2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.31 (Tue)

暑中見舞い

3日前、知人から「暑中見舞い」を頂きました。
郵政公社職員の妻は、筆まめです。彼女はパソコンをやらず、ケータイのEメールもやりません。よって、久々の「手書きハガキ」作成。
最近はメールの便利さに慣れてしまい、私信を出す機会は グンと減ってしまいました。
ただし、お客さまには、メールという訳にいかないので、折にふれてハガキや手紙を出します。過去十年間はパソコンがないため、主に「プリントゴッコ」を活用していました。

「プリントゴッコ」 知ってますか?ヽ( ^ 。^ )ノ?
今では使ってる人、少ないんでしょうね~。うち宛てにに来る年賀状では皆無です。 出してるの、うちだけです(,,-_-) 。
今年2月「開店10周年」のハガキを作るまで、年賀状や暑中見舞いでどれだけ使ったことでしょう。使い倒しましたから、かなりのテクニシャンですよ~。
見た目的には、印刷やパソコンにかないませんが、なかなか味があるのです。手作り感が、かえって目立つみたいで、案外評判は良かったんですよ。
(^、^*) エヘ
御礼状など、いつでもサッと出せるよう、あらかじめ季節の図柄で何パターンか印刷してあります。手書派の彼女には、手書きでお返し。
以前作っておいた暑中見舞い用ハガキに、ひと言書いて投函 アイコン名を入力してください

そうそう、先日 「手作りジャム」 を頂いたお客さまにも、出しておこう!
その方には、昨年夏、このプリントゴッコはがきを使ったから、今年は替えなきゃ。
そうだ、写真入りにしよ~っと。ブログのおかげで、以前難しいと思っていたことも、だんだん簡単に出来るようになってきました。写真を入れることくらい、
朝メシ前さ。 ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
美味しく頂いてる様子を写真でお伝えしたら、嬉しさが伝わるかしら?
そういう訳で、お客さま用の1枚も、無事完成。
暑中見舞い
お店の集客のために たくさんDMを出す、というのも大切なことかも知れません。実際、そういう意味も込めて暑中見舞いなど出してきました。
でも本来は、その人に向け、書きたいな、と思っています。
頂いたお菓子、とっても美味しかったですよ。
教えていただいた展覧会に、行って来ましたよ。
この花をみていたら、あの時のこと思い出したんですよ…。
「毎年この時期には暑中見舞い」 という儀礼的なものでなく、本当に 心にその人のことが浮かんだ瞬間にこそ、サッと気持ちを伝えたい。そう思っています。

プリントゴッコのいいところも、パソコンの便利なところも、両方あります。プリントゴッコは、けっこう大仕事ですし…゙<(*´Д`*)>゙。どちらを使うかは、臨機応変に。
いずれにしても大切なのは、心を込めて heart0
「デジタル女将」を目指しながらも、気持はずっとアナログなのです。

バナー
スポンサーサイト

タグ : 暑中見舞い

11:00  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.09.01 (Sat)

土瓶蒸し

国産の値段がベラボーになった昨今、輸入モノが出始めるお盆過ぎから、うちの店にも松茸 ドコモダケ がメニューに加わりますの。 
で、今日のお題は 土瓶蒸し。 暑苦しくても、読んどいてちょうだい。

「土瓶蒸し」 って一般家庭では、そんな食べないですよね? 私も嫁に行く直前まで、食べたことありませんでした。
旦那さんの勤め先に、ひとりで挨拶に行った時、なぜか大将がご馳走して下さったんですよね。
当時は今みたいに、心臓に毛がボーボー生えてません。 「アタチ、オメガネニ、カナウカチラ?σ(〃∇〃)ドキドキ」 相当緊張して、お邪魔したワケですよ。
無難に済ませてサッサと帰りたいのに、「まあ座れ。まあ食え」 て、出て来たのが、なんとコレ。
土瓶蒸し
げっ。 「土瓶蒸し」てやつ? 
よりによって、難儀なモン、出て来たで~!
どないせい、ちゅーねん! てか、ふた取る時、熱っ!Σ(-`Д´-ノ;)ノ
頭の中、怪しい関西弁の???だらけです。
空気探知機フル稼働 絵文字名を入力してください。 奥さんの 「飲め ( ´_ゝ`)σ」 いう目線を感じて、ぐびっと飲み、大将の「食え ( ´_ゝ`)σ」 いうサインを感じ、ひと口食べ…。 オドオドしながら食べきった思い出があります。 味の記憶、全くナシ。

今でも、その時の自分を思い出すので、「このヒト、たぶん初めて」ってお客さまには、なるべくこちらから声を掛けます。 平常心で味わって欲しいですからね。
1・ まず土瓶のふたを開け、香りを楽しんで下さ~い。
2・ 次に、付いてきたスダチを絞ります。苦手な人は入れなくてもOK。たまに丸ごと土瓶に投入してる人がいますが、それはNG。汁全体が、苦くなりまっせ。3・ で、お猪口にだしを注ぎ、ひとくち。土瓶蒸しの醍醐味は、ここに尽きると言ってもいい。
そう、土瓶蒸しは具がメインじゃありませんの。主役は、だし。松茸や他の具材は、「だし」のために入れるのです。
4・ あとは、だしを飲む→具を食べる、の繰り返しで結構で~す。

好き嫌いはありましょうが、土瓶蒸しって独特の料理です。 中に入れる具材なんかで、けっこう店の特徴が出る一品ですよ。
土瓶蒸しに限らず、わからないことは遠慮せず、お店の人に聞きましょう。 
やさしい女将さんが、知ったかぶりして教えてくれますから。 ( *´艸`)クスッ♪

バナー
 ↑   ( -ノェ-)コッソリ 恥ずかしながら、ランキングに参加しています。

タグ : 土瓶蒸し 松茸

12:16  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.09.06 (Thu)

女同士は、わかる

今朝の新聞に載ってた、悠仁さまの写真、カワイイですね~♪
記事の中で、あずきが注目したのは「身長は平均とおよそ同じ75センチ」いうトコロ。 やっぱ、1歳児の身長て、そんなモンか・・。 120て、あり得んわ。
(参考過去記事「考えてから聞け!」は、こちら

ワタクシの生活圏に「乳児」はおりませんので、そのあたりの事情にうといのは、やむを得んわけです。 自分との距離が遠いモノほど、おおまかな輪郭しかイメージ出来ぬ。 そういうモンでしょ?
私かて、自分の属するカテゴリーなら、微妙な嗅ぎ分けも出来ますよ。

えと、常連のAさん(個人情報なんで、あんま お客さんのハナシはしたくないんですけど、彼の場合、旦那さんの友人つーことで、あえて登場)、今、あるママさんに夢中です。 もちろん育児ログとか書いてるヒトじゃナイですよ~。 ラウンジの「ママさん」ね。
毎回、写真見て「きゃわゆい、きゃわゆい」て、うるさいざんす。
で、その写真見せられた 他の 男ども  男性のお客さまも、「ホンマ、キャワユイ。 若いな~、まだ20代やろ?」 なんてこと言うてます。 
Aさんも、初対面のとき、「いくつ?」て聞いたら「25」言われて、素直に”そーなんやー” 思ったらしい。
釈○○子、まんまコピーのヘアメイクで、「若く見える」 いうのは間違いありません。

でも、実際 「同伴」ていうんですけど、ご一緒にご来店いただいた時に、拝見いたしましてね。
ワタクシには分かりましたよ。
そこそこいってるな・・・
(-c_,-。)ニヤッ  
てね。
 
実際、自分が経て来た道ですから、30くらいであーなって、35まで来たらこんなコトになってる ガビーン いう記憶が生々しい。 一発で、分かりますやん。 
彼女のホントの年齢は35歳。  
ワタシ的には、「まあ、そんなもんや」
男ども
 男性のお客さま は、「いや~、そうなん?」 て、まだ言うてる。

彼女、良心的なヒトですから「25」ゆうのは、あくまで、つかみ。 年齢詐称してるワケじゃありません。 ママさんを、どーこー言いたいわけではございませんのよ。 誤解なさらぬよう。

本日の記事に、大したポイントはありませんが、あえて言わせていただくなら
「女の眼は、厳しい」
 いうコトと 
「男の眼は、フシ穴」
 いうのは、
最近つくづく感じることですわね。 ( ̄(エ) ̄)y-°°


バナー
 ↑   ( -ノェ-)コッソリ 恥ずかしながら、ランキングに参加しています。

タグ : 女同士

13:08  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2007.09.12 (Wed)

ジョリッパの問題

座敷のある店に行くと、店内用の履物がありますよねぇ? 
お手洗い行く時とか、電話かけに行く時とか、ちょい履き用に。

それを、うちら夫婦の間では【ジョリッパ】呼んでまして(←決して業界用語ではありません)、うちの店にもモチロンあります。

でね。
先週、お客さんを送りだして、後から気が付いたんですよ。

あ、うちのジョリッパがナイ! って。

けど、なぜか知らないサンダルがある。

ああ、間違えて、帰ったんだ~。 (´(ェ)`;)ゞクマッタナァ・・・

旦那さん曰く、
「そんなの絶対気が付くって。 
近々お客さんの方からなにか言ってくるから、お預かりしとけばいい」

そうだよな~。 フツー気が付く。

サンダル
だって、残ってたサンダルは
←これ

このブランドは高いらしいけど、
えっらい履きこんでるわ~ Σ(- -ノ)ノ



高級サンダル
それに対して、うちのジョリッパは、
←これ

【ハイクラス メイド・イン・ジャパン】
ですわよ。
つまり、高級サンダル。 
しかも、キレイ。



いくらナンでも、気が付く と思ったので、しばし放置。

でも、5日経っても何の音沙汰もないので、ついに昨日電話しました。

「あ、奥さん、お世話になってます。
実はお宅の社長、この間うちのサンダル履いたまま、お帰りになりまして・・・。 
あの~、失礼かとは思ったんですけど・・・。」

「あら、やっぱり?」

え、やっぱり、て?

「玄関に見たこと無いサンダルがあるから、ワタシは
『どっかで履物間違えてきてるわよ』って言ったのよ。 

だのに、「俺が、間違えるわけナイ」の一点張なの。 

けど、あずきサン持って来ないでね~。 
明日本人に、キチンと返しに行かせますから。」

あっさり返ってくるらしい。

でも、ビックリですよね。(笑)
明らかに他人のサンダルが玄関にあるのに、
俺が間違えるわけナイ」って言われたら・・。

・・∵:.(:.´艸`:.).:∵ぶっ、社長、どんだけ強情っぱりやねん。

便所下駄しかし、ジョリッパ履き逃げ事件は、これでもう3回目。

今度買う時は、外に出たら絶対に気が付くよう
便所下駄 にしてやろかしら・・(。・´ェ`・。)



バナー「読み逃げ」は罪になりませんが・・・ ( ´_ゝ`)σ キモチヤデ →

12:04  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(1)  |  コメント(9)

2007.09.20 (Thu)

スーパーガード

もうね、店とかやってるとね、毎日いろんなコトがあるの。
昨日もね、朝かる~く掃除に寄ったらね、ビール専用冷蔵庫の周りが、ちょっと困ったことになってんねん。
ビール冷蔵庫
写真でも、ガラスに汗かいてるってコト、わかりますか?
湿気が多くて気温が高い時は、こうなるんです。
この冷蔵庫は、酒屋さんに借りてる昔のやから、水は受け皿に溜まる方式なんです。
けど、恥ずかしながら、建物が傾いてるからか知らんけど、想定外の所から水滴が落ちる時があって・・・。「(´ヘ`;)
よーく見ると、黒い受け皿の下に、銀色のトレイかましてるの分かります?
それは、二重受け皿攻撃。 それ入れるために、端材かまして高くしたり、小細工してるんですわ・・。
さらに、下の白いのは<巨大プラスチックまな板>。 以前、水浸しになった時のアラ隠しですねん。 
ホンマ、涙ぐましいでしょ、ワタシら。
そこまでしたのに、あらまあ・・・

漏れてる

また、お漏らしや・・・。
あずき調査によると、本日は【後ろ漏れ】が、原因。  つまり、受け皿の更に奥で水滴が落ちて、手前まで流れたんですわ。
あんなトコから、漏れるとは・・まったくぅ・・・ムキーー!!Σ(`Θ´)=3 

女将さんは、更にデカイ水受け皿を買いに、ダッシュ!
Σ=Σ=Σ=┏(0`・д・o)┛  名づけて、「スーパーガード作戦」や。
開店までには、何事もなかったようにせなアカン。

こんなコトは、しょっちゅうあるの。 
その度、速攻直したり、ごまかしたりする方法を考える。 

普通の家やったら、天井に穴あいたまんま、何か月も放っとけるんやけどな~ 
・・・あ、独り言やから、気にしんといてね。

ホントは、新しい受け皿かまして、上手くいったトコまで、載せるつもりやったんやけど、またデジカメ電池切れしてん(笑)
無事、作戦は成功したので、ご安心して下さい。

バナー← ちょっと上がって、ズルッと下がる。
   生かすも殺すも、オタク次第よ。 (m9´∀`;)
 
11:14  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.09.28 (Fri)

割烹料理とは

うちの店のこと、最初、「割烹料理屋」 て、書こうと思ったんですけど、調べてみると、自信がなくなってきたんですよ。 うち 「割烹」 かな?
【割烹調理師会】てとこが、会費の集金に来るから、多分そうやと思うんやけど・・・。

元々の言葉の意味としては、「割」 が切るとか捌(さば)くで、「烹」 は、いわゆる火を通す、なんです。 それって、フツーの料理でもしますやん。(ー'`ー;)う~ん

ちょうど板前さんのブログに、【大将の今日も飲もか!!】に、 「割烹とは?」 というエントリーがありました。
その中で、こんな記述が↓

割烹って何?街を歩いていると色々な看板の飲食店を見る事が出来ますが、京料理、懐石、鮨、居酒屋、おばんざい等は大体想像出来ますが割烹って何?と、私も時々聞かれる事が有ります。若い人は高級店、高い店、入りにくい店、回っていない鮨屋と同じくらい値段の分からない店、歳がいってから行く店と料理の内容に関係の無いイメージが有るようですね(笑)
まあ、当たらずとも遠からずという所は有りますが・・・

なるほど、ズバリそんなイメージでしょう。
こちらの大将もおっしゃってますが、私も同じ。 
そのイメージ、まんざら、違っておりません。「(´=`) スンマソーン
ただし、こちらのページにも書いてありますが、本来の割烹ゆうのは、板前とお客さんが素材を前にして「さて、どうしよか」 いう所からスタートするんです。 
その日仕入れた素材の持ち味と、お客さんの好み、体調などをひっくるめて、「じゃあ、こうしましょか」 となる。 
ただし、そのスタイルを貫いて経営を成り立たせるのは容易でないので、大抵のお店は 「お品書き」 等であらかじめお薦めの料理が用意されています。
そらそうですよね、ひとりひとりが一品一品相談しだしたら、どんだけ待っても、ご飯食べおわらへん。(笑)
でも、「割烹」 言うからには、その部分も残してあるべきなのです。
うちの店でも材料さえ揃えば、ご要望に応じて、何でも作りますよ。
要は、お客さんから「こうしてくれ」 言われたら、それに応えられる自信(技量)がある店が、割烹を名乗れるんじゃないでしょうか。

喫茶店やファーストフードのお店やったら、ワタクシのようなモノでも何とか務まる気がします。
ただ、そういう店と割烹とでは、お客さんの求めてるモノが違うと思うんです。
お客さんと、ひとりひとりに合わせた、接客をせなあかん。
つまり、このお客さんは、今私らに話しかけてほしいのか? お連れさんがいるから放っておいて欲しいのか? ゆっくり料理出して欲しいのか? 急いでるのか? いちいち言わんでも、察して欲しい。
で、常連さんが一人でお越しの際には、リラックスしていただき、どなたかとご一緒の時には、あくまで常連さんの顔を立てて、気分よくお食事していただく。
女将さんにも、それくらいの技量は、求められると思います。

それなりの金額を頂く以上、それに見合う内容とサービスを提供せんと、あきませんもんね。

と言いながらも、実際は店の名前に 「割烹」 は、付けてないんですけど。
中途半端な店で、えらいスンマセン。

まあ、とにかく、いきなりそんな店の女将さんになってしまったのは、今思うと、お客さんに 失礼
当時のお客さん、ほとほとワタシに呆れたと思います。 
出来ることなら、謝りたい。 無理なことやけど、今の店に、もう1回来て頂きたいなぁ、て思ってますのン。

バナー.←参加してます。 応援してくださる方は、どぞッヽ(・∀・` )っ

タグ : 割烹料理

10:00  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.10.06 (Sat)

鮎パーティー (準備編)

明日、うちの仲人兼お客さんのお宅で、「鮎パーティー」 があります。
あ、「パーティー」 いうイメージとは、ちょっと違うかな?

屋外宴会とゆうか、バーベQの和風版? 
とにかく落ち鮎を 、塩焼きやら、魚田やら、炊き込みご飯で、たらふく食べる会というなんですが・・・。

この催し自体は、もう20年も続いていて、ワタシも結婚する前の年から毎年お邪魔してます。
お客さんというより、お手伝いとして。 

でも、あくまでプライベートでの参加なので、当然無報酬。
「仲人は親も同然」 いう気持ちでお付き合いさせていただいてるので、
店は臨時休業して駆けつけます。

で、とりあえず、今からやることは、炊き込みご飯の具の準備。
お揚げさんを刻むことと、ゴボウのささがき です。

ヘルパーとして、仲のいいお客さんも手伝いに来てくれたので、
ワタシはマンションでやることになり、当座の分を持って来ました。
  
店にカメラを持って行かなかったので、全体の量をお見せ出来ずに残念です。

お揚げさん

これで、お揚げさん全体の半分弱かなぁ。

それよりゴボウのささがきが、結構大変なんですけど、その量は
(フツー見たことナイくらいの)極太ゴボウで36本。 

通常サイズに換算すると、90本分くらいかでしょうか?

ちなみに、明日炊くご飯は、3升釜×4回。 

焼く鮎は、例年200匹くらい。

参加者は40~50人かな?


鮎の塩焼き

画像はあくまでイメージです。 ↑ 落ち鮎は、もっとずっと大きいのよ~。


ほんじゃ、明日は、給食のおばちゃんになったつもりで、働いてくるわね~♪ 

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ


 ↓ ランキングに参加してます。 応援クリックお願いします。
バナー

タグ :

11:48  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.10.07 (Sun)

落ち鮎に寄せる思い

昨日のコメント見てると、皆さん 「落ち鮎」 に、(・'v`・)??らしい。
こりゃ、失礼しました。

いうのは、遡上する魚です。
秋に川口近くで孵化した稚魚が一旦海に下って、翌年の3~6月あたりから川を上り始めます。 で、夏の間、川を上って成長して、秋口から、川の中・下流へ卵産み付けるために下るワケやね。 この時期の鮎を 「落ち鮎」 言いますの。

鮎いうのは、和食の世界では、夏を代表する魚。 他の川魚とは、一線を隔す扱いです。
ワタシの中でも特別扱い。 川魚の女王様やと、思います。
それくらい姿もキレイやし、【香魚】言われるくらいなんで、天然モノはええ香りがするんです。
これは餌に苔を食べるからなんやけど、クンクン嗅いでみると、西瓜みたいな香りがします。 ホンマよ。
養殖モノは人口の餌を食べているので、もちろん そんな香りはしません。

せやから、年々貴重品になっている天然鮎は、本来、内臓いうかハラワタがキモなんですわ。 香りがよくて、ちょっとほろ苦いけど、そこが美味しいの。 
でも、今は、料理屋さんで天然鮎頼んでも、ハラワタの入った鮎は、なかなか出て来ないと思います。
業者が、あらかじめ抜いて、売りますの。 何でかいうと、ハラワタが入っていると、日持ちしないから。
料理屋にとっても、ハラワタが入ったままやと、すぐお腹がやぶれてしまうので、都合が悪い。 食べれんことないけど、見た目が悪いからね。
そんな訳で、今や 「ハラワタ入り」は、前もって頼んでおかないと入手できないように なってきています。
逆に言えば、ハラワタの美味しさを知らない人が多い いうことですね。

スーパーで売ってる養殖の鮎しか食べたことなくて、「鮎なんて別に・・・ 」 いう人が増えてるので、女将さんとしては残念ですわ。
最近の若い人には、マグロでもトロや中トロのように、わかりやすく脂がのってるものが好まれるので、鮎みたいな繊細な味は難しいのかなあ。 (´ヘ`;)

で、話は戻って、落ち鮎なんですけど、体はデカい割に、実際のところ、子に栄養を取られるんで、身の美味しさはイマイチになってくるんです。 
(代わりに卵入ってて、甘露煮なんかにするには、美味しいですよ)

で、値段も、グッと下がる。 

若鮎の頃は蝶よ花よともてはやされ、めちゃ高値。 
落ち鮎になると、十把ひと絡げみたいに、ぞんざいな扱い。

はあ~、1年こっきりの命やのに・・・
折り返し地点過ぎたら、落ち鮎か・・・


なんか、悲しいモノがありますねぇ・・・・


どない思いますか?  


