2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.05 (Thu)

天然の巨大スッポン

こんにちは、あずきです。

え~~
うちでは、「スッポン鍋」 も割とよくやるのですが
普段、仕入れるのは、すべて養殖。
というか、スッポンもウナギと同じで、天然というのは、滅多に出回りません。

ですが先日、あるお客さまから
スッポンを、「釣った」 というご連絡が。

なので、うちで鍋にすることになったのですが
そのスッポンは、なんと体長が、40センチもあると言うのです。

けどまあ、40センチと言っても、皆さんにはピンと来ないと思いますが・・・


普段さばいているスッポンは、これくらいのサイズですので


普通の大きさのスッポン


それを聞き、彼は若干不安に・・


汗 苦笑


だって、おそらく一人でさばこうとしても


噛みつかれる可能性が大。


↓ 汗 


抵抗するスッポン






ですから今回は、大将との二人体制。


一人がスッポンをしっかり押さえ



天然のスッポン (7)



もう一人が


スッポンの首を掴む。



天然のスッポン (9)



で、このあと首を落とし、通常は生き血を絞るのですが・・・・

今回は安全面に不安があるため、そこはパス。


ただ、天然のスッポンというのは、今が産卵期なんですよねー

今回のスッポンには、殻が張りかけた白い卵まで入っていました。


スッポンの卵(直前)



なお、ちなみにこの巨大スッポンが釣れた場所は

ここから車で20分ちょいの
近所の橋の下らしい。

なので
「Σ(- -ノ)ノ エェ!? あんな近くで?!」

と、めっさビックリ!!



ただ、スッポンの場合は、天然が必ずしも 「美味しい」 とは限らないのですよね。
というか、野生だと、いちばん脂を蓄える冬の時期は、ず~っと冬眠しちゃっていますし
天然モノの方が、逆に 「泥くさい」 とも言われるのです。

ですが、今回のに限って言えば、基本、養殖と同じお味で美味しかった。
1週間ほど真水に放しておいてもらったので、おそらくそれが良かったのでしょう。


あ、それにそうそう!

スッポンは、首を掴まれる際、よく、オシッコをひっかけたりもするんですって!

ですから、そう考えると、板前というのは、やっぱ見えない部分で大変な仕事。


てか、今回の写真でお分かりになったと思いますが・・・


板前には

”勇気” も、かなり必要な要素なのです。



スッポンの甲羅比較




バナー照れる旦那さん
★人気ブログランキングへ投票★

こう見えて板前歴30年です。 応援お願いします。

11:14  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

Comment

うわっ!

命を頂いてるんだなぁと改めて実感です。
こんな大きなスッポンよく釣れましたね~
卵も食べられるんだろうか・・・??
旦那さまのプロのお仕事に拍手です!
この生き物をさばいて美味しい料理にするなんて、職人さんはやっぱり凄い!
まんじゅう |  2010.08.05(木) 11:38 | URL |  【編集】

凄い!

普段はパーツでしか見ない生き物の肉片は

誰かがこうして捌くですよねー。

これはかなり大きさで危険度も数倍でしょうね。

都会のサバイバル的な感じ?

ほんと勇気とか度胸、そして冷静さがないと

美味しく頂くための段取りや 技術が生かされないのかもね。

それにしても相当でっかいすっぽんですねー。



lei |  2010.08.05(木) 11:44 | URL |  【編集】

いつもはアレだけど、やるときゃヤル!

