2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.26 (Sat)

再考「40歳カステラ論」

こんにちは、あずきです。

さて・・・・
ワタクシ今年の誕生日は、自分的にもシレッと迎えたんですがね・・・・

去年は40という節目だったせいか、実はこんな記事を書いております。
→ 『40になった気持ち』

でね
その中でワタシは、40になったことに対して、こんな風に言っているのですが・・・・

本日あえて再掲載してみます。
なんとなんく覚えているという方も、いらっしゃるのではないでしょうか?



ただ、漠然と、「後半戦に入った」 感 はあるのです。

すでに半分は生きた気がする。




でもね・・・・、半分とはいえ、

「いい方の半分が過ぎてしまった」

という淋しさもあるの。




s-ケーキ


青春とか恋愛とか、仕事・結婚・出産・・・・・・・




オイシーとこは全部前半にあって






もう、これくらい食べちゃったような。



s-ケーキ残り


そんな風に思ったりしませんか?






ワタシねー
今これを読んでみても、この 「40歳カステラ論」 って、あながち間違ってないと思うの。

だってワタシ自身の身の上にも、この一年で、華やかなことなんて一切ナシ。
出会い系でもやらない限り、もう恋愛なんて、あたしゃ死ぬまで無理だろう。

そーなのよね。
たしかに、若いと言うだけでチヤホヤしてもらえる時代は、とうに過ぎた。
40代になったうちらは、「○○さんとこの奥さん」 とか 「○○君のお母さん」 とか・・・
あらゆる場面で、今や脇役。

昔は、イチゴやブルーベリーのように、載っかってるだけで評価されたのにさぁ~
今は、どっちかっていうと
カステラ同様、「いて当たり前」 「やって当たり前」 という存在になっていると思う。


けどね
41になった今のワタシは

「カステラも馬鹿に出来ない」 と思ってんのよ。

あずき顔提言


だって、介護とか店の仕事とか・・・・
一見地味に見えることの中にも、キラキラしたものは、いっぱいあるもの。
要は、自分の感受性次第だ。

てか、どんな派手にデコレーションしても
パッサパサのカステラじゃあ話にならないものね。


おそらくこれから先、ワタシに劇的な変化は訪れないだろうけれど・・・・
ヒトとして試されるのは、むしろこれから。
まわりの人といい関係を築き、”何気においしい”っつー存在でありたい。

41になったワタシは、「40歳カステラ論」を、こう締めくくります。







バナーケーキ

今年は食べていませんが、押してください。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆

11:10  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

華やかなのは前半戦ですが

後半戦も居心地良いよね^^;
後は来るべきお見送りが誰をどんな風に送るかは謎だけど、場合によっては私が先かもしれないしさ。
今ためてる元気エネルギーでなんとか乗り越えたいものですv-91
母A |  2009.09.26(土) 12:40 | URL |  【編集】

うまい!

うぅ~んなかなか面白い「カステラ論」。
当たってるね、前半のチヤホヤなんか・・・

50代も後半に入りかけている私としては、カステラ論から見るとかなり底に近づいていると思うんだけど。

底のあの紙にべったりとついた濃厚なカステラって一番おいしいところでしょ。
最後に近づくにつれておいしい(いい)人生だったと思えたら最高だね。
それにむけて地道に自分らしく行きまっしょい!
rera-m |  2009.09.26(土) 13:29 | URL |  【編集】

隠れた美味さ!!

40歳『カステラ論』 に賛同のポチッ!!

rera-mさんにも 賛同のポチッ!!

