2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.21 (Wed)

帰るとこもナイ

今日の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第6回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」

さて、
うちらがランチで行き詰っていた頃、また新たに、悲しい出来事が起こりました。
ワタシの実家が、家族バラバラになってしまったのです。
結局、父に裏切られる形になった母と妹は、住んでいた家を飛び出し
その数か月後、両親は正式に離婚しました。

けれど、そういったことを、ワタシはしばらく知らされていませんでした。
というか当時のワタシは、実家に出来るだけ連絡しないようにしていたので
まさかそんなことになっていようとは、夢にも思っていません。

ですから、それを知らされたときは

まるで、頭を拳銃でブチ抜かれたような気持ち。


電話でショック


が・・・・

なんとか昼の営業は、しました。
完全に ”上の空” ではありましたが、とにかく、するにはしたのです。

けれど、休憩時間になっても、心臓のバクバクが止まらず
ワタシには、心の持って行き場がありません。
もちろん彼には、一応話しましたが・・・・
うちの家族と彼とは、会った回数さえ知れている。
ワタシの気持ちが解ってもらえるとは、とうてい思えなかったのです。

うちの実家は、すごく複雑だったし、貧乏だったし。
子どもの頃から、嫌なことは、いっぱいありました。


けれど、今になって、また、こんな問題が起きようとは・・・・

ワタシはこの時、「神さまって、なんて意地悪なんだろう」 と思った。



ワタシは、とにかく一人になりたくて、川原まで走って行きました。


あずき走る



そして、しゃがみこんで、オイオイと泣きました。


泣く 悲しい



けど・・・
嫁いでいるワタシでさえ、こんなにショックを受けているんだもの。
家にいた母や妹は、どれほど辛かっただろうか。

ワタシは彼女たちのことを思うと、すぐにでも会いに行きたい気持ちでした。
そして、彼女たちに、「ワタシがついてるよ」「大丈夫だよ」 と言ってあげたかった。

けれど、今のワタシでは、店に縛られていて、会いに行くことさえ出来ない。
そして何より、今現在は、ワタシ自身が、全然大丈夫な状態じゃない・・・・・。

結局ワタシは何もしてあげられず
母はカラダ一つで、福井の実家に身を寄せることになりました。
本当なら、あのとき「一緒に住もう」 と言ってあげたかったけど
当時はそんなこと言える立場ではなかったのです。


が・・・、そのことをキッカケに、ワタシは少し変わりました。

もうワタシには、帰るところなんて、どこにもないのだ。
母だって妹だって、これからは自分ひとりで生計を立てていかねばならない。

ワタシがここから逃げ出したって、結局は自分ひとりで食べていかなければならない。
だったら現状を受け入れ、とにかく二人で借金を返していこう、と。

そんな風に腹をくくったワタシは、
ランチをやめて時間が出来た分、パートに出て働くことにしました。
他所で働くなんて格好悪いけど、もうそんなこと気にしていられません。
てか、パートだったら、時給何百円の世界。
とにかく行った分だけは、確実にお金が入るのですから。

そんな訳で、朝は家事を終えてから、3時頃までパートに行くようになりました。 
で、それが終わり次第、店へ行き、夜中まで女将さんの仕事。
家へは寝に帰るだけのようなもので、のんびり過ごす時間など、ほとんどありません。
で、その後その生活は、約10年続くことに・・・。

けれど、そのおかげで、借金の返済も終わり
途中からは、そのお金を貯金に回せるようになりました。
おそらく、そのときのお金がなければ、今のマンションのローンも組めなかったことでしょう。
結果として、彼のお義母さんや母と暮らせるようになったのですから
とりあえず、働きに行ってよかったと思っています。

でも、あんな生活・・・・・・
やはり、若かったから出来たんでしょうね。 
今から 「やれ」 と言われても、今の自分じゃ、体力的にも精神的にも無理そう。


ワタシは今でも、あの時のことを思い出すと、胸が締め付けられます。
あの時は本当に悲しかったし、自分は 「もう、誰も頼れないんだ」 と思った。


胸が痛い 胸が苦しい




ですから、今、母と一緒に住むことができ、お店まで手伝ってもらえる、この生活は

あの時のワタシからすると


カップを選ぶ

まさに、夢のような生活なのです。


(※なお、この記事は、2007年10月の記事に、加筆・修正したものです)



ランキングバナー

★人気ブログランキングへ投票★

応援して下さる方は、上のリンクをクリックしてね☆
11:30  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

