2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.17 (Thu)

点と線

こんにちは、あずきです。

え~~
これは以前記事にも書いた、うちのお客さんの自費出版本。

指さし

お客さんの書いた自費出版本


ただ、「ぜひに」 とお願いし、頂いたモノですが
読み始めると、意外に書いてあることが難しくてねぇ・・・・

ポリポリ 汗 苦笑


なんとか読破はしたものの
書いてあることを、「ちゃんと理解出来たか?」 というと、あたしゃ、はなはだ怪しい感じなのよ。

ですが、せっかく分けていただいた貴重なご本ですから
いちおう感想は手紙にしたため、ご本人にお渡ししました。


読書感想文


なので、それだけで終わったのなら、
せっかくワタシの元に来たのに、イマイチ甲斐のなかった、この本・・・。

ですが、実はあれから、この本は、いろんな人との会話の糸口になりましてねー
ワタシにとっても、これは、ある意味、”思い出の一冊” になりそうなのよ。

というのも

まずは婆ちゃんが、
えっらい気に入って、読んでくれたの。

本を読む婆ちゃん



こっちに来てからは、本など一切読まなかった彼女だけど
入院中は、よほど退屈だったのか、「なにか本が読みたい」 とご所望。
だからワタシは、雑誌とともに、これを一冊置いてきたのですよ。

そしたら彼女は、えらく気に入ってくれてね
ほんの2~3日で、ほとんど一気読みしちゃったってワケ。

けど、考えてみたら
この本に書かれているのは、おもに5~60年前の山村での暮らしぶりですから
ワタシにとっては難解だった、農作業の手順や山の植物のことも
婆ちゃんにとっては、全部生きた経験。

だから読んでいる間は、きっとタイムスリップ出来たんでしょうね。
ワタシとの会話もますます弾み
この本は、ワタシと婆ちゃんの架け橋にもなってくれました。

なのでね
今度はその話を、この間来た友だち夫婦にしたワケですよ。
というのも、この本を書いたお客さんは、その旦那の方のお父さん。
それに、元々は、嫁ハンの方がアタシの親友なんですけどね
その子は高校時代、アタシと一緒に、福井の婆ちゃんちに泊まりに行ったこともあるワケ。

だから、その子たちにしてみても、「へ~、親父のあの本を、福井の、あのお婆ちゃんが!」 と
妙な繋がりに感激。ホント、まさか20数年後、こんな風に繋がるとはねぇ・・・。

でね
さらに昨日来たお客さんは、何気に聞いてみたら、そのお父さんと同郷の方でして。
年代的にも、そう誤差はないので、その本のお話をしてみたのですよ。

そしたらね
今度そのお客さんは、涙を流さんばかりに感激してくださいまして・・・。

たとえば、昔はどの家でも蚕を飼っていたこと。 で、その餌用に桑の葉を取りに行ったこと。
あとは、昔はテーブルやちゃぶ台じゃなく、箱膳でご飯を食べたこと。
けど、使った茶碗は、お茶で最後にすすぐだけで、滅多には洗わなかったこと、などなど・・。

モチロンこれは、全部ワタシ自身の経験ではないですし
ちゃんと「本に書いてあったこと」 として、お話したのですが・・・


そのお客さんは、ワタシに向かい

「昔を思い出させてくれて、ありがとう」
。(¶д¶)。


って、目をウルウルさせながら、そうおっしゃったのよ。


え? ビックリ


前から来てくださってた方ですけど、昨日はその会話で、一気に距離が縮まった気がしたわ。



なのでね

ワタシは人との縁って、

最近、”「点と線」 だな” って、思うの。


桜吹雪の中



その時は分からなくても

大切にしていれば

不思議と、あとから繋がってくるから・・・。








アナタと出会ったのも、きっと何かのご縁。

バナーお辞儀_2
★人気ブログランキングへ投票★

応援、お願いしますねー。
12:24  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

こういう風に人間関係がゆるくつながっていくのも本の魅力ですよね。
自費出版 |  2010.06.17(木) 13:45 | URL |  【編集】

ほんとに・・・

人との縁って不思議だなぁと、つくづく思う今日この頃。最近、父との繋がりから、自分史に関わっています。
その人の生きてきた時代や、今の家族との関わりが伝わってきます。
ザック |  2010.06.17(木) 14:28 | URL |  【編集】

よかったですね、この本のおかげでおばあちゃんとか他のお客さんと繋がれて。本の感想にそんなこともいれて、すごいよろこばれてるんじゃないですか。

点と線でつながってる、というとなんかフェイスブック(日本のミクシィみたいなもんです)とかおもいだしちゃいました。いや、フェイスブックを仕事に活用!って考えてるんですけど、仕事とプライベートをべつにしたいなーとか、なんかもーめんどいです。
はなこ |  2010.06.17(木) 21:21 | URL |  【編集】

確かにひとつのミステリー?

自分史を書こうとした瞬間から、
過去、現在、そして未知の人とのご縁と繋がりの糸が
目に見える形、見えない形で、紡がれていくのですね。

あずきさんの「女将ヒストリー」も幾多のご縁を繋いだのではないですか?
きらりん |  2010.06.18(金) 07:37 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

自費出版さん
そうですね。
ネットも便利ですけど、本には本にしかない、独特の魅力があると思います。

ザック
え~と、ザックさんご自身が、自分史に関わるお仕事、ってことなんでしょうか?
もしそうだったら、いろいろ思うところがあるでしょうね。
大変なお仕事でしょうが、学べることも多い気がします。

はなこサン
>>仕事とプライベートをべつにしたいなーとか、なんかもーめんどいです。
ええ。ワタシも、そーゆーのは、面倒くさいからやらない。
てか、意図的に繋げようとは、したくないんですよねー。

きらりんサン
このお父さんの本には、きっとそれにまつわる、色んなエピソードが生まれたことでしょう。
ワタシの「女将ヒストリー」なんかと比べるのはアレですが・・・
たしかに、「自分の経験を書き残したい」と思った時点で、なにかが始まっていたのかも知れませんね。
あずき |  2010.06.18(金) 13:14 | URL |  【編集】

漠然としてましたね(^^;

父が仲間達と自分史を書いて、手作りの本を出していました。
父が亡くなって、その人達との交流は途絶えていたのですが、4年経った今年の2月、偶然その仲間と会いまして、それぞれ個人の文をまとめたいとの事で、タイピングしています。

印刷・製本は専門の所に頼みますが、印刷の元になる版下(ワープロ清書)を作っています。
それぞれの人生があって、みな個性的な人達です。

そんな時、ここで自分史の話しが出たので、これもご縁だなぁと思ったのです。
ザック |  2010.06.18(金) 23:50 | URL |  【編集】

>>ザックさん

ほう、なるほど、なるほど。
けど、そのお父さんが生前作られた自分史ががあったから
そのお仲間とも繋がっているんですね。
ここでの出会いも含め、きっと、まだまだ繋がっていくのでしょう。
あずき |  2010.06.20(日) 00:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1388-92f9d59f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。