FC2ブログ
2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.08.03 (Fri)

阿久悠さんを偲びつつ、新沼謙二を応援

1日にお亡くなりになった阿久悠さん。
改めて作品のリストを見て、「いや~、スゴイ作詞家だわ」と感心。

私のエンタメ系ニュースの情報源は、主に店で読むスポーツ新聞。G党の旦那さんが、隠れ蓑として とっている 「日刊スポーツ」 からです。
昨日の夕方、「阿久悠特集」を何気に読んでいたら、なんか 「じーん」 ときた記事があったので、今日はそれを残しておこ。
訃報にふれて、多くの関係者が寄せたコメントの中から、新沼謙二(敬称略)のコメント。我ながら、渋いチョイスだわ。

「嫁に来ないか」の新沼謙二(51)
僕がスター誕生に出場した時、先生は総合審査委員長でした。苦み走った怖い顔で、何を言われるかドキドキしていました。先生は「変な言い方だけど、君の歌は 気持ちよく悲しく聞こえてくる。それから、もし君がエンターテイナーを目指すなら、立ち方が悪い。どこから見ても気張ってないと。でも、そうじゃない歌手がいてもいいんじゃないかな」と言ってくれ、忘れられない思い出になっています。

こんなコトを言われたらそりゃあ、
ワタシが新沼謙二でも、忘れられねえ。
何の関係もない私が聞いても、キュン絵文字名を入力してくださいとするんだから、当の謙二は、いか程か。
誰も使ったことのない(思いつかない)フレーズで、でも誰しもが抱えている気持ちを表現してくれた、類まれな人、だったのね。
だって、新沼謙二って、気持ちよく悲しいもの。

阿久悠さんの顔は、私も幼心に「怖い」と思ってました。都倉俊一は、キザっぽかった。
新沼謙二は左官屋さんに勤めながら、通算5回もこの番組に挑戦しています。
結局、歴代2位の20社ものプラカードが上がり、合格するんですが、幼少のあずきにも、このエピソードは 「いい話」 として、うっすら記憶に残っています。

ついでに気になったので、新沼謙二についても調べときました。
「嫁に来ないか」以降は、「バトミントン」 「卓球選手と結婚」 「レース鳩」 などと、いちいち もの悲しいキーワードの方が浮かびますが、現在も新曲を出し、ご活躍中なんですって。
正直、大ヒットには恵まれていないけど活躍し続け、今年「デビュー30周年」! 立派なことじゃ、あ~りませんか! スバラシイ!!
これからも、頑張れ、謙二!! ガンバ!!!"o(・`∀´・)キュ!
そして、阿久悠さん、安らかにお眠りください (-∧-)合掌・・・。

バナー
 
スポンサーサイト



タグ : 阿久悠 新沼謙二

00:14  |  本や映画・TVなどから  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)
 | HOME |