私も実家ないの、両親が亡くなってるから。
でも、大変なのに凄く頑張ったね、あずきさん。
私もマンション買ったから、借金抱える事になるけれど、わたしもパートしないといけないのかな…。でも年齢がね…。(あずきさんより年上なのよね…サラっと云ってみる)
両親の離婚に傷ついていたのに、跳ね返したんだね、偉い!
今は幸せだね、お母様と一緒に女将さん出来て♪
mimi |  2007.10.03(水) 11:49 | URL |  【編集】

↑そんなに暗く感じないように書いてあります。でも10年間も3足のわらじを履いていたなんてえらいです。がんばりましたね。借金がないってすごいステキな響き・・・うっとり。
うちもね~、6年位前に両親が別居したよ。そして3年しておやじがお母さんに謝りまくってなんとかお母さんは家に戻りました。そういうことってあるよね。おかあさんと良いタッグを組めてよかったですね。いろいろあったことが結果的に良い方向へ向かったんだね。私は帰る実家があって本当に幸せです。あずきさんは実家はなくてもお母さんといつも一緒でいいな~(私マザコンです)。
uta |  2007.10.03(水) 12:29 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

mimiさん
mimiさんパートしたら、ワタシが淋しいがな・・
((*乂*))ダメ~
ローンはご主人に任せて、mimiさんは掃除もせずに、
「仕事:コメンテーター」でよろしいかと。

utaさん
関係ないけど、「くじら」て呼ばれてんの?
。゚( ゚^∀^゚)σ゚。
ごめん、笑ったわ。

(本題)
utaさん本人もご家族も、色々あったみたいやね。
その時は、「もう無理( p_q)エ-ン」思っても、
何とかなるもんや。 
あずき |  2007.10.04(木) 00:57 | URL |  【編集】

そうね若い時は覚悟さえしたら

体の頑張りはかなり効くからね、でもねあずきさん中高年からは体を労わってね。
 あずきさんが今幸せで嬉しいです^^
母A |  2009.10.21(水) 11:41 | URL |  【編集】

欽ちゃんが言ってたけど

人生はチャラ。

軽いコトバに見えて、どっこい深いなあって思うんです。

借金が返済できて、マンションが買えたのも、子供時代の不遇あってのことですね。
(ワタシは前倒しで子供時代のんきにさせてもらっていたので、今は。。)

けど、乗り越えられない人もいるから、
乗り越えてきた人は、やっぱり、パワーがあるんだと思います。

きらりん |  2009.10.21(水) 14:57 | URL |  【編集】

借金は生活に張りが出来る

(*´∇`*) なんつって!
大変な時を乗り越えたからあずきさんだからこそ
沢山の優しさを持ち、ご主人とも強い絆で結ばれているのでしょうね
私の両親も離婚をしています・・・
そのショックは今でも心の中に残っていて
ちょっとしたトラウマになっています
(夜中の人の声が駄目なの・・・)
まぁ いまでは父親に悪態をつく位の根性にはなりましたが
今のあずき一家は幸せ家族ですよ♪がんばったね♪
プチトマ |  2009.10.21(水) 15:01 | URL |  【編集】

以前も「女将ヒストリー」夢中で読みましたが
再び読んでもジーンとします。

川原に走って行って泣くところなんて、思わずもらい泣きしちゃいそうで困ります。
だって会社でこっそり読んでいるのに、、
 ってか会社で読むな

美輪明宏さんが正負の法則って言ってます。
不幸の分、必ず幸せがあるんですって。


つらい時は、なかなかそう思えないけど
つらい時がちょっとすぎると、
 あの分の幸せがきっとあるって思えるようになりました。

うん、うん、「女将ヒストリー」読み応えありますよ。
楽しみにしています。
一路ママ |  2009.10.21(水) 18:38 | URL |  【編集】

つらかったでしょう。。。

お店開いた当時、あずきさんのご実家のみなさんがそれぞれにとっても大変だったんですね。あずきさんも誰にも相談できないし、心配かけれないし、友達だって、おんなじ状況じゃないからわかってくれないし、一番身近なだんなからはガミガミ怒られるばっかだし。やー、身もふたもないようなこといっちゃったけどね、また読み返してみるのも(改訂版ですから補足もはいってますし)すごくいいです、この改訂版シリーズ。

あたしもはずかしい、なんていってないでパートしよっかなーとか考えさせられます。でも、だれかが電話番しなきゃいけないしねえ。

帰るとこなし、ってのは、精神的にすごいつらいですね。ふるさとは、心の中にある、ってのが年取ってくとそういうものなのかもしれないな、っておもいます。でも、あずきさんのばあい、まだ若い頃にそれになっちゃって、しかも一番大変なときだったもんね。でも、おばあちゃんもおかあさんも一緒だし、おばあちゃんのお家もあるし、今しあわせだからよかったです。私が若かった頃、うちの母は、「帰ってくるなんて、おもわないでね!そっちで生活してるんだから!」って言ってたくせに、最近、うちの親戚での国際結婚一号の従姉妹が離婚して疎遠になってるのみて、不憫におもっているようで、「結婚いやだったら、かえってきていいのよ」とかなんとか言ってるし。って結婚いやとか、夫の愚痴なんて一回もいったことないんですけどね。
はなこ |  2009.10.21(水) 23:33 | URL |  【編集】