私も カステラには 隠れた美味さ あり!!
と、おもてます。
土台無しでは 始まりませんよ!!  ぐらいの強気で行ってもおもしろいんではないかと・・・。

マイペースに いきまっしょい!!
塩姉 |  2009.09.26(土) 17:55 | URL |  【編集】

味ある例え

真面目に仕事一所懸命にやってくるとふと思うこと、
なるほど納得です。

まあ40歳でご夫婦二人でお店を切り盛りしているのを見ていたら、ちょっとやそっとで妖しい声をかけるひとはいないでしょう。
独身の女将なりママさん、あるいは別の職場で働いていたなら冗談半分また機会を逃したかバツ一おじさんが迫ってくるかもしれません。
若い時や結婚前のようにごじゃごじゃ言い寄ってくる、誘ってくるのをああだこうだと言い訳を繰り返すのも面倒なものだろうとも思います。
そんな場面をしょっちゅう目にしていたら御亭主も仕事できません。逆の立場もしかり。
惑わず!落ち着いて仕事も生活もしてもらいたいものでしょう。

カステラもアラフォーも大好きです。
海外の人へのお土産は日本らしいものも用意しますがカステラが万人向きで無難と思い必ず買っていきます。
渡す自分はドイツ風の重い固いパンになっています。
bagabon |  2009.09.26(土) 19:57 | URL |  【編集】

なるほど

そうですよね、なんかわかります!
私もここ一ヶ月、2ヶ月で、あたしったら、こんなこと、あんなこと言っちゃっていけないわ!ってのがすごかったんですよ。そんで、夫にはいっつも「言う前に考えろ」っていわれてたんですけど、私には伝わらなかったんですね、あたまの中の壁がぶあついみたいで。要は「自分がこれから言うことを言われる人の身になってみて、それに対して言われたらどう感じるか考えてみて、それから言うか言うまいかきめろ」ってことだったんですけどね。そんで、いままでいろんな失言が許されてたのは、「若かった」から、小生意気なこと言ったって「かわいい」ってゆるされたんだな、って。でもねー、もう40ですから、もう、こうはいきませんから、いろいろときをつけないといけないなーって。だもんで、電話の前に、紙はってあります、「いつでも、どなたにも、優しく丁寧に誠意を持って対応する」みたいなことかいてあるんですけどね。いつでも肝に銘じてないといけませんから、わたし。

カステラおいしくないとケーキほんっとまずいもん。

あ、音楽?あたしが聞くのはしんじゃったクラッシックのピアニストがほとんどです。死んじゃった、というのが重要なカテゴリーではないんですけど、好きなピアニストがみんなほとんど死んじゃった人達なんです、ドイツ人とかポーランド人、第二次大戦のころピークだったひと、戦後ピークだったひとなんかかな。最近のピアニスト達のコンサートとかは、聴いていて、「もちろんプロだからきちんとひけてるけど、どうしてそんなにつまんない弾き方しかできないのかな。お話をするかんじで弾いてくれないと、葬式にでてるみたいじゃんよ」ってつい本読み始めたりしちゃうの多いですよ。もちろんそうじゃないときもあるんですけど、少ないんです、良いコンサート、それで、どうして、こんなんでみんな拍手するのかな?って。連れて行かれても「こんなんだったら、家で、ケンプとかギーセキングとかをハイファイ(夫が凝ってるステレオ)で聴いた方がよかった、こんな高いチケットもったいない」とかぶーたれます。いやなやつです。しかも、去年3回コンサートチケット買ったくせに、引っ越しでみっかったのが、コンサートのあとだったりして、自己嫌悪ばっか。夫も私に影響されて、殆どクラッシックです。今2人ではまってるのが、でっかいむかーしながらの、オーケストラで、圧倒されるのが楽しいです。元東ドイツ系のGewandhausというオーケストラなんですけど、でっかい太鼓をたたくおっさんが、いつでるかなーってわくわくしながらみてました。
はなこ |  2009.09.26(土) 20:03 | URL |  【編集】

私は年女(48歳)、小波です。
たまたま今日、ケーキを食べました。
カステラのおいしかったこと♪

カステラ説に、一票!!
清き一票!!

ただ、私は明るい思春期を過ごせなかったので、
学生生活も暗くて、いまだに同窓会とか、行かないので、
22歳過ぎから、イチゴが載りました(笑)。

また、流産や育児ノイローゼ、オットの出社拒否など、
結婚してからも、なかなか、波乱万丈だったと思うのですが、
本人だけが、そう思ってるのかもしれませんね。

息子が中2の最近は、
半分大人の会話もしつつ、反抗期もありつつですが、
私の精神状態としては、今が一番、落ち着いてる感じです。

イチゴと生クリームが終わって、しっとりカステラなったからですね。
小波 |  2009.09.26(土) 20:37 | URL |  【編集】

ワタクシがPCから離れて、原始的な生活をしていた間に
あずきはんがひとつ、年とってた!!
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます~。( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!

去年の記事、そうでしたね、思い出しました。
ワタクシも苺はとっくに食べ終わって、カステラ突入ですから、
やっぱしっとり美味しいカステラを楽しめるように
毎日地道に楽しく生活できたら良いな~って思います。
てかホント、苺が乗ってた頃のワタクシはアフォ丸出しでしたし。(笑)
・・・いや、今もか・・・?( ̄∇ ̄;)

あずきはんのカステラがこれからもドンドン、
ひたすら美味くなりますように♪
・・・てか、ただのカステラって思って食べ進んでたら
アズキが出てきたりとか、するんでしょ。(笑)
ツイテル~♪みたいな。(∀*)
はちみつココア |  2009.09.26(土) 22:01 | URL |  【編集】

親達と3人の暮らしがず~~っと続くのかと思ってたら、44で恋をしました。

それから10年・・・以前と比べてかなりアクティブになった私がいます。

10年前なら絶対出席しないような記念式典に、昨日日帰りで(JRで片道3時間)出席して、2次会にもしっかり出て、最終の列車で帰ってきました。

そんな私は、ロールカステラ?
今が真ん中の美味しいクリームの部分・・・。か・・・?
robo |  2009.09.27(日) 09:07 | URL |  【編集】

ケーキは両方いっしょに食べるけど。。

上半分は甘いだけじゃなく、酸っぱくもあり、苦くもあるよね。

自分のためにがんばって評価も自分のものだった頃と、
今みたいな誰かのサポートにまわる毎日、
両方あってチャラなのかな?

カステラの紙にくっついた濃厚な味は地味ながら、とっても滋味。
それを堪能した後で、さらに、第3のステージというか、
デザート後の、コーヒーと小菓子みたいな
おまけの美味しさを味わうときがきっと来る、と思ってます。
きらりん |  2009.09.27(日) 13:21 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

母Aさん
>>後半戦も居心地良いよね^^;
まぁ、たしかに。
ハラハラドキドキする毎日は、今だとちょっとシンドイかも。

rera-mさん
そうそう!
カステラって、上の方と下の方では、微妙に味が違いますよね。
たしかに下へ行くほど濃厚です。

塩姉さん
ケーキ本来の美味しさが、試されるのはこれから。
そーよね、自信を持って頑張らねば!

bagabonさん
いえ、あのその・・・v-356
あたしゃ別に、そーゆー意味で言ったんじゃないのよ。
浮気願望はありませんから、その点はご安心ください。

はなこサン
う~ん、はなこサンのケースはよく分からないけど
やっぱ年と共に、「我の強さ」は抑えた方がいいのかも知れません。
さりげない気遣いの方が、結局注目されるのだと思います。

小波さん
そうですね。
どんどん違う味になった昔と違い
今は、”安心できる”っつー良さがあるのかも知れません。

はっちー
ええ。
ワタシの場合、おそらく何かしら出てくるでしょうね。
自分でも、このまま終わるとは思っていません。(ヾノ">∀<)

roboさん
へ~、
じゃあ、roboさんは遅咲きのタイプだったんですね!
たしかに今流行りのロールケーキかも。(*^艸^*)

きらりんサン
うちの婆ちゃんなんて、今まさに”おまけの美味しさ”を味わっているとこ。
この先、何が起こるかなんて、誰にも予想できないですよね・・・。
あずき |  2009.09.27(日) 14:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1111-ebf5d679

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。