2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.31 (Thu)

シロートの栗きんとん

こんにちは、あずきです。

昨日は、うちの旦那さんが作る 『割烹の黒豆』 をご紹介しましたが
我が家には、もうひとつ、必ず作るおせちがありましてね・・・。

それは、ワタシが作る 栗きんとん。

あずき顔てへっ

これはモチロン、店用じゃなく、家で食べるだけなんですが・・・

実は子どもの頃のワタシは、やたらと料理する、ちょっと変わった子でね。
これをはじめて作ったのは、たしか小学校5年生のとき。
だから、別に結婚してから作り始めたワケじゃないの。

作ったキッカケは、たぶん単純に 「たくさん食べたい!」 と思ったから。
あたしゃ、とにかく甘党だったし、うちの実家は8人という大家族。
だから、ちょっとばかし買ってもらったって、皿には舐める程度しか、もらえないワケよ。

けど、家庭科の教科書を見てたら、その作り方が書いてあってさあ
あたしゃそこで、案外簡単に出来るのだと知ったの。

それに、「栗きんとん」 ったって、そこに書いてあったのは、”栗の甘露煮入り芋きんとん”。
だから、栗の量さえケチれば、材料費なんて、ほんの僅かだ。

でね、作ってみたところ、その年は、出来あい1パック分の値段で
お重に入りきらないくらいの栗きんとんが出来ましてねー。
セコビッチ的には、”やった!” って感じ。

セコビッチ ケチ


しかも自家製だから、甘さも控えめ。
だから、親戚連中にも、たいそう好評でしてね。
以来、毎年ワタシが作るのが定番になったのだ。

っつーワケで、今日は、今頃教えてもらっても遅いでしょうが・・・30年前の家庭科の教科書が元だという

あずきサン的「シロートの栗きんとん」 をご紹介しましょうかね。


あずき顔提言


てか、もっと早く載せたかったけど、うちも昨日作ったから、記事が間に合わなかったのよ。
なので、まあ、来年のご参考にでもしてください。


ほんじゃ
まずは、さつま芋の中でも、なるべく太めの金時芋を買ってきてください。


金時さつま芋


でね
それを2センチくらいの輪切りにして、皮をけっこう厚めに剥くの。

もちろんワタシの場合は、剥いた皮も、捨てずに、ふかして食べますよ。
捨てるなんて、勿体ないなから。

栗きんとん (5)


そしたら、 それを ”ミョウバン水”(水に ”焼きミョウバン”を適量溶かしたもの)に、30分くらい浸けてください。
これをするのは、色をきれいな黄色に仕上げるため。
クチナシの実でもいいけど、ワタシは昔から、焼きミョウバンでやっています。

で、そのあと、水を何回も替えま~す。


栗きんとん (2)


でね
これを、柔らかくなるまで火にかけます。
今回は、たまたま蒸しましたけど、もちろん茹でてもいいわよ。


栗きんとん (3)



で、時間があれば、この時点で、裏ごししてもいいのですが・・・・

栗きんとん (4)


ただ、ワタシの経験からすると、裏ごしは、最後にした方が一度で済むの。
なので、時間がないアナタは、うんと柔らかくなるまで茹でたら
水だけ捨てて、ザッとつぶしといてください。

で、ここに、ワタシの場合、さつま芋の正味に対して二割くらいの砂糖を加えます。
ただ、これは、あくまでワタシ的にベストな甘さなので
砂糖の量は、各自お好みで。

それを、また火にかけるのですが・・・
おそらく、つぶした芋と砂糖だけでは堅過ぎるハズ。
なので、この時点で、ゆるくなるまで、お湯を加えてください。

で、砂糖が溶け全体がペースト状になるまで、弱火で練り上げる。

けど、裏ごししたとしても、なぜか、この程度のダマダマは残りますのでねー


栗きんとん (7)


結局この段階で、もう一度裏ごしすることになるのよ。

だから、最初はザッとつぶすだけでもいいの。


栗きんとん (8)


もちろん、裏ごしなんかしなくたって、食べられますよ。
けど、やっぱ、芋の繊維が舌に残るのってイヤじゃない。

それに、裏ごしも、これぐらいユルいペースト状からなら、案外ラクに出来るの。
逆に、芋の状態で裏ごしする方が、ずっと大変。


で、そこにみりん少々(イモ300gに対して大匙1くらい)と、栗の甘露煮のシロップを加えていただき、再度火にかける。(弱火)

最終的には、だいたいこれ位の柔らかさになると思ってください。




栗きんとん (9)


コツとしては、おそらく 「ちょっと柔らかいかな?」 くらいで止めた方がいいです。
どうしても、冷めると硬くなりますから。

で、火を止める少し前に、栗の甘露煮と、塩ひとつまみを加えてくださいな。
あとは、全体を、かき混ぜればOK.

栗きんとん


ちなみに、うちの場合、きんとん部分が出来上がったら、半分を 「栗きんとん」 にし
もう半分は、「リンゴきんとん」 にするの。

これは、二年前読者の方から教えてもらったんだけどね・・・・
ワタシ的には、むしろ栗よりも好きかも。
芋+栗だと、甘+甘。しかも、両方、胸に詰まる系だけどさ~
リンゴだと、甘+ちょっぴり酸。 しかもシャキシャキ感+ジューシー感があるので、そこがいいのだ。

この場合も、リンゴをイチョウ切りにして、何も加えず鍋でチャチャっと炒めるだけです。


リンゴきんとん


それを、きんとんに混ぜたら完成。


リンゴきんとん


加えるリンゴの量も、テキトーでいいっす。




さて、こうして今年も、二種類のきんとんが完成。


きんとん2種


特に目新しいこともなく、今年も定番の年末風景ですな。





ほんじゃ皆さん、今年も一年、読んでくださってアリガトウ。


お辞儀-小アニメ

本年の「あずき日記。」は、これにて終了で~~す!





バナーバイバイ
★人気ブログランキングへ投票★

さあ、今年の押し納めを、お忘れなく!!
11:30  |  たべもの全般  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

栗きんとんの思い出。

ワタシは伊達巻とかきんとんはあんまり好きじゃないんですが、
実家の2番目の兄が甘い物大好きだったので
母がこんなふうにきんとん作ってました。

その兄は優しくてとてもいい人だったんだけど、
何故かお正月にトラブルを起こす人で、
大晦日にテレビをショートさせたり、ストーブで布団を燃やしたり、盲腸になったり。。

正月早々、手術した兄。医師から食べる許可もでた頃、
「何食べたい?」と聞いたら、「栗きんとん」って即答でした。

ワタシたちは食べるものと、TV番組で、一年の節目を味わっている
と言っても過言ではないですね。

あずきさん、今年一年、楽しませていただき、ありがとうございました。
また新年からもよろしくお願いします☆よいお年を!
きらりん |  2009.12.31(木) 14:21 | URL |  【編集】

コメ納め

長い放浪の旅から戻ったら、もう今年も終わり
留守の間も地道にブログを更新してたようで
根気のよさは折り紙つきだね

とにかく一年間お疲れ様
皆さん癒されたり楽しんだり
かく言う私は冷やかしがいがあったり

フーテンの酔虎だから、いつまた流転の旅にでるか
分からないけど、もう少し居座るつもりです

来年もよろしく、よいお年を
酔虎 |  2009.12.31(木) 14:41 | URL |  【編集】

コメ納め2

栗きんとんって我々のギョーカイではクリントンを言うんだけど
このタイトルは、「外交素人のクリントン」と言う意味に
なるんで、思わずブハハ!でした

NYは警戒モードのようだけど、わが愛するおはなはん
ダイジョブかな? よいお年を~!
酔虎 |  2009.12.31(木) 15:08 | URL |  【編集】

以前、あずきサンの記事にあった栗きんとんと林檎きんとんを作ってみようと、栗の甘露煮は早々と買ってました!林檎もあるのですが、肝心の芋がない
31日から休みの予定だったから、正月っぽいものを作ろうと張り切ってたのに、旦那が急遽『年内は無休』と言い出し、なんかやる気が失せて…
けど、今日の記事読んで、やる気がでました!少し早目に店を閉めるらしいから、終わったら芋買いに行きまーす良い芋あるかなー。

昨日の記事にある、『ザ.鉄玉子』。私も持ってます!私は黒豆派だけど、家族は赤豆派なんで。ま、一回しか使ってないですけどね

今年も心の支え、癒しになった『あずき日記』に感謝です来年もよろしくお願いします
ゆきこん |  2009.12.31(木) 17:03 | URL |  【編集】

あずきさん
あたしもきんとんすきです。なつかしいなあ。こちらのいわゆるスイートポテトっておれんじなんですよ。ほんで日本のさつまいもとくらべて、甘みもすくなめなきがするのね。オレンジのきんとんって作る気、どうもしなくって。