というのがあずきさんのダンナさん。

それにしても、抵抗する巨大スッポンの画像は迫力満点。

我が子(卵)をとられて、首がそれを悲しげに見ているかのような画像は
哀れを誘います。

まんじゅうさんが言われるように、
ワタシたちは生きているものの命をいただいているんですね。

万物万世に感謝!お盆にはスッポンさんの分も手を合わせましょ。
きらりん |  2010.08.05(木) 12:06 | URL |  【編集】

(*´∀`*) コラーゲンたっぷりね

そうそう天然が美味しいとは限らないんですよね
あぁ でも凄いわ♪ これで暑い夏も元気ね♪
少々残酷に思うかもしれないけど、知らないほうが残念
肉は生まれたときから肉じゃないのよね

活きた伊勢エビでビビった我が家です・・・トホホッ
プチトマ |  2010.08.05(木) 16:47 | URL |  【編集】

すごい画ですねぇ~v-356
何年くらい生きて来たスッポンなんだろう。

大きいからって大味になる訳でもないと言うのが
勉強になりました(笑)
みや |  2010.08.05(木) 18:06 | URL |  【編集】

以前知り合いから、
まだほんのり生きている蟹をもらう機会がありました。
やった!生きのいい蟹が食べられる!
と、もらってきてまな板にのせたはいいものの
え、これ・・私さばけるカナ・・・かなりグロイな・・状態に

夫に「せやから大変やって言うたやろっっ」と言われ。
暴れるわ泡吹くわ・・・なんとか夫が切り落としてくれました。

魚や蟹やすっぽんなどなど
板前さんって結構大変やなぁ~
お店に行ったら「さぁどうぞ!」っていう身の状態で出てくる。
そういう板前さんの苦労・手間を考えると
多少、お品により値が張るのもうなずけるなぁ~
と、夫と話しておりました

小夜太社長 |  2010.08.05(木) 19:45 | URL |  【編集】

ワタクシ、自慢ですが、スッポンもマツタケも食したことございませんの。マツタケだったらば、永谷園のお吸い物マツタケ味みたいのがいちばん近いか!ってかんじです。おほほほ~。。。

スッポンってどんな味なんですか?
どなたかご親切におせーてくださいまし。

ってこういうときって、かならず、こちらでは、「うーん、鶏みたいなかんじ?」って答えがかえってくんですよね。なので!トリ肉みたいなかんじ、という答えは失格です。
はなこ |  2010.08.05(木) 22:18 | URL |  【編集】

わたしもスッポンたべたことないです。自慢?(汗)

成田山にようけおりますよ・・でも神のおつかい?
スクロールするのがドキドキしちゃいましたよ。
さくら |  2010.08.06(金) 10:15 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

写真だけでも、かなりの迫力ですが
間近で見ると、ホント、怖いですよ~
てか、ワタシだったら、絶~~対!さばけないと思います。

ちなみにスッポンのお味ですが、禁止Wordの「鶏肉」を除いちゃうと、ちょっと例えようがありません。
けど、鶏でも、鍋に入れた鶏じゃなくて、むしろフライドチキン的な味かな・・・?

でも、スープは、驚くほど上品なコンソメ風なのよね。
見た目は少々グロイですが、翌朝はマジで肌の感じが違いますし!
あずき |  2010.08.06(金) 13:16 | URL |  【編集】

禁止の番外かもしれませんが、
鳥系哺乳類系じゃないってのを解かってもらえるなら、
カエルよかワニに似てる気がします~
それの、更に精が強い系(笑)
本体にアジア系の香りがありますよね。
パンチがあるっていうか。

ウチの店でもスッポン出しますけど、
食べ較べると鶏出汁の味には負けちゃうんですよ。
でも香りは強いかな、と。

スープが上品だとあずきさんがおっしゃるのは、
やっぱ旦那さんが日本料理をしっかりとやってらして、
処理が美しいからなんだと、
改めて思いました^^
みや |  2010.08.06(金) 18:44 | URL |  【編集】

>>みやサン

あ~、なるほど。
ワタシはカエルを食べたことないのですが、たしかに旦那さんは味を聞かれたとき、「カエルとは違う」 と言っていました。
けど、ワニに近いとは盲点でしたな。(笑)

とはいえ、スッポン鍋のダシの味って、「和風コンソメ」って感じじゃありません?
ワタシは初めて食べたとき、「意外と上品だな」と思ったのですが・・・。
f(-∠-;) 違ったかな?
あずき |  2010.08.07(土) 09:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1416-1d02fd39

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。