きらりんサンの言葉、深いなぁ。私も同じく子供時代にいい思いしてたから今は…(ノ_・。)

ランチ時代のあずきサン、今のワタシと同じだぁ。
店に拘束されてるから、何かあっても出られない。
この前母が具合悪くなった時、母はワタシに心配かけられないからと、隣の奥さんに頼んで病院に行き、(結局ワタシの元職場の病院に行ったから元同僚から連絡もらって数時間だけ店を閉めて駆け付けましたが)一人で頑張ろうとしてました。
翌日からはずっと一緒に居てあげられずに歯痒かったし、店さえなかったらとずっと悶々としてました。
誰かに愚痴る暇もなく、こっそり泣くしかないんですよね。
でも、あずきサンと同じような事が起こるから、これから先も何が起こるかわかんないけど、いつかは今のあずきサンみたいになれるかも、と希望が持てます。
借金返して、店は厳しくとも、苦にはならない程度で仕事をして、自分の時間が少しでも持ててるといいな、って
ワタシも『女将ヒストリー(B級グルメ店版)』が書けるかも
ゆきこん |  2009.10.22(木) 02:23 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

母Aさん
ホントにねぇ~、カラダの弱いワタシなのに、よく出来たなぁと思いますよ。
けど今からは、無理すると後が大変。
これからは、細く長く頑張っていきます。

きらりんサン
たしかにそうなのかも知れませんね。
でも今日の記事に書いたように、幸せが続くと、それはそれで、ちょっとコワイのです。
「こんなウマくいくはずない」と思ってしまうのは、昔のトラウマでしょうか?

プチトマさん
そうですね、うまく言えないけど・・・・
幸福な家庭に育った人と比べると、「安心感」のようなものが欠けているような気がします。
お金のことと、家族のことには、いつもいつも、心の隅に不安があるのですよ。

一路ママさん
>>うん、うん、「女将ヒストリー」読み応えありますよ。
>>楽しみにしています。
そう言っていただけて、とっても嬉しいです。
最初書いたときは、キチンと自分の気持ちが整理できていなかったけど、今ならもう少しマシに書けそうな気がしたので・・・。
自己満かもしれませんが、こういう少数意見のために、残り20数話も頑張りますね!

はなこサン
>>また読み返してみるのも(改訂版ですから補足もはいってますし)
そうなんですよ~、この話なんかは、ほぼ全部書き直してます。
当時の気持ちを、出来るだけリアルに伝えたくて。

>>あたしもはずかしい、なんていってないでパートしよっかなーとか考えさせられます。
>>でも、だれかが電話番しなきゃいけないしねえ。
そーよ。はなこサンがパートに出て、電話番の子に時給払ってたら、意味ないじゃん。

ゆきこんサン
>>ワタシも『女将ヒストリー(B級グルメ店版)』が書けるかも?!
書ける、書ける!
ゆきこんサンなら、ワタシなんかより、ずっといいモノが書けるよ。
だって、はじめて出会った2年前のアナタより、格段に強くなってるもの。
いつとは言えないけれど、ゆきこんサンには子どもサンもいるんだし
必ず穏やかに暮らせるときが来ますよ。

あずき |  2009.10.22(木) 11:54 | URL |  【編集】

やっぱりね

おんなじだった…
ウチも母、ワタシ、妹の3人、何も持たずに家を飛び出したのが、私が中一になったばかりの頃。(当然離婚しました)
やっぱり東京の母の母、つまりばあちゃんのところにご厄介になってここまで来ました。
でもあずきさん、よく耐えたね、頑張ったね。たしかに若かったからってのもあると思うけど、でも気力がなけりゃ、信念がなけりゃできることじゃないと思う。
思い切った決断って、やっぱり時には必要なんだなって思いました。
そして、神さまっているんだね、きっと。
プチキレれすとらん でれ、もとい!でけ |  2009.10.22(木) 14:26 | URL |  【編集】

>でけサン

でけさんも、ご苦労なさったんですよね。
特に、そちらの場合は、多感な時期だったので大変だったでしょう。

うちの場合は、このことが、大人になってからだったから、まだ良かった。
もしもっと若い頃だったら、自分がどうなっていたか自信ありません。
あずき |  2009.10.23(金) 11:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/107-2ae836fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。