FC2ブログ
2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.08.08 (Wed)

歯の伝道師

今日も歯医者さん。以前も書きましたね。(過去ログ「歯医者さん」
帰って来たら、いつも楽しみにしているブログ「7人家族の真ん中で。」で「歯は命」の記事が!
そーなんですよ、この間の続き書きたかったので、今日はそれに。

去年、ちょっと気になるところがあったので、久しぶりに歯医者に行きました。ついでに全体のレントゲンを撮ったら、先生の表情が曇り…(ー'`ー;)「あずきサン、左下奥の歯、痛くない?」
え? 自覚症状は無かったんですが、被せてある歯が中で虫歯になっていて、だいぶ溶けている、と言うのです。もともと被せてある歯なので、悪いところを削ると、再度被せることは出来ないかも…とも。
「被せられないってことは…?」
「あずきサンの場合、一番奥が欠損していますから、一般的には
部分入れ歯ですね」
マジデェ>━━━Σ(´□`||ノ)ノ━━━ッ!?
辛うじて30代のあずき、腰が抜けるかと思いましたよ。いや、ホントに絵文字名を入力してください

私の場合、一番奥の歯を安易に抜いてしまった過去があるのです。
その時よくわからず、ブリッジにしてしまいました。抜いた奥歯1本のために、手前の健康な歯を2本も削ってしまったんです。
削られた瞬間、ホントに後悔しました。ナニスルンダヨ~!って。神経も抜かれ、ほぼ土台だけの大きさになっちゃったんです。
そのときの歯医者は、開店当時たまたま店の近くにあったので、評判も知らずに入ったのです。きちんと説明もしてくれないし、いつ行っても他に患者がいないし、「ここ、おかしい…(-公- ;)」と、ソッコー転院しました。
案の定、数ヵ月後には「テナント募集」の貼り紙が…(笑)。おっと、笑いごとじゃなかった。 オソロシイ話です(((=_=)))ブルブル。
不幸はそれで留まらず、9年の歳月を経て、再びさっきの話につながります。その時のブリッジが、気付かないうち一部分外れていて、中が虫歯になったという訳。神経抜いちゃってたからか、自分ではわかりませんでした。

しっかし、部分入れ歯、それだけは絶対…ヤダ!(--。)
それからは、セカンドオピニオンっつーんですか? 複数の歯医者さんを訪ねて、今の大学病院で治してもらいました。
インプラントは行わず、別の手術で入れ歯を防いだのです!
あ~、話が長くなってきました。たぶん読んでるアナタはツライでしょう。手術のことは、またにします。
だだ、私は申し上げたい! みなさん、
マメに歯医者へ行きましょう!!
しょっちゅう通っていれば、歯を抜くほどの虫歯になる前に治せます。ブリッジが外れてるのも早く気が付いたハズ。
1本でも抜いちゃったら、あとはドミノ倒しの要領で、周りの歯が悪くなります。出来る限り 『抜かない・削らない』 ために、歯医者さんの力を借りましょう!
ものスゴク熱く語ってしまいましたふに-あちゃー。わたしゃ、このショボログに何の使命感も持っちゃあいませんが(アタリマエ)、これだけは言っておきたかった。
すんでのところで 入れ歯を防いだあずきサン。歯に関する引出しは、けっこう持ってます。
皆さんのニーズはともかく、これからも歯の伝道師として時々記事をアップするのだ。

バナー ←ランキングに参加しています。
スポンサーサイト



タグ : 歯医者

12:51  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
 | HOME |