FC2ブログ
2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.10.25 (Sun)

店での会話

今回の記事は、「改訂版・女将ヒストリー」 の第7回。
なお、1話目から読んで下さる場合は、こちらからどうぞ→ 「女将ヒストリー」


「割烹料理とは」 の記事でも触れましたが、ワタシが店を始めて苦労したこと
というか、今でも苦手なことのひとつに、【お客さんとの会話】があります。

ワタシは勤めていた頃、旅行会社のカウンターで接客もしていましたし
ケーキ屋さんでバイトしたこともあります。
ですから、特に 「接客が苦手」 という意識はありませんでした。

けれど、旅行会社と割烹じゃあ、接客の質が、まるで違うんですよね。
それに、バイトと女将さんじゃあ、また全然違う。

要するに、うちみたいな業種は、会話も含め、店全体の雰囲気が問われるのです。
女将さんともなれば、そういった ”客あしらい” が、”出来て当たり前”という世界。

ただ、お店によっては、ご主人の方がよく喋る、 というパターンもありますよね。
女将さんがあまり目立たない代わりに、大将がすごく威勢がいいとか。

けど、うちの場合は
彼の方も、全然ダメ。

は~お手上げ

料理は出来ても、全く喋れないヒトだったのです。


というのも、彼が勤めていたお店では、トークは奥さんの独壇場。
とにかくひっきりなしにお話しする方だったので・・・・
大将や彼は、口を挟む隙もなかったのだそうです。

それに割烹の世界では、「板場のお喋りは、みっともない」 と言われることもあり
昔は黙々と仕事をするのが良しとされていました。
ですから彼の中では、お客さんとの会話は、基本、女将さんの仕事だったのです。

ただ、元々は嫁さんを 店に立たせるつもりのないヒトだったので・・・・
開店するにあたっては、「別に、おべんちゃらを言う必要はない。
” いらっしゃいませ” と ”ありがとうございます” さえ、キチンと言えればいいから」
と、言っていました。

けれど、やっぱ、それだけじゃダメなんですよね・・・
うちのような店のお客さまは
ある程度、店の人とコミュニケーションがあるのが、当たり前だと思っていますから。
てか、たしかに、カウンターの内と外で丁々発止のやり取りがあってこそ
割烹だと言えなくもない。

ですから彼の周囲の方は、皆さん、その点を心配しており
「この子、全然喋らへんからねー。その分アンタが頑張らなあかんよ」
と、ワタシに、かなり期待しているご様子。

ワタシ? 指さし


けど、そうは言われても、ワタシは、”行きがかり上”なってしまった、即席の女将ですから。
お料理やお酒のことを尋ねられても、知識は全部付け焼刃。
それにひきかえ、いらっしゃるお客さまは
しょっちゅういろいろなお料理屋さんに、出入りしている方ばかりなのですよ。
ですから、自信を持ってお話しすることなど、出来ようはずもありません。

「下手なことを言って、軽蔑されたらどうしよう・・・・」

タラー 汗

そう思ってしまうあまり、当たり障りのないことしか話せない状態でした。


それに、うちのような店は、いったんお客様がいらっしゃると
お帰りになるまで2時間位いらっしゃるのがフツー。
特にそれが おひとりさまの場合は、その間、ずっと話し相手にならなければいけません。
もちろん、店が忙しければいいのですが・・・・
ヒマで手が空いている場合は、放置しておく訳にいかないのです。

けれど、2時間も3時間もとなると、なかなか会話って続きませんよね。
世代も性別も違うのですから、話題を探すだけで大変です。

ですから、「あそこは、ふたり揃って愛想がない」 と、いつも言われており
ひどい場合は、「お通夜みたい」 と言う方まで・・・・。

お通夜のような店

(画像は、あくまでイメージです)


けれど、そう言われれば言われるほど、当時は、逆に身構えてしまうワタシ。
むしろ 「媚びたくない」 と、意固地になっていくようなところもありました。


が、あれから10年以上経った現在はというと・・・・

お客さんと喋ること自体は、全く苦じゃなくなりましたね。
てか、以前ほど緊張することもなく、割と地で話していると思います。

それに最初の頃は、義理で、それこそあらゆるタイプのお客さんが来てくれました。
なので、常に飲んでバカ騒ぎしたいお客さんにとっては
それこそ 「お通夜みたいな店」 だったのでしょう。
けれど、そういうお客さまに気に入ってもらおうとしても、やっぱ無理があります。
人間、合う合わないというのは、どうしてもありますから・・・・。

ただ、うちらは、あまりとっつきやすくない代わりに
いい加減なことや、その場しのぎのことだけは、言わないようにしてきました。
ですから、いまだにいらしてくださっている方たちは
そういう嘘のない部分を、気に入っていただけたのでしょう。
てか、結局、”合う” お客さんだけが残ってくださったので
気持ち的にラクになったのだろうと思います。

それに10年もやってれば、自然に話の引き出しも増えます。 
自分の体験なんて知れていますが、お客さまから、毎日いろんな話をお聞きしていますから。
常連さんには、ワタシのキャラもバレているので、今はヘンに気負うこともなくなりました。

けれど、それに甘んじてはいけませんよね。 


「いらっしゃいませ~!」


あずき顔挨拶

さあ、今日も本来の自分より、テンションを上げて頑張らなければ。



(※ なお、この記事は、2007年10月の記事に、加筆・修正したものです)



バナーお辞儀_edited-2

「あずき日記。」が”合う”アナタは、ポチっと押してみて下さい。

★人気ブログランキングへ投票★

応援して下さる方は、上のリンクをクリックしてね☆
スポンサーサイト



11:30  |  女将ヒストリー  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |