FC2ブログ
2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.09.18 (Fri)

原爆ドーム

こんにちは、あずきです。

広島旅行の初日は、とにかく暑い一日でねぇ~
球場でも 「みっちゃん」 でも、やたらビールを飲んでいたワタシたち。
なので、すっかり眠くなってしまってね
その日は10時に もう爆睡しちゃったのよ。

けど、その分、中年の朝は早い。
5時過ぎから起き出してしまい、8時前には、ちゃっかり原爆ドームの前に立っていたの。

原爆ドーム



けど、アレよね。
過去に写真や映像で見てるモノって、実際目の前にすると不思議な感じ。
「ああ、これが・・・」 と思う反面、実際ここに居ることの方が夢ではないかと思えてくるの。
特に彼は、はじめて訪れたのでね
この建物にしろ平和公園にしろ、最初は自分が描いていたイメージと
すり合わせている様子だった。

で、散歩がてらブラブラと公園内を散策したうちらは、平和記念資料館へ
ほぼ開館と同時に入場したのよ。
けど、この日は月曜で、しかも朝早かったせいか、見学者の姿もまばら。
修学旅行生も、年中来てるワケじゃないみたいね。

なのでうちらは、ひとつずつの展示を落ち着いて見ることが出来ましてね
以前団体旅行で立ち寄ったときより、何倍も胸に迫るものがありました。

というかね
はじめて来た時は、まだ若かったし、ショッキングな展示物にばかり目を奪われていたの。
だけど今回は、ちょっとした説明書きに目頭が熱くなってしまう。

例えばね、黒焦げの髪と焼けただれた皮膚で、かろうじて母親の元まで帰った少女。
だけど、その子を見ても、お母さんは一瞬我が子だと分からなかったんですって。
だから、「お前・・・、本当に○子なのか?」 と、聞いてしまったそうなの。

結局、その子はその後すぐ亡くなったそうですが・・・・
彼女はその言葉を聞いたとき、いったいどんな気持ちだったろうか。
そして最期の日に、そう声をかけてしまったお母さんは、その後どれほど悔やんだだろうか・・・・。

もちろん書いてあるのは事実関係だけですがね。
ワタシは、いちいちその光景を想像してしまい、いつの間にか、目が真っ赤になってしまった。

あずき泣く (5)


そして、ふと横を見ると、彼の目も真っ赤。


ウルッ - コピー


彼は修学旅行でここを訪れていないけれど、逆に、今来て良かったのかな、と思う。
ワタシも含め、大人になった今だからこそ、キチンとメッセージを受け止められた気がするのだ。

だけど感じ方は人それぞれだから、うちらとは別の感想を抱く人もいて当たり前。
実際、近くにいた若い夫婦は、こんなことを言い合っていた。

「しかしアレやな。 
この頃のヒトらって、戦争がアカンって、なんで気付かへんかったんやろ?
”お国のため” とか言うて、国民一丸で戦争に向かってくなんて
誰もおかしいと思わんかったんやろうか?」

「ホンマやな。 そーゆーノリが、いまいち分からんわ」



あずき顔何ですか?

「は・・・?」


若いったって、どう見ても30くらい。
ワタシは、「この子たち、受験用の歴史しか学んで来なかったのかな」 と思っちゃった。
けど、その傍らには、まだヨチヨチ歩きのお子さんの姿が・・・。



お父さん・・・・

そう思ったなら、今からでも遅くないから

もう一度戦争について、キチンと学んでください。






彼らは、今の日本がおかしいことに、ちゃんと気付いているのだろうか?


そして、「流されていない」 と言い切れるのだろうか・・・?




原爆ドームにて (6)







バナー鳩

世界が平和でありますように。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
スポンサーサイト



11:30  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |