2017年03月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.02 (Mon)

月命日

今日は、お義母さんの月命日です。
先月の今日、お別れしたのです。

一年以上の闘病病生活を経てのお別れでしたから「突然」ではありません。
近い将来3人家族になることは、去年の段階でわかっていました。

主人はひとりっ子です。小学2年生のとき両親が離婚して以来、
お義母さんと二人きりです。
私の親も離婚組ですが、うちの場合「熟年離婚」のカテゴリーなもんで絵文字名を入力してください
感覚はちょっと違いますね。私は3人兄妹ですし…。

今や主人は「親兄弟」に関して言えば、ひとりぼっちです。

少し前に「東京タワー」がブームでしたが、我が家もまさにそんな感じです。
お義母さんは、主人をむちゃむちゃ可愛がってました。
嫁的には、ちょっとひくくらい {{{{{(^ー^;)ササッ。 
お金やモノは与えませんが(笑)息子命!光線は常に発信してました。
それに対して彼は、照れもあるのか、ほぼ 無視
まあ、基本的に無口なヒトなんですけど…。
「ちった~、しゃべってあげなよ~」と嫁のあずきが言うほど、愛情のベクトルは一方通行で、可哀そうなほどでした。

そんな彼が、病気発覚→余命告知 のショック  ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
を経て「孝行息子」に変身を遂げたのです。
今までの態度は、あくまで、母親は'いつでも居てくれるヒト'で '絶対許してれるヒト’の前提があればこそ。
その前提が、ガラガラと根底から崩れたのですから…。

病院の付添いや泊まり込み、家でのふれあい…数十年分の月日を取り戻すべく、彼は努力しました。もちろん私たちも協力しましたが、お義母さんにとって「彼じゃなきゃ意味がない」こと、彼にとって「自分がやらなくては気がすまないこと」が あったのです。
子どもの頃から、たったふたりの家族だったんですから…。

結果的には、ほぼ覚悟した通りに、お義母さんは逝ってしまいましたバイバイ
ついこの間まで、確実にここに「居た」人が、なぜか「居ない」この感覚。
まだ不思議な感じです。

毎日、お義母さんにお参りしますが、今日は特に頑張って 下手ながらもお経をあげました。
同居→病気発覚→逝去 その時々に、あずき一家には変化がありました。
まだ生々しいこの気持ちを忘れたくないので、これから少しずつこの日記に書きとめていきます。

バナー
スポンサーサイト

タグ : 一人息子

11:04  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.11.13 (Tue)

ストープ ?

急に寒くなってきましたね。
ワタシはとっても寒がりなので、いやな季節の到来です。
ただ、今年はコタツがいらっさったので、今のところ楽勝。v( ̄Д ̄)v ブイッ

でも、そろそろ、コレにも活躍してもらいましょう。 ↓ 
ガスファンヒーターでございます。
ガスファンヒーター

タグ : ガスファンヒーター

10:24  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.11.24 (Sat)

義母の手料理

ワタシはいつも、PCを立ち上げたら、最初にファッジさんところを読みに行くのですが・・・・
本日の記事、「手料理の力」 には、急遽トラックバックしたくなりました。

出来る限り控えてまいりましたが・・・・
今日は、うちのお義母さんの話をします。


同居する前から、お義母さんが料理をしないことは知っていました。
あ、「しない」 はオーバー。 ちょっとは、します。

けど、お義母さんのする料理は、ハンバーグならマルシンハンバーグですし、
一から作れるのは焼きソバとカレーくらい。 
男子学生くらいのレベルですかね。

まあ、独りのときはそれでも良かったんですが・・・・・
ワタシたちと同居した以上、少しは料理を覚えてほしい。

12:09  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2007.12.23 (Sun)

本人のいない誕生日

ちまたは三連休。 本日は天皇誕生日でございます。
が、もうひとり誕生日を迎えるハズだった人も・・・。
そう、12月23日は、亡くなったお義母さんの誕生日でもあるのです。

