2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.20 (Tue)

半年だけのランチ

今日の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第5回。 
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」


うちの店、開店した当時は、 お昼もやっていたんですが・・・・・
その当時は、朝起きてから寝るまで、ず~~~~~~~っと、彼と一緒。
うちは子どもも従業員もいませんから、常に二人きりという状態でした。

ああ・・・

当時はお互い、どれだけ苦痛だったことでしょうか・・・

あずきいいえ分かんない


てか、うちの店は、人通りの少ない場所にありましたから
店を開いたからといって、そうそうお客さんは来てくれません。
特に、割烹というのは、割と入りにくいイメージですし・・・。

もちろん開店後ひと月くらいは、連日満員。
知り合いのご祝儀来店で、毎日大忙しでしたけれど
それが一巡してしまったら、すっかり閑古鳥の鳴く日々でしてね

テレビも何もない店でしたから、
「お客さん、来ないなあ・・・」 と、とにかく時間を持て余していました。

s-閑古鳥暇


(閑古鳥さんと、うちら二人)


けどね・・・
せっかくお客さんに来ていただいても
一度に大勢ご来店されると、それはそれで困ったことに。

今度は、ワタシの仕事が追い付いていかないのです。

うちの場合、料理以外は、ほぼワタシの担当。
接客はもちろん、飲み物全般や盛り付けといった、いわゆる調理補助。
で、合間には、追加の伝票も書きつつ、洗いモノもこなし・・・。
ひとりでアレもコレもやらないといけないので、頭の中はてんやわんやです。
当時は優先順位がつけられず、すぐにパニくっていました。

パニック 仕事


けど、そんなワタシに、彼はいつも

「ガッカリ」 という態度。

s-旦那さんバカにする


思い通りに動けないワタシに、彼は、いつもイラついていたのです。

ですから、毎日毎日

旦那さんに 「何やってんねん」 と叱られる→ ワタシ、悲しい→ 凹む、てか元気がなくなる 

「元気出さんか!」と、また叱られる→ ワタシ、悲しい→ 凹む、てか、喋りたくもない 

「カンジ悪い!」と、また叱られる→ ワタシ、悲しい→ 凹む、てか


「もう、 イヤや~!!」


バタバタ もうイヤ


・・・・みたいな。


自分は、しぶしぶ店を手伝っているのに、感謝されるどころか、叱られてばかり。
新婚なのに急に冷たくされ、「なんでやねん?!」 という思いでした。

なので、当時のワタシは、完璧に ウツ気味
毎日ドヨ~~ンと、暗い気持ちで過ごしていたのです。

あずき落ち込み



いえね・・・
もちろん、彼も苦しんでいたと思いますよ。 

自営というのは、結局のところが 「自己責任」。
”自分が始めた店がうまくいかない” という事実に、彼も打ちのめされていたのでしょう。
なのに、隣にいる嫁ハンまで、陰気でカンジが悪かったら・・・・
そりゃあ、当然ストレスもたまる。

けど、そういうことも、今は分かりますが・・・・

その当時は、お互いが、自分のことで精一杯。
相手のことまで思いやる余裕は、とうてい持ち合わせていませんでした。


陰湿なケンカ ムスッ



ですから、こうしてみると、やはり自営のツライ点は
”商売の好不調が、夫婦の関係にまで影響する”ことだと思います。
仕事とプライベートの線引きというのは、なかなか出来るものではありません。 

特に子どものいないうちらの場合、店だろうと家だろうと、結局はふたりきり。
嫌な空気になった場合、なかなかそれをリセット出来ない。

結局、ランチの集客は思ったようにいかず・・・・
拘束時間の長い割に、まるっきり儲からないという悪循環。

というより、それをやることにより、あまりにも夫婦関係が行き詰ってきたので・・・
結局、半年くらいで昼の営業はやめ、その分夜の営業に集中することにしました。


新婚早々訪れた夫婦の危機。


背を向けるうちら二人


うちらは、あえて昼間だけでも、二人が離れる時間を作ったのです。




(※なお、この記事は、2007年9月の記事に、加筆・修正したものです)



コメント欄には当時の書き込みも残っていますが、気になさらずどうぞ。

バナーお辞儀_edited-2

★人気ブログランキングへ投票★

応援して下さる方は、上のリンクをクリックしてね☆

タグ : 自営業

11:30  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

わかる!スンゴクよくわかる!!
うちは、最初から、夜のみだったけど、当時小学生の子供がいたから、
朝は、起こさなきゃいけない。学校行事も出てあげたい。
家の事は、しなきゃいけない。
開店当初は、2時半ごろから、仕込みの手伝いに入って、そのまま、閉店まで・・で、かえって寝るのが深夜2時~3時。
中学になったら、お弁当があるから、起きるのは5時~5時半(T-T)  
記憶がない時期もあるよ・・・暇だと、ホント、きついときあるよね・・
いくら好きで一緒になったとは言っても・・夫婦の間にも、危険が出てくる・・
とんぼ |  2007.09.26(水) 11:37 | URL |  【編集】

そんな苦労があったんですね~。あんまり一緒にいると大変ってよくわかります。去年主人が失業保険を一時もらっていたんですが最初はいいんですがだんだん「はよ仕事探せ~、家から出てって~」とか思っていました。あずきさんちに食べに行きたいです。そういうこと今だからかけるんですよね。よかったよかった。
uta |  2007.09.26(水) 14:14 | URL |  【編集】

あぁ

それが結婚前のおなごに聞かせられない
切ない話の一つですか・・・。
結婚って、しんどい・・・。
まゆ |  2007.09.26(水) 15:49 | URL |  【編集】

大変だったんだねぇ。でもあずきさん、お口は達者だから大丈夫♪手も器用じゃない、アキバ系!
私も1年近く主人と一緒の時があったけれど、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。就職出来て、側からいなくなって寂しいですよ~…。
自営、それも全部借金だったから大変だったのよね。今はマンションも買えたし、良かったじゃないの。昼間働いていた、あずきさんの内助の功よね。
(私?大きいよ、20kg増えちゃったから!)
mimi |  2007.09.26(水) 18:21 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

とんぼさん
とんぼさんも、大変でしたね~。
ワタシは子どもがいない分、ずっとラクなんですけど・・。
結婚してスグだった分、新婚生活てこんなん違う!て、
ギャップに耐えられませんでした。
とんぼさんには、具体的に分かってもらえて、めちゃ
嬉しいです~。 (ノ_・、)

utaさん
たしかに当時はリアルすぎて、誰にも言えへんかった。
でも、明らかに痩せて顔色悪かったで。
il|li(-言-)il|li

まゆさん
ちょうど、まゆさんの年頃やね。
あずきサン、人生で最も弱気な時や。

結婚て、「安住の地」やと思わんとき。
お姉ちゃん( ´_ゝ`)σ

mimiさん
もう、mimiさんったら、Ψ( ̄(エ) ̄)Ψオ・テ・ア・ゲ
嬉しくてたまらん、ですと!

お宅の旦那さんに興味津々ですわ。
映画もいいですけど、「私生活さらけ出しブログ」
やって下さい。 


あずき |  2007.09.27(木) 00:48 | URL |  【編集】

こんにちのあずきさん自身が掴み取った幸せを

祝してポチっときます。
うちは旦那があんましものを考えない性分なので実際には2つ上で50間近のおっさんなのに「旦那さん若いねー、奥さん年上?」言われるのが決まり文句ですが、あずきさんちはどっちも若く見えそうね^^
母A |  2009.10.20(火) 11:55 | URL |  【編集】

強くなりますね。ウレシクないけど。。

今のあずきさんはその当時よりずっと仕事ができるようになったでしょう。

でも、レベルが上がったら、何も言われなくなるかといえば、
そうじゃない。。(これはワタシの場合ですが)

今も日々葛藤。
それでも凹む度合いが少し小さくなり、回復が早くなり、
夫婦の危機を回避する方法を探りながら、
そうしているうちにジイサン、バアサンになるのかな?

サラリーマン家庭でも、定年を機に、「5mの距離」とかで、
お互いに心地良く暮らせるのは理想ですが、
なかなかそうはいかないでしょう。

それに関して早くから心構えと対策ができる。
これは自営のいいところかな?
きらりん |  2009.10.20(火) 12:53 | URL |  【編集】

見ました!