ねえ、奥さん  (*´-д-)フゥ-3



ランキングに参加してます。 あずきは、奥さんの味方よ。 
  ↓
バナー

タグ : 落ち鮎 若鮎

09:45  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.10.08 (Mon)

鮎パーティー(当日編)

昨日の 【鮎パーティー】 の報告を、時間の経過と共にお送りします。

まず、ご飯を炊きましょう。

前もって店で準備してきた具とだしを、お米の上に乗せます。

めちゃ、具だくさんでしょ。 
特大の鮎を、こんなに入れちゃいます。

米の量は1回3升。 今から、この量を4回炊きますよ。

ほんんじゃ、スイッチ、オン。 ρ(-∠-) 


鮎炊き込みご飯1


じゃあ、ご飯が炊けるまで、鮎を焼きましょうか。 

焼く鮎だけで、やっぱ200匹ありました。
休みなしで、どんどん焼きまっせ~。

こんな女将さんでも、案外戦力になんのよ。

串打ちなんかも、やっちゃうわ。


串打ち1串打ち2

殆ど200全部、ワタクシがやりましたのよ。 (・0ノ・)オーホホホ  


一方の旦那さんは、焼く係。


鮎 焼き作業

絶妙のコンビネーションね。 (∀`*ゞ)テヘッ


あ、ご飯が炊けたみたいだわ。 

さっそく混ぜに行こ!


鮎の炊き込みご飯2

てか、量、多過ぎ・・・。 

混ぜるだけで、腰が痛いやんか! (>ヘ<)


予想通り、本日は筋肉痛です。落ち込み



↓ 完成品。 

おこげのトコ。 ここがいちばん美味しいのよ~♪

おこげ

ちなみに、大食い選手権ではないので、
半分以上はお土産としてパックに詰めます。



一方、塩焼きも、続々焼き上がってまいりました。

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー  こりゃデカイね~!

これは特大サイズ。

鮎 塩焼き



この他にも、肉や野菜焼いたり、差し入れの寿司食べたりします。

うちらも、ひと段落したら、宴会に合流♪

働いた分、ガッツリ、

いただきま~す! ヽ(´▽`)/~♪





押してくれた方の中から、抽選で1組2名様に、来年の招待券を送ります。
(ウソ)
 ↓
バナー

タグ :

09:33  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.10.18 (Thu)

いくらの醤油漬け

毎年、この時期になると、「イクラの醤油漬け」 を作ります。
今年も、作りましたよん。
バラしたイクラ 画像は、チラ見せ。 
 クリックすると、ちょっと大きくなります。
 9キロの筋子をバラしたところ。
 漬け込む前の状態です。
昨日の記事絡みで申し上げますと、イクラも、生の状態で食べられるのは、今の時期だけ。 他の時期に出回っているのは、ほぼ全て冷凍です。
鮭が卵を持つのは、一年のうちでこの時期だけですからね。 
人間みたいに、年中子ども作れるワケじゃありませんのよ。
なので、この時期に一気に漬けて、一気に冷凍。
で、使う分 (業者なら、売る分) だけ、解凍するんです。 
どうして年中イクラが出回っているか、考えてみれば分かることなんですが、一般の人はよく分かってなかったりします。

市販のイクラの醤油漬けには、赤系・オレンジ系 2種類のあるように思いますが、うちの場合は赤系。
これは、使用する醤油の種類によるみたいです。
赤系は一般に使われている、濃い口醤油。 オレンジ系は、薄口醤油でしょう。
皆さん、ご存知かとは思いますが、薄口醤油は見た目に反して塩分が高いので、どちらかというとオレンジ系のほうが、塩気が強いように思います。

あと、プチプチ感も、強い・弱い、がありますね。
適度なプチプチ感が、イクラの魅力ですが、あまり強すぎて、ゴムまりのようになってしまっては台無しです。
あれは卵の成長具合によるもので、成長するにつれ、膜が厚くなるんですよ。
イクラ (筋子) は一度にたくさん仕入れるので、出来れば相場が安い時に買いたいのですが、下がるのを待っていると、「ゴムまりイクラ」 になってしまうので、適当なところで買います。
9キロ買うと、けっこう大きな価格差なのです。 (^-^;

ワタシは、刺身やお寿司が大好物heart0
以前は、お寿司屋さんに行くと、イクラも必ず食べてました。
北海道に行ったときは、一番最初に 「うにイクラ丼」 食べに行きましたよ。 

でも結婚して、ちょっと変わりましたね。
店には、いつでもお客さんに出せるように、イクラがあります。
自宅に置いてある店用冷凍庫にも、イクラの瓶がぎっちり入っています。
つまり、食べようと思ったら、いつでも食べられるワケです。
夢のようなことなんですけど、その状態が続くと、案外存在感がなくなるもんです。
家族で、「イクラ食べよか?」 いうことには、まずなりません。

あ、でも、手巻き寿司の時とか、食べますね。
・・・で、「やっぱ、うちのイクラ、美味しいな 絵文字名を入力してください
と、思いますけど。


ま、「店の売りもの」 ですから、食い散らかしても怒られるでしょね。 「(^-^;)

バナー ← プチプチッと押していただけるかしら?

タグ : いくら

11:13  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.11.11 (Sun)

女将さんのおつかい

相変わらず真面目にウォーキングを続けるワタクシですが、オカンは都合により欠席する日もあります。
そんな時は、コース変更。 いつものコースじゃ、刺激がない。

今回は、店で使うものを買いがてら、いつもと逆方向にスタート。 
その辺を徘徊し、帰ってくることにしましょう。

タッタカ歩いて行ったら、店へは、たった10分で着いてしまった。 
何十回も来ている店だけど、いつもは車か自転車なので、こんなにすぐ着くとは思わんかった。
さらにワタクシ、開店時間を間違えておりました。 
無情にも、まだシャッターが下りてますやん。 

あ~、下手こいた~ Σ(ノ∀`)ペシッ 。 あと、20分待たなくちゃ。
11:19  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.11.14 (Wed)

定休日

今日は「女将さんの散歩」 のコメントから、ネタいただきっ!
Mさん (仮名) からのご質問。

(あずきサンちは)日曜日定休なんて、かきいれどきのような気もするけれど、割烹は違うんですか?

なるほど、たしかに最も外食需要が高いのは、日曜日でしょう。
家族そろってご馳走食べに行くとか、行楽帰りに外で済ませるとか・・・。
うちもこの間の休み、また回転寿司行ったけど、順番待ちの紙に、「あずきサンち3名」 て書いておとなしく待ちました。

けど、うちは "吹けば飛ぶよな割烹屋"。
正直なとこ、ファミリー向けやありません。
「接待」 とか、会社や内々の 「飲み会」 となると、平日もしくは土曜日の需要の方が多いのです。

タグ : 定休日

09:42  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.11.22 (Thu)

カワハギとワカサギ。さらには、カササギ。

この間、気になるドラマがあったんで、録画して見ました。
ええ、ホンマは忙しいんですけどね。

で、そのドラマで、「カササギ」 いう鳥のことを初めて知りました。
これも、めっちゃ似てるやん。
え? ナニに似てるかって?
そんなん、アレとアレに決まってるやんか。
11:52  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2007.11.29 (Thu)

喪中ハガキは結局・・・

ちょっと前、「はじめての喪中ハガキ」 って、お悩みの記事を書きました。
で、あの後、自分なりに整理してみたんですよ。

最初は 「公私」 を分けて、公→ 年賀状  私→ 喪中ハガキ
の2本立てで行くつもりやったんです。
お客さんには、「うちが喪中」ってことを、あえて知らせる必要もないし・・・かといって、毎年出してきた人に、急に年賀状を送らんのも不自然違う?・・・ってことで。
でも実際やってみると、このふたつに分ける線引きが、非っ常~に難しい。

タグ : 喪中ハガキ

11:25  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2007.12.12 (Wed)

来年に向け、女将は始動

3月まではお勤めもし、若干の収入を得ていたワタシですが、今じゃすっかり無収入。
時間を手に入れた楽しさとは裏腹に、心のどこかに後ろめたさもあんねん・・・。
このブログに費やしてる時間は膨大ですが、1円にもなってへんからね。 ええ、地味~にサイドバーにゲーム貼ってるくらいでは、誰も買ってくれません。 
世の中、そんな甘くない。
この時期、早くから仕込みに行ってる旦那さんに、なんとなく悪いな~、みたいな。

ほんでも、やっぱ女将さんも齢とってきたんで、また二足のワラジに戻るのもツライ。
よほどやりたい仕事なら再就職するかもしれませんが、貧しくとも食えるうちは、女将さん専業でいきたいの。

で、真面目気質のワタクシは、昼間の勤めを辞めてから、今まで以上に店のこと考えてるワケ。 結果は出せてないけど、「店の未来」について、とにかく考えてる。 ま、考えてるけど、つい更新・・・みたいな。

まあ今のところやってるのは、パソコンで作ったお品書きを、毎日プリントして差し替える(←毎日替わるからね)とか、お薦め品の案内を作って、店内にさりげなく貼る、とか、それくらいのことやけど・・・。 あ、やっぱしょぼい?

もちろんゆくゆくは、アレもコレも・・・とは思ってるけど、今は秘密。
やれる自信がないから、言わへん。
でも、コレはやるよ (●・`д・)っ!! そのために、いま頑張ってんねん。

タグ : 青色申告

10:28  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2007.12.19 (Wed)

経理課主任 あずき

先日ワタクシ、「来年に向けて、会計ソフトを試す」 て言うたでしょ?
で、さっそくダウンロードした2つの体験版を使ってみたわけです。

ひとつは、「やよいの青色申告」。
これは、「弥生会計」 という有名会計ソフトの簡易版。
聞いたことあるソフトなので、これ買っとけば安心かな、てことで本命。
で、もうひとつは、「みんなの青色申告」。
ベタな名前と、松岡修三を前面のパッケージはどないやねん・・・と思いながらも、ネット上での評判がいいので、念のため試すことに。

で、それぞれ半日使ってみて、結論は、修三の圧倒的勝利

みんなの青色申告9みんなの青色申告9

ソリマチ 2007-11-30
売り上げランキング : 786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ : みんなの青色申告

