FC2ブログ
2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2011.02.19 (Sat)

いまさらですが、映画 「悪人」 の感想

こんにちは、あずきです。

昨日は、「日本アカデミー賞」の発表があったのですが

今年は下馬評通り、「告白」「悪人」 の一騎打ちでしたね。


で結局、主要部門のうち

作品賞・監督賞は、「告白」 が獲り

俳優部門は、主演・助演とも

こちらの 「悪人」 チームが

s-あずきこちら

悪人

独占。

最優秀主演男優賞:妻夫木聡  最優秀主演女優賞:深津絵里
最優秀助演男優賞:柄本明   最優秀助演女優賞:樹木希林
(ちなみに岡田将生・満島ひかりも、それぞれ助演部門でノミネート)


でねアタシの場合
残念ながら、「告白」 の方は見逃してしまい

「悪人」 の方しか見てないのですが・・・・



たしかにあの映画には

最近見た中では、ナンバーワン。

グ~ 自信満々



てか、円座クッションまで持参し

わざわざ見に行った甲斐があったわ。

あずき顔照れ



っつーかね

もともと深津絵里さんっていうのは

すごく好きな女優さんでしたが・・・・


あたしゃ今まで彼女を見ていて、”自分” を重ねたことなど、一度だってない。


だって、いくら 「等身大のOL」 がハマり役だろーが

彼女はあくまでカワイイ女優さんで

ワタシはちっとも冴えない田舎のオンナだから。



だけど、「悪人」 で彼女が演じた紳士服店販売員には

なり得るであろう ”自分” を、感じた。

もちろん、出会い系なんて経験ないけど

状況によっては、自分だって 「あり得る」 と感じたのだ。

そして、妻夫木聡演じる殺人犯にも、樹木希林演じる殺人犯の祖母にも

ワタシは、「なり得るであろう自分」 を感じてしまった。

だから見終わったあと、
ふうっ

と思わず溜息が出た。



少し前にあった、「耳かき殺人」 の報道のとき

ワタシは、この作品のことを思った。


ワタシがあの事件の裁判員だったら

ものすんごく
思い悩んだことだろう・・・・。


う~ん 考える



というか、多くの殺人事件や自殺は

「ヒトから見下される」 という行為によって、引き金を引かれるのかも知れないなぁ・・。





バナー体操服
★人気ブログランキングへ投票★

応援お願いします。
スポンサーサイト



11:07  |  本や映画・TVなどから  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |