FC2ブログ
2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.06.26 (Sat)

障害クリア

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第24回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」


さて、今回持ち込まれた物件には、ふたつ気になる点がありましたが・・・

実は、権利金の方は、必ずしも払えない額ではありませんでした。

ただ、私たちが戸惑ったのは

もしかしたら
また、「カモ」 にされてるのカモ?鴨


う~ん 悩む 考える

ということ。


つまり今回も前回と同様、”お客さんから持ちこまれた話” 。
ですから、前回が前回たっだだけに、うちらは疑心暗鬼になっていたのです。

が、もうひとつ方の問題は、それよりさらに深刻でした。

というか、今回の話にも、いろんなご意見を頂いたのですが・・・

皆さん、物件自体は 「悪くない」 と言います。

ただ、やはり、ほぼ全員の方が

「(ー'`ー;)う~ん・・・・

近過ぎるけど、大丈夫か?」
と・・・・。



モチロンうちらとしても、あちらのお店との仲が険悪にはなりたくはありません。
ですから、「やっぱ、スッパリ諦めた方がいいのかなぁ」 ・・・と。

ですが、ちょうど大将の店に用事があり
久々に、あのお二人にお会いしたところ・・・

奥さんは、
「あずきちゃん、なんか、すごくイイ話が来たんだってね?!」

"ヽ(´▽`)ノ"

ワタシを満面の笑みで迎えて来るのよ。



で、「この際、近くにいらっしゃいよ~」

その物件を、かなり押し勧めてくるのです。



ですが、「近いったって、限度がありますからね~・・・


苦笑 (5)


と、ワタシ。


「おそらく、お断りすることになると思いますよ」

と、そう、お二人にお伝えしたのです。



ですが、それを聞いた大将は

ワタシに 「まあ、座れ」 と言い、こんな話を始めました。


あのな、あずきちゃん・・・・
あんたらが、なんで断ろうとしとるのかは、ワシらにもだいたい察しはつく。

けど、ワシらは、もう60や。
この店だって、あと何年やれるか分からん。

だから、もう今さら、欲なんてのは、別になんもないんや。
今あるお客さんのお世話だけで、ワシらは、もう充分。

それに、ワシの弟子と呼べるのは、結局あんたの旦那さん、ひとりだけなんや。
だから、なんとしてでも、あんたらの店には生き残っていって欲しい。

そやからな
ワシらに遠慮して断るのなら、そんなのは大きな間違い。

それに、○鍋(うちと大将の店共通の、ある名物鍋)目当てに来てくれたお客さんやったら、どっちかが満席の時でも、片方空いてたら紹介出来るやないか。

だから、お客さんらにしても、絶対その方が有難いハズやし
ワシらも、その方が助かる。

そやから、何も心配せんと
今のうちから、近くに来たらいい。

だって、いずれはうちのお客さんを、
あんたらには引き継いで欲しいと思っとるんやから・・・



つまり、本気でお二人は

「近くに来るべきだ」 と、お考えなのです。


大将と奥さん



けど、まさか、ここまで考えてくださっていたなんて・・・・


ワタシは、有難くて有難くて、

胸が熱くなりました。 (¶д¶)。



そして、そのことがあった二日後
うちらは今度、マスターの許を訪れました。
要は、金額的な部分で、「なんとかならないか」 と交渉に行ったのです。

ですが、こういった話は、フツー男性同士がやるものかも知れませんが・・・・
今回の場合、うちは、ワタシが先頭に立って交渉しました。

だって、前のように、後からブチブチ言うくらいなら
ちゃんとその場で言っておくべき。
先方に 「がめついお母ちゃんだな~」 と思われようが、もう、そんなこと、どうだっていいのだ。


マスターと交渉



ですが、ワタシが単刀直入にお願いしたところ
マスターは、その半額を、その場でスパッと引いてくれました。

けど、「もう、これ以上は無理だよ」

そして、こう続けたのです。

「○○君たちが、もし、この額でも無理だというなら
悪いけど、あの店は、よそに譲る。
というか、お前らに話す前から、○○という店からは、引き合いが来ているんだ。

だけど俺は、あそこの店のオーナーより、○○君たちにやって欲しい。

けど、俺がどう思おうが、君たちが見送ると言うなら仕方ない。
残念だけど、あそこには、近々○○が店を出すよ」


ワタシはそれを聞き、もう何の迷いもなくなりました。


青空



そしてマスターに、こうお願いしました。


「お金は、なんとか用意します。 


言う


だから、あの店は、うちらにやらせてください」







バナー自営妻
★人気ブログランキングへ投票★

全国の自営妻の皆さん、これからも応援お願いします。

スポンサーサイト



13:23  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)
 | HOME |