12:07  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2008.01.06 (Sun)

後払いの憂鬱

先日、旦那さんとオカンにお年玉をあげたところ、皆さんから、
「あら! あずきさんったら、意外と 気前いい のね」
という、いいリアクション。
いや~~(o^_^o)ヾ 、ワタシかて、タマにはね・・・。 

彼は素直さに欠けるタイプですんで、最初は一応
「え~、こんなん、ええて・・・」 とか言うんですが、

「ええって、とっときっ!」 と嫁がひと押しするかせんうちに、
「そんなに言うなら・・・」 とアッサリ受け取ります。
ええ、毎年恒例の、パフォーマンス。

けど、やっぱアレやね。 

人間誰しも、銭もらうと嬉しい
あれを機に、年始は円滑な夫婦関係をキープしております。


13:41  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2008.01.08 (Tue)

ふぐ

二日間 ゼニの話題が続いてしまったので、今日はさすがに別の話題。
”「あずき日記。」ならでは!” と言っていただけるよう、ふぐ をご用意しました。

もちろん、奥さん方のために用意したんやありませんけどね。
たまたま昨日、ふぐの予約があったからです。

うちの旦那さん、 「中型二輪免許」 は持ってませんが 「ふぐ取扱い免許」 は持ってます。
なので、時々ふぐもやります。 
昨日はこんなカンジでご用意してみました。

てっさだ!


タグ : ふぐ

12:02  |  店の料理や食材  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2008.01.27 (Sun)

待ち人来らず

昨日、うちの店内は重苦しいムードに包まれました。

2組のコース料理の予約がありましてね、それが同じ時間のスタートだと思ってたんです。
あ、「思ってた」 というのはですね、実は1組については時間を聞いてなかったんですよ。 けど、まあ多分そうやろ、と。

「ハニャ(・´△`・)ξ?? あずきさんとこ、時間も聞かずに予約とるの?」

はい、オタクの疑問はもっともです。
が、聞いてないもんは仕方ない。 たまにはそんなことも有るのだ。

15:15  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.02.05 (Tue)

お笑いのコツ

いや~、昨日発表になりましたね~。 サラリーマン川柳。
ワタシ、けっこうアレ好きです。 毎年、楽しみにしています。
さっそく選ばれた100首を、第一生命のサイトに見に行ってきました。

あーゆうの、年々好きになります。

お笑いにも色々あって、シュールな芸もありますやん?
この笑いがわかってこそ、イケてんねん! ・・・・みたいな。

もうね、そーゆーの全然わからへん。 ヽ( ̄ー ̄*)ノおてあげ


今のワタシにはね、この”サラ川” とか ”きみまろ”とか?
そんなんが、ええねん。
腹の底から、笑える。

今年も、この100首を頭に叩き込み、こっち方向のセンスを磨きたいものです。

きっと、店で使えるし・・・。  ( `pq´)ゥシシ

13:00  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2008.02.09 (Sat)

店の存在価値

うちの店は 「割烹」 というジャンルに属する料理屋です。  「割烹料理とは」 という記事も書いているので、分からない人は読んでみて下さい。

ただし超零細割烹ですので、見た目は 「小料理屋」 をイメージしてもらった方が
いいかも。 よく 「料亭」 と誤解してる方がいますが、そっち方向ではありませんので、くれぐれもご注意ください。

いずれにしても、決して 「居酒屋」 ではありません。
ですから、誠に申し訳ありませんが、”飲み放題3900円プラン” はやっていません。
具体的な客単価とかは勘弁していただきたいのですが、とりあえず二人でじゅうぶん飲み食いしようとした場合、1万円札1枚では (ー'`ー;)う~ん、微妙・・・・かも。

そういった価格設定ゆえ、ワタシはずっとモヤモヤを抱えてきました。

13:11  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.02.16 (Sat)

ネットで見ました

あのね、先日、若い女性から予約があったんですよ。
で、場所とか説明しているうちに、あることが分かりました。

彼女の来店のキッカケは
「ネットで見た」 らしいのです。

(・`д・` )ホゥ  ネ・ネットですか・・・・。

うちの店には、ホームページがありません。
作ろうという気がない訳ではありませんが、とにかくありません。

実は店用にひとつブログを作ったのですが、真面目なことを書こうとすると全然
筆が乗らず、全く記事を更新していないのです。
おかげさまで、ちっともアクセスがありません。 
自分でさえも、たま~に存在を確認する程度です。
とにかく、あってないようなサイトなので、検索エンジンに引っかかっている形跡も
一切なし。

「グルメサイトに登録しませんか?」 というお誘いも、今のところお断りしているので、
いったい何を見たというのでしょう?


