2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.01 (Mon)

はじめての落語

こんにちは、あずきです。

昨日うちらは、生まれて初めて 「落語」 というものを聞きに行きました。
とはいっても、寄席ではなく、市民イベントののようなところで。

ただ、ゲストには知ってる方もいたのですが、実際やるのは知らないヒトばかりです。

なので、
ほらぁ~・・・

ちょっと~ 肩を叩く

よく、知らない若手芸人がイベントに来たりすると

「寒っ! 」 って、なるじゃないですか?

s-あずき寒い

だから、ワタシ的には、あーゆーのを想像。



本気で笑わせてもらえるとは、期待していません。

s-あずきいいえ

ですが、始まってみると・・・・


これが案外、引き込まれるんですよ。


あずきちょっと~カラー


もちろん、人によって上手い下手はあるけど、案外面白いの。

てか、中高年で埋まった会場は、それこそ 爆笑の渦 だった。
((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


なるほど~
やっぱこれを見に来ている方たちは、基本落語愛好家。
うちのような田舎だと、寄席に行く機会なんてありませんから
皆さん単純に、生の落語が聞けて、嬉しいんだと思うわ。

けど、ワタシの中では、正直、落語って、やや ”古い” イメージだったの。
だから、いわゆるダイマル・ラケット師匠の漫才を聞きに行くような感じ?

だけど、案外、古くなかった。

っつーか、むしろ うちらは
マジで笑っちゃった。

s-旦那さん大笑いあずき爆笑


というのも、あたしゃ知らなかったんだけどさ~

古典落語とはいっても、演じ手によってアレンジが許されているみたいなのよ。
だから、若い人がやると、割とピン芸人に近い感じだったの。

けど、コントや漫才のネタと違い、落語は安心して見ていられた。
オカンを喜ばせようと出掛けた落語だったけど、行ってすごく良かったわ。

あ、そうそう。
昨日は、オカンの (ほぼ) 誕生日 だったから。

オカン自信あり

(ちなみに正確には2/29ですが、今年はありません)


ですから、その後うちらは、久々に三人で外食もして帰った

おかげさまで、昨日は一日中、笑顔の絶えない休日になったのだ。





あなたからも誕生祝いをお願いします☆
てか・・・

バナー許しません
★人気ブログランキングへ投票★
11:30  |  毎日の日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

いいなあ。おかんさん、よろこんだでしょうねー。落語っていいもんですよー。わたしもCDでききたくなっちゃいました。

浅草と上野にいったことありますけど、浅草の方がこじんまりしててすきでした。浅草のは、のこぎり演奏とか切り絵師とか講談師とかもでてきて(もちろん漫才師も)、あ、皿回しとかも、1日すごせて、お得感ばっちり。

オリンピックおわっちゃってなんかさみしいなあ。またふつうのつまんないテレビ番組にもどっちゃうのがつまんないです。
はなこ |  2010.03.01(月) 12:10 | URL |  【編集】

笑は大事よね~♪

健康&美容&脳活・・・
すべてにおいて大事らしいですよ( ^^) _U~~
プチトマ |  2010.03.01(月) 15:21 | URL |  【編集】

奇遇ですね

私の義母も2月29日生まれです

2月28日はまだだと言うので、誕生祝は
3月1日にやってます(つまり今日)
・・・女心ですかね?

落語寄席、もう何年も行ってないけど
懐かしいですね

昔は週末(当時は土曜日)仕事帰りに
浅草今半のすき焼きか、駒形どぜう(どじょう)
で腹を満たしてから、浅草演芸場で大笑い

その勢いで銀座か、あるいは吉原・・・(独身時代)


今のM-1とかレッドカーペットの笑いとは異次元の
面白さがありました
いや、どっちもどっち、面白いですけどね

ナンというか鮎の塩焼き
くねくね曲がった身を一本の串でピンと貫く

落語の話ってのはそんなもんだと思いますが





酔虎 |  2010.03.01(月) 16:01 | URL |  【編集】

落語好きです

私は落語が好きですが、寄席に行ったことがないんです。
いつもCDで・・・

きのう「円楽さん」のCDを買ったばっかり。

あずきさんがうらやましい(>_<)
rera-m |  2010.03.01(月) 19:44 | URL |  【編集】

ハナシの途中で

噺家さんが、羽織を脱ぐ、その瞬間が、たまらなく好きです。

流行の若手芸人にはない色気がありますよね。

そして、噺が終ると、そのままスッと下がって、
若いもんが羽織を取りにきて、めくりをめくる。

美しく洗練されたスタイルがあって、それでいておおらかな柔らかい笑い。
後味も気持ちイイですね、落語は。

あずきさん、次回の旅行は「浅草落語ツアー」なんてどうですか?
観音様にお参りして、花やしきで遊んで、浅草演芸ホールで落語を楽しみ、
夜は今半のすきやきか、駒形どぜう。もちろん酔虎さんのおごりで。。
きらりん |  2010.03.02(火) 00:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1271-f3cb7af1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。