女将ヒストリー、じっくり見せてもらいました。
で、  わかりすぎて涙出そうになったわな…
ウチもお互いの夢を(それぞれ違う夢だったのに)実現させよう!だったのよね。それが・・・v-40
喫茶店でのバイトすら経験なく、まして研修とかもない状態でオープン! もうむちゃもいいとこでした。
あずきさんと同じようにウチも二人きりだったもんだから、ワタシ不慣れ→ダンナイラッ!→ヒマ→ぎくしゃくを繰り返し、やっぱり夫婦の危機に突入!
で、ウチの場合はアルバイトも入れるという結論に至りました。(お金なかったけどね)
ひょっとしてこのあとの展開も似てるのかな、わたしたち…
プチキレれすとらん でれ |  2009.10.20(火) 13:10 | URL |  【編集】

夫婦二人生活の喧嘩は仲直りが大変かもね
我が家もそうだったもの・・・
程よい距離の大切さってあるなぁ
プチトマ |  2009.10.20(火) 16:41 | URL |  【編集】

あれれこれって_| ̄|○

私がぁ書きたかったのはぁ。。。
あずきさん夫婦は生き生きと毎日を送ってるので若々しく見えるはずだと申し上げたかったぁ訳でぇす。
ゴミンネm(u_u)m
母A |  2009.10.20(火) 17:29 | URL |  【編集】

何度読んでもうなずける!
血をわけた子供でさえ、時々『解放されたい~』と思うのに、元々他人の旦那と四六時中一緒ってのはキツイですよねぇ。
バイトさんも段々減って、3年経った今では昼の数時間以外は二人きり…うちは子供がいるからマシかもしれませんが、明らかに夫婦仲は隙間風が吹いてる感じです。あと何年経ったら、この話を笑って読めるんだろ( ̄▽ ̄;)

あ、コメント欄に懐かしいお名前がある♪
ゆきこん |  2009.10.21(水) 00:12 | URL |  【編集】

うん!!
うん!!
と、何度も うなずいてしまったぁ~。

でも、越えなければいけないし・・・
越えても、越えても、越えても  やってくるし・・・。

なんか・・・ 読んでるだけで 分かってもらえたようで
あずきさんに 出会えて よかったわ。
塩姉 |  2009.10.21(水) 00:58 | URL |  【編集】

うちは24時間いっしょよー、とはいっても、違う部屋にいるんであれですけど、飲食店ってのは、おんなじスペースに2人ではいってるから大変ですよね。あたしなんか夫の肘がきらいなんですけど、(バス通勤のとき、一緒にすわると肘があたるの、いたいの)そんなこといってられませんね。

夫の親戚のおうちは、家具屋さんやってたんですけど、ルールは、家に帰って階段の一段目をのぼりはじめたら、もう、商売のことは話さないってことだそうです(ベッドルームは2階)。うちは、ベッドにはいってから、「ねえ、これはこんなことしてみたらどうかな?」とか私がはなしだしたりするので、ムードもへったくれもないようで、おこられます。。。
はなこ |  2009.10.21(水) 02:38 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

母Aさん
>>うちは旦那があんましものを考えない性分なので・・・
ああ、うちの旦那さんも、割と若く見られますね~
けど、なぜかここ3~4年で、ガクッと老けました。
童顔の人って、ある日突然老けるみたいですね。

きらりんサン
>>でも、レベルが上がったら、何も言われなくなるかといえば、そうじゃない。。

そうなんですよねー。
どんどん要求がレベルアップしてきて困ります。
なんか、ワタシの分担ばかり、増えている気がするんですよ・・・。

でれサン、じゃないよね?(笑) でけサン
ねぇ・・・
うちらみたいなシロートをつかまえて、あんなガミガミ怒るなんて。
ホントに、「なんでやねん!」と思いましたよ。
もー、めっさウツでした。

プチトマさん
そうですよね。
誰か第三者が入ると、怒ってばかりもいられませんもの。
やっぱ、ベッタリの関係ってのは、ワタシらお互い耐えられません。

ゆきこんサン
>>明らかに夫婦仲は隙間風が吹いてる感じです。
ハハハ!
やっぱ、お互いの仕事ぶりまで見ちゃうと、冷ややかな目線になっちゃいますよねー。
会社員なら、アラも見えないんでしょうけど・・・・。

塩姉さん
えっ、そうなんですか?!
オタクは、四六時中一緒でも、ラブラブなのかと思っていました。
「女将ヒストリー」に塩姉さんのコメがつくのは、初めてなのかな?
これからも、何かあったら、ぜひ思いを書きこんでくださいね。

はなこサン
>>飲食店ってのは、おんなじスペースに2人ではいってるから大変ですよね。
ええ、今はもう慣れましたけど・・・・
最初は鬼上司がくっついてるみたいで、気の休まる時がありませんでしたよ。
あずき |  2009.10.21(水) 12:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azukizuki34.blog110.fc2.com/tb.php/103-98d1c85f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。