2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.22 (Tue)

婆ちゃんの近況報告

こんにちは、あずきです。

昨日は 「ワタシの誕生日」 っつーよりも、全国的には 「敬老の日」。
うちの婆ちゃんも、お祝いしてあげるつもりでした。

けど、あのヒトったら、昨日もデイに行っちゃったのでねー・・・

┐(・´д`・;)┌

ワタシは渡そうと思っていたモノも、渡せてないワケ。


なので、 「敬老の日」 の話題は、もう少し待ってね。

あずきどうもスイマセン


ただ ”最近、婆ちゃんの登場が少なく淋しい” というご意見がありましたので・・・
今日は小ネタを繋ぎ合わせ、とりあえず近況報告でもしておきましょう。



え~・・・・

彼女のことは、里帰り以来、書いていないのかな?
ほんじゃ今さらだけど、この写真から。

福井から帰った夜、うちらは一緒に花火を見たのよ。
とはいえ見た場所は、手近にマンションの上の方。

風呂の椅子に座らせてるあたりが、やや貧乏くさいんだけどさ・・・
何万発も上がる花火大会に、婆ちゃんは 「まだ終わらんのか?」 と驚いていた。


花火を見る婆ちゃん


それとね。
福井へ行って以来、婆ちゃんには、ちょっとした変化が生じたのよ。

それはオカンにも、「ありがとう」 と言うようになったこと。

s-あずき提言 (2)


モチロン、うちらや他の子どもたちには、ちゃんと言ってくれてたんだけどさぁ~
なぜかオカンに対してだけは、ヘンな意地を張っていた彼女。
まるで、「言ったら負け」 のように、本人の居るとこでは、絶対お礼を言わなかったの。

けど、福井から帰る途中で、つい本音が出ちゃって。

プッ


うっかり (?!) オカンにも、「帰らせてくれて、ありがとのぉ~」 と言ってしまったみたい。

恥じらう 笑う 言う 赤面


それまで、「少しは感謝せんかい!」 と怒っていたオカンだけどさー


その時は、急なことだったので、しばしボー然。


オカンにらむ

お互いすごく照れていて、なんだか可笑しかったわ。


けど、一度言ったら、ラクになったのかしらね?
今では、時々「ありがとのぉ~」 と言っているみたい。
前の日のショートステイが余程イヤだったのか、田舎で何か思うことがあったのか・・・
理由はよく分かんないんだけどさ。

なんにせよ、素直になれたのはイイこと。
結局婆ちゃんにとってオカンは、かけがえのない存在なのだ。


っつーかね。
ワタシも彼も、そんな二人が大好き。

この夏は大好物の 「ウナギ」 もよく焼いてあげたし、うちで 「すき焼きパーティー」 もしてあげたし・・・入院中に 「してあげたい」 と思ったことは、この半年で、ほぼしてあげられた気がするの。

そういう意味では、うちの場合、「敬老の日」 なんて、あまり関係ないのかもね。

だってワタシは、いつだって思っているもの。





「みんなで過ごせる時間が

出来るだけ長く続けばいいな」
って。



4人仲良く






婆ちゃんファンの皆さん、こんなもんでよろしかったかしら?

バナージェンガ

納得出来たら、押してください。

★人気ブログランキングへ投票★

てか、納得出来なくても、とりあえず。
12:34  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

またまたいい話を。。。

いやー、リクエストにおこたえしてくださって、うれしいわあ。
あずきさんは敬老の日なのね。だからおばあちゃんにやさしいんだね。ってさ、これあたしらがちっこいころ、15日だったんじゃん?あたしは墓参りの日だから、ぼたもちがすきなのよ。

花火の眺め、さいっこうじゃないの!風呂場のイスはあれはちょうどよさそうなたかさでいいじゃないの。風呂といえば、あたし、あかすりかいました、ええ、25年ものはもうお陀仏にしてあるんだけどね。日本雑貨店にいって、「きがついたらあたしの毛玉だらけだったんすよ。やっぱおんなとして、相当やばいですかねえ」って男の店員さん(30代)にきいたら、わらわれました、いいの、40歳だから、もう、おわってんの。

そうなんだー、ありがとうって言葉ってなかなかでてこなかったんですよ、義母も。あ、最初はいちいちいってたわ。でも、毎日10分おきなんかになんかするたんびに、いちいちありがといってたら、きりないからだったのかな、とか、慣れだなちくしょうとかおもってたんですけど。ま、いっしょにいて、「あんたありがとありがと、うるさいで!」って怒ったりするひと、いるかもしれないですよね。心を開いて素直になれたというのは、おかんさんにもご家族にも、ほんとによかったですね。
はなこ |  2009.09.22(火) 15:56 | URL |  【編集】

特別な日

のようにそのときだけお祝いしたりするより
日々同じ気持ちで接しているのがほんとは当たり前のなんでしょうね。
同じ気持ちを持ち続けるのはなかなか困難で
つい慣れちゃうから きっかけとしての「~の日」は
やっぱありがたいかな。
かなり大きな花火大会のようですね。
自宅からかなりな迫力で観ることができるなんて
うらやましー。うちは小さめで三箇所くらい見れるんですけど 音が随分後から聞こえてきてなんか残念な感じです。

遅くなりましたがお誕生日おめでとうございまーす。
lei |  2009.09.22(火) 16:24 | URL |  【編集】

長くともに生きるヒケツですね。

おばちゃんがオカンさんに「ありがとう」を言えるようになったことは
やっと、現実とホンネの辻褄が合ってきたというか、
アクシデントから始まったこれまでの生活を
これから先もずっと続けていくのを受け入れて
ともに生きていこうとするココロの現われですね。
お互いに気持ちが楽になったのではないでしょうか。

新しい局面に入ったという感じですね。
きらりん |  2009.09.23(水) 00:47 | URL |  【編集】

家族の輪

上手くまとまって 胸にくるええ話です。

何かにつけてありがとうを連発していると気持ちがこもってなく軽く思われないか気になるし、丁寧に言い過ぎると家族の中で重た過ぎる感じにもなるし

毎日顔を合わせて生活している家族同士であらためて口に出すのも他人行儀で気恥ずかしいものです。

おはよう、ごちそうさま、と同じようにありがとうも潤滑油と思って言えたほうが気遣い摩擦が少ないとは分かっているのですが・・・
女性陣より男同士の親子間では更にぶっきらぼうで面倒なものであります。

bagabon |  2009.09.23(水) 05:03 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

はなこサン
>>あずきさんは敬老の日なのね。
ええ。
昔は9月15日生まれの子のことを、「年とったら敬老の日と誕生日を一緒にされんねん」と憐れんでいたのに・・・。
まさか自分がそうなるとはね。(-ω-;)

leiさん
普段は夜仕事なので、花火大会なんて見られないのですが・・・
今年はたまたま休んだので、婆ちゃんと一緒に見ることが出来ました。
音は聞こえなかったけど、疲れなくて丁度よかったです。

きらりんサン
>>新しい局面に入ったという感じですね。
ああ、そうかも知れませんね。
たしかに以前と比べ、この生活を受け入れてる感じ。
福井の家に帰ってみて、腹が決まったのかも知れません。

bagabonさん
>>上手くまとまって 胸にくるええ話です。
ありがとうございます。
てか、bagabonさんのコメントも、上手くまとまってて、ええ感じちゃう?
やっぱコメは、記事本文を映す鏡なのねーv-356
あずき |  2009.09.23(水) 13:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/1105-29b61186

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。