分の店が持てたというのに・・・・

今ここで諦めたら、そこらのフリーターの子たちと、同じ仕事をしなければならない。


18年って、やっぱ長いですよね。 

そう思うと、せっかく頑張ったその年月を、チャラにさせるような真似は
ワタシには出来なかった。


今、自分のわがままだけで彼を辞めさせてしまったら

ワタシは一生後悔するんじゃないかな。 
 
・・・・その時ワタシは、そう思ったんですよ。



とりあえず、今はしんどいながらも、なんとか食べてはいけてる。

だったら、もうちょっとだけ頑張ってみよう。


そして、ホントにホントに、本当に頑張って、

それでも、どうしようもなくなったら・・・・



そのときは、また、ふたりで考えたらいっか。



仕方ない 涙こらえる


この時ワタシはこう考え、それからしばらくの間、うちらは ”やり過ごし期” に突入するのです。




(※なお、この記事は、2007年9月の記事に、加筆・修正したものです)



バナー祈り

まさかオタクまで、”やり過ごす”つもり?(●・`д・)っ

★人気ブログランキングへ投票★

応援して下さる方は、上のリンクをクリックしてね☆

11:30  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

Comment

うちも実は主人が「起業したい」といっています。で、一応応援はしているんですが、女の私から見たらなぜ普通に楽な道を選べないんだろうと思ってしまいます。
あずきさんのご主人は技術があるし経験もあっていいですが主人はあの年でまだ肉体労働とかやるっていうんですから本当に勘弁して欲しいです。
でも見守るしか無いんですがね~。
がんばったおかげで波に乗れてよかったね。
uta |  2007.11.02(金) 13:26 | URL |  【編集】

うちの人も銀座に飲み屋やろうとしていた時期があるんですよ。そこのマスターが店閉めるんで、後を引き継がないかって。昼間、会社で勤めて、夜、そこのマスターやろうと思ったんですねぇ~。でも出資してくれる友人に逃げられまして、現在に至っています。(勤め人)
うちの人は凄くお酒が好きなので、後、料理も上手なので、不思議と人に嫌われる事が殆どないので、そういうの向いてたんじゃないかなぁ~って思いました。
惜しかったですね。でも、そうしたら、一緒にいられる時間が減ってしまうので私は嫌ですけど。
あずきさんところは、大変だよね、仕入れがあるし、食材の期限はあるし、その日のお客さんの入りが読めないから。
そんな苦労があったのね。今の午前休みは神様がくれた休息かも。ゆっくり休んで下さい。
mimi |  2007.11.02(金) 15:48 | URL |  【編集】

涙がでましたぁ

 喧嘩の最中にもかかわらず、ご主人の気持ちを理解してあげられるなんて、あずきさん相当惚れてるね。自分の仕事にこだわりを持って続けているご主人も素晴らしいです。良い夫婦ですねぇ・・・
 どうでも良いことですが、マジな内容だから、絵文字も顔文字もないのかしら?
butako |  2007.11.02(金) 22:26 | URL |  【編集】

私は週一で休みがあるので、当時のあずきサンより恵まれてるのかも・・・
勤め人の方が収入がはっきりしてるから、先が見える分気持ち的に楽ですよね~。
うちは、あずきさんの旦那さんとちがって、脱サラして1年くらい本部で修行して開業したから、未だにサラリーマンに戻ってほしい思いがどこかにあるんですよね。
会社のしがらみから逃げるために、脱サラしたんじゃないか、とさえ思ってしまいます。
まるっきり計画性がなかったから。
それを許した私にも責任はあるんでしょうけど。
だから、どうにかなるさ~と、半分開き直ってます。
でも今は、今までで一番貧乏です(泣)もう、極貧・・・
下の子が2歳なんで、あと2年位したら少しは私自身に余裕ができるかもと思ってます!
そしたら、二足のわらじがはけるかも。(すっごい大変そうだけど)
もしくは、履かなくてもいい様にお客さんが増えてたらいいなあぁぁぁ(遠い目)

長々とゴメンナサイでした。
あずきさんのブログ、ほんと~に心の支えになってるんです!!
毎日読んでますから、頑張ってくださ~い♪
ゆきこん |  2007.11.03(土) 00:40 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

utaさん
へ~、utaさんのご主人、何するつもりなんやろ?
てか、今現在、何してるかも知らへん。ヾ(^-^;) ゴメンゴメン
どっかに書いてある? 教えて。

mimiさん
コメントもらうたびに、mimiさんちが分からなくなります。(笑)
ワタシも東京に行ったら、家庭訪問しますよ! 

この記事には関係ないんですけど、mimiさんって電動歯ブラシ使ってましたよね?
超音波歯ブラシでしたら、「歯磨き」の記事で↓の人にコメントお願いします。

butakoさん
実はワタクシ、「女将さんヒストリー」書くときは、毎回自分の記事にウルッとしております。
もらい泣きしていただけて、嬉しゅうございますわ。

ゆきこんサン
ワタシも、ゆきこんサンが読んでくれるようになってから、「女将ヒストリー」を書くモチベーションが上がりましたよ。
いつも読んでくれてるんだ! ありがとう。

あの時辞めてた方が、収入とかはずっと良くなってたかも知れません。
でも多分、店やったことは、自分の中で封印されてたと思います。
どっちが良かったのかは分かりませんが、ワタシはあの当時のことを、キチンと話せるようになった自分の方が好き。
ワタシのポリシーは、自分に恥ずかしいことはするな! なんです。
あずき |  2007.11.03(土) 01:47 | URL |  【編集】

わかるよ~・゚・(つД`)・゚・。
でも、うちは旦那のほうが、閉める決意をしたから、後は何も言いません。
歳を考えると、さすがに、職を見つけるのには、苦労があります。
そろそろ私も、現場復帰しないと・・・
たくさん書きたいことあるんだけど・・またゆっくり来ます。
とんぼ  |  2007.11.03(土) 10:12 | URL |  【編集】

>とんぼさん

この記事はあくまでワタシのケース。
とんぼさんのご主人の決意も、きっと簡単ではなかったと思います。
どっちがいいかなんて、一生分かりません。

ただし、人生を二度やれへん、てのは事実。
ずっと「あの時こうしてれば~」て、言い訳して生きてくのは嫌やの。
お互いに、「間違ってなかった」と思ってやっていきましょう!
また、ゆっくり来て下さい。n(^ o ^)/
あずき |  2007.11.03(土) 12:59 | URL |  【編集】

あずきさん、私、音波歯ブラシなんだけれど、超音波歯ブラシだかわからないの…。
引越しの荷物が片付いたら遊びに来て下さいね♪
mimi |  2007.11.05(月) 00:12 | URL |  【編集】

あら、mimiさん、忙しいのにスイマセン。
ええヒトね。
気にせず、頑張って荷物片付けて下さい。(^ д ^)/
あずき |  2007.11.05(月) 12:55 | URL |  【編集】

ワタシも驚きました。。

店を閉められない理由がそれとは。。

あずきさんと結婚するまでの旦那さんの年月は
簡単に埋まるものではないのですね。

ワタシも長年ホテルに勤めてきたうちのシェフとの
埋められないギャップを常々感じます。

対立してもすぐに解決しようのないことは、あえて、「やり過ごす。」
夫婦の絆を切らずに繋げていくためには、
そういうのもあり。と、思います。
きらりん |  2009.10.30(金) 14:20 | URL |  【編集】

男たるもの

修行をされてこられた方は また違う世界がありますものね。
どの世界にもありますが・・・ 料理人の世界も また一味違いますからね。

脱サラのだんなには そういう世界が ないですので、 知り合いから聞いた話ですが・・・・。

しかし
男が 一旦決めて始めた事。
納得いくように 過ごしていってほしいです。
その為に 嫁も 腹くくったんですからね。
そこんとこは 心の隅に おいといてほしいものです。

ダンナには 一度もこんなこと 言った事はないけれど・・・。
塩姉 |  2009.10.30(金) 14:46 | URL |  【編集】

やり過ごすのかぁ・・・

確かにそんな時期も大切かもね・・・
いろいろとね
プチトマ |  2009.10.30(金) 22:35 | URL |  【編集】

同じ想いをしたことが・・

今は再婚して、サラリーマンの妻ですが、
元 おっとはジャズ喫茶の経営者でした。
お手伝いをしていたけど、見入りは少なく昼間二人もいらないので私は外で働いたりして、現金収入を・・

あの時代のこと思い出しして思わずカキコしました。
元おっとのこころざしを助けようと思って、外に働きにいったのに、結果はおっとの浮気が・・

あずきさんのだんなさまはそんなこともなく、ちゃんと頑張っていらっしゃるから、支えがいもありますね。
gg |  2009.10.30(金) 22:53 | URL |  【編集】

そうそう、この記事おぼえてるのよねー

すごく印象にのこったもの。だれでも、起業した人は「こんな大変だったらやめちゃうか?」って思うものだろうけど。うちもこんなんありましたよ、何回か。

18年はながいよね。お世話になった大将には義理もあるしね、職業人として育ててもらったもんね。

私も似たようなかんじで、「夫はこんな生活するためにまた学校戻って医者になったんじゃないんだから、がんばんなきゃなー」っておもったりします。訓練期間(医学部含めて)長いですから。。。
はなこ |  2009.10.30(金) 23:26 | URL |  【編集】

同意^^

やり過ごすって大人の知恵よね、白黒即決せずやり過ごす、私もこの記事心に響いたな。
 なにより旦那様の返事がぶったまげv-15
花登筺の世界彷彿するよね、当事者でなければ懐かしい日本の善きかおりです。
母A |  2009.10.31(土) 09:12 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きらりんサン
>>あずきさんと結婚するまでの旦那さんの年月は
簡単に埋まるものではないのですね。

そうですね、彼の生きて来た世界には、独特の絆のようなものがあります。
どちらが正しいとはいえませんが、お互いを否定することなく
認め合っていかなければいけないのでしょう。

塩姉さん
今日の塩姉さんのコメント、めっさ男前ですね!
お世辞じゃなく、ホントすばらしい女房だと思いますよ。
てか塩爺さん、読んでくれたかなぁ~?

たしかに脱サラで始めた方と、若くして修業に入ったうちの人とでは、感覚的に全然違うと思います。
ただ、経営者としては、オタクのご主人のようなタイプが向いているでしょうね。
うちは職人部分が強いので、彼を理解するまで、相当時間がかかりました。

プチトマさん
結論を急ぐべき時と、先送りするべき時が、あるように思います。

ggさん
なるほど、それはショックだったでしょうね。
けど離れることによって、うちもそうなる可能性は充分ありました。
うちの場合は、オンナでなく、パチンコの方に行ったみたいですけど・・・・。(笑)

今、再婚されてお幸せそうなので、他人事ながら嬉しく思っています。
書き込み有り難うございました。

はなこサン
そうですよね、やっぱ、よほど順調でない限り、「やめる」という選択肢は、頭をよぎるでしょう。
けど、そこで踏みとどまるか、すぐに諦めるか?
結局その判断は、そこに至るまでの努力に比例するような気がします。

母Aさん
>>やり過ごすって大人の知恵よね
そうですね。 ある意味「逃げ}なのかも知れないですけど・・・
時には時間をかけ、寝かせることも必要だと思います。
結論を急いで、後悔する場合もありますから。
あずき |  2009.10.31(土) 12:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/145-649e24c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。