FC2ブログ
2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.25 (Tue)

さようなら、お婆ちゃん

こんにちは、あずきです。

今日は皆さんに、悲しいお知らせがあります。

実は先週の水曜日に



うちの婆ちゃんが


亡くなってしまいました・・・・。



ですが、それはうちらにとって

決して 「突然」 ではなく



少しずつ 少しずつ



別れが近づいているのだな、と

誰しも分かっていたのです。


ですから彼女が亡くなった瞬間

私は婆ちゃんを

”解き放した” とでもいうのでしょうか


ずっと守り温めてきた小鳥を

空に羽ばたかせてあげたような・・・。



なので、私は涙を流しながらも

「もう逝っていいよ」 と思っていました。

もちろん寂しくてたまらないけど

「今が別れだ」 と感じたのです。




とはいっても、お葬式では

誰よりもワンワン泣いちゃいましたね。(;´∀`)>

おかげでオカンが

泣くタイミングを逃すくらいに・・・







ああ・・・

あれからもう1週間になるなあ、婆ちゃん


そっちで爺ちゃんには、もう会えたか?

うちらのことよろしゅう、よう言うといてくれたか?


けど、

婆ちゃん本当にありがとうな。

オカンと一緒に世話出来たことで

私もオカンも、悔いを残さんで済んだわ。


だって、もし三年前あのまま

婆ちゃんを一人で逝かせてたら・・・・


田舎にアンタだけ残して、こっちに出て来たオカンの気持ち

そして呼んだ私も、いたたまれへん。


けど、こっちに来てもらって、元気に歩けるようにもなってくれて


ホンマに思い出が、いっぱい出来たな。

かえって親戚中が、しょっちゅう会えるようになったし。(′∀`)v


梅をひっくり返す婆ちゃん (5)

お参りに行った婆ちゃんとワ 

パソコンしながら一緒に歌う

ジェンガで遊ぶ婆ちゃん






それに婆ちゃんと過ごした時間は

私に 「やり直し」 もさせてくれた。


だって、お義母さんのとき私は

まあ、そこそこ 「いいヨメ」 やと言われてたけど・・・・

自分ではそんなん判ってんねん。

どっかで意地悪な気持ちがあってん。


だから言わんでもいいこともいっぱい言うたし

あのヒトの、悲しさ、寂しさ、情けなさ・・・

本気で解ろうともしてなかった。


だけどアンタが来てくれてからのこの三年で



してあげたいことが、いっぱい出来てん。


だからホンマにありがとう。


あずきウルッ(2)


少し重荷が軽くなったわ。




けど、これから心配なのは、やっぱお母ちゃんやな~

まだあれこれ忙しいけど

落ち着いて静かになったら、きっと寂しなると思うわ。


だけど、私らがいるから

少々落ち込んだって大丈夫。

オカンは私らが大切にするから

婆ちゃんは安心して、見守っといてください。





バナー婆ちゃんとワタシ
★人気ブログランキングへ投票★

今まで私たち家族を見守って下さり、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト



13:06  |  再度リハビリ  |  トラックバック(1)  |  コメント(38)
 | HOME |