1年前の今日、私たちは旦那さんの提案により、家族写真を撮りました。
「きっと最後の誕生日」 だと認識していたからです。
オカンもワタシも写真撮られるのがキライなので、「え~~っ、(旦那さん親子)ふたりで撮りなよ~」 などと抵抗を試みました。 
が、結局撮りました。
4人揃って写真を撮ったのは、この時が最初で最後です。

セルフタイマーで撮ったので何回も失敗しましてね。 
ええ、現場はけっこう険悪なムードでしたわ・・・。

で粘った割に、結局撮れた写真もイマイチの出来なんッスよね。
旦那さんの顔が切れてる・・・という決定的なミス犯してるやん。 ┐(-。ー;)┌


15:31  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.01.17 (Thu)

義母の寝巻き

本日こそは 「女将ヒストリー」 を再開させようと目論んでおりましたが、ちょっと気になる記事を発見。
なので、予定変更。
「7人家族の真ん中で。」 本日の記事 「日頃のご愛顧に感謝して・・・」 に刺激された記事です。 

うちのお義母さん、料理が苦手なことはすでに書きましたが、一見すると非常に女性的で、そんな風には見えません。
常に頭をセットし、身綺麗にしておりました。

同居する前は、週2~3回オカズを届けるくらいの間柄でしたので、関係も特に問題はナッシング。 「ちょっと変わってるけど、まいっか・・・」 といった感じです。

が、マンションで同居し始めますと、お互いすべてを見てしまうわけです。
見てはいけない、あんなこと・こんなことが見えてくる。
で、今回のお話は服装。 とりわけ、家庭内における服装についてです。

13:23  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2008.06.02 (Mon)

義母を亡くした日のこと

あずき全身お参り
今日は、義母の命日です。
なので、今日の記事はちょっと真面目です。

義母とのことを思い出すと、
「どうしてあんなことを言ってしまったのだろう」
「どうしてあんな態度をとってしまったのだろう」
沢山の後悔があります。
ワタシと義母は、彼女が亡くなる直前まで、心から打ち解けてはいませんでした。

ただ、表面上は、いいお嫁さんであったと思います。
なぜなら、そう見られたくてやっていたことばかりでしたから。

本当に義母の気持ちを考えてあげていたのか?
それに関しては、はなはだ疑問なのですが・・・。

11:59  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2008.06.03 (Tue)

お通夜の日のこと

では、予告通り、昨日の続きです。 すいませんが、今日も長いです。

義母が息を引き取ったとき、ワタシに 「終わった」 という感覚はありませんでした。 
むしろ、「始まった」。 
ここからは、現実的な世界です。

主人の気持ちを思うと、事前に相談など出来ません。
かといって、行き当たりばったりで大丈夫なのだろうか?

ちょうど亡くなる前日、叔父とふたりになるチャンスがやってきました。
今だ! ワタシは思い切って打ち明けることに・・・
「この先のことは何も考えていないので、もしもの時はよろしくお願いします」

おじさんとあずき

11:34  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.06.04 (Wed)

お葬式の日のこと

仮通夜・通夜と、ほとんど寝ていないワタシ。
葬儀の朝は、こんな顔をしていました。 ↓

あずき顔寝不足
そんなつもりじゃなかったけれど・・・・、”憔悴しきった嫁” そのものです。

でも、あと半日頑張ればいいのよ。
「今夜は、マンションで休める」 それだけを心の支えに、三日目が始まりました。

10:52  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(15)

2009.01.16 (Fri)

悔いは残るけど・・・

こんにちは、あずきです。
この間、彼がお見舞いに行った話をしましたが
あの日はたまたま妹も来ており、うちで一緒に晩ごはん。
4人で鍋を囲みました。

その間は、婆ちゃんの話でもちきりでしてね。
「こんなことを言った(*ノ∀`*)アヒャヒャ」 「あんなことを言った(*ノ∀`*)アヒャヒャ」
彼女を肴に大笑い。

すごく楽しい宴でした。

10:26  |  お義母さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。