FC2ブログ
2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.18 (Tue)

村の人たちとの再会

こんにちは、あずきです。
ワタシね、
今回婆ちゃんの里帰りについて行って、つくづく感じたことがあるのよ。

それは、うちらのような町の者と、あの村の人たちとでは
”ご近所との関わり方が、全然違う” っていうこと。

あそこは山と海に囲まれて、すごく眺めのいい場所だけど・・・・


山 (2)

海 (5)


生活するうえでは、半端じゃなく不便なところ。
村に店が一軒もないうえ、山を下ったバス停にも、1日9本しかバスが通らない。
だから車に乗れない年寄りは、買い物にせよ通院にせよ、誰かに頼らなくちゃ生きていけないのだ。

もちろん、下の部落に行けば、「よろずや」 くらいはあるけどさぁ~
なんたって、村じゅうが、こんな急こう配なんだもの。
年寄りが歩いて上るには、持てる荷物にも限界があるわよね。


北山の道 (2)

実際、婆ちゃんが毎朝食べる、食パンや牛乳、バナナなんかは
いつも近所の人が、ついでに買い足してくれていた。

その代わり、畑で採れたものは、どんどん分けてあげるし
自分が出来ることなら、協力は惜しまない。
都会の人は、なんだってお金とネットで手に入るような気がしているけれど
ここでは、お互い助け合って暮らすことが当たり前なのだ。

てか、そもそも婆ちゃん助かったいきさつからして、この土地ならでは。
独居老人が、家の中で倒れたんだもの。
都会だったら、2~3日気がつかれなくても不思議はない。

だけど、ここの人たちは、翌朝すぐに 「なんかおかしい」 と気づいてくれてね、
家族へ連絡するより先に、裏口をこじ開けて、家の中に入ってくれたの。
そんなこと、プライバシーを重んじる都会じゃ、考えられないことよね。

この村の人たちは、全員子どもの頃からの顔見知りだから
もう、村じゅうが親戚みたいなもの。
考えてみたら、「○○さん」 なんて他人行儀に呼ばれてる人は、一人もいない。
60くらいまでは 「○○の、あんちゃん」 もしくは 「ねえちゃん」で 
70くらいから、「○○の、おんさ(おじさん)」 「おばちゃん」 。
80くらいになってから、ようやく 「○○の、じい」 「ばあ」 と呼ばれるのだ。

だから、うちの婆ちゃんが帰って来たという噂も、またたく間に広がってね・・・
家には彼女の顔をひと目見ようと、続々と人が訪れたのよ。

婆ちゃんは、次々現れる人たちとの再会で、終日大忙しだった。
この二日間で、ワタシはほとんどの村の人に会ったのではないかと思うほどだ。

おばさんと (5)  おじさんと (2)
村人と再会 (5)  村人と再会
みかちゃんと婆ちゃん (2)  同級生のおじさん・はなこサンと (2)


婆ちゃんの顔を見た途端、誰もがその回復ぶりを 「奇跡だ」 と言ってくれてね
再び会えたことに、「夢のようだ」 と涙ぐんだ。

倒れてしばらくは、「死ねばよかった」 が口癖で
自暴自棄になっていた婆ちゃんだけど・・・

この日は、会う人会う人全員に、
「おかげさまで、こんなに良うなったわ。 ありがとのぉ~」 と
心から感謝の気持ちを伝えていた。
電話や手紙でなく、直接会って元気なことを伝えられたから
皆も本当に喜んでくれたわ。

ああ・・・・
本当に良かったよね、婆ちゃん。

あの日倒れてそれっきりだったら、こんなシーンは訪れなかった。

だけどアナタは、その人生を終える前に、世話になった人たちと、こんな時間が持てたんだもの。

それって、なかなかないことだよ。

それだけでも、あなたが生き残った価値は、充分にある。


嬉しい 泣く





バナージェンガ

こうしてアナタのことを、皆さんにも知ってもらえたしね。

★人気ブログランキングへ投票★

ケータイでご覧の方は、上のリンクをクリックしてね☆
スポンサーサイト



10:01  |  マンションでの新生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)
 | HOME |