きらりんさん
お兄さん、かわいいじゃないですか!きっと、お正月にはぜったいぼくのことおもいだしてね、ってそういうことしたんですよー。

じ、じつは!!!わたしも「大晦日になんかやらかす」やつとして、毎年語りぐさになっています。。。一番ひどかったのは、「母ちゃん達が買い物言ってる間に窓のふきそうじして」っていわれて。その窓は居間から前庭にでていけるでっかいやつなのね。でも、その前にウチで飼ってたよだれだらけのでっかい犬という妨害がありまして。窓の反対側にいた、犬は遊んでもらってると思って、大興奮しちゃって、飛んではねて、余計に窓よだれだらけ。基本的に短気なわたしは、咄嗟に蹴るまねしたのね、そしたらとびはねなくなるかな、って思って。そうは問屋がおろさなくて、かかとからががーんとおもいっきしまどにけりがはいって、窓全部きれいにわっちゃったの。犬はすごいですね、いぬっころは反射神経よくってささっとどいて、無事。あやまりまくったんだけど、しかもまだ遊んでもらってると思ってる。大変なのはそれから。かあちゃんにはどなられるわ、おこられるわ、電話帳片手に大変。年末にガラス屋さんにきてもらうのってほんっと大変で、近所の小学生のころの同級生のおうちのガラス屋さんにやっときてもらいました。。。でも一日でっかい窓がなくってすごいさむかったです。しかも段ボールでふさいでて、なんかかなしかったわー。

スイコさん
昨日すごくおそーく帰ってきたんですよ、わがままな患者さんがさいごで、精神的につかれきってたんですけどね。そうそう、グランドセントラル駅に地下鉄とまらなかったみたい。私は大丈夫ですよー。つむじ曲がりなので、NYCの大多数に反して、わたしは小さい政府を支持してるので、クリントン夫妻や現政権に好感もつのは不可能です。
はなこ |  2009.12.31(木) 20:00 | URL |  【編集】

作りました

私も今日栗きんとん作りました。
栗ケチりすぎて、お芋ばっかりになっちゃいました。
あり得ない大量にできたのですが、半分リンゴにすればよかった~~もっと早くにこの記事を見ていたら!

来年もよろしくお願いします。
shiho |  2009.12.31(木) 23:09 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

きらりんサン
>>ワタシたちは食べるものと、TV番組で、一年の節目を味わっている
>>と言っても過言ではないですね。
そうですね。
黒豆や栗きんとんを、普段から食べようとは思わないけど、お正月には外せません。
てか、やっぱ、元旦からトーストじゃあねぇ・・v-356
ワタシたちは、おせちやお雑煮味わうとことで、新たな年を感じているのでしょう。

酔虎さん
>>長い放浪の旅から戻ったら、もう今年も終わり
ええ、酔虎さんが突然消えてしまったので、読者の間では、すごく心配の声が上がってたんですよ。
それだけ酔虎さんのコメントは、俳句を含め、存在感感があったのです。
何はともあれ、今年は戻って来てくださって、良かった良かった♪y(^ー^)y

ゆきこんサン
げっ、ゆきこんサンとこは、31日まで営業したんだね!
じゃあ、正月準備なんて、なんも出来なかったでしょ?
けど、リンゴきんとんは、普段作っても、子どもたちのオヤツになるよ。
きんとん自体は冷凍できるから、時間のあるときに作ってみてね~!

はなこサン
あら~~(;¬∀¬)ハハハ…
大晦日に正面の窓が段ボールって・・・・
近所の手前、けっこうキツイ感じですよね。
さすが、はなこサン、幼少期からアレだったんだぁ~。

shihoさん
そうでしょうねぇ、たしかに記事を載せるのが遅いんですよ。スイマセン・・・
けど、栗きんとんは、余りそうだったら冷凍出来ますよ。
とはいっても、きっとペロッと食べちゃうでしょうけど。
ブログ拝見しましたけど、shihoさんのおせち、すごくおいしそうでしたもの(pq´ω`*)
あずき |  2010.01.02(土) 09:03 | URL |  【編集】

じ、じつは。。。これがおこったのってね、幼少時代じゃないのよおお。あたしゃ、だいがくせいだったのよおおお~たしか、はたちすぎだったかなあ、あれえ?

一言弁解したかったのだー。これで私の株もあがったかな、わははは。すごいだろー。

あずきさん、なんでもがんばりすぎないように。ただえさえ、熱いお鍋はこんで、ぼろぼろになりながらおさらあらったりしてるのに。ブログなんだから、お遊びなんだから、手を抜いて。レスなんて読者にまかせればいいのよ、ほら、あたしとか、ほかにも常連さんで横やりだいすきなのばっかだしー。あはは。
はなこ |  2010.01.04(月) 04:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1205-05c3c403

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。