13:20  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.02.18 (Mon)

税務相談の思い出

先程ついに 確定申告 の書類が出来上がりました。
☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

過去最高の早さです。
が、過去最高にヒマしておりますから、早く出来てトーゼン。

うちが提出する書類は、まず、店の売り上げとかを書いた 「収支内訳書」 。
消費税も納めなくてはいけませんから、「消費税の計算書」。
あとは、「住宅ローン控除の申請書」。
今年は更に、医療費控除用に領収書をまとめるのが、ひと苦労。
それらを書き上げてから、 「確定申告書」 を記入します。

慣れれば難しくありませんが、とにかく面倒くさい。
今年は早めに終わって、ホッとしています。
11:51  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2008.03.03 (Mon)

社長との思い出

昨日、読者の方に教えてもらったお菓子を紹介したら、その方から逆にお礼を言われてしまいました。
いえいえ、こちらこそ有難うございます。

で、そのやり取りから、あることを思い出しました。
とてもお世話になった社長さんとのエピソードです。

今、「女将ヒストリー」 が差し掛かっているあたり、開店6年後くらいですが、
当時うちの店はえらいことになっていました。
まあハッキリ言って、精神的にも経営的にもスレスレの状態だったんですが、
捨てる神あれば拾う神あり。

当時の私たちを、救ってくださったお客さんがいます。
70代のご夫婦で、不動産関係のお仕事を営んでおられる方でした。

12:07  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.03.05 (Wed)

店のデザート

皆さんからするとブログばっかやってるようでしょうが、あたしゃ仕事もしています。
てか、うちは従業員がいないので、何でも自力。

デザート 関係も、ワタシの仕事 です。


昨日も申し上げましたように、ワタクシ、結婚前は、お菓子作りが趣味でした。
ハッキリいって、のめり込んでました。

なので、たいていのデザートは作れます。 ・・・あ、間違えた。

たいていのデザートは、作れました。 ( ェ) 遠い眼・・・


そんなワタシですから、開店した頃は、「ゼリー」 作ったり 「水羊羹」 作ったり 「プリン」作ったり・・・。
かなり張り切ってたんですよ。
でも、あまりにもしんどくなったので、もうやめました。

今は基本的に、アイスクリームアイス です。

多めに作ってストックしておけば、無駄がないし、急にたくさん要るときにも重宝。
昼も働いてた頃は、休みの日にまとめて作ってたんでね・・・。

今から作りますから、ちょっとご覧になりますか?

12:44  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2008.03.17 (Mon)

元ボクサー

うちの店のお客さんは、 「常連さん」 がほとんどです。

ただ日曜に限っては、 「一見さん」 のご来店も結構あります。
まわりの店が、殆どやっていないからでしょう。

多いのが、出張で来たビジネスマン。
ひとりで飲みに出たものの、「アレレ? どこもやってない・・・」 と、さびれた繁華街をウロウロ。
砂漠のオアシスのように、うちの店に入っていらっしゃいます。
昨日のお客さんも、そんな感じでした。

”さて、なんて話しかけようかな・・・” と思っていたら、お客さんのケータイが鳴りました。
何やら 「ボクシングの試合がどーこー」 と言っています。
なるほど、いいキッカケを与えてもらえた。

「ボクシングがお好きなんですか?」

「ええ、僕、昔 プロボクサー だったんです」

えっ…そうなの? (゜∀゜;ノ)ノ     予想以上の答えでした。


12:15  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(1)  |  コメント(10)

2008.03.19 (Wed)

猫舌のあなたへ

昨日、異常に小さい荷物が届きました。
差出人は 「BIGLOBE」 から。  

サーモマグ ←開けてみると、こんなモノが入っていました。 
 これ、なんだか分かります?

 ”サーモタンブラー” とかいう聞きなれない名前
 が書いてあります。

 要するに保温・保冷ができるコップ
  らしい。

 「なんたらキャンペーン」 の当選商品だそうで
 ツイてるワタシは、ちゃっかり当てたみたいです。
ほほう、こりゃあいい。 早速使ってみました。

12:13  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2008.04.03 (Thu)

さらば!中卒

二か月ほど前、「中卒」 という記事を書きました。
時間のある方は、まず、その記事を読んでみて下さい。 (記事は、こちら

時間がない方のためにザッと説明しますと、その記事に出てくるお客さんは、非常に印象的でしてね・・・・
よく言えば ”ロマンチスト”。 悪く言えば ”軽い妄想癖” のある方でした。

彼のイメージの中で、うちの旦那さんは

母子家庭でうんと貧乏したため、高校にも行かせてもらえず
板前修業に入った。

ということになっているのです。
たしかに 「母子家庭で中卒」 なんですが、彼の描くイメージほどドラマチックではありません。
彼にとって 「中卒」 というのは、よほどインパクトがあるらしい。

だからと言って、彼は 「中卒」 をバカにしている訳ではない。
逆に 「中卒でありながら、小さいながらも自分の店を切り盛りしている」 ことに、
ある種の憧れを抱いている様子なのです。

その時おっしゃった 「また来る」 の言葉通り、その後も何度かご来店してくださいました。

ワタシは彼のことを、ついつい 「あの中卒の人」 と言ってしまいますが、もちろん彼は大卒です。
ちなみに、こんな感じの方よ。 ↓
中卒

12:42  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2008.04.04 (Fri)

たらの芽

昨日また、福井のばあちゃんから荷物が届きました。

これなんですが、何だか分かりますか?

たらの芽
そう、山から採って来てくれた 「たらの芽」 です。



10:49  |  店の仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2008.04.10 (Thu)

芸子さん

昨夜ワタクシは、店の座敷で、こんなことをしておりました。

芸子さん

お分かりかと思いますが、真ん中で ただ座ってるのがワタシです。

和服で踊っている人は、芸子さん。
同じく座っている人がうちの常連さんで、その方が連れて来たのです。

12:08  |  お客さんとの出来事  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。